歴史‎ > ‎トイター教‎ > ‎

トイター教の派閥

トイター教の派閥(派閥 有:imii)は、伝統的に50程度の派閥に分かれると言われている。しかし、それらはすべてが完全に独立しきった派閥ではなくある程度の分類が可能である。それに従うとトイター教の系統は大きく分けて4つ存在する。
  • アッタクテイ派(原理派)
  • クントイタクテイ派(新生派)
  • シーナリア派(統一派)
  • テリーン派(呪術派)

新旧の分離

トイター教における最初の派閥争いはハタ・スカルムレイ朝の成立間もないころである。トイター教という宗教はそれまでは努力や理論を重視するようなイメージを持たれやすい宗教であったがスケニウのトイター教信者や有力な役人などにより世界論の「補強」という一大ムーブメントが発生した。現行の世界論に基づき補強という形でさまざまな思考が為され、トイターによって伝えられていた唯一神を女神アルムレイとし、五大世界論チェクセル説などが提唱された。このハタ王国初期の神学の発展がのちのクントイタクテイ神学につながり、彼らは「新たなトイター教徒」という意味合いでKuntoitakteiと名乗り始めた。のちにKuntoitakteiはそのクントイタクテイ神学を信奉する者達という意味合いで新たな名字として定着した。
クントイタクテイ)これを新教徒たちによる「教義の忘却」としてクントイタクテイ派を離反者とみなし、反対する派閥が現れ始めた。それがアッタクテイ派(原理派)であり、彼らはクントイタクテイ派を嫌い、それに同化され始めたスカルムレイをも否定を余儀なくされた。"Attaktei"という名称の本来の意味は「原理の教徒」とうい意味であり、もともと離反を始めるクントイタクテイ派に対抗すべく原理派の間で新たに定着した名字である。新旧の分離が起こる前は、アッタクテイ派がトイター教の正統派であり続けたがトイターの死後それは間もなく崩壊し、トイター教派このアッタクテイ派とクントイタクテイ派の二大派閥に分離した。最も分かりやすい決定的な違いは、「預言者の名誉を強調する」か「神の偉大さを強調するか」に分かれる。
アッタクテイ派は初めはクントイタクテイ派と互角の争いを繰り広げ、睨み合っていたが、スカルムレイがクントイタクテイ派の思想を受け入れるようになってから形勢は傾き始め、極端クントイタクテイ信奉者と言われたガエヤ=スカルムレイ(Gaeya=Sukarmrei)により一気に形勢が逆転する。アッタクテイ派は異端とみなされクントイタクテイ派より弾圧を受け、着実に数を減らす。それに抵抗する形でスケニウ事件などのような事件を引き起こすこととなった。

シーナリア派の勃興

トイター教がだんだん分裂していったため元来の教義に戻り、トイター教の信仰形態を統一しようという動きが現れた。それがセプト=シーナリア(Thept=Syiinaria)を起源とするシーナリア派である。シーナリア派の思想としては「トイター教徒の信仰の再編」などの特徴が挙げられ、しばしば統一派と呼称される。
シーナリア派の発生はtoi.600年ごろである。この時代といえばアッタクテイ派とクントイタクテイ派の二大派閥であったがアッタクテイ派が数々のテロ行為などにより弾圧され影は薄くなりつつあった。そんな中原理派を尊重し、クントイタクテイ派思想を捨てることを推奨したシーナリア派が出現することになる。教祖のセプトは元はシャスティではなかったが、ハグナンにて布教活動を続けた結果シャスティと同等の地位を獲得した。初期のシーナリア派は基本的に原理派の思想を目標としていたが、その目標も揺らぎ始め、新生派への統一を望もうとする者もあらわれはじめる。ガレブァ原理派大虐殺により大きくシーナリア派の存在が認知されあからさまな虐殺集団として恐れられ始めたので、シーナリア派であると確認された者達は大きく二つに分割されて左遷を受けた。現在、シーナリア派はディスナルに住む南シーナリア派の系統と、イザルタに住む北シーナリア派の系統が存在する。どちらかといえば北シーナリア派の方が極端な統一思想を長くまで残していたが。現在は元来シーナリア派が提唱してきた普遍神話の違いにとどまっている。

メシェーラ・テリーン派

スステ政治により平和の時代訪れるとトイター教ならではの芸術が栄えるようになった。このスステ時代に生まれた現代に生きるトイター教の文化としてメシェーラが存在する。メシェーラはもともと竹でできた細長い棒で筆記具であったがそれを利用した有字書道が発達しいくつかの書体が生まれる。トイター教は偶像崇拝を禁止していたため、文字をはじめとした幾何学的模様なども進歩したと言えるであろう。代表的な書体としてアルムレイン体ププーサ体などがあり、それぞれスケニウ、ディスナルおよびテリーンでつくられた。
メシェーラ文化の発生によりトイター教に新たな動きがみられ、それは芸術からクントイタクテイ神学を起源とした呪術へと発展した。それらは主にテリーンで栄えたためテリーン派、あるいは呪術派と呼ばれた。当時としてはシーナリア派やクン・シーナリア派よりも異端扱いされたが徐々に勢力を増していき、その民間信仰はトイター暦の時間の数え方にまで影響を及ぼした。その崇拝対象などによりテリーン派は以下の三つの流派に分かれる。
  • ニャト・テリーン(トイター占星術)
  • チェクセル派
  • 蜘蛛十字派
これらの占い・祈願の方法については同じ流派の中でもイルキスごとに微妙に違う場合がある。
クミル・シエパ
 
トイター教
Toitaasakt
 基本理念
ディアン論
三行・六信・共生法
原理派:アッタクテイ派・アールタクテイ派・アチェミル派・ミール派
新生派:クントイタクテイ派・ミョゲル派・ズィルコ派・ククテイ派
統一派:シーナリア派・南シーナリア・北シーナリア・クナデアシーナリア
呪術派:テリーン派・蜘蛛十字派・チェクセル派
 伝統芸術・習慣
有字書道・ハケホブェムン
イルキス・シャスティ
トイター教姓氏学・ゼースニャルウドゥミト

Comments