Research

  • 大規模学術文献データを用いた学術萌芽領域予測手法と学術俯瞰システムの研究開発
    • 学術論文の大規模な引用ネットワークの分析 [17]に基づき、複数の引用関係の組み合わせおよびネットワークの構造指標に基づいた学術の萌芽領域を特定する手法を開発した [16,18]。また、任意の学術・技術領域について大規模な論文・特許集合を分析し [20]、領域の研究トピック、中心論文・論文誌、中心研究者・機関・国などを自動的に抽出・可視化する学術俯瞰システムを開発した [19]。同システムは研究者の研究計画、科学技術政策におけるロードマッピングや企業の研究戦略立案支援に幅広く活用されている。
[16] Katsuhide Fujita,Yuya Kajikawa, Junichiro Mori, and Ichiro Sakata, Detecting Research Fronts Using Different Types of Weighted Citation Networks, Journal of Engineering and Technology Management, Vol.32, 129-146, 2014
[17] 森純一郎: 大規模ネットワークデータの分析と社会応用,人工知能学会論文誌, Vol.27, No.4, 2012
[18] Shino Iwami, Junichiro Mori, Yuya Kajikawa and Ichiro Sakata, “Detection of Next Researches using Time Transition in Fluorescent Proteins”, 14th International Conference on Scientometrics and Informetrics (ISSI2013), (July2013)
[19] Katsuhide Fujita, Yuya Kajikawa, Junichiro Mori, and Ichiro Sakata, Detecting Research Fronts using Citation Network Analysis, 2012 Annual Meeting of Institute for Operations Research and Management Sciences (INFORMS2012), (October 2012)
[20] Vitavin Ittipanuvat, Katsuhide Fujita, Yuya Kajikawa, Junichiro Mori, Ichiro Sakata, Finding linkage between technology and social issue: A literature based discovery approach, Proc. Portland International Center for Management of Engineering and Technology 2012 (PICMET), (July 2012)
  • 大規模取引ネットワークを用いたサプライチェーン分析と中小企業支援の研究開発
    • 企業間の大規模な取引ネットワークを分析 [11-13]に基づき、企業間の連携・提携(取引、共同研究等)を推薦するための機械学習手法を開発した [14]。特に、東日本大震災時においては被災地域の中小企業ネットワークを分析することで被災地域の企業支援の政策策定に貢献するとともに、研究成果を応用した企業検索システムをウェブサービスとして開発し公開した [15]。同システムにより、任意の企業に対し、中小企業を含む膨大な企業群の中から、有望な連携先を推薦ことが可能となる。また、イノベーションの組織提携戦略の立案や事業継続計画の策定にも利用可能であると考えられる。
[11] Junichiro Mori, Yuya Kajikawa, and Hishashi Kashima, Finding your business partners and building reciprocal relationships - a machine learning approach, Proc. IEEE Int’l Technology Management Conference (ITMC), pp. 1069-1073 (June 2011)
[12] Junichiro Mori, Yuya Kajikawa, and Ichiro Sakata, Evaluating the Impacts of Regional Cluster Policies using Network Analysis, Proc. Int’l Conference for Management of Technology (IAMOT), (March, 2010)
[13] Junichiro Mori, Yuya Kajikawa and Ichiro Sakata, Analyzing Inter-Firm Networks for Enhancing Large-scale Regional Clusters, Proc. IEEE Int’l Conference on Industrial Engineering and Engineering Management (IEEM), pp. 1037-1041 (December 2009)
[14] Junichiro Mori, Yuya Kajikawa, Hisashi Kashima, and Ichiro Sakata, Machine Learning Approach for Finding Business Partners and Reciprocal Relationships, Expert Systems With Applications, Vol.39, No.12, pp.10402-10407, 2012 
[15] Yuya Kajikawa, Junichiro Mori, and Ichiro Sakata, Identifying and bridging networks in regional clusters, Technol. Forecast. Soc. Change, Vol.79, pp.252-262, 2012
  • ウェブ情報とセンサ情報を統合した情報推薦手法の研究開発
    • ブログに代表されるソーシャルメディアでのユーザ行動情報と実環境中のセンサ情報から取得したユーザの行動情報を統合したユーザの基本属性や嗜好や状況予測手法を開発した。同手法を用いて、小売店や地域への来訪客に対して商品を推薦するシステムを開発し、社会実験により大規模なデータ収集と評価を行う。研究成果は経済産業省情報大航海プロジェクトに活用される[6]とともに情報科学技術フォーラムにおいて最優秀論文賞を受賞した [7,8]。また、ユビキタス環境における情報共有のため、環境に埋め込まれたセンサから取得されたユーザ情報をソーシャルネットワークの概念に基づき情報共有を行う手法とその応用システムに関する研究を行った [9,10]。
[6] Junichiro Mori, Yutaka Matsuo, Hitoshi Koshiba, Kenro Aihara, and Hideaki Takeda: Predicting Customer Models Using Behavior-based Features in Shops, Proc. Int’l Conference on User Modeling, Adaptation, and Personalization (UMAP 2009) in Trento, Italy, pp.126-137 (June 2009)
[7] 小柴等,相原健郎,森純一郎,小田朋宏,星孝哲,松原伸人,武田英明:説得性に基づく情報推薦手法の提案 -「ぷらっとPlat @ 自由が丘」における統合された行動ログの活用-, 情報処理学会論文誌, Vol. 51, No. 8, pp. 1452-1468, 2010
[8] 小柴等,  森純一郎,相原健郎,小田朋宏,星孝哲,松原伸人,武田英明:記憶の想起と記録のためのライフログ・ブログ連携型支援手法の提案,情報処理学会論文誌, Vol. 51, No. 1, pp.63-81, 2010
[9] Alexander Kroener, Michael Schneider, and Junichiro Mori: A Framework for Ubiquitous Content Sharing, IEEE Pervasive Computing, Vol.8, No.4, pp.58-65, 2009 
[10] Junichiro Mori, Nathalie Basselin, Alexander Kröner, Anthony Jameson: Find me if you can: Designing Interfaces for People Search, Proc. the international conference on Intelligent user interfaces (IUI08), pp.377-380, (January 2008)
  • 大規模ウェブ情報からの情報抽出手法と応用システムの研究開発
    • 爆発的に増加しているウェブ情報に着目し、ウェブからの情報抽出と応用に関する研究を行った。ウェブを巨大な言語コーパスと見なし、検索エンジンを用いて共起情報、文脈情報、類似度情報といった言語統計情報を取得し、人物を中心としたエンティティとそれらの関係性を抽出する手法はウェブマイニングとして新規性の高い手法であり、研究成果はWWW, ISWC, AAAI, IJCAIなどウェブや人工知能に関する論文誌やトップ会議に採択され評価を得た [1-4]。また、同手法を応用した人物検索システムは国内外の学会や研究機関で研究者間の情報共有やコミュニケーションを支援するツールとして広く活用される [5]。さらに、現在国内最大の人物検索エンジンとしてサービス化されるなど、社会的にもその成果が活用されている。
[1] Junichiro Mori, Yutaka Matsuo and Mitsuru Ishizuka: Extracting Keyphrases to Represent Relations in Social Networks from Web, Proc. 20th International Joint Conf. on Artificial Intelligence (IJCAI2007), Hyderabad, India, pp.2820-2825, (January 2007) 
[2] Junichiro Mori, Takumi Tsujishita, Yutaka Matsuo, Mitsuru Ishizuka: Extracting Relations in Social Networks from the Web Using Similarity Between Collective Contexts, Proc. 5th Int’l Semantic Web Conference (ISWC2006), Athens, USA, pp.487-500, (November 2006) 
[3] Yutaka Matsuo, Masahiro Hamasaki, Hideaki Takeda, Junichiro Mori, Danushka Bollegala, Hiroyuki Nakamura, Takuichi Nishimura, Koiti Hashida and Mitsuru Ishizuka: Spinning Multiple Social Networks for Semantic Web, Proceedings of the 21st National Conference on Artificial Intelligence (AAAI 2006), pp 1381-1387, Boston, MA, USA, (July 2006) 
[4] Yutaka Matsuo, Junichiro Mori, Masahiro Hamasaki, Keisuke Ishida, Takuichi Nishimura, Hideaki Takeda, Koiti Hasida, Mitsuru Ishizuka: POLYPHONET: an advanced social network extraction system from the web, Proc.15th Int’l World Wide Web Conference (WWW2006), Edinburg, Scotland, (May 2006) 
[5] Yutaka Matsuo, Junichiro Mori, Masahiro Hamasaki, Keisuke Ishida, Takuichi Nishimura, Hideaki Takeda, Koiti Hasida, Mitsuru Ishizuka: POLYPHONET: an advanced social network extraction system, Journal of Web Semantics, Vol.5, No.4, 2007              
Comments