2008.4.1制定

日本チェッカー・ドラフツ協会 定 款
第1章 総 則
第1条 この団体は、日本チェッカー・ドラフツ協会と称する。
第2条 この団体の事務所は、東京都台東区台東2-21-9 双葉ビル202号 天地シニアネット ワーク内に置く。
(目的および事業)
第3条 この団体は、チェッカー・ドラフツ(以下チェッカーという)の普及、研究および発展を図る とともに、チェッカーによる交流を行い、もって国際親善と文化の向上に寄与することを目的 とする。
(事業の種類)
第4条 この団体は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
(1)チェッカーに関する普及広報
(2)チェッカーの競技会の開催とプレーヤーの技量向上
(3)チェッカーを通じての国際交流と競技会への参加
(4)チェッカーに関する出版物の発行および資料収集と調査研究
(5)その他、この団体の目的を達成するために必要な事業
第2章 会 員
(種 別)
第5条 この団体の会員は、次の2種とする。
(1)正会員 この団体の目的に賛同して入会した個人及び団体
(2)賛助会員 会報の購読会員及び事業活動を支援する個人および団体
(入 会)
第6条 正会員の入会についての条件は定めない。
2.正会員として入会しようとするものは、理事長が別に定める入会申込様式により、理事長に 申し込むものとする。
3.理事長は、第2項のものの入会を認めないときは、速やかに、理由を付け本人にその旨を 通知しなければならない。
(入会及び会費)
第7条 正会員は、総会において別に定める入会金及び会費を納入しなければならない。ただし理事長の 認めた場合には、納入を免除することができる。
(会員の資格の喪失)
第8条 正会員が次の各号に該当する場合には、その資格を喪失する。
(1)退会届の提出をしたとき
(2)本人が死亡、または正会員である団体が消滅したとき
(3)除名されたとき
(退 会)
第9条 会員は、理事長が別に定める退会届を理事長に提出して、任意に退会することができる。
(除 名)
第10条 会員が次の各号の一に該当する場合には、理事会の議決により、これを除名する。
(1)この定款に違反したとき
(2)この団体の名誉を傷つけ、または目的に反する行為をしたとき
第3章 役 員
(種別および定数)
第11条 この団体に、次の役員をおく。
(1)理事 6人
(2)監事 1人
2.理事のうち1人を理事長、1人を副理事長とする。
(選任等)
第12条 理事及び監事は、総会において選任する。
(職 務)
第13条 理事長は、この団体を代表し、 その業務を総理する。
(任期等)
第14条 役員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。
(欠員補充)
第15条 理事又は監事のうち、その定数の3分の1を超えるものが欠けたときは、遅滞なく、 これを補充しなければならない。
(解 任)
第16条 総会の議決により役員を解任することができる。
(報酬等)
第17条 役員は、その総数の3分の1以下の範囲内で報酬を受けることができる。
2.役員には、その職務を執行するために要した費用を弁償することができる。
3.前2項に関し必要な事項は、総会の議決を経て、理事長が別に定める。
第4章 総会 及び 理事会
(種 別)
第18条 この団体の会議は、総会及び理事会の2種とする。
2.総会は、通常総会及び臨時総会とする。
(総会の構成)
第19条 総会は正会員をもって構成する。
(総会の権能)
第20条 総会は、以下の事項について議決する。
(1)定款の変更
(2)解散及び合併
(3)事業計画及び収支予算並びにその変更
(4)事業報告及び収支決算
(5)役員の選任又は、解任、職務及び報酬
(6)入会金及び会費の額
(7)借入金その他あらたな義務の負担及び権利の放棄
(8)事務局の組織及び運営
(9)その他運営に関する重要事項
(総会の開催)
第21条 総会は年1回開催する。
2.臨時総会は、次に掲げる場合に開催する。
(1)理事会が必要と認め,招集の請求をしたとき
(2)正会員の5分の1以上から招集の請求があったとき
(総会の招集)
第22条 総会は、前条第2項を除いて、理事長が 招集する。
(総会の議長)
第23条> 総会の議長は、その総会に出席した正会員のなかから選出する。
(総会の定足数)
第24条 総会は、正会員総数の3分の1以上の出席がなければ開会すること ができない。
(総会の議決)
第25条 総会における議決事項は、第24条第2項の規定によってあらかじめ 通知した事項とする。
2.総会の議決は、この定款に規定するもののほか、出席した正会員の過半数をもって 決する。
(総会での表決権等)
第26条 各正会員の表決権は平等なものとする.
2.総会に出席できない正会員は、書面をもって表決し、または他の正会員に代理人として表決を 委任することができる。
3.前項の規定により表決した正会員は、前2条の規定の適用については出席したものとみなす。
(総会の議事録)
第27条 総会の議事録は作成しなければならない。
(理事会の構成)
第28条 理事会は、理事をもって構成する
(理事会の権能)
第29条 理事会は、この定款に別に定める事項のほか、次の事項を議決する。
(1)総会に付議すべき事項
(2)総会の議決した事項の執行に関する事項
(3)その他総会の議決を要しない業務の執行に関する事項
(理事会の開催)
第30条 理事会は、理事長が招集する。
(理事会の議長)
第31条 理事会の議長は、理事長が これにあたる。
(理事会の議決)
第32条 理事会における議決事項は、第31条第2項の規定によって通知した 事項とする。
2.理事会の議決は、理事総数の過半数をもて決する。
(理事会の表決権等)
第33条 各理事の表決権は、平等なるものとする。
2.理事会に出席できない理事は、書面をもって表決することができる。
3.前項の規定により表決した理事は、前条および次条第1項の規定の適用については出席したものとみなす。 
(理事会の議事録)
第34条 理事会の議事録は作成しなければならない。
第5章 資 産
(構 成)
第35条 この団体の資産は、つぎの各号に掲げたものをもって構成する。
 (1)設立当初の財産目録に記載された資産
 (2)入会金及び会費
 (3)寄付金品
 (4)財産から生じる収入
 (5)事業に伴う収入
 (6)その他の収入
(区 分)
第36条 この団体の資産は、これを分けて公益に係る事業に関する資産、 その他事業に関する資産の2種とする。
(管 理)
第37条 この団体の資産は、理事長が管理し、その方法、総会の議決を 経て理事長が別に定める。
第6章 会 計
(会計の原則)
第38条 この団体の会計は、法第27条各号に掲げる原則に従って行わなければ ならない。
(会計区分)
第39条 この団体の会計は、つぎのとおり区分する。
(1)公益に係る事業会計
(2)その他事業会計
(事業年度)
第40条 この団体の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
(事業計画及び予算)
第41条 この団体の事業計画及びこれに伴う収支予算は、毎事業年度ごとに理事長 が作成し、総会の議決を経なければならない。
(暫定予算)
第42条 前項の規定にかかわらず、やむをえない理由により予算が成立しないときは、 理事長は、予算成立のまで前事業年度の予算に準じ収入支出をすることができる。
(事業報告及び決算)
第43条 この団体の事業報告書、財産目録、貸借対照表及び収支計算書等決算に 関する書類は、毎事業年度終了後、理事長が作成し、監事の監査を受け,総会の議決を経なけ ればならない。
2.決算上の剰余金が生じたときは、次事業年度に繰り越すものとする。
附 則
1. この団体の設立当初の入会金および会費は、第8条の規定にかかわらず、次に掲げる額とする。
(1) 入会金 1,000円  (2) 年会費 1,200円
2. 別 表 設立当初の役員

 役 職 名 氏 名
 理事長(会 長) 小俣 光夫
 理 事(事務局長) 草場 純
 理 事 高村 靖夫
 理 事 津田 孚人
 理 事 神林 章夫
 監 事 高田豊彰
-------------------- 以 上 -----------------

個人情報保護方針

日本チェッカー・ドラフツ協会を運営する当任意団体は、会員個人を識別することができる情報(以下「個人情報」といいます。)を適切に保護することが社会的責務と考え、次の取り組みを推進いたします。

  • 1 個人情報とは
氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど、ひとつ、または複数の組み合わせにより団体内の会員個人を特定できる情報を個人情報とします。
  • 2 個人情報の取得と利用目的
会員間の連絡、又は、定期的な情報提供のために、会員の氏名、住所、電子メール・アドレスなどの情報を、本団体の事務局にご提供いただくことがあります。また、事務局が会員からこれらの情報を収集する際は、事前にその目的をお知らせします。事務局は、これらのご提供いただいた情報を他の会員への連絡などに使われることを望まない場合は、当該の会員の意向を尊重します。なお、会員が、第三者(たとえば、配偶者や親戚など)に関する個人情報(配達先の住所など)を事務局に提供されるときは、事務局は、会員がそれを提供するに当たり、事前にご本人が第三者の方々の許可を得ておられるものとみなします。
  • 3 個人情報の管理
当協会は、会員にとって、知的で、情緒あふれる生活環境の実現に向けた教育啓発活動を実施するほか、個人情報を取り扱う管理責任者を事務局内に任命し、個人情報保護の適切な管理に努めます。当協会の事務局は、個人情報への不正な侵入、個人情報の紛失、改ざん、漏えいなどの危険防止に努めます。また、個人情報に関する個人の権利を尊重し、自己の個人情報に対する問い合わせ並びに開示、訂正、削除を求められたときは、合理的な確認手段などを経て対応します。
  • 4 第三者への提供
当協会は、収集した個人情報を、他者に販売、賃貸、またはリースすることはありません。当協会は、収集した個人情報を必要とする業務を外部へ委託する場合は、契約による義務付けの方法により、その漏えいの防止を図ります。当協会は、会員の承諾を得ずに個人情報を第三者と共有することはありませんが、次の場合は例外となります。
  (1)行政機関の正式な情報提供要請があった場合
  (2) 法律、規制、召喚令状、裁判所命令に従う場合
  (3)不正による損害を防ぎ、団体の権利を行使し財産を保護する目的の場合
  • 5 関連法規
本ネットワークのご利用条件の解釈および適用は、他に特段の定めのない限り、個人情報保護法などの日本国の法令に準拠するものとします。また、本ネットワークに関わるすべての紛争については、他に特段の定めのない限り、当協会が所定する地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。当協会は、会員の個人情報の保護に関係する日本の法令その他の規範を遵守するとともに、法令などの制定改廃や状勢の変化により、適宜変更します。
以上
日本チェッカー・ドラフツ協会(平成26年1月吉日)