企画展「下原・富士見町遺跡の調査」のご案内

 会 場:調布市郷土博物館 ※入館無料 (詳細はこちら
 期 間:2011年10月29日(土)~12月4日(日)※月曜休館
  開館時間:AM9:00~PM4:00

 主 催:調布市教育委員会・明治大学校地内遺跡調査団
 協 力:府中市遺跡調査会・府中市教育委員会・府中市郷土の森博物館
      ・明治大学平和教育登戸研究所資料館・三鷹市遺跡調査会
      ・三鷹市教育委員会・調布市遺跡調査会(順不同)


 明治大学校地内遺跡調査団では、明治大学付属明治高等学校・中学校の新校舎建設に先立ち、東京都三鷹市・調布市に所在する下原・富士見町遺跡の発掘調査を2004~07年にかけて行ないました。発掘調査では、およそ3万年前の後期旧石器時代から、縄文時代、そして第2次世界大戦期の調布飛行場に関連する遺構や遺物が発見されました。
 発掘調査の終了後、調査団では報告書の作成を進めてきました。このたび、その第1巻となる『下原・富士見町遺跡I近世~近・現代』が刊行されたことにあわせて、出土資料を展示公開し、発掘調査で明らかとなった地域の歴史を紹介します。
Ċ
Atsushi NOGUCHI,
20 Oct 2011, 18:00