歴史‎ > ‎

リパラオネ教

リパラオネ教(-きょう、理:Lipalaone)は、唯一神アレフィスとアンポールネムと八戒を信じ、転生時に自己のよりよい転生を願う一神教。ユエスレオネ連邦、ラネーメ国、PMCFに多くの信仰者が存在しており、その総勢は1億人を超える。

教派と信徒

教派

リパラオネ教は主流であるフィシャ派、神聖戦争後の再創造を重視するヴィデュン派、理教とともにトイター教や他宗教とのすりあわせを重視するトユター派の三つに主に分けられる。

信徒

フィシャ派は主に連邦でヴィデュン派はデュインで信仰され、トユター派はハタ王国で信仰される。フィシャ派では70万人、ヴィデュン派では23万人、トユター派は12万人、その他諸派が2万人ほど存在する。

連邦

リパラオネ教徒がそもそも多かったためリパラオネ教徒の半数以上を占めている。フェーユがその中でも比率が一番多く、フィシャ派が主な派閥。

デュイン

入植民にXelkenが多かったもののその殆どがヴィデュン派であったためヴィデュン派が優勢である。

王国

トユター派が大半であるが、フィシャ派の一定の勢力も確認されている。

教義

唯一神アレフィスが世界の創造主であり、そのアレフィスが下した法典である八戒そしてそれから生まれたアンポールネムを守ることによって転生(体が死んだ時魂が別の世界に振り分けられ体を与えられること)においてよりより転生を得られるという教義が根底に在る。このため現世は自己の転生によりよくなるための副次的な任務であるということになっている。

預言者と聖職者

リパラオネ教では、「唯一神アレフィスから転生の指針となりうる法典である八戒を受け取ったフィシャ・レシェール(レシェール・フィシャとも)が唯一の預言者となっているが、トユター派では世界の真理を求めるに当たって唯一の預言者の前提の意味が見出せないとの教義により預言者は複数居るかもしれないし、唯一かもしれない」と曖昧な立場を取っている。

八戒

教典アンポールネムには含まれないが重要なリパラオネ教法の法源の一つであり、リパラオネ教の根源である。フィシャエールとも呼ばれる。

フィアンシャン

教典アンポールネムに含まれるリパラオネ教法の法源とも言われる30の戒律を指す。現代リパラオネ教では連邦影響圏静癒士協会が「イェシスヴィエス(リパラオネ教におけるカースト)は時代と共に可変である。」としたためにイェシスヴィエスが無効となって、フィアンシャン24「イェシスヴィエスに從ふべき。」は残骸化している。それでもデュインなどの地方ではイェシスヴィエスが現存している場合も在る。

組織

フィアンシャ

リパラオネ教の礼拝堂であり、聖職者であるシャーツニアーが居る。それぞれのフィアンシャはその地域を統括するフィアンシャである礼拝堂統合庁が存在し、礼拝堂統合庁を統合する総本山(フォンフィアンシャ)が存在する。それぞれのフォンフィアンシャは派閥或いは地域を担当するが、フィシャ・フォン・フィアンシャはそれらフォンフィアンシャを統括するフィアンシャとして存在する。統括するフィアンシャが多ければ多いほど統括されるフィアンシャへの影響力は強くなる。また、幾つかのフィアンシャはこの上下関係に従わない場合がある。




リパラオネ教
Lipalaone
 基本概念
転生、神聖戦争、ジルフィア
八戒、アンポールネム、フィアンシャン
リパラオネ教法、三族
 派閥
フィシャ派、ヴィデュン派、トユター派
 人物
教祖・指導者
フィシャ・レシェール、フィシャ・ヴィデュン
K.ミールスカットイタクテイ・ランテイン

信徒
フィシャ・ジニェレーチェ

現代信徒
アレス・ラネーメ・イヴァネ
フィシャ・ジニェレーチェ・シャラフィス

教典
ターフ・レチ、六人の教え人
 伝統文化
教典字体、魔法生神論
リパラオネ・ウェールフープ・スタディーズ
フィアンシャ、シャーツニアー