ゲームリスト

所有ボードゲーム一覧

私が持っているボードゲームの一覧ですが、最近、メンテナンスが滞っております…。
最新の状況はBGGの所有ゲーム一覧の方をどうぞ。BGGの方は、可能な限り最新にしてあります。

※所有ボードゲームのランダム画像(BoardGameGeekより)
Sample of jun1s's BoardGameGeek Collection

※たいした量ではありませんが、うちでボードゲーム会をしたり、他のボードゲーム会に持ち込んで欲しいものを挙げてもらったりする際にご参照下さい。そのうち紹介記事やリンクなど張っていきます。★マークは個人的なお勧め度です。マークは1個あたり約5回のプレイ回数(連続プレイは1回と数える)を示します(最大3つ)。マークはちょっと飽き気味のゲームを示します。New!マークは、私が入手した日を示します。

重量級(2時間~3時間)
  • トラヤヌス(Trajan) ★★★★ (フェルトによる、非常に要素の多いマネジメントゲーム。やりたいアクションひとつ行うにも、手元のマネジメントを要求される。勝ち筋が非常に多く、何度もプレイしたくなる一品) 2012/2入手
  • 祈り、働け(Ora et labora) ★★★☆ (ローゼンベルクによるリソースマネジメント。建物を建てて資源生産後、それを勝利点に変えるという流れは健在。面白いけどちょっと要素多すぎるかな) 2012/2入手
  • [譲渡済]数エーカーの雪(A Few Acres of Snow) ★★★ (2人専用。ドミニオンのようなデッキ構築要素を、歴史的なウォーゲームに取り入れたゲーム。面白いとは思うのだけど、ちょっと自分にはまだ掴めていない) 2011/11入手
  • Age of Empires III(英語版、日本語説明書付) ★★★★★ (3-5人 中級者以上向けのワーカープレイスメント)
  • ヴィニョス(Vinhos) ★★★★(2-4人 ワイン農園経営者となって極上のワインを造ろう!インスト長め) 2011/1入手
  • ホームステッダーズ(Homesteaders)(英語版、日本語説明書付) ★★★★ (3-4人 中~上級者向けのリソースマネジメント+競り)
  • Navegador ★★★★ (2-5人 中~上級者向け。ロンデルシステム。シンプルかつ奥深い)海洋冒険&商売モノ 2011/1入手
  • London ★★★★☆ (2-4人 ワレス版レースフォーザギャラクシー。ガチガチのハンドマネジメント。ゲーマーズゲームだが中毒性がある)2011/4入手

中量級(1時間半~2時間半程度)

  • トロワ(Troyes) ★★★★☆ ●●(2-4人。赤白黄のダイスをいくつか振り、そのダイスをワーカーとして敵襲に対抗したりカード能力を活性化したり…。ダイス運が悪くても相手プレイヤーのダイスをお金で買えるのが面白い。3人までがよい)
  • ハンザ・テウトニカ ★★★★★ ●●(2-5人。相手の邪魔が肝心のネットワーク構築ゲーム。マップ上の特定箇所を攻めると能力がアップするので、その取り合いも熱い。邪魔要素が大きいが、邪魔された方もメリットがあるのが面白い)2012/2入手
  • ハンザ・テウトニカ東方拡張マップ ※未プレイ 2012/2入手
  • ケベック(Quebec) ★★★☆ (2-5人。陣取りをしながら、その陣地の特殊効果を活性化させ、さらに陣地の色によってエリアマジョリティを狙う、という、同時に3つも4つもいろんな事を考えるゲーム。面白いが人を選びそう) 2011/11入手
  • ハワイ(Hawaii) ★★★★☆ (2-5人。ハワイをぶらぶらしながら建物などのタイルを購入し、自分の島に5つの村を作る。村にあるタイルの組み合わせで様々な勝利点が得られる。カツカツなのになんだかお気軽な雰囲気が誰にでも好評) 2011/11入手
  • [譲渡済]ドラムロール(Drum Roll) ★★★☆ (2-4人。サーカスゲーム。曲芸師カードを購入してその上に集めたリソースを置き、お金を勝利点を得ていく。曲芸師への給料がカツカツすぎて、派手なテーマとは裏腹にキツいプレイ感) 2011/10入手
  • オリンポス(Olympos) ★★★★ (3-5人。陣取りをしながらリソースを集め、リソースで能力付タイルや勝利点タイルを買う。好きな人にはたまらないゲーム。タイルの種類がやたら多く、初見ではおそらくダウンタイムがかなりかかるが、慣れればどってことはない)
  • オリンポス拡張(Olympos:Oikoumene) ※未プレイ 2012/1入手
  • ランカスター(Lancaster) ★★★★★(2-5人 ワーカーに強さがあるワーカープレイスメント。フリーク向けながらシンプルに収まった傑作) 2011/7入手
  • [譲渡済]アークキング ★★★☆ (2-6人 ドラフトで仲間カードを決定、その後プレイして建物を建てる・・・を繰り返す。面白いのだがダウンタイムが長いと感じた) 2011/6入手
  • ストラスブール(Strasbourg) ★★★★☆ (3-5人 独特の競りシステムと陣取り。ライトなフリーク向けゲーム) 2011/6入手
  • ケイラスマグナカルタ ★★★★(2-4人 ケイラスの贅肉を落としてカード化したようなゲーム。ケイラスより好き) 2011/3入手
  • あやつり人形日本語版 ★★★★ (4-8人 5人ぐらいがベストかな。結構個人攻撃的な側面があるので、人を選ぶかも)
  • テラフォーマー ★★★★★ ●●(2-4人(5人可) 中級者以上向け。運要素ゼロのインタラクション中心プレイ。ワーカープレイスメント)
  • チケット・トゥ・ライド日本語版 ★★★★(3-5人 一般向け。ワイワイ楽しくパーティープレイ)
  • けもぱに!(独自拡張付) ★★★☆ (4-8人 中級者向け。トーク中心の推理ゲーム。でも今は「レジスタンス」の方が手軽だと思う)
  • 倉庫の街 ★★★★(2-5人 中級者向け。変則の競りゲーム。お金重要。シンプルなルールでアツい駆け引き。) 
  • 倉庫の街拡張:Kaispeicher ※未プレイ 2012/3
  • ドラゴンイヤー+拡張 ★★★★☆ (2-5人 中~上級者向け。運要素が非常に少ないガチゲーム。手番が重要。拡張は未プレイ)
  • グレンモア ★★★☆(2-5人 中~上級者向け。タイル配置&リソース生産系。) 
  • ストーンエイジ ★★★★ (2-4人 一般向け。サイコロたくさん振ってシンプルなワーカープレイスメント。) 1/28入手
  • ストーンエイジ拡張:スタイルがゴール ★★★ (2-5人。要素がちょっと増えた。ストーンエイジに飽きたらどうぞ。自分はまだ早いかな) 2011/12入手
  • シラ ★★★★(2-4人 ローマ帝国の退廃をテーマにした競りゲーム。運の要素少なめでじわじわくる競りを楽しみたい人に。) 1/28入手
  • 発明の時代(Era of Inventions) ※未プレイ 2/20入手
  • ルナ(Luna) ★★★★☆ ●●(2-4人 ワーカームーブメントという新機軸を導入した脳汁出まくりゲーム。ちょっと難しいけど超お勧め!) 2/20入手
  • 果てしなき世界(World Without End) ※未プレイ  1/28入手

軽・中量級(45分~1時間半程度)

  • シティ・ビジョン(City Vision) ★★★☆ 都市建設がテーマのカード&ダイスゲーム。自分の手番にサイコロを6個振って、手元のカードの効果にサイコロを割り振ってお金か勝利点を稼ぐ。どこで勝利点に切り替えるか、というのがドミニオンっぽいジレンマがある、軽く盛り上がれるゲーム。運要素はそれなりに高い。
  • ヴォーパルス(Vorpals)&拡張ヴィシャス ★★★★ (2-5人。ドラフトをしながら自陣に兵力を配置し、両隣の陣営と兵力差を競う。カードによるコンボがあり、また、配置した兵力が経年によって2ラウンド後に取り除かれるという斬新な設定が面白い)
  • ハンザ(Hansa) ★★★★ (2-4人。航海しつつ、各都市に支店を開いてそこの商品を購入したり、売却したりして勝利点を稼ぐ。自分だけが得して、他の人の特にはならないよう考えて動く必要がある。重めな感じに見えて割りとさくっと終わるのが好き)
  • クーハンデルマスター ★★★★ (3-6人。古典的名作カードゲーム。動物を競り落として同じ種類の動物を集めると得点化される。相手と自分の所有動物を賭けての腹の探りあい勝負も熱い!少々、ダレる場面があったりするのが惜しいが、仲間内でダラダラやりたいときには良い) 5/20入手
  • ウォルナット・グローブ開拓史(Walnut Grove) ★★★★☆ ●●●(1-4人。タイル配置+リソース生産+フードサプライ。1時間で終わるカツカツゲーム。タイルを配置してリソース生産ってのが楽しくて仕方がない私のようなタイプにぴったりの1時間ゲーム。ソロプレイも面白い)
  • ラー(Ra) ★★★★☆ (2-5人。代表的な競りゲームの1つ。競りをしながらタイルのセットを作り、高得点を目指す。非常に良くシステムが寝られた傑作)
  • サンティアーゴ・デ・クーバ(Santiago de Cuba) ★★★☆ (2-4人。5種類のリソースを集めて車を船につけて誰よりも先に船の需要を満たす。車が全員共通なので、移動の駆け引きがハンパないです。多分2-3人がベスト)
  • タケノコ(Takenoko) ★★★☆ (2-4人。六角形のタイルを引いて配置することで庭をつくり、そこへ竹を生やしていく。パンダに食べられたりしながら、目的カードに書かれた庭の形状、竹の生え方、パンダの餌などの条件を満たす事で得点する。運の要素が強いが気軽で面白い) 2011/12入手
  • トゥルネー(Tournay) ★★★★ (2-4人。トロワと同じデザイナー。3色のワーカーを使ってカードを引いたりカードを活性化したりして、カードで自陣を組んでコンボと勝利点を目指す。他人のワーカーを買えるのがトロワっぽい)
  • アクワイア ★★★★ (Acquire) (3-6人。ホテル買収ゲーム。古典に入る古いゲームだが、今やっても色あせない面白さがある)
  • レジスタンス 日本語版 ★★★★ (4-8人。途中脱落者がいない「人狼」)2011/8入手
  • ハートオブクラウン ★★★★ (2-4人。ドミニオン亜種。勝利点は「プレイ」しないと点数にならない点が新しい。イラストがカワイイ。)2011/6入手
  • K2 ★★★★☆ (2-5人。登山ゲーム。手駒の二人の登山家を、誰よりも高い所へ導こう。但し途中で死んだら1点に!変則レースゲーム)2011/6入手
  • K2ブロードピーク(K2:BroadPeak) ★★★★☆ (2-5人。K2の拡張。K2の無駄を省いてより短時間でスリムな体験ができるコースと、複数の山頂を同時に制覇するコースの2種が楽しめる。K2より面白さが増している)
  • アベ・カエサル(Ave Caesar) ★★★★☆ (3-6人。中世を舞台にしたレースゲーム。狭い道で以下に相手の進路を妨害するか!?)2011/6入手
  • アトランティック・スター(Atlantic Star) ★★★★ (2-5人 必要ルートの船カードを集めて高得点を目指すセットコレクション)2011/4入手
  • 王への請願(Um Krone & Kragen ★★★★ (2-5人 ゾロ目を7つ出したら勝ち!全員ダイス3つから始め、ダイス追加能力や出目変更能力などを獲得して行く。ダイスゲーなのに戦略が重要な良ゲー)2011/4入手
  • アルハンブラカードゲーム ★★★★ (2-5人 一番たくさん同じ色の建物を買った人がその色の得点ゲット。買い物ゲーム)2011/3入手
  • カタンの開拓者たち(英語版第4版) ★★★★★ ●●●(3-4人 誰でもお勧め。そこそこ考えて、運もあって楽しめる。交渉アリ)
  • カタンの開拓者たち5-6人プレイ用拡張(5-6人 英語版第4版)
  • カタンの開拓者たち日本語ポータブル版
  • カルカソンヌ日本語版 ★★★★★ ●●(2-5人 誰でもお勧め。変則の陣取りゲーム)
  • ドミニオン(基本+陰謀)日本語版 ★★★★★ ●●●(2-4人 誰でもお勧めのカードゲーム。コンボ炸裂)
  • コロッサル・アリーナ日本語版 ★★★(2-5人 ちょっとプレイが難しい。中級者以上向け)
  • ダイナマイトナース1&2 ★★★★ ●●●(3-6人 誰でもお勧め。運がほとんどのパーティーゲーム。一人負け系)
  • ザヴァンドールの鉱山 日本語版 ※未プレイ 2/14入手
  • ペルガモン(Pergamon) ★★★☆ (発掘ゲー) 2011/6入手
  • ウルク:文明のゆりかご(Uruk) ★★★☆ (2-4人。重厚なテーマとプレイ感をカードゲームに落とし込んでいる。ちょっと細かいルールが分かりにくいのが欠点だが、自分は結構好き。2012春にリメイクが出るらしい)2011/6入手

軽量級(30分~1時間)

  • ボトルインプ(Bottle Imp) ★★★★ (3-4人。「小瓶の悪魔」という小説をモチーフにしたトリックテイキング)
  • すしドラ! ★★★★ (3-5人。回転寿司をテーマにしたゲーム。7 Wondersのように1枚選んで隣へまわすドラフトでセットコレクションをするシンプルなゲームながら、テーマともあいまってワイワイ楽しめる良ゲーム)
  • それってアリ!?(It Happens...) ★★★★☆ (3-5人。カツカツゲー好きのフェルトがデザインした軽いダイスゲーム。ダイス目に一喜一憂するだけでなく、出た目をどこに置くかが悩ましい傑作)
  • ボーナンザ ※未プレイ
  • スプリング・フィーバー(Spring Fever) ★★★★ (3-6人。フリーゼのブラフカードゲーム。4枚の中で一番悪いカードを自分の前に出して残りを隣へ渡す。が、嘘をついてもオッケー!気軽に盛り上がれる良作)
  • オイ、それは俺の魚だぜ! ★★★ (2-4人。魚が数匹かかれた小さな六角タイルを敷き詰めて、その上に置いた自分のペンギン駒を動かしながらタイル(魚)を集める。相手を不利な場所へ追い込む、割と嫌らしいゲームながら10分程度で終わるのが良い。でもタイル敷き詰めるのがちょっとめんどいw)
  • テレストレーション(Telestration) ★★★★★ (4-8人。絵を描く伝言ゲーム。絵が下手な人がいると特に盛り上がる。誰がやっても面白いというパーティーゲーム) 2011/8入手
  • コロレット(Coloretto) ★★★★ ●●● (3-5人。あのカードは押し付けたいがあのカードは欲しい。引くべきか、取るべきか。手軽にジレンマを味わいつつ、気軽に盛り上がれる秀作カードゲーム)
  • はげたかのえじき ★★★☆ (2-6人。場の点数カード(-5~10点)を取り合う。大きい数字を出せば取れるが、他の人と数字がバッティングするとダメ。ドラマが生まれるパーティーゲーム)
  • プラトーX(Plateau X) ★★★★☆ ●●●(2-4人。ブロックを積んで誰よりも高い所へ自分の駒を移動させれば勝ち。シンプルかつ運の要素ゼロのアブストラクトなので人を選ぶかもしれないが、意外ととっつきやすい。友人と何度も遊んで盛り上がっている)
  • [譲渡済]ウォーターリリー(Water Lily) ★★★ (2-4人。蛙をうまく動かして狙ったタイミングで池へ飛び込ませる。正体隠匿系のゲームだが、その部分とゲームのジレンマの部分が微妙にかみ合っていない気もする。ちょっと合間にプレイするのにいいかも)
  • [譲渡済]クワークル(Qwirkle) ★★★☆ (2-4人。グリッド上に正方形のタイルを並べていく。色か模様を合わせて大量得点を狙え!)2011/7入手
  • ア・ラ・カルト(A la carte) ★★★★★ (2-4人。小道具が本格的でカワイイお料理アクションゲーム。手軽に盛り上がれる傑作だと思う)。2011/4入手
  • ア・ラ・カルト:デザート(A la carte:Deseart) ※未プレイ。ア・ラ・カルト拡張。2011/6入手
  • フォレショレ(Volle Scholle) ★★★★ (2-4人。ワレス作のライトなペンギンカードゲーム。競りだが負ける事も重要なバランスがよい)2011/6入手
  • ナイアガラ(Niagara) ★★★★(3-5人。流れる滝の上を決死の覚悟でボートをこぎつつ宝石を集めろ!流れる川のギミックは必見)
  • ぴっぐテン(Pig 10) ★★★☆ (2-8人。0から10までの数字が書かれたカードを使って場の数字を10ちょうどにすればトリックが取れる。)
  • ディクシット(Dixit) ★★★★ (3-6人。イラストを見て思った言葉を言う。自分の思惑が、全員にバレても全員にわかってもらえなくてもダメ、というジレンマが楽しい)2011/4入手
  • 世界の七不思議(7 Wonders)多言語版 ★★★★★ ●●(2-7人。全員同時にカードをドラフトして1枚建築、を繰り返す。手軽に拡大再生産を楽しめ、人数が増えても時間がそれほど変わらないという傑作。カードを覚える必要がある為、リプレイ必須。)2011/4入手
  • 世界の七不思議拡張:指導者たち(7Wonders:Leaders) ★★★★ (面白いとは思うが、基本セットでまだ飽きてないので入れなくてもいいかな)
  • アクエリアス(Aquarius) ★★★★  (2-5人。色を合わせてカードを置く。駆け引き&ブラフ&一発逆転要素が熱いシンプルなパーティーゲーム) 2011/4入手
  • ティチュー(Tichu) ★★★ (4人。2人ずつのチームで戦う大貧民。何枚かの特殊カードの存在が駆け引きを熱くする。ちょっと複雑な割りにプレイ感が大貧民とさほど変わらず、しかも4人いないと出来ない等、今後の出番は無さそう)2011/3入手
  • ハイパーロボット(Ricochet Robots) ★★★★★ (何人でもプレイ可能。盤面のロボットを目的地へ移動させるパズルゲーム。誰が一番速く最適な答えを見つけられるか!? 理系にお勧め)2011/3入手
  • もっとホイップを(...aber bitte mit Sahne) ★★★★☆ (2-5人。ケーキを切り分けて同じ種類のケーキを集めよう。手軽かつジレンマもあり、見た目的にも盛り上がれる良ゲーム)2011/3入手
  • 勝利への道(VerfliXXt!) ★★★★ (2-6人。変則すごろく。シンプルなルールでワイワイ盛り上がれる)2011/3入手
  • Tsuro(通路) ★★★ (2-8人。シンプルで10-20分程度で終わるパズル的ゲーム。ちょっと運の要素強いか) 2/20入手
  • 禁断の島(Forbidden Island) ★★★★ (2-4人。協力型ゲーム。ゲームに慣れた大人だけでやるなら、いきなり伝説級でやるぐらいの方が緊張感があっていいかも。) 2/20入手
  • ごきぶりポーカー日本語版 ★★★★★ ●●(2-6人 誰でもお勧め。嘘つきゲーム。しかし今は「髑髏と薔薇」の方がプレイ時間も短いし面白いかも!とはいえルールが簡単なのはこちら)
  • ヤギの愛(ドイツ語版、日本語説明書付) ★★★★★ ●●(3-6人 誰でもお勧め。1試合15分程度を人数回数プレイ)
  • 王宮のささやき(ドイツ語版、日本語説明書付) ★★★☆(3-5人 中級者向け。かなりの思考が必要)
  • ノミのサーカス〔サーカス・フロカティ〕(3-5人 ドイツ語版、日本語説明書付) ★★★☆(簡単なバースト系数字合わせ。ルールも簡単なので、ちょっとした時間合わせ用に最適)
  • [譲渡済]アディオス・アミーゴ(2-4人 ドイツ語版、日本語説明書付) ★★★ (反射神経系。ちょっとした息抜き用に買ったけど、ちょっと微妙だった)
  • ビーンストーク ★★★☆ (3-4人 脱初心者向けの気軽なリソースマネジメントとしてお勧め。)
  • ウボンゴ ★★★★☆ (パズルアクション。子供や女性でも難なく入れて熱くなれる。パズルが苦手な人でも楽しめる気が。すぐ初めてすぐ終われるので時間調整用や最初のゲームにぴったり) 
  • [譲渡済]ウボンゴ3D ★★★ (ウボンゴの3D版。ちょっと難しすぎた><) 2012/1
  • よくばりキングダム ★★★☆(2人専用 バッティングゲーム。日本の同人ゲームで、イラストが可愛い)

その他(子供向けなど)

  • スティッキー ★★★★ (2-4人。定番バランスゲーム。棒で作った山から一本ずつ棒を引き抜き、倒したら負け。小さい子供でも楽しめる良ゲー)
  • ねことねずみの大レース(Viva Topo!) ★★★★ (2-4人。猫につかまる前にチーズ部屋に飛び込め!でも遠くのチーズ部屋の方がでかいチーズが置いてある…。ダイス運で勝負が決まるが、意外と駆け引きもある良ゲー) 2012/1
  • [譲渡済]メイクンブレイク(Make'N'Break) ★★☆ (何人でも。カードをめくってそこに書かれている通りに積み木を組み上げる。制限時間内に何枚お題を達成できるか? 期待していたのだけど、ちょっと大人がやるには辛かった。子供中心のパーティー向けかも)
  • オニリム(Onirim) ★★ (迷路を脱出するのがテーマのソリティアカードゲーム。ソリティア好きじゃないので合わなかった)
  • [譲渡済]ハムスター大相撲 ★★★ (子供向けのアクションゲーム。戦略性はほぼゼロで、磁石でフィギュアを動かして相撲をするだけのゲーム)2011/8入手
  • Camelot Jr ★★★★ (子供向けの1人用積み木パズル。初めてやる人ばかりなら、早いもの勝ちで全員同時に解きあうのも面白いかも。但し、手を挙げてから解くのは10秒以内で。)
  • フォスフォフ(Fosfofou) ★★★★ (何人でも。48枚の模様が書かれたタイルの中から同じ模様のペア24組を探し出す)2011/4入手
  • Ystari Box (Ystari Games社の5種類のゲームの拡張集。シラとケイラスマグナカルタの拡張目当て)2011/3入手
  • ドラゴン・ディエゴ ★★★☆ (2-4人 玉を指で弾いて狙った場所へいれる。心理戦もちょっぴりある) 2/20入手
  • チロルジャン(※パーツ1つ欠品中) ★★★(2-4人 まぁ、チロルチョコの形のドンジャラです)
  • ワニに乗る? ★★★★ ●●(2-4人 バランス系。実は子供より大人の方が燃えるかも)
  • コケッコ・ゲルダ ★★★(2-4人 子供用記憶系ゲーム。運の要素もあって5才ぐらいからプレイ可能)
  • イチゴリラ ★★★★☆ (2-6人 子供向け変則神経衰弱。大人でも本気で遊べる)
  • Pit! ★★☆(3-8人 パーティーゲーム。めちゃくちゃウルサイ)
  • TAKI ★★★☆ ●●●(2-10人 UNOの派生ゲーム。同じ色のカードを何枚でも出せるTAKIカードがアツい)
  • 人生ゲーム ★ (2-5人 要らないという人からもらった。運要素しかなく、考える事がゼロなので、あまり好きではない)
  • モノポリー ★★ ●●● (2-8人 学生時代にハマって熱中した。今はカタンの方が好み。)

Comments