お年玉で買う初めてのボードゲーム'2013

2013/01/01 21:20 に Jun Shin が投稿   [ 2014/12/03 0:51 に更新しました ]
お正月の楽しみといえばお年玉。今年も、「お年玉で買うボードゲーム」を紹介しましょう。
お子様に買ってあげたり、学生さんが「初めてのボードゲーム」としてどんなものを買えばいいか、という視点で、いくつか良いゲームをピックアップしてみたいと思います。

「良いゲーム」とは何でしょうか? 「楽しいこと」が重要なのはもちろんですが、それだけでなく、「ゲームを通して、自分なりに考えられる」事が大事だと私は思っています。サイコロやルーレットを回して出た数ぶん駒を進め、そこに書かれている内容に従うだけの、「すごろく」は、パーティーで盛り上がる運試しとしては楽しいのですが、「ルーレットを回すのが自分じゃなく他の人でも、結果が変わるわけではない」という点では、これはゲームというよりくじ引きをしているだけです。そういった運試しだけでなく、ゲームを通して「うーん、今回はどうしようかな」と自分なりに悩むことが出来るゲームが私は好きです。その上で、強い人が必ず勝つとは限らない、運試し要素が入っているのがちょうど良いですね。

実は、デパートのおもちゃ売り場、ゲーム売り場に行っても、そういうボードゲームはあまり置かれていません。「ボードゲームが静かなブーム」と言われつつも、おもちゃコーナーの仕入れ担当は「人生ゲーム」と「オセロ」と「ジェンガ」など、「売れ筋」と言われている、古典的なゲームしか仕入れていないようです。テレビ番組やテレビゲームを題材にしたボードゲームも昨今は多少出てはいますが、中身は非常に古典的なままです。これらのゲームは「ほぼ運試ししかない」か、オセロや将棋のように「運要素がなく、実力差がつきすぎる」という、両極端なものが多いです。

もちろん、そういう「みんなが知っている」古典的なゲームを買うのも良いのですが、ちょっと変わった面白いボードゲームに手を出してみたい、という人にお勧めのボードゲームをいくつか、ご紹介しましょう。どれも買って損は無いと評判のゲームばかりです。

今回ご紹介するゲームは、「年齢別」になってはいますが、「その年齢からも遊べる」というだけで、実のところ、大人がやっても面白いゲームばかりです。気に入ったものがあれば、カテゴリを気にせず、ぜひ買って大人同士でも遊んでみてください。

■3歳~のお子様と一緒に遊ぶボードゲーム

ワニに乗る?

子供向けボードゲームでは定評のある「HABA」ブランドのバランスゲームです。木で出来たいろんな動物の形の駒を、順番に「ワニ」の上に乗せていき、先に手元の動物を全部なくした人の勝ち! 直方体のみの「ジェンガ」と違い、どうぶつの形がとても良く出来ていて、丸っこい「ひつじ」や、他の駒にひっかけやすい「さる」、横長で平らな部分をつくりやすい「へび」など、子供ながらに「今はどのどうぶつを置くのが良いかな」と、悩んだり、考えたりしながら置いていけるでしょう。ゲームが終わったら、かわいい木の駒でどうぶつごっこもできますよ。最近、うちの3歳児から頻繁にリクエストがあり、毎晩遊んでいます。また先日、5歳児のいる親戚にプレゼントしたところ、大いに盛り上がったとか。2~4人用。10分。大人だけでやる場合は、「ワニの横に置く」ルールは無しの激ムズモードがアツいです。

Haba/ハバ社 ゲーム ワニに乗る?【正規輸入品】
Haba/ハバ社
売り上げランキング: 42,765

ドブル

丸いカードが可愛い、絵合わせゲーム。1枚のカードに8種類の絵が描かれているのですが、カードを2枚並べた時、必ずその2枚の中に、1つだけ同じ絵を見つけることができるようになっています。それを誰よりも早く見つけた人がそれを取れるのですが、3歳ぐらいのお子様の場合には、一緒に「どれかな?」と考えてあげる楽しみ方もできるでしょう。5種類の遊び方があり、大人だけが集まるパーティーでも非常に盛り上がります。安価(定価1800円)ですし、一家にひとつあると何かと重宝するゲームです。2~多人数用。5分~。

ドブル
ドブル
posted with amazlet at 13.11.25
ホビージャパン (2012-06-14)
売り上げランキング: 361

■小学校低学年~のお子様と一緒に遊ぶボードゲーム

ことばのカードゲーム もじぴったん


同名のテレビゲームのカードゲーム版です。「あ」「こ」などのひらがな1文字が書かれたカードを上下左右につなげていって、言葉をつくりましょう。「く」の右に「さ」ならば「くさ」という言葉が出来上がるので、置けますが、「く」の右に「ひ」は、言葉にならないので置けません。すでに「くさ」と置かれている右にさらに「い」を置いて「くさい」という言葉をつくってもOK。「そんなシンプルで面白いの?」と思われるかもしれませんが、これが意外に楽しいのです。お子様に新しい言葉を教えてあげたりなど、親と子供の良いコミュニケーションになりますし、同じぐらいの年齢の子供同士で遊ぶのも非常に盛り上がりますよ。うちの小2の娘が友達を連れてきたときは、これを出せばしばらくおとなしく遊んでくれます。多人数OK。15~30分。

ことばのカードゲーム もじぴったん
メガハウス (2007-08-10)
売り上げランキング: 1,465

■小学校高学年~のお子様と一緒に遊ぶボードゲーム

ア・ラ・カルト

各自がミニチュアの鍋とコンロを持ち、その中に「スパイス」の入った小瓶から唐辛子(赤)、ハーブ(緑)、レモン(黄)、コショウ(黒)を、レシピどおりに振りいれましょう。レシピには難しいものと簡単なものがありますが、難しいものほど点数が高いので挑戦しがいがあります。しかし、もし途中でスパイスを入れすぎてしまったり、小瓶にいくつか入っている「塩」が入りすぎてしまったりすると、料理は失敗。そんな時は、お鍋のスパイスを全部流しへ捨てて、新しいレシピに挑戦しましょう。誰かが5種類のレシピを完成させたらゲーム終了。成功した料理の点数の合計が一番高い人が勝利します。写真を見ても分かる通り、非常に質の高い部品が場を盛り上げます。大人がやっても大いに楽しめますよ。2~4人。30~45分。

アラカルト
アラカルト
posted with amazlet at 13.11.25
ハイデルベルガー
売り上げランキング: 9,333

■大人と子供が家族で遊ぶファミリー向けボードゲーム

ディクシット

上で紹介したゲームも、ファミリー向けに良いものばかりですが、たとえばおじいちゃんおばあちゃんを交えた三世代・多人数で遊ぶのにちょうど良いのが、このゲーム。ルールは簡単。一面に不思議で美しいイラストが描かれた大きいカードが6枚ずつ配られます。文字などは一切なし。毎回、誰かが「語り手」になってテーマ(例えば「私って幸せ!」等)を決め、そのテーマに合ったカードを、各自が手札から1枚、こっそり選びます。全員がこっそり選んだら、それらを裏向きのまま集めて混ぜ、表向きにして並べて、「語り手が出したカードはどれか?」を投票します。誰かに自分のカードを選んでもらえれば得点。自分のカードが選んでもらえるか、ドキドキですよ! 秀逸なのが、「語り手のカードが全員に選ばれるか、逆に誰にも選ばれなかったら、語り手は一点も貰えない」というルール。語り手には微妙なさじ加減が要求されます。小さいお子様の場合は、お母さんやお父さんとペアになって遊ぶのも良いでしょう。3-6人用。30~45分。

ディクシット 日本語版
ディクシット 日本語版
posted with amazlet at 13.11.25
ホビージャパン (2011-08-26)
売り上げランキング: 1,332

髑髏と薔薇

シンプルなルールで絶妙な嘘の駆け引きを楽しめるパーティーゲームです。あいつの前に裏向きで出されたカードは、髑髏か薔薇か? あと1枚あれをめくって薔薇なら俺の勝ち、でも髑髏なら、負け。あいつが今勝とうとしているなら、薔薇のはず・・・でも、俺をハメようとして、勝つ気満々のふりをしているだけかもしれない・・・あいつは嘘をつくとき、こんな顔したっけ・・・うん、これは絶対に薔薇だ、そうに違いない!「残念、髑髏でしたー!」。最近、フランスで発売される共に瞬く間に世界で人気となり、フランスゲーム大賞を始め様々な賞を受賞。家族だけでなく、大人同士でも夜中じゅう盛り上がれますよ。30~45分。2~6人(実際には4人以上をお勧めします)。

髑髏と薔薇:赤(Skull & Roses RED:どくろとばら 赤)
Lui-meme
売り上げランキング: 13,377


■学生や大人の友人同士で楽しむボードゲーム

カタンの開拓者たち

「ボードゲームと言えばすごろく」という、ボードゲームの概念を変えてしまった伝説のボードゲーム。このゲーム以降、ボードゲームは大人向けの趣味として拡大したと言われています。盤上の自分の家から道を伸ばして、別の土地に家を建て、その土地から「木」や「土」「羊」などの資源を産出してその資源を元にまた道や家を増やして行きます。しかし、どの資源が産出されやすいかは、毎回のゲーム毎に土地の配置が変わる為、やる度に展開が変わるのです。交渉による資源の交換や、資源を産出する土地に家を建てるなど、「モノポリー」的な楽しみ方を味わえるのに、複雑なお金のやり取りは一切なくシンプルで、しかもやる度に展開が変わる、末永く愛される定番ボードゲームです。3-4人用。60分。

カタンの開拓者たち スタンダード版
ジーピー (2011-04-25)
売り上げランキング: 626

キング・オブ・トーキョー

普段ボードゲームをやらない男友達が集まって酒でも飲みながらやるのにピッタリなのがこのゲーム。もしくは、小学生以上の男の子がいるご家庭にも最適。大きい6個のサイコロを毎回振って、攻撃したり、体力を回復したり、特殊な能力が得られるカードを購入したりして、先に自分以外の全員を倒すか、「勝利点」を20点獲得したプレイヤーの勝利! 「追加ダメージ」や「攻撃を当てると1勝利点」などの特殊能力カードが何十種類もあり、何度やっても飽きずに「もう一回!」となります。攻撃対象が、「誰かを選んで攻撃」じゃなくて、自動的に「全員攻撃」なので、一人いじめみたいにならなくて角が立たないのも良いですね。サイコロも、単に振るだけでなく、「いくつか選んで振りなおし」という事が2回だけ出来る為、狙い通りの出目を揃える事が結構できますが、あまり欲張るとろくなことがないかも!? 3~6人(最適なのは3~4人)。30分。

キング・オブ・トーキョー 日本語版
ホビージャパン (2011-10-21)
売り上げランキング: 2,436


以上、いくつかご紹介しましたが、面白いボードゲーム・カードゲームは最近、本当にいろんな種類が出ていますので、いろいろ探してみてください。新しい世界が開けますよ。(^^)

関東ならば、高円寺の「すごろくや」さんや、三鷹の「テンデイズゲームズ」さん、関西ならば名古屋の「ゲームストア・バネスト」さんや神戸三ノ宮の「トリックプレイ」さんなどのボードゲーム専門店へ出かけてみるか、「駿河屋」さん、「ゲームフィールド」さん、「猫のしっぽ」さんなどの各種通販を利用しましょう。いちいちルールを読むのが面倒だという人は、店頭に行けば、遊び方も教えてもらえますよ。
Comments