創作‎ > ‎

ハタ王国

カラムディア・ハタ社会主義王国(Amthemano Naara fo Hata en Karamdia)通称ハタ王国(Naara fo Hata)はユーゴック語 が自然言語であるかのように話されている設定でつくられた架空世界にある国家の一つ。カラムディア星のイビュエー大陸東海岸、ユーゲ平野およびアラナス島などの沿岸の諸島を領土とする社会主義的立憲君主制国家でもある。


国名の由来

"Hata"の由来については諸説ある。一つはトイターが自分の作り上げた国に自分の名前が入っていてはいけないと考えて命名したという説。トイター教の預言者トイターは、初め教団で国家を作り上げ、樋咫帝国(Joojeinaara fo Toitaa)と呼ばれたためであるとする。これが最も有力であるがその語源は不明瞭な点が多い。

ほか、当時の樋咫帝国の国民に重要なHataという人物がいたという説、トイターの異名であったという説などがある。

現実世界において、作者の本名からとっているという説が最も有力である。

国内ではしばしば自らの国のことを単に王国(Naara)と呼称する場合が多い。naaraというユーゴック語単語には国家、国という意味があるがしばしば大文字でハタ王国の略称として定着している。ユエスレオネ連邦ではハタ王国、あるいはnaaraの借用語であるnaa'ra(fon hata)と言われることが多い。

気候

気候は日本、中国などに似ており、四季がはっきりしており梅雨や台風などもある。温帯に属し、一年の気温差は激しいと言える。気候に関しては地域依ってある程度のばらつきが見られ、大きく分けて都市圏気候、東海岸気候、モーノ気候、ウィルキタイ気候、乾燥気候などに分かれる。

言語・人種

法律で定まった共通語はないが、国民の70%ほどがユーゲ人でありユーゴック語を話す。それ以外のほとんどがユエスレオネ人であり、現在はその中でのばらつきはなくラネーメ人もリパラオネ人もいる。また1%ほどを少数民族のペーセ人が占め、これだけでハタ王国の人口はほとんど構成される。よって公用語して実質リパライン語などが含まれ、ペーサック語も一部の地域でつかわれている。

歴史

ハタ・スカルムレイ朝

現在のハタ・スカルムレイ朝は歴史上、toi.1年のトイターが没したとされる年に成立した。その前身はトイター教の預言者であるとされるトイター=ハグナンスケを中心としたトイター教団が作り上げた中央集権国家である。生前より、トイターの後継者である新たな教団の指導者は彼の妹であるテイカ=ハグナンスケが担うと宣言されており、彼の死後、テイカは兄の後をついで指導者となり、名をハタ王国と自称した。年が経つにつれて彼女はもはや皇族としての地位を確立し、神の直接の使者としてスカルムレイと呼称されるようになる。


分派と対立の時代

toi.100からtoi.1100頃まではトイター教の思想の変化などにより多くの分派が誕生、そして教義の違いから対立していった。有力な派閥はアッタクテイ派(原理派)、クントイタクテイ派(新生派)、シーナリア派(庶民派、統一派)、テリーン派(呪術派)のトイター教四大派閥と呼ばれるものに分かれる。アッタクテイからはミール派など、クントイタクテイからはズィルコ派やミョゲル派などが現れ、これらは今のトイター教由来の多様な名字に現れている。

スケニウ事件、マフ改革、クンシーナリア事件などを経て、ハタ王国はしばらく内乱を続けながら国として成長していく。


文明開化の時代

シャスティ(トイター教聖職者の様なもの)のパシュ=テリーンが唱えるトイター教反戦主義のテロ防止運動や、スステ=スカルムレイによる完全中央集権支配により信者同士が信教の違いや再統一の使命感から内乱を始めるということそのものが悪であるとされる。しかし、現代でも少数派で異端児であるとされたアッタクテイ派やシーナリア派は社会から敬遠されたり、そもそも人口が少なかったりする場合が多い。

内乱が収まることにより国内が平和になり多くの固有文化が生まれた。メシェーラはその一例である。トイターの言葉などを有字で芸術的に書こうとする有字書道が発達し、その時の専用の筆の総称してメシェーラと呼ぶようになった。メシェーラは現代では携帯用の武器としても使われる。

平穏な文明開化の時代はtoi.1512の王国大震災により崩れようとする。ハタ王国内で農村部などに被害を及ぼし、雪崩、沿岸部では津波による漁業の停滞などが生じ、食料全般の値段が急騰した。国内では再び混乱が起こり、新たな安全な土地、食料を求めて海へ出て新たな陸を見つけようという動きが高まった。こうしてハタ王国航海時代が始まったことになるが、アラナス島という大きめの島の発見により公開に動きは収まる。そのあともいくつかの諸島が見つかり、それらも支配下となった。


テロのうごき・ファイクレオネ人の渡来

アラナス島の安全がネステリウらにより確認されると、スカルムレイはアラナス島への遷都を立案し、現在のネステルへ都が移される。そうすると一部の反対派が反対したため政府に処刑されるとスカルムレイ制への不信感が主にペーセ人などの元来のトイター教徒ではない者達に生まれ、タイロナルなどがテロを起こす。タイロナルは特に聖地スケニウの大切さを考え、王国に十の要求を提示し、拒否されると南十字戦争を三年続けた。そのあとも残党はウィトイタータイロナルとして生きつづけた。

toi.1901年はファイクレオネ人が確認された時期である。主に現れたのはハフル北部(現在のランテイン)およびスケトイランテイン島である。移動手段はウェールフープであった。そのほとんどが新理派であったとされる。20年ほどたつと王国人とファイクレオネ人のハーフなどが誕生し、ファイクレオネの考え方が混じった数々の主義が誕生する。例としてリパラオネ教トユター派などがある。

一部のファイクレオネ人は社会主義的意識に駆られ中央集権国家であったハタ王国の政治に干渉しようとしてテロを起こした。酷かったのはイザルタで起きたハタ王国版ネルト大虐殺と称されるイザルタ大虐殺である。王国はこれに対しウェールフープ無断乱用を禁止する移動魔法使用成敗式目を出した。

またハタ王国にはウィトイターが軽蔑される風潮があり王国内にいながらトイター教徒ではないものは社会的に差別される風潮があった。そのため元来よりリパラオネ教やレマース教などの信者であった移住者などはこれに反対してウィトイターの権利を得ようという運動を起こす。なかでもララータ=ハフリスンターリブの設立した「ハフリスンターリブ」はトイター教しか認めないハタ王国に反対する反王国葉として発達し、ハタ=ハフリスンターリブでハタ王国政府でも危険視されるテロ組織となった。


連邦との和解、近代化

カリアホ=スカルムレイなどの政策によりユエスレオネ連邦 がハタ王国の存在を確認、国交を結びサニス条約に参加する。両国の国交は積極的でありしばしば悠里連邦と呼ばれる。連邦軍の援護によってハフリスンターリブ、裏でハタ王国拉致問題を実質的に引き起こしていたxelken.valtoalなどを抑えることに成功、また連邦の影響により近代化が本格的に進む。

四年後のデュイン・アレス独立戦争(DAPE)ではxelken.alesを抑えるためにサニス第三条約により参加。連邦と協力した。それと同時に治安の悪かったデュインがある程度整備され、拉致被害者であった生きている王国人が祖国へ帰ることができた。


レタジャハル

連邦の介入よりハタ王国には社会主義の考えが広まり、スカルムレイ崇拝などがあまり行われなくなり王国の象徴というような存在にまでなった。これに反対した過激派はスステ政治とトイター教中心政治の再興を目指して王国を変えようとするアインスステ派としてテロなどを始める。代表はザーサン=アインスステZaasan=Ainsusteであり、男性でありながら南スカルムレイという通称がついた。またアインスステ派もウェールフープをテロに取り入れ、新世界の開拓を考えた。その中で湊星のペーセ国を見つけ、自らの仲間にしようと考える。予定通り、半分近くのペーセ人がテロに参加。ディスナルを中心にペーセ人がユーゲ人を迫害するようになる。一方本家スカルムレイの方ではカリアホ=スカルムレイが死去し、パーナル=スカルムレイが即位するがカリアホの妹であり年をそれなりにとっていたために姉のカリアホを応用にして早いうちにこの世を去る。その娘ペーセ=スカルムレイが後を継ぎレタジャハル事件を終結させることになる。

反ユーゲ派ペーセ人はアインスステ派と組み「南スカルムレイ」ザーサン=アインスステと共にペーセ・アインスステ連合軍を組織する。指導者に君臨したザーサンは王国への攻撃を開始する。ハタ王国政府もついにペーセ国の存在に気づき、政府中枢と接触し会談を開く。ペーセ国はユーゲ人のハタ王国を受け入れて連邦影響圏へ参入し、ユエスレオネ連邦などと協力して連合軍を形成する。その間にスケニウはペーセ・アインスステ連合軍に襲撃されており海を渡ってネステルへ行こうとしていた。(東南戦争)

スケニウ方面への進撃を決意した悠里連合軍はマズブーメホ海峡を横断する最中に進撃中であったペーセ・アインスステ連合軍を発見しそのまま海戦が始まる。(マズブーメホ海戦)結果ペーセ・アインスステ連合軍は敗戦。南スカルムレイはスカルムレイの唯一性を汚したとして社会主義としては異例の死刑となった。


スカルムレイの立場・政治

トイター教ではほとんどの派閥でスカルムレイの立場は重要視されておりとても尊いものとされている。アッタクテイ派では指導者から直接指名された一族であるとして、トイターとほぼ同等に尊敬されている。クントイタクテイでは明確に人格を持つ創造主が認められており、スカルムレイ一族はトイターに神が指名させた、つまりスカルムレイの直接の使徒として尊敬を集めている。シーナリア派でもスカルムレイはトイター教の模範であるべきと考えている。

現代の政治では、スカルムレイは皇居院というハタ王国の行政機関のトップであるという立場で、首相により決定された法案を最終的に議決するかどうかなどを担う存在であり、実質的に現在も権力は完全に保たれているわけではないが持っている。また社会主義の横行により本来の指導者のような立場を取ろうとする考えもある。

政治に関しては連邦の影響が少しあるが、三権分立を取り入れており明確に実践されている、「ハタ王国憲法」がある立憲君主制であるといった点である。国政はスカルムレイを中心とする行政機関の皇居院、立法を行いスカルムレイの関与しないハタ国会(あるいは単に国会)、司法を行う王国裁判によって行われている。皇居院は二議会制であり、議員は選挙により選出される。憲法の方針はスカルムレイを王に立てる、どの信教のものも人権を保護するといった共和制な面、国民に労働を課す全体主義的な面を持ち合わせる。

外交関係

ハフリスンターリブが鎖国政治をするために作り上げたハタ王国全土を囲む巨大な結界「孤立結界」があるためにカラムディア星の他国はハタ王国近海に入ることも山を越えてはいることもできず、ハタ王国からも他国へ踏み入れることはできない状況となっている。かわりにウェールフープ技術がファイクレオネから伝わっており、威世界観を移動してユエスレオネやペーセ国などと関係を持っている。

ユエスレオネ連邦

連邦影響圏として、ユエスレオネ連邦が最も密接にかかわっている。連邦が成立する前、つまりファイクレオネ時代から人々の行き来はあったが国際的にハタ王国が連邦に認識されたのはユエスレオネが完成し、現在の連邦が成立してからの話である。

ペーセ国

湊星とは最近の話であり、レタジャハル事件の際に連邦影響圏に参入する。相互不可侵条規などの条約により良好な関係を保っている。

スキ・カラムディア(ADK)

スキ語世界に住むユーゲ人と連邦の介入により成立したスキカラムディアであるが本土ハタ王国よりも連邦の影響が激しくほとんどの政治が連邦の影響で行われている。そのためハタ王国とは人種が同じにもかかわらずあまり話が合わないとされるが、連邦影響圏によって戦争状態にはなっていない。


関連項目

カラムディア・ハタ社会主義王国
有:Amthemano Naara fo Hata en Karamdia

理:Ecceverlo'd Hata'd Yuesdera'd Naa'ra

(国旗)
[[{{{位置画像}}}|{{{位置画像px}}}px|{{{位置説明}}}]]
公用語 ユーゴック語、リパライン語、ペーサック語など
首都 ネステル市
最大都市 ネステル市
政府 現国王(スカルムレイ):プーサ=スカルムレイ

皇居院首相:アムソ=スカスリーネステル

面積 ?km2km2
人口 2億人弱人
人口密度 ? 人/km2 人/km2
GDP ?ケテ(kete)
建国 歴史上はtoi.1
通貨 ケテ(kete)
国際電話番号 不明