経歴

2017年1月現在

馬 彪(ま ひょう)

学位

博士(医科学)

 

所属

公益財団法人 先端医療振興財団 クラスター推進センター

    インシリコ創薬拠点形成推進グループ 調査役

公益財団法人 先端医療振興財団 先端医療センター研究所

    医薬品開発部シミュレーション創薬研究グループ 主任研究員(併任)

 

専門分野

医療情報学

 

研究テーマ

    創薬計算科学

    創薬アプリケーション開発


20114月‐20133 岐阜大学大学院医学系研究科再生医科学専攻 修了 修士(再生医科学)

20134月‐20163 岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科医療情報学専攻 修了 博士(医科学)

20164月‐現在 公益財団法人 先端医療振興財団 調査役・主任研究員

 

業績

【博士論文】

    統合創薬ソフトウェアNAGARAの開発及び論理的創薬による新規抗プリオン薬の創出 (2016年提出)

  

【英文誌論文】

[01]  Logical design of anti-prion agents using NAGARA, Biao Ma, Keiichi Yamaguchi, Mayuko Fukuoka and Kazuo Kuwata, Biochem Biophys Res Commun. 469 (2016) 930-935 (DOI:10.1016/j.bbrc.2015.12.106)

 

【学会発表】

[03] PRION 2016 TOKYO (2016510-13日、東京)Discovery of anti-prion agents using a PyMOL plugin-based logical drug design platform NAGARA(ポスター発表)

[02] Asian Pacific Prion Symposium (APPS) 2013 2013721-22日:長崎)New method for discovery of novel anti-prion compounds: Intermediate structure-based drug design (IBDD)(ポスター発表(優秀ポスター賞を受賞)

[01] Drug Discovery & Therapy World Congress 2013 (201363-6日、Boston, US.) New method for discovery of novel anti-prion compounds: Intermediate structure-based drug design (IBDD)(ポスター発表)

 

【その他発表】

[01] 第一回岐阜長崎プリオン創薬ミーティング(2014125日、長崎)NAGARA: A PyMOL plugin-based platform for logical design of medical chaperones : Large-scale parallel computing with graphical user interface (口頭発表)

【特許】

[01] プログラムおよび支援方法 発明者:桑田一夫、馬彪 特願2015-47642 出願日:2015310

 

【プログラム開発】

[01]   統合創薬支援ソフトウェア「NAGARA」 開発者:馬彪

 

研究助成

[03] (公財)岐阜県国際交流センター外国人留学生奨学金(20154月―20163月)

[02] 岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科学生奨学金(2014年度)

[01]  岐阜大学応援奨学金20144月―20153月)