回答:ボードゲーマーに100の質問(2011年度版)

2011/01/30 4:52 に Jun Shin が投稿   [ 2015/09/21 21:16 に更新しました ]
ボドゲ歴まだ1年ちょっとなので、実際書ける項目少ないんですが、せっかくだからやってみたいと思います。
心持ち、文章多目で!

Q1:ボードゲームにハマった(ボードゲーマーになった)のはいつごろですか?

 2009年の12月頃から本格的にハマりました。でも、子供の頃から「億万長者ゲーム」が大好きで、似たようなゲームを自作してみたり、中学校の頃に株式売買ゲームを作ってクラスで流行らせたり、学生の頃は友人達と徹夜でモノポリーやダイナマイトナース、モンスターメーカー等に興じたり、「Pit」や「TAKI」等のちょっと変わったカードゲームを購入して遊んでみたりと、思えば普通にボドゲーマーではありました。が、こういう濃い世界があることを初めて意識したのは、つい最近ですね。もう少し早く知りたかったような気もするけど、学生時代に知ってても、情報が少なくて厳しかったでしょう。思えばいいタイミングでボドゲと出会えたなーと思います。

Q2:ハマるきっかけになったゲームは何ですか?

  @monobyte さんが持っていた「カルカソンヌ」や「カタンの開拓者たち」です。それまでこういうゲームは「モノポリー」しか知らなかったので、やるたびにマップが変わるとか、お金の概念が無いとか、いろいろ衝撃的でした。それほどまでに、日本で知られている既存の「ボードゲーム」とは一線を画していましたね。こんなゲームがあったのか、と。そして他にも山のようにあるのか、と(@monobyteさんのロッカーの中に・・・w)。正直、これまで何してたんだろ自分、と思いましたw

Q3:どのようなタイプのゲームが好きですか?

 詳しくは、「そのゲームはなぜ面白いのか?を考える(長文)」に書いたのですが、セットアップがランダムに決まって毎回違った展開が楽しめ、セットアップからある程度戦略を見極めてそれをゲームをプレイしながら検証していく、という感じのゲームはモロ好みです。イメージにあるのはドミニオンとかカタンですね。盤面の組み合わせが多いことによりリプレイ性が高いもの、とも言い換えられるかも。でも最近また気づいたのは、競りゲームが結構好きだなーという点です。競りは自然とバランスが取れて、いつもジリジリできるからいいですねw 基本、マゾゲーと呼ばれるものが好きみたいです。

Q4:よくゲームをする場所はどこですか?

 @monobyte さんの主催する「盤上遊戯祭」や、@1alpha_centauri さんの主催する越前市ボードゲームの会や自宅会に良くお邪魔させて頂いてます。また先日は北陸ボードゲームサークル(HBC)さんの加賀例会にお邪魔しました。あとは、自分の会社の事務所にて友人や学生さんをお呼びしてゲーム会を開催したりしています。
 自分が開催するときは、基本、夜からスタートして徹夜コースになるので、事務所の和室は雰囲気的にも最高ですw
 良かったらぜひ、どなたかお相手してください。

Q5:どれくらいの頻度でゲームをしていますか?

 月に1~3度です。本当は毎日でもやりたいのですが、まぁ年齢的に、仕事しろ、家庭大事にしろ、って感じで、なかなかそうも言ってられないですね。正直、月に2度できれば御の字です。

Q6:現在よく遊んでいるゲーム仲間は何人くらいいますか?

 どの辺まで含めて「仲間」と言っちゃっていいのか分からないのですが、おかげさまで福井は恵まれています。特に福井高専の学生さんと結構遊ぶ機会が多いです。盤上遊戯祭や越前市ボードゲームの会、HBCさんなど、それぞれのコミュニティで人集めもしてくれますし、それ以外ですと、個人的に「学生時代の同期」「古くからの友人」「技術者友達」など、それぞれのクラスタで3~4人ぐらいの仲間が現在ゆっくりと育っているところです。最近、中学校時代の友人から「年賀状見たよ!ボードゲーム興味ある!今度やろう!」というメールを貰いましたので、そちらのクラスタにも伸ばす予定です。笑

Q7:ゲームはいくつくらい持ってますか?

ゲームリストに書いていますが、数えてみると、現在40個弱かな?(拡張含む)
 ボドゲにハマったここ一年で結構たくさん買っています。が、twitterのTL上の活発な皆さんに比べたら、保有量も買うペースも全然ですねw
 ただ、私はどちらかというと、リプレイ耐性の高いゲームを少量だけ所有して、何度も楽しみたいと思っているので、今後もなるべく厳選していきたいです。

Q8:どれくらいのプレイ時間のゲームを好みますか?

 どちらかというと長めのゲームをじっくりやるのが好きですが、ドミニオンのようにリプレイ性が高いゲームなら、30分~1時間ぐらいのがいいですね。さすがの私も、5時間とかのゲームはちょっと躊躇しますが、それでも時間が許すなら別に拒みません。
 ライトゲーマーの友人をたくさん抱えているので、30分~1時間程度の面白いゲームをもっとそろえたいなーと思っています。

Q9:オールタイム・マイベストゲームは何ですか?

 これは、「これまでのボドゲ人生の中でベスト」ってことですよね。まだ経験浅いので難しいですねー。
 プレイ回数で言ったらドミニオンということになるんですが、好みで言うと「ドラゴンイヤー」になるでしょうか。マゾゲーと言われているこのゲームが、なぜか好きで・・・。

Q10:これまで回数を一番多くプレイしたゲームは何ですか?

 Q9で書いちゃってますが、ドミニオンということになるでしょうね。オンラインを含めると、ですが。
 オンラインを含めないなら、ウノとかTakiとかになっちゃいます。ていうかそういうのを含めるなら、「麻雀」ってことになっちゃいますね。圧倒的に。海外ボードゲームを知った後も、麻雀は私の中で色あせませんね。

Q11:好きなゲームデザイナーは誰ですか?

 あんまり知らないのですよね。BGGの所有ゲーム一覧をデザイナー別に並べると、ステファン・フェルトって事になるんでしょうね。ドラゴンイヤーのデザイナーさんですから納得なんですが、「倉庫の街」は今の所それほど好きではないんですよね。「好きなゲームデザイナー」が見えてくるまでは、まだまだたくさんのゲームをプレイしないとダメだなーと思います。
 あ、所有ゲームは一つもないんですが、マーティン・ワレスのゲームは「エイジオブインダストリー」「ロンドン」をプレイしたことがありますが、いずれもかなり好きです。「ティナーズトレイル」はあまり性に合いませんでしたが・・・。
 というわけで、デザイナーで決まるというわけでもないようです。

Q12:嫌いな(自分に合わないと思う)ゲームデザイナーはいますか?

 食わず嫌いなところがあると思うんですが、ライナー・クニツィアのゲームは数字が前面に出すぎているような気がして苦手意識があります。実際、「コロッサル・アリーナ」は買ったはいいけどあまりプレイしていません。いや、面白いシステムだと思うんだけど、なんでだろう・・・。あと、フリードマン・フリーゼのゲームは、扱う数字が大きいことが多い気がするので計算苦手な自分は同じく苦手です。

Q13:好きなゲームメーカー・ブランドはありますか?

 特にないのですが、「Sylla」がとても良かったので、Ystari Games社がとても気になっています。しかしこれも、Ystariだからといって必ずしも好みに合うとも限らないようで、いくつか他のYstari社製ゲームのルールを読んだりもしていますが、惹かれることもあったり、そうでないこともあったりですね。

Q14:異性とボードゲームをすることはありますか?

 機会は少ないですが、私が主催するゲーム会に来てくれることがあったり、参加したコミュニティのゲーム会に来ている方とプレイすることがあります。女性とのゲームはまた面白いですね。女性と相性の良いボードゲームというものにも興味があります。ある程度はそろえておきたいなぁ。
 手持ちだと、ウボンゴやキャット&チョコレート、そして意外にもドミニオンは「お買い物ゲーム」という印象で女性受けが良いです。
 妻にはたまに遊んでもらいますが、本当に稀です。どうやらゲームで負けることが本気で嫌なんだそうで、そもそもこういうゲームをやるのに向いていない気がしてなりません。勝ち負けのない、協力型ゲームだとどうだろう?ということで、「禁断の島」を入手したいのですが、在庫切れや価格が高いなどでなかなか入手タイミングがありません。今度こそAmazon.deで注文予定です。

Q15:子供とボードゲームをすることはありますか?

 うちの娘(6歳)と遊びたくて、いろいろ試していますが、妻と同じく「負けるのが死ぬほど嫌」みたいなので、どうしたもんかと・・・w
 いちおう、「ワニに乗る?」とか「コケッコ・ゲルダ」とか試してみたんですが、微妙に乗ってこず・・・。「ウボンゴ」で結構いいところまで行ったものの、こちらが「よーしじゃあお父さん次は本気出しちゃうかなー」とかいって本当にこっちが勝ってからというもの二度と一緒にやってくれませんw
 唯一、先日購入した「イチゴリラ」がかなり気に入ってくれたみたいで、なんでかというと、私が記憶力悪すぎて、常に娘が勝てるからですねw
 イチゴリラは大人でも結構楽しめるので、お子さんがいるご家庭は一つ持っているといいと思いますよ!

Q16:お年寄りとボードゲームをすることはありますか?

 ぜひお年寄りとボードゲームしたいですが、機会はないですね。ご町内の方とそのうち機会を持ちたいと考えていますが、なかなか難しそうです。60代のお年寄りとプレイするのに適したボードゲーム(アブストラクト以外で)で、何かお勧めないでしょうか?

Q17:子供の頃、どんなゲームを遊んでいましたか?

 だいたいQ1に書いちゃいました。

Q18:麻雀は遊びますか?

 なんだかんだで麻雀は今でも大好きなゲームの一つです。間違いなくプレイ回数もダントツ。やはりプレイヤーが多いというのが一番の理由でしょうけど、ボードゲームとしてみても、麻雀は良くできているんですよね。最後まで逆転のチャンスがある(事が多い)というのが良いです。

Q19:『モノポリー』は好きですか?

 昔は良く遊びましたねー。ドイツゲームを中心とするこの世界を知るまでは、「人生ゲームとか遊ばないで、モノポリーをやったほうがいい」とか言ってたぐらいですが、ドイツゲーム知っちゃうと、モノポリーはちょっと物足りなくなってしまいました。遊びすぎたってのもあると思います。

Q20:『カタンの開拓者』は好きですか?

 1年ちょっと前に出会ってから、それなりに何度もプレイして、今は少し飽き気味な感じではあります。が、まだイケますね。モノポリーは敢えてプレイしようとはなかなか思いませんが、カタンなら「カタンかー。じゃあいっちょやるか」という気分になれます。

Q21:『カルカソンヌ』は好きですか?

 始めて遊んだのがカルカソンヌでした。これも衝撃的で、実は最初に買ったドイツゲームはカルカソンヌなんですよ。しかしこれは何度かやると、カードの引き運が強すぎることがだんだん分かってきて、パーティー的な場でしか遊ばなくなりました。私のようなマゾゲーが好きな人にはちょっと物足りない感じです。笑

Q22:『ドミニオン』は好きですか?

 これ嫌いな人、あんまりいないんでしょうね・・・w 私もやりまくりました。ていうか今でもよくプレイします。BSWで出来るのが大きくて、その後はネット対戦ツール。学生さんたちとskypeしながらドミニオンするというのが一時期の夜の定番コースでした。でも、実は基本と陰謀しか持って無くて、海辺とか繁栄とか欲しいんですが、なんだか今更な感もあって、しかもみんなもってるし・・・で、微妙なところです。

Q23:拡張セットを加えて遊ぶのは好きですか?

 まだ経験が浅いので、拡張セットを加えるまで行ってないんですよね。いくつか拡張は入手しているのですが。なので、今の所は嫌いでも好きでもありません。ただ、カルカソンヌとかカタンは、今の所拡張を入れてまで遊びたいとは思えないですね。海カタンは評判いいので、いずれ入手したいなとは思っているのですが。

Q24:伝統ゲームやアブストラクトゲームは好きですか?

 どちらかというと苦手です。ここは多分、多くの人と意見が分かれるのかな?
 伝統ゲームとしては私は囲碁を少し、子供の頃にやっていて、嫌いじゃないのですが、好きにもなれませんでした。将棋はルールも良く知りません。アブストラクトも、なんというか、ルールを聞いて「へぇー」とか思うのは好きなんですが、実際に自分がプレイしたいとまではそこまで思えないというか。おそらく、私が興味があるのが「ボードゲームの謎を解く」ことにあり、その先のやり込みの世界は「ほどほど」で十分と思っている、ってのがあると思います。本気で優劣を競いたいと思っているわけじゃないっていう意味で。ある程度運の要素があったほうがいいですね。

Q25:BSWやiPhone/iPadアプリでボードゲームを遊びますか?

 仲間内でskypeを使ってBSWやネット対戦ツールでよく遊んでいますが、最近はゲーム会の機会が多いので、回数は減りました。ボドゲをネットでやることについて、何の抵抗もないです。むしろ、点数計算とか自動でやってくれるし、ルールミスもないので便利だと思うぐらいです。もちろん「駒を持つ感触」とか「面と向かってやる感触」というのは重要なんですが、skypeのボイスチャットでわいわい言いながら仲間内でやってる分には、集まってやってるのと大差ない雰囲気を得られますので・・・。
 そういう意味で、iPhone/iPadのボドゲアプリは、一人プレイ専用みたいな感じになっちゃって、一時期iPhone版カタンをやりこんだ以外はやっていません。

Q26:テレビゲーム機や携帯ゲーム機でボードゲーム以外のゲームを遊びますか?

 Wiiのゲームをよくやります。主にアクションゲームですね。マリオタイプの、短い面を次々こなしていくタイプのアクションゲームが好きです。
 が、さすがにこの年齢になるとやりこんでいる暇もなく、娘の要求に応じて軽く相手をする程度です。

Q27:ウォーゲームは遊びますか?

 なんだかめんどくさそうで、手を出していません。こういうのは学生時代に手を染めていないと、なかなか手を出しづらい気がしますね。

Q28:TRPGは遊びますか?

 学生時代に友人の勧めでサークルに入って結構遊んでいました。主にソードワールドRPG(1.0)、セブン・フォートレス、AD&D、フォーチュン・クエスト、GURPSあたりをやっていました。キャット&チョコレートは、TRPG畑の人がデザインしたゲームだと聞いていますが、非常に雰囲気が出ていていいですよね。たまにはこういうゲームも面白いです。が、やはりこれも、学生時代にある程度経験のある人でないと、社会人になってからだと固定観念が出来ている人が多くてなかなか難しいような気がしますね。

Q29:トレーディングカードゲームは遊びますか?

 ドイツゲームに出会う前、社会人になって数年目の頃に、マジック・ザ・ギャザリングにハマりかけました。いきなり3万円ぐらい突っ込んでカード大量に買った挙句、うまくデッキを作れなくて挫折した記憶は今でも痛い思い出です・・・。あそこまで世界が増えすぎると、もう自分にはついていけないですね。まずルールを楽しむって所があるので、下手すると全カードの効果を読んでからって感じになっちゃって、前に進めません・・・。

Q30:デッキ構築ゲーム(ドミニオンクローン)は遊びますか?

 今の所一つもプレイできていないです。「ばるば★ろっさ」は絵柄的にかなり興味がありますねw
 「ばるば★ろっさ」は、実は海外(BGG)でも結構人気があるって、ご存知でした? イラストを写真に入れ替えた限定版を、もっと海外に売り込んだらいいのにと思います。他に興味があるのは「ビール公爵」でしょうか。でもフリーゼなんですよねぇ・・・。

Q31:得意なゲームはありますか?

 なぜか「ドラゴンイヤー」で負けたことがありませんw 4~5戦ぐらいして今の所全勝。
 まぁ、なんでかというと、いつも初めての人としかやらないからですがw
 「London」も結構得意な気がしていたんですが、昨日普通に最下位でした。ハンドマネジメントは意外と得意なのかなぁ。でも、サンファンやレース・フォー・ザ・ギャラクシーは全く苦手だったりしますね(嫌いじゃないんだけど、全然勝てないw)。
 結局苦手なゲームの話になるあたり、まぁ、無いですね、得意なゲームw

Q32:「このゲームは合わない」と思ったゲームはありましたか?

 アブストラクト全般でしょうか。それ以外だと、上でも書いた「レース・フォー・ザ・ギャラクシー」とか、なんか全く勝てないところをみると、多分合わないんでしょうね。脳構造的に。つっても嫌いじゃなくて、むしろリプレイしまくったほうなんですけど。笑

Q33:食わず嫌いだったけど、遊んでみたら意外とイケたというゲームはありますか?

 今の所、食わず嫌いをできるほどボドゲをする機会自体が多くないので、何の文句もなく、出されるゲームに感謝してプレイする日々です。

Q34:忘れられないコンポーネントのゲームはありますか?

 「ボトルインプ」の旧版の木製のボトルは、いい味出してましたねー。新版ではカードになっちゃって、残念。
 あとは、ドイツで現在入手できる廉価版カタンのプラスチック製のコマは、逆の意味で衝撃的でした。なんでこんなことになっちゃったの・・・というか。
 「チャーリー」のはちみつドロップを入れる鍋みたいなやつは、「これ大きすぎるし、そもそもゲームとして別に必須じゃないやろ!!」というツッコミをした記憶があります。
 「大聖堂」の、ラウンドカウンターとしての中央の木製の大聖堂も、「うっわー、ラウンドを表すだけなのに、建物建ててくとかwww」と、いい意味で笑えました。

Q35:今入手しづらいゲームで欲しいものはありますか?

 新作ですと、先日プレイした「K2」です。他、「London」の限定版(コマが木製のやつ)。旧作でというと、さっきも書いた「ボトルインプ」の旧版ですね。
 なんにせよ、最近ボドゲを始めたばかりの私にとっては、何もかもが新鮮で、過去よりも未来志向です。

Q36:所有ゲームの中でもっとも笑いの取れる一品は何ですか?

 笑いですかww この質問いいですねー!
 笑い・・・「ダイナマイトナース」かなぁ。相手に「死亡寸前の急患」を押し付けて、相手がすぐに手術しようとしたら「あ、それ手術失敗ねw」とかいってイベントカード出して手術を失敗させ、その急患即死!ざまーみろwww という、酷いゲームです。酷すぎて笑っちゃいます。思えばいい時代だった・・・。
 キャット&チョコレートも普通に笑い取れますね。

Q37:自分が死んだとき、お棺に入れてほしいゲームは何ですか?

 う、うーん。そんなもったいない。でも、死んだやつが持ってたボドゲなんてほかの人が貰っても困るだけだろうしなー。
 まぁ、普通にヤフオクで処分して欲しいところです。

 とはいえ、これは「あの世まで持って行きたいぐらい愛してるゲーム」という意味だと思うので、そういう観点で一つ挙げるなら、うーん、「テラフォーマー」かな。
 そういえば、100の質問の中に「無人島で一生一人で暮らすとしたら、どんなボードゲームを持っていきますか?」という不毛な質問を入れて欲しかったかもしれない・・・(友人は「カタンとか良く燃えそうだからカタン」という、みもふたもない意見を・・・w)。

Q38:国産でオススメのゲームは何ですか?

 断然「テラフォーマー」ですね。このゲーム、絶対海外展開すべきだと思うんですが・・・。
 小さなコンポーネントで、ドミニオンのようなランダムなカードセットによる毎回違った展開と、ワーカープレイスメントによるインタラクション、そして運要素ゼロのガチ勝負!と、非常にじっくり遊べる本格派ゲームです。世界に通用すると思います。

Q39:「これこそ日本語版を出してほしい!」というゲームはありますか?

 「Navegador」は、長崎が地名で登場したり(しかもゴール)、オトコノコ心くすぐる海洋冒険ものだったり、経済要素があったりと、日本市場にはぴったりなのに加えて、ゲームシステムが比較的シンプルで言語依存性がないので日本語版も出しやすい、と、いろいろ揃っています。
 言語依存性ないなら別に日本語版にしなくても、海外版に日本語ルールつけて売ればええやん、という話もあるかと思いますが、やっぱ日本語版として出すと裾野が広がると思うんですよね。日本のメーカーさん、いかがですか?

Q40:「これこそ再版してほしい!」という同人ゲームはありますか?

 同人ゲームと言っていいのか分かりませんが、先ほども挙げた「ダイナマイトナース」は、ちょっとカードバランスだけ調整しなおして、絵柄を今のイラストレーターさんで描き直して、ぜひ再販するといいと思います。先日学生さんとプレイしましたけど、普通にウケてましたよ。

Q41:よく見ているボードゲーム関連サイトはどこですか?(いくつでも)

 BoardGameGeek、TGW、遊星からのフリーキック、ふうかのボードゲーム日記、晴耕雨読、ジョーコデルモンド、など等です。
 でも、Googleのブログ検索で「ボードゲーム」などのいくつかのキーワードで検索した結果をRSSで取得してRSSリーダーで毎日読んでいるので、特定のサイトに限らず、全般的に見ています。
 twitterだと、@nemmy さんや @hourei さんのボドゲ関連URLのツイートがとても参考になります。

Q42:購入の参考にしているゲーム紹介サイトはどこですか?(いくつでも)

 上記のサイト全部ですね。

Q43:書籍・雑誌で「これは役に立った」というものはありますか?

 雑誌を買うお金があったら、ボドゲに突っ込みます・・・w
 というか、ホントはゲームリンクとか読みたいんですけど、ちょっと高い・・・少ない小遣いをやりくりしている貧乏ボドゲーマーには辛いです。

Q44:月平均するといくらくらいゲームを買っていますか?

 月によりますねー。5000円~1万円ぐらいなのかな。でもこんな生活、いつまでも続けられませんw
 月に1本ぐらいが、本来妥当な範囲だと思います。

Q45:主にどこでゲームを買っていますか?

 すごろくやさん、あみあみさん、Amazon.co.jpです。最近はAmazon.deに手を染めてしまいました。

Q46:ゲームを買うときに決め手となるものは何ですか?

 決め手となるとやはり価格なんですが、一番参考にするのはBoardGameGeekのランキングや評価値です。
 あとは、実際にプレイして「またやりたい」と思えるかどうかが、結局は一番堅いですね。近くに新作ゲームを次々と遊べる環境があるからこそです。感謝。

Q47:新作と聞くと思わず手が出そうになるほうですか?

 あんまりそういうことはないんですが、そうやって手を出してくれる方が身近に結構いらっしゃるので、そういう方のゲーム会でプレイさせてもらって「うわーー、ほっしいいーーー!!」となることは良くあります。笑
 新作はなかなか日本では入手しづらくて高いので、私のような貧乏ゲーマーには辛い・・・。

Q48:購入の時、ゲーム賞の受賞歴を重視しますか?

 重視とまではいきませんが、選択肢を絞るときの便利な指標としては使わせてもらっていますね。でも、結局はそこから先が重要です。
 あと、自分の性格からか、「大賞」とまでなってしまうと、どこかちょっと敬遠しがちなところはあります。

Q49:国内で好きなボードゲームショップはどこですか?

 すごろく屋さんでしょうか。といず広場さんなんかも、安くていいなーと思います。

Q50:ショップを選ぶときに決め手となるものは何ですか?

 うーん、これは敢えて、ノーコメントで・・・。

Q51:メビウス頒布会に入っていますか?

 とてもいい試みだと思うし、今後も続けて欲しいと思っていますが、私自身は入っていないし、入る予定もないです。
 やはりどうしても「何でもいい」というわけにはいかないし、月に買えるボドゲはせいぜい2個がいいところ。
 選ぶ楽しみというのも実の所あるわけで、今後もキリキリしながら少しずつそろえていく予定です(^^)
 でも頒布会っていいですよね。本当にすばらしい会だと思います。

Q52:海外から個人輸入したことがありますか?

 はい、Amazon.comから転送サービスで買ったり、Amazon.deから買ったりしています。このサイトの記事でも触れていますが、Amazon.deはほんっと安いですよねー。最近、ドイツ以外のメーカーが活気があって、Amazon.deでの取り扱いが無いゲームが多かったりするんですが、ドイツにはもっと頑張って頂きたいと思います。
 Amazon以外の海外ショップは、今後挑戦してみたいと思っています。

Q53:「これがゲームになったら絶対買うのに」というものはありますか?(実際のできごと、小説、漫画、アニメなど)

 「MMR」とか「神聖モテモテ王国」とかをうまくバカゲーにしてくれたら、ぜひ買いたいですね。

Q54:買ったけど未プレイのゲームはどれくらいありますか?

 基本、無いようにするスタンスなんですが、たまたま先日買ったばかりのが2つあってしまいます。
 そのうち一つは超重ゲーなので、基本、ライトゲーマーが多い私の友人とのプレイでは、いつになったら遊べるやら・・・。

Q55:ネットオークションの取引で困ったことはありますか?

 購入したボドゲの中身がぐちゃぐちゃだったことはありましたが、幸いプレイには支障はありませんでした。
 こういうこともあるので、本当は日本のショップ経由で買いたいですね。

Q56:プレイしたゲームの記録はどうしていますか?

 twitterで写真付きでツイートして、記憶に残ったものは記事にしています。でも、よほど鮮烈に記憶に残ったものでない限り、わざわざ記事にはしていないですね・・・。一度記事にしたゲームは、リプレイ後に追記したりしています。

Q57:否定的な感想を言ったり書いたりするほうですか?

 書き方には注意しますが、ある程度は書きますね。ただ、あくまで一つの見方であり、別の価値観を持つ人から見ると楽しめるんじゃないか、というスタンスで記事にするよう心がけています。

Q58:ゲーム中によく心がけていることや信条はありますか?

 「最後まで諦めない」ことと「悪あがきをする」ことですかね・・・。これがたまに他のプレイヤーのプレイスタイルの不利益になることがあって、結構困っています。この辺の話は、このサイトの記事でも結構取り上げているので、よかったら探してみて下さい。
 他には、せっかく面と向かってプレイしているのだから、楽しくプレイすること、押し黙らず喋るようにすること、などは心がけています。でも、特に負けそうになっていると、考えこまざるを得なくなって押し黙ってしまいがちになるので、この辺どうしたもんかと思っています。
 「いいプレイがあったら褒める」あと、勝ったらできるだけ喜びを表現する、ってのも心がけております。笑
 忘れがちなのが、負けたときに悔しがること。いやホントに悔しいはずなんですが、それよりも「なんで負けたんだろう?」というほうに頭が向いてしまって悔しがるのを忘れてしまいがちです。

Q59:ボードゲームにおけるジンクスはありますか?(『マニラ』で船長をやると贔屓した船が到着しないなど)

 私が「あー失敗した」というとその後勝つことが多いらしいです。笑

Q60:あなたは勝敗にどれくらいこだわりますか?

勝つことは可能な限り目指しますが、負けるのが凄く嫌とかそんなことはないですね。負け続けも嫌ですが、勝ってばかりというのも面白くないもんです。勝ったり負けたりがいいですね。ええ、負けたり負けたりなんですけどね、最近w

Q61:ゲーム中にはどんな会話をしますか?

 学生さんと「ストーンエイジ」をやるときは、子供が生める小屋にコマを置くときに「セーーーーーックス!!!!」と叫びながらやるのが通例となっております。とだけ申し上げておきます。

Q62:ゲーム中につい言ってしまう口ぐせはありますか?

 「セーーーーーーックス!!!」・・・じゃなかった、「あー失敗した」かな?w

Q63:同じゲームを繰り返しプレイするほうですか?

 そうありたいと思っていますが、これが意外と、繰り返しプレイに耐えられるゲームって割と少ないという・・・。

Q64:ほかのプレイヤーに「これはやめてほしい」と思うことはありますか?

 「これはやめてほしい」と言うこと、かなぁ・・・。みんなボドゲにはそれぞれ違った思惑で参加しているので、自分の好みを表明するのはいいと思うけど、相手を非難するような感じになっちゃいけないと思うのですよね。歩み寄りか、それができなきゃ何らかのルールを決めるしかないです。どっちが悪いって話にしちゃったら、絶対ダメ。

Q65:長考はどれくらい許されると思いますか?

 個人的には、時間の許す限り、いくらでも。でも、「一般的に」という話になると、これはもう、そのつど話し合うしかないんじゃないでしょうか。
 この辺の話はこちらに書きました。 

Q66:ゲームが終わる前にもうトップを取れないことが確定したらどうしますか?

 ゲームの半分も終わってないのにそれが確定しちゃって、自分がこれ以上楽しめないと思えたら、ちょっとみんなに土下座して早期終了を打診しますね。でもそれがかなわないなら、それは潔く諦めて、ハンデ戦でもやってると過程してあくまでも「より上」を目指します。

Q67:遊ぶゲームはどうやって選んでいますか?

 仲間内で遊ぶときは、ライトゲーマーで初心者が多いので、基本は私の独断で選んでいます。が、まずは過去にやったゲームでやりたいのがあるか聞いています。でも、みんな結構「別になんでもいいよ」って言ってくれるので、ありがたく新作を選んでいますね。とはいえ、毎回それだとみんな疲れると思うので、「定番ゲーム」「最近やったゲーム」「新作」の3つにすることが多いです。時間が余ったら、その中で面白かったものを再度プレイですね。

Q68:インストで定石を教えることやゲーム中に助言をすることについてどう思いますか?

 ゲームのルールを間違えて覚えているんじゃないかと思うようなプレイには、それとなく確認しますが、あまり助言はしないよう注意しています。やはり、自分でそういうのを見つけたほうが面白いと思うから。ただ、人によっては「言ってくれよー」というのもあるので、人によりますね。
 インストで定石を教えることについては、それがゲームの理解に重要だと思うなら、ある程度話します。ただ、固定観念を植え付けないよう、注意します。

Q69:インストで工夫していることはありますか?

 なるべく早い段階で、ゲームの目的、つまり勝利点のとり方を説明するようにしています。正直、一番最初にするべきと思っています。そこから逆算で、「その為に、こういうアクションがあって・・・」という説明の仕方を好んでします。とはいってもルールブックがそういう構造になっていることは稀なので(これは、ルールブックは網羅性を高める事が必要であってシナリオ性を重視していないので仕方ない)、とりあえず勝利点の取り方だけでも先にして、後はルールブックに沿って・・・という感じでしょうか。あと、できれば「もっともオーソドックスな勝利点獲得ルート」について、さらっとだけ解説するようにしています。あまりやるとそちらにばかり目が行ってしまって他のルートを見つける妨げになるので、これは注意しないとけませんが。

Q70:ゲーム中の飲食はどこまでOKだと思いますか?

 ご飯を食べるとかはゲーム中というより一般的なマナーとして避けるべきかなと思います。しかし、お菓子などの軽食程度であれば、自由にすればいいかな、と。但し、手が汚れるような食べ方はコンポーネントを汚すので完全にNG。また、ボードゲームを広げている机に飲み物やお菓子を一緒に置くのも、できれば避けたいところです(同じくコンポーネントを汚す可能性があるので)。
 飲み物は、極力ペットボトルにして、しかも表面に水滴が付いていないかをよくチェックし、基本は床に直接置いたりしてテーブル自体を汚してしまわないよう注意しています。お菓子は別のテーブルにおいて、一つ一つ包み紙に入っているか、手が汚れないものをチョイスしたいところです。

Q71:ゲーム終了後の感想戦をどれくらいしますか?

 私は大歓迎ですが、これも一緒にやる人によりますね。本当は、ゲーム会終了後にご飯食べにいったりして、のんびり感想戦できるといいんでしょうけど、いつも限界ギリギリまでボドゲやってるので、とてもそんな雰囲気じゃないですねw

Q72:既存のゲームのルールを改良してみようと思うことがありますか?

 これは結構、いつでもあります。それがボードゲームのいいところでもありますよね。クソゲー的なものに出会ったときほど、「これ、面白くするにはどう改造すればいいんだ?」と思って考えますw が、単に自分がそのゲームの面白さを理解できないこともあるので、その辺は慎重に、ですね・・・。

Q73:自分でゲームデザインをしたことはありますか?

 子供の頃は結構あります。が、所詮子供のデザインなので今から考えるとしょぼいですねー。ボドゲにハマった今、自分でも作ってみたいと思っています。既にいくつかアイデアノートを貯めています。

Q74:攻略法をいろいろ考えたくなるほうですか?

 私は普通、ボードゲームっていうのは、攻略法をいろいろ考えるものなんだと思っているのですが、この質問は、そう思わない人もそれなりにいるってことを意味しているのでしょうね。ボドゲの楽しみ方は、ホント人それぞれだ。

Q75:ゲーム会終了後にはどんな話をしますか?

 いつもギリギリまでやってるので、みんな急いで帰りますw
 時間があるときには、新作の話題が中心なんじゃないでしょうか。

Q76:長時間ゲームといえば何時間以上だと思いますか?

 2時間超えるなら長時間じゃないかなぁ。でも、先日友人に「カタンは中・軽量級」と言ったら「あれは重量級だろ」と驚かれたので、世間一般的には1時間超えたらもう重量級なのかも。

Q77:便利だと思う小道具はありますか?

 リソース類を入れる皿。メモ用の小さいホワイトボード。ダイソーで売ってるチャック付き小袋。ルールをPDF化して全部入れておくiPad。意外と麻雀マットを下に敷くと、コンポーネント保護になります。

Q78:ゲームの収納に困ったとき、何か対策をしていますか?

 まだ収納に困るほどじゃないですが、湿気の多い地域なので、収納時に湿気取りを入れておくのを忘れないようにしています。

Q79:オープンのゲームサークルには参加しますか?

 実は割りと人見知りするほうなので、積極的に参加するほうではないですが、雰囲気の良さそうなところには参加しています。

Q80:ゲームサークルのメリットは何だと思いますか?

 メリット・・・めりっと??? ボードゲームをプレイできること、じゃないでしょか・・・w
 あ、自分の持っていないゲームをプレイできるとかかな?
 あまりメリットを意識してサークルに参加したことがないです。

Q81:ゲームサークルの問題点は何だと思いますか?

 なんだか質問がきな臭くなってきた・・・w

Q82:ゲームサークルで気を付けていることはありますか?

 みんなが楽しくプレイできているかを注意したいと思っていますが、集中しちゃうとなかなか・・・。

Q83:ゲームサークルで嫌な思いをしたことはありますか?

 な、なんですかこの質問・・・w
 ここで「あります」って答えた瞬間に、それがその人の記憶の中で「嫌なこと」として固定されちゃう可能性があるから、こういうのに答えるのはやめておこう・・・・。
 嫌なことがあったって、しばらくすると「まぁ、あれはあれで面白い体験だったよねw」で終わることが多い私です。誰も悪気があってやってることじゃないのですよね。人が集まってやることですから、どうしても誰かが嫌な思いをすることは避けられないもの。お互い様の精神で行きたいものです。

Q84:自らゲームサークルを立てようと思ったことはありますか?

 サークルっていうか、ゲーム会を開催したことは何度かありますね。でも、サークルとして活動したいとまでは、あまり思わないなぁ・・・というか、性格的にできなさそう。定期的にサークルとしてゲーム会を開催されている皆様には頭が下がります。

Q85:「すごいなあ」「えらいなあ」と思えるプレイヤーや関係者はいますか?

 いまんところ、出会ったボドゲーマーはみんな凄い人だらけですw

Q86:ボードゲーマーには変な人が多いと思いますか?

 いい意味で変な人が多くて嬉しい悲鳴の毎日ですw

Q87:エッセン国際ゲーム祭など海外のボードゲームイベントに行きたいと思いますか?

 英語が通じる場なら、行って見たいかも。ちょっと今のドイツ語力(戦闘力0)では、エッセンに行って楽しめるとは思えません・・・w

Q88:浅草のゲームマーケットに行ったことはありますか?

 昨年初めて知りました。ぜひ一度行って見たいなぁ。

Q89:ボードゲームが好きだということを進んで(ふだんゲームをしない)人に言うほうですか?

 今年の年賀状にはほぼ全員にそれ書きましたねw
 おかげで多方面より「なにそれ興味ある!」とか「俺も実はやってるんだよ!」という反応を頂いております。さすがわが友人達w

Q90:あなたの家族は、あなたがボードゲームをすることをどう思われていますか?

 まぁ、世にある趣味の一つという認識じゃないでしょうか。この質問ってつまり、「なぁにボードゲームなんて子供っぽい!」みたいな反応をする家族があるってことが前提なのかな?

Q91:ふだんゲームをしない人にゲームを勧めることがありますか?

 人によりますね。明らかにしなさそうな人には、話題にすら出さないですし。ひょっとして興味持つかな?という人には、それとなく話題を振って見ます。実際、この人はしないだろうなーという人は、話題にしてもあからさまにのってこないですね。

Q92:ゲームをあまりやってない人に対してどんなゲームを出しますか?

 これは、初心者向けのボードゲームとして何がお勧め、という意味かな?
 カタンは実は、資源交換や盗賊が割と嫌らしい場面があったりするので、最後の手段にして、やはりドミニオンですかね。これはもうガチでたいていの人が気に入ってくれます。
 あとは、人数が多ければ「ヤギの愛」もガチでウケます。

Q93:ボードゲームをプレゼントで贈ったことがありますか。

 今の所ないですねー。大きいお子さんがいるおうちなどには、いずれプレゼントしたいなーと思っています。
 とりあえず、カタンあたりを。

Q94:ボードゲーム以外の趣味は何ですか?

 ただでさえ子育て真っ最中のところ、最近はボードゲームに趣味の時間の殆どを費やしているので、他の趣味の出番があまりないのですが、まずはブログなどの記事を書くこと、そして英会話、あとは「とにかく何かつくること」でしょうか。日曜大工だとかプログラミングだとか、絵を描くだとか。カラオケも大好きですね。

Q95:ボードゲームという趣味をやってきて嬉しかったことは何ですか?

 面白い方たちと知り合えたこと。あとは、趣味の英語学習を生かす機会が増えたこと。

Q96:ボードゲームという趣味を続けていく上で苦労する点はありますか?

 当初の印象より、お金が結構かかる趣味なんだなーという点でしょうか。これはまぁ、買う量を減らせばいいんでしょうが、情報が次々入ってくるので・・・w

Q97:ボードゲームという趣味の欠点は何だと思いますか?

 ありきたりですが、一人じゃできないことでしょうか(ソロプレイができるものもあるけど)。でもそれは欠点ていうか、前提なだけだしなぁ。
 別に無いんじゃないでしょうか。

Q98:日本におけるボードゲームの現状をどう思いますか?

 これは前にもツイートしたんですが、海外製のボードゲームを「玩具売り場」に並べようとするのは一旦、諦めませんか?
 海外製のボードゲームのデザインなどを見ても、多くは大人向けを意識して作られていますし、日本においてもまず必要なのは「大人を取り込むこと」だと思います。大人が遊んで、初めて子供に買って与えてやり方を教える機会が生まれるわけで。
 ですから、もっと大人が集まるような場所を中心に売り込んでいくべきではないかと。それも、まずは「富裕層の男性」をターゲットにして、「海外製ボードゲームで遊ぶこと」をある種のステータスとして認識させる。そこからじわじわと、幅広い層へと浸透させていく方法がベターなんではないかと思うのですが、いかがでしょうか?
 30-40代が読みそうなビジネス誌の連載で、「海外ボードゲームを楽しむ」みたいな連載企画を始めて、そこで毎月一回、同じメンバーが、国内で評価が高いボードゲームを一つプレイし、その記事を載せるとか。面白いと思うんだけどなぁ。

Q99:もしボードゲームの発展を阻害しているものがあるとすれば、それは何だと思いますか?

 Q98に書いたとおり、阻害しているものがあるというよりは、市場自体が無い、という状況だと思います。まずそれを作るところから。

Q100:最後に。あなたにとってボードゲームとは何ですか?

 多分、生涯の趣味の一つ。
Comments