BGGへの自作ゲームの登録手順

2014/03/21 19:03 に Jun Shin が投稿   [ 2014/06/03 22:35 に更新しました ]
自作ゲーム「スタンプグラフィティ」を、BGGへ登録してみました。登録中にいろいろと情報をくださった、たなやんさん、もぎさん、じゅん@Juniasさん、Izobretenikさん、他の皆様、ありがとうございました!

情報が割と点在していてややこしい部分があったので、まとめておきたいと思います。

大前提として、BGGのアカウントを取っておいてください。本当は、登録前にある程度BGGを使いこんでおいた方がいいとは思います。

まずは、登録のガイドを見てみます。

[Help > Guide To]
- Major Content Areas of BGG
 - Games
  - How To Add Content to a game page

ここには以下のようなことが書かれています。

・新しいゲームページの投稿は、管理者によって承認されるまで表示されません。承認は通常2-3日ですが、場合によっては数週間かかることもあります。RPG、電源ゲーム、おもちゃ、スポーツは除きます。
・画像やセッションレポート、ファイルなどのコンテンツは、ゲームページが承認された後に各ページから追加します。
・投稿前に「Guide to Promoting Your Game(自分のゲームの宣伝方法)」を見てください。

Guide to Promoting Your Game
・無料でゲームページを投稿できるけど、ちょっとした費用をかければ広告を掲載することもできるよ、ということが書いてあります。
・避けるべき注意点として、「フォーラムで酷評されてもやたら防御的な姿勢をとらないように。例え彼らが非常に不公平な批評をしたとしても」ということが書かれています。他に避けるべき点として、「自分で自分のゲームをやたら高評価にする」「過度な宣伝」「モノポリーとの比較」「現在の高評価ゲームとの比較」が挙げられています。
・やるべきこととして、「宣伝を始める前に、BGGコミュニティで活動をしておくとよいよ」「正直かつフランクに対応するといいよ。やりすぎはいけないけど」「各個人や、ゲームショップがどうやってゲームを入手できるか書いとくといいよ」などが挙げられています。

---

投稿の注意事項が分かったら、いよいよゲームの登録です。

[Misc > Create Board Game]
ここからゲームを投稿しますが、その前にやることがあります。

[Misc > Create Person]
ここから、デザイナーやアートワーク担当として登録したい人物名を事前に登録しておきます。これらの人物名は、登録された瞬間に「デザイナー一覧」などに掲載されるわけではありません。ここで登録しておくと、上記の「Create Board Game」のページから選択するデザイナー名の一覧に表示され、選択できるようになります。登録結果は(おそらく承認などがなく)数分でデータベースに反映されます。デザイナー名とアートワーク担当名を登録しましょう。

Name : 人物の名前を記入します。漢字のままでも構いませんが、せっかくBGGに登録するならアルファベットで登録したいところです。

Description : 人物の説明を記入します。よく分からなければ、[Person Name] is a game designer from Japan. とでも書いておきましょう。アート担当の場合は "game designer" を "artist" に等にしておくといいかもしれません。もちろん、それ以外にもいろいろ書けます。ステファン・フェルトのページはこんな感じです。

写真等は、後ほど人物ページが生成されてから個別に追加します。

"Board Game Designer Credits"等は、関わったゲーム名などを追加していく所ですが、現在は空欄で大丈夫でしょう。このあと、ゲームページを投稿する際に関連付ければ、人物ページにも自動的に関連付けられます。

[Misc > Create Publisher]
Create Board Game Publisher
ここから、自分のゲームの出版社名を投稿します。基本はサークル名で良いとは思いますが、大げさにしたくない場合は、出版社名を登録せず、ゲームページの投稿の際に「(self-published)」とかにしても良いかもしれません(自分はサークル名で投稿しました)。Descriptionには、[Publisher Name] is a small game fan circle in Japan. などと書いておけばいい気がします。

[Misc > Create Board Game]
いよいよゲーム本体の登録です。

先に説明した通り、ここでは画像やファイルなどはまだ登録しません。

Primary Name : ゲームの名前です。基本的には英語名を登録しましょう。
Description : ゲームの説明です。なるべく丁寧に、長く書いた方がいいと思います。

書くことが分からなければ、他のゲームを参考にしてみましょう。

Year Published : 2014、などを記入します。
Minimum Players : 何人から遊べるかです。
Maximum Players : 何人まで遊べるかです。
Playing Time : プレイ時間を分で記入します。
Category : [Add Category]からカテゴリを何個でも登録できます。
Mechanic : [Add Mechanic]から、メカニクスを何個でも登録できます。
Family : すでに続編などが出ているなら、それらを登録します。
Expands : これが拡張なら、基本となるゲームを登録します。
Contains : これがコンピレーション作品なら、含んでいるゲームを登録します。
Reimplements : これがリメイク作品なら、元となったゲームを登録します。
Designer : 先ほど登録した人物名を登録します。
Artist : 同じく、先ほど登録した人物名を登録します。
Publisher : 先ほど登録した出版社名を登録します。(Self-published)も選べます。
Version Information : 第二版とかフランス語版とかの各版の情報を登録します。最初は、First edition、みたいな感じで登録しておくといいと思います。
Version Nickname : これは第一版のはずですので、[Game Name] First Edition とか Japanese Edition、のように書いておくと良いかもしれません。
Version Publisher: 出版社名を再度登録します。上で登録したものと同じです。
Version Artist : アートワーク担当者名を再度登録します。上で登録したものと同じです。
Year Published : 2014などです。「No year available」は「出版年不明」のオプションですのでチェックしないでください。
Product Code : ISBNコードなどがあるならここに記入します。
Dimensions : 箱の大きさや重さです。プリセットから選ぶか、直接入力しましょう。単位(Units)はCentimetersにして、センチ単位で入力しておくと良いでしょう。それぞれ「長さ(Length)」「幅(Width)」「深さ(Depth)」です。分からない場合は「N/A(Not Applicable, 該当なし)」を選びます。
Weight : 重さを入力します。
Languages : 対応言語を選びます。基本はJapaneseですが、英語ルール同梱など、他の言語でもプレイできる場合にはそれらの言語も追加します。
Release Data : リリース情報です。リリース情報セクションについては、証拠となるURLなどを最後の「Note to Admin(管理者へのメッセージ)」に記入しておくと、承認がスムーズになるそうです。
Release Date : リリース日です。
Release Comment : 短い文章で、このバージョンのリリース情報を記入します。"Game Market Osaka 2014"などと書いておくといいかもしれません。
Release Status : 未リリース、リリース済、を選択します。
Pre-order Type : 予約を受け付けている場合は、キックスターターなのか、出版社で受け付けているのか、などを選択します。
Pre-order URL : 予約を受け付けている場合、そのURLを記入します。
Pre-order Start Date : 予約をつけつけている場合は、開始日を記入します。
Pre-order End Date : 予約終了日です。
Note to Admin : 管理者へのメッセージです。公式サイトのURLや、ルールのダウンロードURLなどを書いておくといいのかもしれません。自分は書き忘れましたが、普通に2日ほどでゲームが承認されました。

承認待ち中のゲームの一覧は、こちらから確認できます。自分のゲームが一覧に入っているか、確認しておきましょう。

---

さて、ここで数日待つと、承認通知がギークメールに届きます。(ギークメールは、BGGのトップページ上のステータスバーに赤く通知されるのですぐ分かります)

自分のゲームのページへ行くと、基本情報が全て登録されていますが、画像やルールPDFなどはもちろん空っぽの状態です。特に問題なのは、ゲームパッケージの写真がないことです。すぐにこれを登録しましょう。

ゲームページの「Images」から、[Upload]を押して、画像アップロード画面へ入ります。画像には、Game / People / Creative の3つのカテゴリがありますが、今はとりあえず関係なく、[Select Files]ボタンからパソコンのファイルを選択しましょう。複数まとめて選択できます。選択してしばらく待っていると、下の一覧部分に選択したファイルが一覧で表示されます。

すぐに[Upload Files」を押す前に、この一覧表から「Caption」「Gallery」の情報を入力しましょう。「GeekMod Note」は、アップロードを承認するために働いているギークモデレーター向けのメッセージですので、必要ならメッセージを残しましょう。

Caption : 画像の説明です。画像に日本語が含まれている場合は、それについての補足も書いてあげると親切かと思います。分かりやすい説明を書いて、画像にコメントを残しやすくするのもコツですね。

Gallery : 画像の種類です。「Game」はゲームのことを説明する画像です。基本的にはこれを選びます。「People」は、このゲームに関係する人物が写真のメインである場合に選びます。「Creative」は、このゲームに関する創作物(例えばサマリー作ったよ、とか、フィギュア作ったよ、みたいな)の写真の場合に選びます。

記入しおわったら、[Upload Files]ボタンを押してアップロードしましょう。

なお、画像は、かなりキレイに撮っていないと、かなり簡単に却下されます。特に、盤面やカードにテカリがあったり、少しでもボケていたりすると、却下されます。きれいめの写真を厳選しましょう。

BGGへのアップロードに限りませんが、他の人が写っている写真、他の人が撮った写真など、他人の権利への配慮を心がけましょう。

ちなみに、BGGへはよく、ルールのスキャンやカードのめちゃくちゃ高解像度写真などがアップされていることがありますが、本来、これらは違法であり、却下されなければならないものです。BGGのアップロード規約にもこれは書かれています。もし海外のユーザーが勝手にそれらをアップロードし始めたら、すぐにクレームを入れましょう。但し、善意でやってくれていることもありますので、画像にコメントを残す場合には、できるだけ穏便に。「Thank you for playing our game. But~(遊んでくれてありがとうございます。でも…)」などの書き出しが無難かもしれません。

画像がアップロードされてもすぐには反映されません。また承認待ちになります。これも数日ですが、自分の場合は半日待ちませんでした。

反映されたら、[Images]から[Browse]を開き、画像のサムネイル一覧を確認します。このページから、ゲームのパッケージ画像の下にある[More...]というリンクを押すと、[Propose Representative Image]というリンクがあるので、これを押すと、ゲームの表題イメージとしてこの画像が推薦されます。これもまた承認待ちとなります。

ついでに、ゲームページの「More Information」のEditをしておきましょう。ここには通常、ゲームのコンポーネントなどを記入するようです。

スタンプグラフィティのMore Informationを参考に、記入してみてください。

リリース情報、購入場所の記載などもここへ書いておくと良いかもしれません。

なお、これらのテキスト記入欄には、BGG Wiki記法というテキスト修飾記法を使うことができます。例えば太字にしたい部分は、'''太字''' のようにシングルコーテーション3つで囲います。他によく使うものとして、行頭の「-」による箇条書き、「=== コンポーネント ===」「== コンポーネント ==」と書くと章題の修飾、などがあります。BGG Wiki記法の詳細はこちらをご覧ください。

Wiki Formatting

他、動画やルールPDFのアップロード、関連URLのリンク掲載なども、もしあるならやっておきましょう。

また、基本情報の更新・修正の練習として、ゲームの日本語名の登録をしてみましょう。
ゲームページの「Information」部分の右側に、「Corrections」というリンクがあると思います。ここから、以前登録した基本情報を修正申請することができます。この画面の「Names」のところの「+」ボタンから、Alternate Name(他の名前)を登録することができるので、そこからゲームの日本語名を追加します。これだけではまだ登録されていないので、Submitボタンを押して登録申請してください。また承認が入りますが、じきに登録されます。この際に、Adminへのメッセージとして、「It is the Japanese name of Stamp Graffiti.」などの修正内容の説明を入れておくとAdminの手間を省けると思います。

なかなか面倒な作業ですが、一旦終われば、海外のユーザーにも注目してもらえると思います。ゲームマーケット開催前にこれらの情報を公開しておくと、当日に外国人から買ってもらえると思いますので、がんばって登録したいところですが、直前は忙しいのでなかなか難しいかもしれませんね(汗)

余談ですが、登録が完了したらすぐ、ギークメールに「うちの国でレビューを書きますので、あなたのゲームを1個送ってください」というメールが届きました。が、本当に応援してくれるのであればお金を出してかうものだ、というご意見をIzobretenikさん他の皆さんから頂きましたので、Thank you for your interest in our game! (我々のゲームに興味を持ってくれてありがとうございます)から始まり、We are sorry, we don't have a overseas shipment service.(申し訳ありませんが、海外発送は行っておりません)などの理由を書き、We hope that you have a chance to play our game. (我々のゲームを遊ぶ機会があることを願っています)で終わる文章でメールを返しておきました。Juniasのじゅんさんによれば、エッセンで販売した時も似たような人は何人か来て、祭りのノリで渡したけども、未だにレビューが書かれていない事もあるそうです。いろいろありますね~。いろんな情報も頂けてありがたいです。

分からない点があったらお気軽にご相談ください。

Comments