おすすめの本、お薦めの本、お奨めの本、お勧めの本、オススメの本 by ジュンヒコ

ここでは、皆さんへのおすすめの本、お薦めの本、お奨めの本、お勧めの本、オススメの本を紹介します。
村上春樹や村上龍、原りょう、東野圭吾、伊坂幸太郎、などのおすすめの本を紹介しています。
純文学からサスペンスものミステリー、SF、科学ものまで、私のお薦めの本、おすすめの小説を紹介しています。
 
 ひとり目の最初のおすすめの本は「村上春樹」です。
 下記のサイトと左のサイドバーの村上春樹をクリックしてください。
 
 
 
 僕が最初に読んだ村上春樹は「風の歌を聴け」でした。
大学4年生の冬休みに新潟に帰省するために、東京駅に行きました。
新幹線の中で読む本をKIOSKで探していたら、それはありました。

まず、「風の歌を聴け」という文庫本のタイトルに惹かれて、さらに短編くらいの短さが気に入って購入しました。

帰りの新幹線の中で「風の歌を聴け」を読んだら、衝撃的でした。
乾いた文体、独特の比喩。
何を食べたら、こんな文章を書けるのだ?というのが最初の印象でした。

新幹線から降りるとすぎに本屋に走り、そこにあった「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」を衝動買いしました。

それ以来、村上春樹の大ファンです。
そんな僕がおすすめの村上春樹作品の中から、特に村上春樹のおすすめ本を紹介しています。

おすすめの村上春樹のおすすめの本を3冊あげよと言われたら・・・・・・


(1)羊をめぐる冒険

(2)世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド

(3)ねじまき鳥クロニクル