日本語化‎ > ‎

Skyrim

Skyrim Strings File Tool

Skyrimのテキストデータファイル(STRINGS, DLSTRINGS, ILSTRINGS)をCSV形式のテキストに変換して編集できるようにするためのツール。
変換後のCSVはUTF-8で生成されます。また、編集したCSVからSTRINGS/DLSTRINGS/ILSTRINGSファイルを生成することができます。

必要ソフトウェア:ツールの実行には、.NET Framework 4が必要です。


*** It includes readme_eng.txt for non japanese users now ***

Packerにチェック用のテキストIDをテキストの先頭に付与するオプション /C を追加してみました。こんな感じ。

注1)マルチバイト文字でSTRINGSファイルを生成しても、現状の英語版そのままではマルチバイトの表示ができません。
注2)オリジナルのSTRINGSファイルをCSV変換して、何も編集せずにSTRINGSに書き戻しても全く同じにはなりません。オリジナルのファイルでは同一のテキストが複数個所ある場合、複数個所に書き込むのではなく1か所の物を共有するのに対して、このツールで生成したものは、複数個として書き戻すためです。
理由は実装が面倒くさかったからですが。。。

・更新履歴
(2012/01/26): StringsUnpackerが生成するCSVについてしまうBOM出力を修正しました。
(2011/12/13): StringsUnpackerのCSV読込みでフォーマットエラー等でエラー出力を追加。
(2011/12/10): Created readme_eng.txt :)
(2011/12/9):  テキストエンコーディングのコードページを指定する/Eを追加。
(2011/11/30: IDを16新形式として取り扱う/Bオプションを追加。
(2011/11/29): Pack時にIDをつける際、STRINGS内のファイル指定の文字列にはIDをつけないように修正。
(2011/11/26): Pack時にUTF-8の文字列をILSTRINGS、DLSTRINGSに変換した際文字列長の計算にあったバグを修正。
(2011/11/23): StringsPackerの/CオプションでのID付与のバグを修正。
(2011/11/21):  /Checkオプションを/Cへ変更。
(2011/11/18): Packer作成・公開しました。

■XlsImport
StringsUnpackerで取得したテキストデータに翻訳データをマージするためのツールです。インポートファイルはExcelファイル/Csvファイルに対応しています。
テキストデータは数万行になるものもあり、翻訳データが複数に分割している場合やシート自体が複数シートで管理されている場合もありますが、それらも含んで一括でインポートできるようにしてあります。


Skyrim日本語化Wikiの翻訳シートの一括インポートについては、ツールに手順書を追加したので、そちらをみてください。

・更新履歴
(2011/11/26) 11/26現在の日本語翻訳シートの状態にバッチファイルを調整。
(2011/11/23) /Tオプションの仕様変更、/RBオプション追加、翻訳シート取込用手順・バッチの追加。
Comments