5月16日の講座

↓以前の教え方セミナーの様子です!!
新学期が始まって1ヶ月!!
毎日の授業の様子はどうですか?

・子どもたちのおしゃべりが多い……
・子どもたちが話を聞かない……
・集中する時間が長続きしない……
そんなことでお悩みの先生もいるのではないでしょうか?
自分は、初めて担任した時に、こんなことで悩んでいました……

この講座を受けることで、子どもが授業に集中するようにするポイントを伝授します!!
明日からさらに子どもにとって楽しく分かりやすく授業ができる、そんな先生になりましょう!!

「知っておきたい! 
  新卒・若手教員が押さえておきたい 授業に集中する方法!」

<日時> 2017年5月16日(火) 19:00~20:30


<資料代> 学生:500円    一般:1000円

<内容>
1.子供が授業に集中して取り組む3つのポイントとは?
 授業に集中させるために意識するポイントは何か、紹介します!!

2.ポイント1「簡明の原則」を使いこなす勘所
 「簡明の原則」とは、指示・発問を短く限定して述べよ、ということ。
 原則の解説と、どのようにで使うといいか、具体的に紹介します。

3.「簡明の原則」を使うと授業はこう変化する
具体的な場面でどのような効果があるか、実践して紹介します。

4.ポイント2「全員の原則」を使いこなす勘所
「全員の原則」とは、指示を全員にせよ、ということ。
 原則の解説と、どのようにで使うといいか、具体的に紹介します。

5.「全員の原則」を使うと授業はこう変化する
具体的な場面でどのような効果があるか、実践して紹介します。

6.ポイント3「空白禁止の原則」を使いこなす勘所
「空白禁止の原則」とは、たとえ一分間でも何をやっていいのか分からない状態を作ってはいけない、ということ。
 原則の解説と、どのようにで使うといいか、具体的に紹介します。

7.「空白禁止の原則」を使うと授業はこう変化する
具体的な場面でどのような効果があるか、実践して紹介します。

8.先輩先生にドンと質問 Q&Aコーナー
 講師の先生は、東部・伊豆地区の小学校で、多くの経験を積まれた先生!!
 自分の不安や悩みを相談し、1つでも解決して、残りの教員生活に生かそう!!

<過去の参加者の声>
・授業のリズムということがいかに子どもを集中させるのに大切なことか、ということが分かりました。
 目線を合わせるということは、本で読んで実践していましたが、ほめる(たくさん)、ほほえむ、失敗させないということをこれからは意識して取り組んでいきたいと思います。
 とっても下世話ですが、500円で近場なら、これからも参加したいですが……。
 何よりも他の学習会より、断然テンポがよくて、時間が過ぎるのが苦痛でなくてよいです。(教師 女性)

・実際の授業映像はおもしろかった。文字だけではなく、普段の様子が分かった。教材のことではなく、教師の技に関する内容がよかった。

・「リズムがよい」「時間になったらどんどん始める」と、TOSSを感じる講座でした。あの学年の子達をリズムよく動かす秘密を知りたくて参加させていただきました。
 少しずつ自分の授業でも取り入れさせてもらっていますが、さらに勉強させていただきました。「あかねこスキル」の使い方も今後教えていただきたいです。

・先生方の授業のリズム感、やはりあこがれます。
 目線、表情、対応、リズム、明確な指示など、普段の授業で意識しているのですが、だら~っと、だんだん崩れてきてしまいます。
 今日の講座で、先生方の授業をライブで受けて体感することで、リズム、テンポがくずれない指導法が分かったような気がします。
 百玉そろばん、楽しいです。たくさん勉強したいと思いました。(教師 男性)

・漢字の指導は、自分なりにいろいろと工夫はしてきましたが、他の先生がどのように指導しているのかお聞きするような機会がありませんでした。
 今回お話が聞けてとても参考になりました。
 百玉そろばんも、今まで活用したことがなかったのですが、授業のテンポもよくなり、数に対する感覚が育てられそうなので、低学年で活用してみたいと思いました。(教師 女性)

・授業の中で、どこを見ていくかという講座が実践的で嬉しかったです。
 リズムをつくる、緩急をつけるがとても苦手なので、意識して腕を上げていけたらと思います。ありがとうございました。(教師 女性)

<お申し込みフォーム> 

お電話などでお問い合わせいただきたい方は、こちらもご利用ください!!
電話番号:090-6648-6792
アドレス:y0908@hw.tnc.ne.jp (教育サークルイズム 松井靖国)
Comments