The 3rd physics and applied physics seminar in Germany for Japanese researchers


日程:2018年6月1日(金)12:00〜17:00

会場:マックス・プランク宇宙物理学研究所 Max-Planck-Institut für Astrophysik

セミナールーム E.0.11 (ミュンヘン・ドイツ:Karl-Schwarzschild-Straße 1,  85748 Garching, Germany)

内容:ドイツにて物理学の研究に携わっている研究者同士の交流,ドイツでの物理学研究者ネットワークの構築を目的としたセミナー。招待講演、一般講演、自己紹介、歓談での構成予定。
希望者で18時より夕食会も開催予定。

言語:日本語

講演者(敬称略)
 招待講演:佐々木 愛美(エアランゲン/ニュルンベルグ大学附属バンベルグ天文台)
 「星間衝撃波による銀河の進化への影響」
 若手特別講演: 北原 鉄平(カールスルーエ工科大学)
 「CP対称性の破れの最近の進展と素粒子標準模型を超える物理の探索」

定員:
約30名

参加費:
無料(応用物理学会学術・教育奨励基金の援助申請予定)

対象:  ドイツ在住の物理学系の研究に携わる研究者・学生、ドイツに長短期滞在中の物理学系の研究者 。希望と定員超がなければ周辺諸国の物理学系の研究者や、国際会議等での訪問中の研究者も参加対象です。

プログラム:準備中

一般講演申し込み受付期間:
2018年3月19日(月)〜4月30日(月)
        先着1件で一般講演の追加募集をいたします。5月7日(月)まで
        一般講演の追加募集を締め切りました。

参加登録:こちらから登録ができます。

参加申し込み受付期間:2018年3月19日(月)〜5月14日(月)
    
一般講演について:参加希望者より一般講演を募集します。一般講演は1人20分(発表15分+質疑5分)とします。

一般講演を希望される方は、アブストラクトを提出してください。アブストラクトは、タイトル、著者、所属、発表の概要をA4サイズ1ページでお願いいたします。


主催:ドイツ物理学・応用物理学セミナー実行委員会
 代表 制野かおり
    名古屋大学・ドイツ在住/ seino(at)ccs.engg.nagoya-u.ac.jp)
    ※アットマーク(at)は@に直して送信ください