2S3/152mm SPG

2S3 /152mm SPG   2S3アカツィア152mm自走榴弾砲

戦闘重量 27.5t

全長:7.76m 全幅:3.25m 全高:2.59m

最大速度:60km/h 最大行動距離:500km

兵装:34口径152mm榴弾砲2A33×1、7.62mmPKT機銃×1

以前、西側諸国では、SO-152と呼ばれていた。2S3自走砲は、1950年代に開発が開始されたが、採用されたのはそれから、大分たった1970年代。試作計画中に、本社の基本設計に関して、迷いが生まれていたようで、1960年代にやっと本車の基となる152mm2A33榴弾砲を搭載し、密閉式と360度全周可能な砲塔を備えた試作品が完成し、1971年にやっと、ソ連軍に正式採用されるに至る。

 当砲は、砲弾重量43.5㎏(高性能榴弾OF-546)で、最大射程は、17.3km。ロケット推進補助をしようして24kmである。正式採用後、本車は配属が進み、自動狙撃兵師団の榴弾砲大隊に配備されていた2A33榴弾牽引砲に変り配備され、戦車師団に於いても2A1自走砲の後継車として配備された。(1個大隊当り18門が装備された。) 性能面で、非常に西側諸国の自走に対し大きい差が生じた為、直ぐに後継車の2S19/152mm自走砲が計画され生産されているが、財政難の為にその配備数は少ないと見られている。

 2S3アカツィは、弾道46発を搭載、最大発射速度は3発/分、継続射撃で、1時間に約60発の性能を発揮する。

 主に、ロシアを含めリビア・イラクまどポーランドに供与されている。なお、後継車の2S19/152mm自走砲は、ソ連崩壊後の財政難故に、その配備がロシア軍で進まず、2S3/152mm自走砲は、未だにロシア軍に配備されている。