国連共同教育派遣協会 親善大使吉田次郎事務所とは

WAFUNIFについて
WAFUNIFとは、World Association of Former United Nations Internes and Fellows を正式名称としたNewYorkに本部を持つ国際組織です。




















国連共同教育派遣協会 親善大使吉田次郎事務所とは
国連共同教育派遣協会 親善大使吉田次郎事務所は、国連WAFUNIF親善大使として任命を受け、Dr. ハッサンを中心としたWAFUNIF活動に共感した吉田次郎の活動をより広く推進するための機関です。WAFUNIFの理念を基礎として、国際機関や発展途上国のNGOで即戦力として活躍できるグローバル人材の育成を主とし、活動を開始しました。

協会の設立目的
WAFUNIFの親善大使として吉田次郎は、国連21世紀発展目標、極端な貧困と飢餓の根絶、初等教育の徹底、男女平等の推進、情勢の権限付与、幼児死亡の減少、母性健康改善、伝染病との闘い、環境維持、発展の為の国際支援の8つの目標を2015年までに達成するべくWAFUNIFと共に尽力しております。 2015年までに数年となり、達成の為にアジアでの本格的な取り組みが不可欠と考え活動し、活動拠点としてこの度、国連共同教育派遣協会 吉田次郎親善大使 事務所として設立致しました。 これを機にWAFUNIFの活動を広くアジアに普及する事を目指します。

協会の理念
WAFUNIFは、国連組織の世界148か国に及ぶ研修生OBが、機関や部署を超えて結成し、国連憲章第71条に準拠して設立された国連直属のNGO組織です。優れた人材を広く民間から採用し、発展途上国で自分の経験を生かしたいと考える民間人を、所属する企業、大学、研究所の協力を得て、国連そのほかの国際機関に派遣し、国連の各組織を活性化することを理念としています。
国連共同教育派遣協会は、Dr.ハッサンを中心としたWAFUNIF活動に共感した吉田次郎氏の活動をアジアに根付かせるべく、WAFUNIFの理念を基礎として、国際機関や発展途上国のNGOで即戦力として活躍できるグローバル人材の育成を主とし、また、日本人が世界へ貢献できる基盤をつくり、アジアの国々が抱える様々な課題解決に貢献していきます。

本協会の基本方針
1.WAFUNIFと吉田次郎親善大使の活動を支援する。
2.WAFUNIFの理念を共有し、相互に連携しつつ、知名度や認知度を高めていくことにより、ボランティア活動に参加しやすい基盤を作る。

名称            一般社団法人 国連共同教育派遣協会 親善大使吉田次郎事務所
親善大使    国連WAFUNIF親善大使 吉田 次郎
理事            大畑 学治、関野 吉記
所在地        東京都千代田区麹町3-5-2 ビュレックス麹町
TEL            03-3511-5721

ビュレックス麹町


Comments