第22回(2019年度)

日本環境共生学会 学術大会

大会テーマ「オホーツクの魅力と環境共生」

主催:日本環境共生学会

共催:公益社団法人 土木学会

後援:北見工業大学、北海道開発局網走開発建設部

日時:2019年9月27日(金)、28日(土)

場所: ゆめホール知床(JR斜里駅から徒歩15分)

発表募集スケジュール:(予定変更になることもあります。ご承知おきください。)

5月20日(月) 募集開始

7月28日(日) 発表申込〆切 → 一般発表の申し込みを締め切りました。

7月6日(土) 特典付査読原稿〆切 → 8月4日(日)(但し、先着4報まで)

8月18日(日)一般発表原稿〆切

8月30日(金) 事前振込〆切(発表者はこの日までにお振込み願います)

※ 8月31日(土)~9月20日(金)は,割引されない当日料金となります.

※ 準備の都合がございますので、参加申し込みをお早めに願います。

募集案内:詳細は発表論文募集案内のページおよび発表論文募集要領をご参照ください.

公開シンポジウム:詳細は公開シンポジウムのページをご参照ください.公開シンポジウムの参加申込はこちらです.

テーマ:「オホーツクの魅力と環境共生」

日時:2019年9月27日 15時~

場所:ゆめホール知床

講演者:

-公開講演会

増子孝義(東京農業大学名誉教授)

-シンポジウム:コーディネーター 増子孝義(東京農業大学名誉教授)

山中正実(公益財団法人 知床財団)

伊藤博武(東京農業大学・生物産業学部・北方圏農学科 教授)

千葉 晋(東京農業大学・生物産業学部・海洋水産学科 教授)

桜井あけみ(「しれとこ・ウトロフォーラム21」)

お知らせ

● 学術大会見学会の申し込みを締め切りました。

積極的な参加申込を誠にありがとうございます。学術大会見学会の申し込みを締め切らせて頂きました。

● ご発表(一般発表)の申し込みを締め切りました。

皆様からの積極的な投稿。ありがとうございます。一般発表の申し込みを締め切らせて頂きました。一般発表原稿のご提出〆切は、8月18日となっております。また、特典付査読原稿は、8月4日まで受け付けております。

● 会期中の宿泊は早期に予約されることをお勧めいたします。

会期中の斜里町での宿泊予約が多くなっており、ホテル等の確保が難しくなる可能性があります。参加予定の方は、早期に宿泊先を予約されることを強くお勧めします。なお、斜里町での宿泊が難しい場合には、周辺の網走やウトロへのご宿泊もご検討下さい。

● 特典付論文は、あと4報、先着順で受け付けます。

特典付き論文につきましては、会員の皆様からの積極的な投稿。ありがとうございます。7月6日(土)に締め切りましたが、現時点でまだ査読容量の上限まで若干の余裕がございますので、8月4日(日)までに投稿された特典付希望の論文を先着4報に限り特典付査読原稿として扱わせて頂きます。積極的な投稿をお待ちしております。なお、5報目以降の論文につきましては特典付論文ではなく通常の「環境共生」への投稿論文として扱わせて頂きます。

● 発表申込〆切、一般発表原稿〆切 が以下の様に延長されました。会員の皆さんの応募をお待ちしています。

発表申込〆切 :7月28日(日) <変更前 7月6日>

一般発表原稿〆切:8月18日(日) <変更前 8月5日>

詳細は募集案内のページをご参照ください。

● 特典付きの締め切りまで1か月以内となりました。

特典付き応募締め切りがもうすぐです。奮ってご応募ください。3月号をJ-Stageで公開する予定で作業を進めており、公開される可能性が高いが現時点で確定はしていません。少なくとも、J-Stageで公開される可能性が高いということをご了承して頂いた上で投稿してくださるようお願いします。

公開シンポジウムのページを公開しました。

● 発表論文の募集を開始しました。詳細は募集案内のページ、および発表論文募集要領をご参照ください。

● 学術大会のWebページを公開しました。