T-54/55

T-54/55戦車

戦闘重量:36.5t

全長:9m (砲身を含む) 全幅:3.27m 全高:2.22m 

武装:54口径100mm砲×1、7.62mmSGMT機銃×2、12.7mmDShK銃機関銃×1

装甲:100mm(車体正面)、200mm(砲塔)

乗組員:4名

エンジン出力:580hp 最大速度(路上):48km/h 航続距離:480km 携行燃料 680リットル

T-54

1947年より量産開始。算盤の玉を歪めた様ないびつな砲塔に100mm砲を搭載したT-54-1。

1948-1950年は、T-54-2には「豚の鼻」と呼ばれる幅狭の防楯を導入し、砲塔も丸く整えられた。

1951-1957年間は、T-54-3が基本の型となり、主砲に上下左右動の指向スタビライザの追加、エンジンの換装(V54ディーゼル/520hpからV-55ディーゼル/580hp)、レーザー測距器KTD-1の搭載等の改修が行われた。T-55と共に1994年頃まで旧ソ連諸国で使用されていた。関係悪化以前の中国にもT54Aの供与を受けてライセンス生産権が渡され、59式戦車としてその後の中国での戦車開発の基礎となった。

T-55

T-55は、T-54と同一車体を使用している。1977年頃までにチェコ・ソロバキア等でも生産され、ワルシャワ条約機構軍や発展途上国で広く使用されている。相違点としては、エンジンの強化、戦闘室底部に砲塔と連動旋回するターンテーブルを設置、戦闘室内動作の便宣性向上、砲塔上面右側の換気装置ドームの廃止、NBC防護の導入など。

T-54/55は、あわせて10万輌以上が量産され、1950年以降の主要な武力紛争で活躍した他、今日でも一部簡易複合装甲や爆発反応装甲を追加されたり、砲腔内発射式レーザー誘導ミサイル9M117バスチオンの導入されながら旧社会主義国や旧ソ連諸国、アフリカやアジア地域で使用されている。

ストックホルム国際平和研究所は、2006年にインドが旧インド軍使用のT-55をミャンマーに潜伏する反インド武装勢力掃討作戦を支援するために、インドからT-55がミャンマーに向けて輸出されたと報じている。