国際誌・書籍掲載論文情報

日本の社会心理学者たちは,活発な研究活動を展開・公表しており,その成果は日本語による論文であれば例えば日本社会心理学会の機関誌である「社会心理学究」等の学会誌に掲載され,また学術書として公刊されています.一方,当然のことながら学問に国境はなく,特に近年では国際的な論文誌や書籍にその成果が掲載されることも増えてきました.しかし,こうした国際的成果をくまなく知ることは,あまりにそのフィールドが広いためにあまり容易ではありませんでした.

そこで,このページでは,日本の社会心理学者による国際的な研究活動の成果を広く共有・広報するために,日本社会心理学会会員による国際査読誌や書籍に掲載された学術論文(2013年以降に公刊されたもの)を,会員の皆様からの自薦・他薦の情報提供にもとづいて,あるいは,広報委員が不定期にPsycINFO, GoogleScholarなどを使って渉猟して,掲載しています.書誌情報は,メールニュース等の媒体でもご案内します.

情報を掲載している論文を登録順(最新のものが上)でリストしています.

ページ右上「このサイトを検索」から,キーワード検索が可能です.

こちらの「投稿を登録」から,更新情報をRSSフィードで取得することができます

★会員の皆様
掲載決定・刊行予定となった論文や書籍(分担執筆等も含む)をこちらのフォームから是非お知らせください.
既に登録した情報への追加・修正依頼はこちらのフォームでお願いします.

登録状況の確認にはこちらの一覧をご参照いただくと便利です.

最新3件の更新

  • Tabuchi, & Miura (2016) Tabuchi, M.(田渕恵), & Miura, A. (三浦麻子) (2016).Intergenerational Interactions when Transmitting Wisdom from Older to Younger Generations.Educational Gerontology.doi: 10.1080/03601277.2016.1205392The purpose of this study ...
    投稿: 2016/06/27 13:54、Asako Miura
  • Otsubo, & Tamada (2016) Otsubo, Y. (大坪庸介), & Tamada, S. (2016).Social attention promotes partner intimacy.Letters on Evolutionary Behavioral Science, 7(1), 21-24.doi: 10.5178/lebs.2016.45Social animals develop intimate ...
    投稿: 2016/06/26 14:06、Asako Miura
  • Fujii et al. (2016) Fujii, T.(藤井貴之), Goto, A.(後藤晶), & Takagishi, H.(高岸治人) (2016).Does facial width-to-height ratio predict Japanese professional football players’ athletic performance?Letters on Evolutionary Behavioral Science, 7(1 ...
    投稿: 2016/06/26 13:58、Asako Miura
1 - 3 / 248 件の投稿を表示中 もっと見る »