ホーム

西田家系図
多分1970年~1980年頃に作成された家系図。
今ではここに名前がある人で面識がある人がほぼいない状態となってしまっているのでインターネット上に残しておく目的で公開します。


1代

西田久左衛門



松平忠房公御代御徒横目を勤め丹後福知山より島原へ御供す

2代

西田久右衛門




3代

西田弥兵衛



久右衛門5男

4代

西田弥兵衛



3代弥兵衛長男

松平忠祇公御代郡方改役人を勤む

寛延3(1751)年御所替にて野洲宇都宮へ転住

安永4(1775)年御所替にて島原へ転住

5代

西田左内



4代弥兵衛長男

松平忠馮の御代御勝手方改役人を勤め大阪へ永勤し病死。子無し。よって左内大阪在勤中に同勤めの大村藩家中の今井辛記の妾の子を養子となし左内死後この妻携へ帰る。即ち常之進の事なり

(文政2(1819)年 切米4石扶持2人)

6代

西田常之進



佐内の養男

幼名豊吉郎と改む。幼少のとき大阪に於いて養子となり、左内の室に抱かれて島原に帰任す。妻子なし。永松宇左衛門次男を養子となす。即ち金平なり。

(文政13(1830)年 御徒見習席)

7代

西田金平



第一養男 幼名 猪三郎

御勝手方物書を勤む 妻子なし

8代

西田幹三

天保7年

1836/5/6

明治37年

1904/7/5

幼名 賢三郎

安政5(1858)年、肥前国南高末郡島原藩矢島弘左衛門三男前々戸主西田与吉郎養嗣子入籍

明治14年2月17日退職?

西田常之進(与吉郎)の第一養男西田金平死去に付、森塚弥内の養子たりし賢三郎 第二養男となる。

松平忠和公御代御普請方常●の役を勤め廃藩後島原監獄薯押丁を勤む

妻マス

天保12年

1841/4/18

大正3年

1914/5/6

蔓延元(1860)年4月18日 島原藩谷口金市三女入籍

9代

西田鈴太郎

(けんたろう)

文久元年

1861/12/28

大正8年

1919/1/27

幹三長男

明治14(1881)年2月17日相続

明治12年より小学校教育を勤む

深江村麻布小学校(現在小林小学校)校長

妻スマ

明治元年

1868/5/20

昭和13年

1938/3/2

明治20(1887)年3月7日入籍

南高末郡島原村 天野義孝三女

10代

西田剛雄

明治29年

1896/11/10

昭和38年

1963/2/4

鈴太郎長男

大正8(1919)年3月島原中学校卒

明治大学専門部商業科卒

大平生命保険株式会社

関機械製作所

太平洋戦争悪化し昭和 年東京都より家族一同島原へ引揚疎開

妻ふみ

明治36年

1903/1/4


東京都神田錦町3-8 岸井茂七四女

大正15(1926)年4月27日婚姻届出

11代

西田元夫

大正15年

1926/7/27


剛雄長男

妻泰子





西田満治

慶応2年

1866/7/18

大正元年

1912/11/17

幹三次男

明治24(1891)年12月15日 田浦家廃家領許可 同月21日復籍

(長崎にて酒気を帯びてあやまちて井戸に転落し死亡とのこと)

カジ

明治5年

1872/10/14


明治23(1890)年1月12日入籍

明治28(1895)年9月12日松野潤蔵養女に離婚復帰

明治25年

1892/1/19


明治28(1895)年9月12日松野潤蔵方に母カジ復籍に付願済の上携帯


西田道生

明治5年

1872/11/10

昭和19年

1944/2/8

幹三 三男

大正5(1916)年5月8日分家

国鉄勤務、小田原、会津、長岡等

ギン

明治9年

1876/5/31

昭和34年

1959/10/31

島原村357番戸鳥田 親 長女

明治35(1902)年8月13日入籍


西田耕太

(入江)

明治9年

1876/4/29

昭和24年

1949/1/4

幹三 四男

明治35(1902)年9月28日 島原村388番戸 入江精勝へ養子縁組届出

明治38年(1905)年7月19日 次女ミヤと婚姻届出

大正12(1923)年3月2日 入江トミヤと婚姻届出


トラ

(高橋)

明治11年

1878/12/5


幹三 長女

明治35(1902)年7月30日 島原町88番戸高橋勝弥長男 勝太郎と婚姻届出


テイ

(山本)

明治20年

1887/3/3


明治41(1908)年3月31日 島原村468番戸 山本正徳長男正雄と婚姻届出


西田恕

明治20年

1887/10/21

明治20年

1887/10/28

鈴太郎長男


シズノ(井上)

明治21年

1888/12/18


鈴太郎長女

大正元年8月7日島原村374番戸戸主篠塚泰成次男成事と婚姻届出


カナメ(広瀬)

明治24年

1891/6/5


鈴太郎次女

大正3年1月20日島原町19番戸広瀬美濃蔵と婚姻届出


イク(竹内)

明治27年

1894/4/22


鈴太郎三女

大正12年6月1日東京府北豊島郡滝野川町大字田端322番地竹内仙次郎と婚姻届出


西田剛雄

明治29年

1896/11/10


鈴太郎次男


キヨノ(大津)

明治35年

1902/2/17


鈴太郎四女

大正14年12月12日島原町1887番地大津嘉納と婚姻届出


鋭子(稲田)

明治40年

1907/1/6


鈴太郎五女

昭和9(1934)年1月26日島原町1827番地稲田千勝と婚姻届出


西田イソコ

明治43年

1910/7/24

大正15年

1926/2/25

鈴太郎六女

本籍にて死亡


範子(財津)

明治36年

1903/8/5


道生長女

財津哲夫と入籍届出


西田尚生

明治38年

1905/11/27


道生長男


西田弘生

明治41年

1908/8/19


道生次男

東京市役所、関東局(満州国)、神奈川県庁等にて勤務

鶴(萱野)





康子(佐々木)

大正2年

1913/4/19


道生次女


西田俊生

大正5年

1916/2/27


道生三男

昭和19(1944)年8月21日、上海郊外にて戦死

代子





入江清

明治39年

1906/8/11

明治42年

1909/8/9

耕太長男


サチ(柴村)

明治41年

1908/12/5


耕太長女


澄(奥平)

明治44年

1911/2/3


耕太次女


入江孝治

大正元年

1912/10/19


耕太次男


入江清秀

大正5年

1916/9/27

大正9年

1920/6/23

耕太三男


入江延良

大正12年

1923/5/14


耕太四男


山本正良



テイ長男


高橋彰

明治38年

1905/1/31


トラ長男


高橋昇

明治44年

1911/10/28


トラ次男


https://sites.google.com/site/itanishida/


https://plus.google.com/u/0/+ItaruNishida/posts