Jujube


 
 
 
  毎日の暮らしの中で 
 
  ふと目にしたとき
 
  気持ちが安らぐような、
 
  あるいは、
 
  浮き立つような、
 
 
  上質でありながら
  
  親しみやすい、ちょっといいもの達を
 
  わたし目線で 探し出してご紹介しています。 


*******

こんにちは。

春らしい日差しになってきましたね。


怒涛の日々、まだ続いております。

PCに向き合い、このホームページを更新するゆとりが

まだありません。


Jujubeにいらしてくださったみなさまにお伝えして参りました

暮らしの中で、自分を元気づけてくれる

工芸作品のこと、

今また、自分が励まされる立場に戻っています。


長い文章は書けませんが、

そんな暮らしの中で見つけたふとした瞬間やいいモノ達を

今後暫くは手軽なインスタグラムでお伝えして参りたいと思います。

よろしければ、引き続きお付き合いくださいませ。


jujube.yokohama の名前を使っております。




2015年 3月






****


さようなら、そして はじめまして。 


大好きで、毎年少しずつ作品を集めていた
ガラス作家の草分け、舩木倭帆さん。

ここしばらくは個展もお休みなさっていらしたので
ファンの一人として、遠くから案じておりました。

先日の松本の旅で、その舩木さんの作品が
ウィンドウに飾られている!

・・・と早合点して飛び込んだギャラリー。
そこには懐かしく温かい、舩木さんの世界がありました。

でも、そのギャラリーのオーナーに、舩木さんが亡くなったこと、
これは、そのお弟子さんである村松さんの作品であることを
教えられました。


舩木さんとのお別れ、そして新しい方との出会い。
このために松本に呼ばれたのかしら、と思ったことでした。


舩木倭帆さんへのオマージュをこめて。









*******

梅雨ですね。

最近は、こんなどんより曇った海がすき。


(今、こう書いて、昔好きだった江國香織の小説を思い出しました。
あれはたしか、逗子の海だったけれど。)


この場合、BGMはやはり ロッド スチュアートでしょうか。

若い頃にはわからなった、気怠い魅力がこの海と、ロッド スチュアートに。


次の雨の日には、彼のCDを載せて出掛けるとしようかな。

そして、この季節にもう一度、あの小説を読み返してみようかしら。



                                                  
R134 七里ヶ浜から







***
松本旅行。
工芸の5月を覗いてきました。
休業だからこそできることもあるのですね。

松本は民藝のふるさととも云える土地です。
そして、それは、町の至る所で実感できました。
古くからあるであろう看板にも。

Jujubeで人気の器、川口武亮さんにも’あがたの森’でやっとお会いすることができました。
大きくて温かいお人柄が滲み出るような方でした。

それにしても、たぶん「県」を「あがた」と読ませているのですよね?
まるでヨーロッパの森のよう。
本当に感心してしまうセンスです。 

そして、私の琴線に触れたデザインを少しご紹介します。
 あがたの森

               そして、歩け歩け松本。 すてきな町でした









***
ところで、ティーコーゼを変形させて、こんな形のポーチを作ってみました。
HPに載せたらいいのに、というお言葉を真に受けて・・・。








May 13,2014
新しいお仲間。金網たち。

トーストは直火焼きがいちばん美味しい、と知ってからどのくらいたったでしょう。

ようやく念願の京都、 辻和金網さんの焼き網を手に入れました。

そして、そのお隣は、これも我が家の懸案事項だったコーヒー入れ。

その昔、合羽橋商店街のコーヒー道具屋さんでKONOを強くお勧め頂いて以来
何個も買い換えては愛用していますが、難点はわりとあっさり亀裂が入ることでした。

昨今のKONO人気で、なかなか新しいものが調達できず困っていたのですが
そんなところへ、この金網です!
これなら、ほぼ永遠に使えますよね!!


おすすめです。



***











Apr. 2, 2014
  
行って参りました。 増上寺でのお茶会は二度目なのですが、いつもお菓子に感動。
あゝ! 典型的な花より団子ですね。


 



Mar. 31、2014
こんにちは。

日記が更新されてませんよ!
とご指摘を受けてから早ひと月。

気がつけば、春の日差しに包まれ
木々にはまだ可愛らしい新緑がちょこんと見られるようになりました。

こうなってくると、ガーデニング魂が炸裂です。
(もっとも、このような人間はガーデナーの風上にも置けないようですが。)


そして、ガーデナーでもそうじゃなくても、桜!

春の空気と、美しくなってきた桜並木。
今年は厳しい冬でしたから一層和みますね。
鼻はムズムズですが。 わたしは「ニドト来ナイデ~!」にお世話になってます)

そんなことで、今週は増上寺のお茶会に行ってみようと思います。
二年ぶりのお茶会、二年ぶりの着付け。。。不安が残りますが、頑張ります♪

またご報告できれば。

皆さんは、どんな場所で桜を楽しんでいらっしゃるのでしょうか。





*****   

Jan. 31、2014
あっという間に睦月も最終日。

お正月の、主婦としてのご奉公が終わった後のこのひと月、
如何にして自分を労わるか、ということに専心しておりました。

ちょっとの油断で体のあちこちに不具合が生じるお年頃。
身近な誰かに期待するのではなく、自分で考えなくちゃだめだ、と
遅ればせながらようやく悟った次第です。

自彊術の体験レッスン、
テニスの体験レッスン、

書道

コンサート
ショッピング

美術鑑賞

手芸

ネイルサロン
エステサロン
ヘアサロン

それと、気のおけない友人との会話。
(=憂さ晴らし?)

我ながら、色濃いメニュウでありました。
ひとつづつの見出しで、かなり長い感想文を書く自信があります。

が、長くなるのでやめておきますが、このくらいやって、ようやっと
体調がもとに戻りつつあります。

実は、色々な事を背負いすぎて、一月始めに遂にというか、また、というか
お医者様に駆け込む事態になりまして、その時その先生とお話しするうちに
「我慢するのを、やめる!」
と思い至ったのでありました。

精神が自由で健康でなければ、体もついてきません。
みなさまも、どうぞ我慢しすぎることのありませぬよう。

take it easy!





*** 
Jan.13、2014
松も外れましたね。
お屠蘇気分もすっかり抜けたところで
久しぶりに大ヒットのお買いものをしました。

BOSEのスマホ用スピーカー。
写真のものですが、後ろ側もスピーカーになっています。

i phoneなどから無線で飛ばして音楽を楽しめ、
音楽を聴きながらメールのやり取りや通話も可能。

充電式で軽量なので、部屋から部屋、旅行などにも。

最重要案件の音質も、さすが。
信頼のBOSE社製です。
(そして、何より、お手頃価格






***







*****

2013.12.19

我が家の紅葉



薄暗い室内からふと目を転じると、本当に目映いばかりの黄色が目の前に。
一部がほんのり赤いのですが、紅葉って黄色から赤に変わるものでしたっけ?

今日日、そんなことはネットで調べればすぐにわかるものですが、ここは敢えて
楽しみながらのんびりと観察してみようと思います。

薄暗い日が続いていますが、自然の恵み(食べ物ばかりではありませんね)に感謝。

今年もあと10日。



***


2013.12.18
年末なので、ネイルに行ってきました♡

元町のMAUVE。

根がズボラなので、常連というわけではありませんが、それでも
いつも明るい笑顔で迎えてくださるSさんと、
大人’の会話を楽しみながら施術していただきます。

ここを訪ねると、会話から考え方のヒントのようなものを
頂くことが多いことを思い出しました。
自分のスタイルを貫くことも大切だと思うけれど
そろそろそれも凝り固まり始めているお年頃の私。
発想の転換とでも申しましょうか、他の方のお話からエッセンスを抽出して
自分の生活に取り入れることが大切だと改めて感じました。

さて、肝心の指先。
きれいな明るい色に憧れながらも、いざとなるとつい保守的な色味に走る私ですが、
今回遂にほんのちょっぴりの赤を取り入れて頂きました❤
これくらいの分量ならば、まったく抵抗がありません。

やはり、指先に色があってきれいに調えられていると気分が違いますね。 




***
 
ちょっとどんよりとしたお天気で
気持ちも落ち込みがちな時にお助けの音楽。

アドヴェントの季節のキッチンでのBGMは、
我が家ではここのところ何年か写真のものが流行中。

まったくイマドキではありませんが、流していると厚手のニットに
包まれているような温もりを感じます。
意外にも大学生の娘のお気に入りとなっております。

もうひとつの定番は、naomi & goro の Presete de natal。
こちらはの永遠の小春日和といった感じでしょうか。
 
               



***

  湯たんぽの季節に寄せて・・・


            湯たんぽの季節到来。 うれしい。        
                        

            今年27になる長男の生まれた時に、

            「使わなかったから」

            と頂いたお下がりのピジョンの湯たんぽを、

     赤ん坊ではなく、母の私が愛用して

            既に何十年の年月が流れている。


            湯たんぽって、ほんとうにスグレもの。

            お布団の中で一晩中お風呂に浸かっているような状態だから、

            朝には体が芯からほぐれている。

            体が解れるというのは、素直に心にも作用する。


            未体験の方は、ぜひお試しあれ。


            ただし、皮膚の弱い方は、低温やけどに要注意、です。



            
















***



終了しました。ご来場ありがとうございました。
「おうちを飾ろう!」展の作品




 hayama sunday から「おうち展」に寄せて

北欧製ロロスツィードのブランケットhaya-sunバージョン、
着心地の良いTシャツ
風合いのよいタオルなど

おうち生活が楽しくなるアイテムが
揃いました。





junrey 末岩さんご夫妻から、モビールが届きました

木、紙、真鍮などを使い、
楽しく仕上がったモビール。

昼間のpopな表情と、
影を楽しむ夜の表情と。

天井近くの開いた空間に
彩りを添えてくれるモビール

風に揺れて

真鍮が、時折いい音を奏でてくれるも
嬉しいおまけです。


全4品 3500~8500円





mm 森野美紗子さん



ポストカードで人気のmm森野さんの、壁飾り。

今回、押し花作家として満を持しての登場です。


よく見るとひとつずつに、
押し花で
ほんとうに繊細な細工が施されています。

そして飾ると、
安らぎます・・・・。

束の間の休息に
メルヘンを求める方にも、
ちょっと忘れてしまった方にも
お勧めです♪






お馴染み、村瀬可衣さんのステンドグラスも並びます。 



 丹頂・・・冬の釧路の、張りつめた空気をまとって 
 丹頂の寝床・・・こちらは凍える川中、一本足で眠る丹頂の家族。光が温かい。 


そっと優しい、可衣さんのステンドグラス。
今回も丹頂を中心に作品を寄せて頂きました。

小さいけれど、存在感はとてもあります。
夜に、撮影してみました。

から冬にかけての夜長に、
安らぎと温かさを届けてくれることでしょう。
1万円から3万円台 
            


***


 bunbunさんの革小物。 


                                                                        ¥3,000~5,000台

bunbunさんの小物たちにも、毎回心を鷲づかみにされています。
秋色マトリョーシカ!
キーホルダーです。

この子がバッグの中にいるだけで
テンションがググッと上がること請合い。


トレイは柔らかい革で作ってありますので
大切なアクセサリーも傷つけません

美しい色合いに、あるだけで
辺りが華やぎます


作品はすべてご自宅の工房で丹念に作られています。 
そして、手刺繍、です。

お人柄が滲み出る素敵な作品を、
どうぞお手に取ってご覧ください。




いつもJujubeにそっと花を添えてくれていた
A‐collectionの雑貨たちを、
今回は主役のひとつに据えました。


   
美意識の高いコレクターが、数あるコレクションの中から
今回のために特にセレクトしたマニアには垂涎物の品々。
時代を経た、深い味わいがあります。 

どうぞ、自分だけのお気に入りの一品を探し出してください。











下記日程にて、秋のイベントを行います。

予約は必要ありませんので、どうぞお越しくださいませ。

このDMご希望の方はメールにてお知らせください。

jujube.yokohama@gmail.com





*   












 先日用事があって行った国立新美術館。 
 そのミュージアムショップSFTで出合ってしまった、曲線がとても素敵な傘。 その名もpumpkinbrella。

 イタリアの斬新なデザインを実現できたのが、唯一日本の職人さんの技術だった、という説明に感銘を受けました。

 さて、いざ選ぼうとするとイタリアらしい色の渦にあれにしようか、これにしようか。
 紆余曲折の末、まったくの予想外、人生初の豹柄を選びました。 
 ちなみに、柄はシャンパンゴールドです。

 いつもお洋服がコンサバなので、しかも充分オトナなので、全身のバランスとしてポイントにはいいかな、と・・・
 なんだかやたらに言い訳をしておりますが・・・。

 傘だけを写してご紹介と思ったのですが、それよりも雑多な物に囲まれた方が傘としてのリアリティがある様なので、この写真を選びました。
この傘のサイトhttp://www.ddi-parashell.com/

少し前になりますが、CONRAN SHOPで購入したピルケース。
むふふ、な感じではありませんか?
お薬のカプセル同様、
色の境目で割れて中に薬などしまえます。

先日行ったらまだ陳列されていました。

歳を重ねるとお薬を携帯しなくてはならないこともよくあり、
ちょっと気が重い。

でも、これならば明るい気持ちになれること、請合います。

持っていると好評でしたのでご紹介しておきます。


*



お盆を過ぎ、こころなしか風が涼しく感じる今日この頃。

夜は秋の虫の大合唱ですし。


さて、出掛ける先で出あう、
Jujubeではご紹介し切れない、数々のちょっといいモノたち。

ご要望にお応えし、折に触れご披露することに致しました。


第一弾は、鳩居堂の文箱。


プリンターに付き物の、コピー用紙。
開封後の置き場に困っていました。

なにか素敵な入れ物はないかと
常に頭の隅にありましたが、
先日、ようやく出合いました。

合成漆とのことですが、
用紙入れの文房具ですから あまり気になりません。



***



お知らせ。

HAYAMA SUNDAY、 

デザイナーのnobucoさんが、雑誌「ミセス」9月号で大きく紹介されました。


思い返せば、ハヤサンの初期からのファン且つサポーターである友人に
何年か越しでねだり、
ようやっとご紹介頂いたのがnobucoさんとのお付き合いの始まりでした。

以来、Jujubeも、いつも何かと励ましやご協力を頂いております。

明るく、人懐っこいお人柄で周りに人が絶えない、彼女。
この写真も、nobucoさんらしい笑顔が素敵です。

記事にも紹介されていますが、長者ケ崎にお店がオープンしました。

Jujubeでは見ることのできない、多彩なハヤサンの世界が堪能できます。

詳しくは、ハヤサンHPで。
http://hayamasunday.com/ 




 ***

「ガラスとジュエリー展」終わりました。
今回も、多くのお客様に
ご越し頂き、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
ありがとうございました。

次回は、10月8日(火)~
「おうちを飾ろう!」展
・・fine craft & antique・・

の予定です。




***
 
雨の季節に・・・
 
  「ガラスと、ジュエリー」展
 
 

 
 
6月4日(火)~8日(土) 11時から17時まで
 
Jujube にて
 
 
 
出品作家
 
村瀬 可衣
 
安土草多
伊藤亜木
 
ヤマグチミホ
luxu  
beads field K
 
bunbun 
HAYAMA SUNDAY
 
 
 
****
 
作家さんから、続々と素敵な作品が届いています。
 
順次、ご紹介させていただきます。
 
**
そして、作家さんたちの力作が一堂に会しました。
 
今日から土曜日まで。
ぜひ直にご覧くださいませ。
 
心よりお待ち致しております。
 
 
***
 
 
 luxu から天然石を使ったリングがたくさん届きました。
 

 
流行の、組み合わせでも楽しむこともできる小枝シリーズ。
この写真で5つ組み合わせてあります。
 あえて10金を使い、だんだんとアンティークのような風合いになるのを楽しむ。
 ひとつ、1万円から4万円程度。
 
 
 指に着けると、優しい色合いが素敵です。
並べながら、テンションが高くなってしまいました。
 
ぜひぜひ、お手に取ってお試しくださいませ。
 
 
 
 **
 
 
 
 
 
 
安土さんのガラスを一部をご紹介
 
お店では、一見、なんでもない、
素朴なガラス器に見えるかも知れませんが、 
 
家に持ち帰り、他のものと並べるとあら不思議、
特別なオーラを放ち出す。
 
何を盛っても特別なひと品に変えてくれる
安土さんのガラス器。
 
手を抜くことの多くなる夏には手放せない、
頼りになる相棒です。
 
 
気が付けばガラス愛好歴30年。
・・・お薦めします。
 
 

 

 

 

 
 
 
 
 ***
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
beadsfield K のアクセサリー
 
 
ビーズ、と一括りでは表すことのできない
 
独特の世界がここにはあります。
 
根強いファンが多いのもうなずける、
ここにしかない、アクセサリー。 
 
わたしも、もう10年来のファンのひとりです。
 
 2万円前後
 

天然石、木、そしてガラス、と

異素材どうしを絶妙なバランスで組み合わせることによって

出来上がる、beadsfield Kの世界。

それぞれが稀少なのも魅力のひとつ。

 

こちらは全て受注とさせていただきます。

長さなどは、お好みで調整いたします。

  
 
 
 
 
 ***
 
 
 
 
 
    HAYAMA SUNDAYから
この夏の、新作ブラウス届きました。
  
 
     左: 定番の、上質リネンを使った紺と白の新作ブラウス。
こちらはピンタックが細かく施されています。
      そしてボトムのワイドパンツ。白はリネン2枚重ねで、透け感を抑えてあります。
 
     右:上品な紺と白で何通りもの組み合わせを楽しめるようにセレクトしました。
 
 
     併せて、夏のリゾートには欠かせない、ヨットパーカなども揃えております。
      こちらは、グレーと白の2色展開。
 
 
HAYAMA SUNDAYのお洋服は、
上質な物をさりげなく装いたいオトナの女性向けに 、
素材からデザイン、縫製まで、こだわり抜いて作られています。
 
どれも、おしゃれで、ちょっと甘く、
そんなものが自分にあったのかと再認識させられる
「乙女ゴコロ」を
揺さぶられるお洋服たち。
 
どうぞ、直に触れてみてください。
 
 
 
 
*** 
 
 
 
 
Jujubeの定番ですが、改めてご紹介を。
fog のキッチンリネンたち。
 
これからの季節は子供がどんどんお茶を飲めるように
                          テーブルの上に、こんな風にセットしておきます。
 
 
 
 
   色々なブランドのキッチンリネンを試してみましたが、
 やはりfogのものがいちばんお気に入り。
 
 お手頃価格なので(これ、大切)たっぷり揃えて、どんどん使い、
 ざぶざぶ洗えるのが気持ちよい。
 
 色柄が豊富なので、その時の気分でキッチンのイメージチェンジも簡単。
 重ねて見える収納をしておけば、カワイイ景色にもなり、気分も上がります。
 
 年齢によって、身に着けるものの色は悩むけれど、キッチンリネンならば
 その心配もなく、心置きなく好きな色でコーディネートできるのもよいところ。
 
 これからの季節、手で洗って外に干せば、30分もしないうちに乾いてしまうのも
 衛生面からも嬉しいところ♪                                   
 
 市販のカーテンクリップで留めて使っています。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
***
 
伊藤亜木さん
上の写真はガラスのリングホルダー。
 
昨年出会って以来、Jujubeでもディスプレイ用に
使わせていただいていましたが、
みなさまに好評でしたので、この度、登場して頂きました。
 
 
 ペーパーウエイトと、お箸置き。
ガラスの中の気泡が特徴です。 サイダーのよう。
女性らしいやさしい作品たちです。
 
 
*** 
 
 
 革小物のbunbunさんにもちょっとだけ出品頂きました。
 夏らしい色合いのちっちゃめバッグ。
 バッグの中を探さなくて済む、
 存在感ばっちりのマトリョーシカのキーホルダー。
 お財布と携帯を持ってちょっとそこまで、の用事のおともに。
 
 
 bunbunさんの作品も、どこかほのぼのユーモラスでかわいらしい。
 刺繍部分は、すべて手作業というこだわり方。 脱帽です。
 
 車の室内ミラーにマトリョーシカを下げていると
 運転も、楽しくなります♪
 
 
***
 
 
  ヤマグチミホさん。
 
  チラ見せでごめんなさい。 
  今回のために、天然石や黒檀を使ったものを作ってくださいました。
  黒檀は、ご自分で切り出したそうです。
 
  左端にチラッと見えているのは、さりげなく見えますが
  水晶と18金、シルクコードを使っています。
  身につけると、控えめで上品な光沢が。 
 
  手前のシカは、金細工。本当に細かい作業です。
 
  控えめに、でも静かに個性的なところが
  みなさんに好感をもたれる所以でしょうか。
  かく言う私も、一目惚れし、連れ帰ったのがお付き合いの始まりです。
 
そして、こちらはピアス。 
                                            イマドキの、左右別々での組み合わせを さりげなく楽しめます。
3千円から3万円台まで 
 
 
*** 
 
 
村瀬可衣さんのステンドグラスです。
 
村瀬さんは、丹頂鶴をモチーフにたくさんの作品を作っていらっしゃいます。
厳寒の北海道へもわざわざ見に行かれるほど。
 
そんなツルたちが、ちょっとよその土地を見学に行った感じの旅シリーズ。
ユーモラスな作品の出品をお願いしました。
 
エッフェル塔
ラベンダー畑
ピラミッド
 
そして、束の間の木漏れ日を浴びて、キッチンシリーズも・・・
 
 
    ステンドグラスには、専用の照明が添付されますが
    日中、窓を背に置き、自然光を通した風合いもとてもすてきです。
    可衣さんのステンドには、いつも癒されます。
    明かりをつけていても、いなくても。。。
 
    小さくとも、素晴らしい存在感で、お部屋を彩ってくれています。
    そして、そのユーモアにあふれた作風が、私たちの気持ちをふと和らげてくれるのです。
 
祝、世界遺産認定。
                          葛飾北斎とはちがう、可衣さんのfujisan。
 
                                         *****
 
Jujube access
JR大船駅 東口改札バスターミナル
(ヤマダ電機前)

4番

桜木町駅 または 上大岡駅 行き

または、

京急 上大岡駅バスターミナル

4番

大船駅 行き
乗車

七曲(ななまがり) 下車

徒歩5分

**
P 3台あり
駐車場に停められなかった場合は
必ず、インターホンでお知らせくださいませ。 駐車票をお渡しいたします。
住宅地のため、繊細なルールがあります。
ご理解とご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
***
皆さまのお越しを心よりお待ちしております。
 

 

 
 
**** 
 
春のイベント、終わりました。
 
予想外にお寒いなか、お越しいただきましたみなさま、
本当にありがとうございました。
 
tea cosyをご注文下さった皆様、
多くの方にご注文頂きまして、本当にありがとうございます。
 
ただ今、生地集めに奔走しております。
順次、作り始めますので、
少々お待ちくださいませ。
 
 
次は初夏に
ガラスとジュエリーを中心に。
 
 
是非、ご高覧くださいませ。
 
 
 
 
***
 
 
 
 
 
 
終了しました。 
Weizen + Jujube
spring 2013
 
          大好きなパンとお菓子の教室、 Weizenにて春展の最終日を迎えます。 
 
    土、日とお寒い中駆けつけて下さった皆さま、初めてお目にかかる皆さま、お越し頂きましてありがとうございました。
 
     先生のお人柄そのものの明るい雰囲気の室内で、
Jujube の品物たちも、いつもと違う表情を見せてくれています。 
 
    今日は少し寒さも緩むようですね。 お散歩がてら、どうぞお遊びにいらしてくださいませ。 
    オープンカフェが心地よい一日となりそうです。     
 
 ↖人気沸騰中。ブタのトートバッグ。
    tea cosyのご注文を受け付けております。
 
 窓辺で陽ざしを通して美しくも愛らしい
                                 村瀬可衣さんの、ステンドグラス
 
 
                                                                               cafe一番人気の春のケーキ ちょっと大人なラズベリー味です。
 
 
 
3月30日(土) 11時~18時
3月31日(日)  〃
4月 1日(月) 11時~17時
 
Weizen kamakuraにて
cafe & gallery
 
 
陽ざしがめっきり春めいてきましたね。
‘オトナの遠足’はいかがでしょうか?
 
美味しいケーキと、選りすぐりのお品をご用意して
皆さまのお越しをお待ちしております。
 
 
お菓子のお教室で、ということで、
キッチン、ダイニングで活躍しそうなものを中心に
ステンドグラスや、革小物などもご用意致します。
 
新しい一年を、素敵な小物たちとご一緒に。
 
その頃には 桜が満開になりますように!
 
ご案内は、こちら↓
 
 
 
 
***
 
 
 
ステンドグラス作家の村瀬可衣さんに、
看板を作っていただきました。
 
 
 
shopcardのイラストから
ステンドグラスで制作可能な図案を起こしてくださいました。
 
お花部分が、繊細で、華やかで、
本当に、素敵です。
そして、ショップカラーの「青」が、冴えて・・・ 
 
 看板を目印にいらしてくださいね。
 
 
 
 
**
 
そして、せっかくなので
一緒に届いた作品を一部ご紹介します。
 
 
FUJISAN
 
実物の富士山もいいけれど、
これもまた愛嬌があって、
お部屋のアクセサリとして、最高です。
縦11㌢×横7㌢×奥行4㌢程度 2万円
 
 
可衣さんは、その昔、イギリスに住んでいたことがあります
そんな彼女の、
日本の題材さえヨーロッパのフィルターに通したような
ユーモラスな作風にたまらなく惹かれます
 
きれいな色のガラスを使い絵画の様な仕上がりなので
そのままでも充分楽しめますが、
明かりを灯すと
ガラスが意外な色に変化するので、
それも楽しい
 
3月末のイベントにも出品します。
どうぞ、お楽しみに。
 
 
 
***
 
 
 
新年おめでとうございます。
 
旧年中は、本当にありがとうございました。
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
Jujube近くの公園から撮影しました、元日の富士山。
 
まさに日本晴れの元旦。
幸先がよいですね。
 
皆さまにとって良いお年でありますよう、
心よりお祈り申し上げます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
***
 
 
「冬はぬくぬく」展。
 
多くのお客様にお越しいただきました。
 
ありがとうございます。
 
新しいお客さまにもお目にかかることができ、
とても充実した5日間になりました。
 
来年、桜の頃には、初めて外に飛び出し鎌倉佐助で
cafe と zakka のイベントを開催したいと
思っております。
新しい作家さんの作品も携えて・・
 
皆様にお目に掛かれますのを楽しみにしております。
 
 
 
 2012 winter      
 
お知らせ
 
 
「冬は、ぬくぬく」展 
 
 
                                       
 
       
 
 
デザイナーのBACCO松下理恵子さんによる、dmも可愛らしく仕上がりました! 
 
 
会期   2012年11月27日~12月1日
11時~17時
 
会期中、ご予約は必要ありません。
 
ご希望の方にはdmをお送りいたしますので、メールにてお知らせください。
 
作家さんたちも、冬のあったか作品を、一生懸命作ってくださっています。
皆さまお誘いあわせの上、どうぞ、ご覧くださいませ。
お待ちしております。
 
                                                                                                   junrey          織り
                                                                                                                              
                                                                                                                                オッタエーカル       織
                                                                                               
                                                                                                 takaneco       カゴ
                                                                                    
                                                                                                   luxu        ジュエリー
                                                                                                                               
                                                                                                                                 ヤマグチミホ        ジュエリー
                                                                                                                                
                                                                                                                                    川口武亮            器
                                                                                                                              
                                                                                                                                     福田るい             器
                                                                                                                          
                                                                                                                            HAYAMA SUNDAY     お洋服
 
* 
また、期間中、Weizen kamakuraの芦沢理佐子先生による
クリスマス菓子も販売いたします。
芦沢先生は、鎌倉でお教室を主宰する傍ら、長期のお休みには
ヨーロッパに出向いて、地元のパン工房などで研鑽を積まれています。
HPは、こちら→http://www.weizen.jp/ 
 
本格的なお味のクリスマス菓子、今回はJujubeのお客様の為にオトナ可愛らしく
詰め合わせにしてくださいます。 季節の贈り物等にも最適。
試食もご用意致しますので 合わせてご期待くださいませ。
 
 
そして、特報!
人気の、ドイツの職人による小さな動物たち。
その、日本向けオリジナルの十二支のセットが到着しました。
素敵な木のわっぱ入りです。(12600円)
数に、本当に限りがございます。
ご興味のある方、 是非お早めにご覧くださいませ。
 
 
***
 
 
 
 
 
皆さま、お変わりなくお過ごしでしょうか。
 
デジカメがご機嫌を損ねてから(=それを口実にHP更新せず)早、何週間?
 
ま、いっか、と 問題を先送りにしてきましたが、そろそろどうにかしなくては。
 
というのも、昨日、関東北部のとあるひなびた商店街で
お宝をみつけてしまったから。
 
昭和の雰囲気そのままのお店で埃をかぶっていたガラスたち。
 
60年代のデッドストック。
 
今、Jujube に ちんまりと納まっています。
 
写真をお見せしたい!!
 
しばらくお待ちくださいませ。
 
 
 
***
 
 
 
 
 

お待たせいたしました!

 

川口武亮さんの器、入荷しました。

 

 

   高台も美しい、川口さんの灰釉輪花小皿。 今回の粉引しのぎは迫力があります。

                               新しく、さんま皿も入りました。 こちらは形は同じで粉引と、灰釉の二種類。 

 

 

***

                                
 
    Jujubeの人気者、ドイツの職人さんの手による動物たちです。 
     お客様が、どの子にしようか迷われながら並べた姿が可愛らしい。
結局このままのセットで旅立っていきました。    
                                           
 
 
***
 
 
Jujubeオリジナルのティーコーゼ
 
ご希望の生地や、色でオーダー承ります。
 
 
 
 
                                        
 
 
 
***
 
 
 
Jujube access
 
 
 
JR大船駅 東口改札バスターミナル
(ヤマダ電機前)

4番

桜木町駅 または 上大岡駅 行き

 

または、

 

京急 上大岡駅バスターミナル

4番

大船駅 行き
 
乗車
 

 
七曲(ななまがり) 下車

徒歩5分

 
**
 
 
P 3台あり
 
駐車場に停められなかった場合は
必ず、インターホンでお知らせくださいませ。 駐車票をお渡しいたします。
 
住宅地のため、繊細なルールがあります。
 
ご理解とご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
***
 
皆さまのお越しを心よりお待ちしております。
 
 
 
SelectionFile type iconFile nameDescriptionSizeRevisionTimeUser
サブページ (1): /site/jujubeyokohama/home/
Comments