機関誌

人類学若手の会では,機関誌「Anthropological Letters」を発行しています.

概要

「Anthropological Letters」は人類学若手の会が発行する機関誌で,人文系自然科学系を問わず,人類学に関する話題を人類学諸分野の関係者間で広く共有する目的で,半年に1度を目安に発行されています.関連分野の若手からの寄稿を中心に編集され,ダウンロードフリーのかたちでWeb上に置かれております.

本誌は,一般的には同人雑誌の位置づけにあります.学術雑誌ではありませんので,査読は行なっていません.新たな研究成果を発表する場でもありません.現時点では,本誌に掲載されたいかなる内容も査読付き論文の研究業績にはカウントされない,と若手の会では考えております.

本誌の内容は,受理済み論文の紹介,学会参加報告,フィールド紹介,エッセイ,写真やイラストなど,研究や学問を取り巻く環境について,さまざまな側面から人類学諸分野間の相互理解を深めることができるものとなっています.


寄稿の手引きはこちらをご覧ください.


最新刊・バックナンバー

第5巻2号 (2016年12月)
  • エッセイ「Human Natureを理解するということ:個人的な視点」 森田理仁
  • 研究紹介「 海域世界・島嶼環境への人類の適応を考古学から追う」 山極海嗣
  • 研究の方法論「―4― プレゼンテーション」 蔦谷匠
  • 旅行記「 ハワイのヒロ島、マレーシアのボルネオ島」 西村貴孝
  • カバーデザイン: 蔦谷匠

第5巻1号 (2016年3月)
  • キャリア・デザイン特集「若手研究者へ送るメッセージ:研究者として大切なこと」大島勇人
  • キャリア・デザイン特集「若手研究者に向けて ~ノーベル化学賞受賞者の視点~」波田野悠夏
  • 旅行記「ヨーロッパ冬の旅/生物人類学セミナー」 澤藤りかい
  • 研究の方法論「―3― モチベーション」 蔦谷匠
  • 開催報告「人類学若手の会・第4回総合研究集会の開催報告」安河内彦輝
  • カバーデザイン: 小野英理
  • エッセイ「シェアハウスの参与観察」 宇田川彩
  • 学会参加報告「アンデスの絶景を巡るアルゼンチンの旅 10日間 —ICAZ 2014—」 板橋悠
  • 研究の方法論「―2― 文献管理」 蔦谷匠
  • 開催報告「人類学若手の会・第3回総合研究集会の開催報告」 小金渕佳江
  • カバーデザイン: 蔦谷匠

第3巻2号 (2014年12月)
  • やってみた☆サイエンス・コミュニケーション「「サイエンス・カフェでおしゃべり」のススメ −演者の視点より−」 小金渕佳江
  • やってみた☆サイエンス・コミュニケーション「ウェブで(科学系)記事を書くときの注意点」 小野英理
  • 国際学会参加報告「IUAES2014:生理的多型性と遺伝的多型性からみたヒトの進化」 安河内彦輝
  • 研究の方法論「―1― 論文の書き方」 蔦谷匠
  • カバーデザイン・文章: 蔦谷匠,澤藤りかい

第3巻1号 (2014年7月)
  • 研究紹介「現代人の言語認知に関する脳活動に祖先の痕跡を探る」 江頭優佳
  • 第1回人類遊覧セミナー報告「比較から己を知る~人類学遊覧セミナーと比較認知科学のめざすところ~」 瀧本彩加
  • 第1回集団遺伝学・分子進化学に関する研究会報告「ヒト研究の魅力と魅力的な人の集まり」 藤戸尚子
  • 第2回総合研究集会報告「公務員による第2回総合研究集会の感想、そして期待と要望」 轟直行
  • 新しいスタッフの紹介
  • カバーデザイン: 恩田美紀

第2巻2号 (2013年11月)
  • 研究紹介「赤ちゃんとお母さんの関係 ~サルにみる養育行動の生物学的な基盤~」 佐藤杏奈
  • 旅行記「日本モンキーセンター & 京都大学霊長類研究所 ぶらり旅」 齊藤真理恵
  • 第1回研究集会参加報告「総合研究集会の意義」 波田野悠夏
  • 新しいスタッフの紹介
  • カバーデザイン: 佐藤杏奈

第2巻1号 (2013年3月)
  • 研究紹介「タンザニアの乾燥疎開林地帯に生息するチンパンジーの生態」 吉川翠
  • 研究紹介「ヒトとチンパンジーの“食文化”を遺伝学から探る」 早川卓志
  • 国際学会参加報告「ICEE2013:遥かなるニュージーランド」 西村貴孝
  • 新しいスタッフの紹介,機関誌の第二巻発行を迎えて
  • カバー写真: 吉川翠,早川卓志

第1巻 (2012年8月)
  • 研究紹介「医学研究における人類学的視点の重要性」 中込滋樹
  • 研究紹介「現代中国におけるイスラーム復興に関する人類学的研究」 奈良雅史
  • スタッフからの一言


寄稿の手引き

「Anthropological Letters」では,若手やそれ以外の研究者・学生の方からの寄稿を絶賛大募集しております.興味のある方は,まだアイデアの段階でも構いませんので,人類学若手の会まで気軽にお問い合わせくださいませ.また,寄稿の際には,以下のリンクより原稿のテンプレートをダウンロードして執筆ください.

原稿テンプレート_2016-07-09 (docxファイル,自動でダウンロードされます)


本誌が主に掲載する内容

  • 受理済み論文の紹介 (学術的に妥当とみなされるプロセスを経て報告された研究成果の紹介)
  • 学会参加報告
  • フィールドの紹介
  • エッセイ
  • 写真やイラスト

本誌が掲載しない内容

  • 未報告の研究成果 (論文や報告書になっていない研究成果)
  • 関係者に利害の対立がある,または生じることが予想される内容

注意など

本誌の著作権はすべて執筆者および人類学若手の会に帰属します.また,学術的な引用をされる場合には,本誌の原稿ではなく,その元論文を参照されることを強くおすすめいたします.


本誌の著作権の帰属を若手の会と執筆者の両者に変更しました (2014年12月30日).この変更は,これ以前に発行されたALにも適用されます.