iPhone実機テスト


アプリケーションをiPhoneの実機でテストするための手順を説明します。
iOSデベロッパプログラムに参加していることが前提になります。
まだ、参加していない場合は「iOSデベロッパプログラム参加登録」を参照して先に手続きを済ませてください。

1. 開発用Macを登録

  1. 開発するMacの「アプリケーションフォルダ」内の「ユーティリティフォルダ」にある「キーチェーンアクセス」を起動します。
  2. キーチェーンアクセスのメニューから「キーチェーンアクセス」→「証明書アシスタント」→「認証局に証明書を要求...」を選択します。
  3. 「証明書情報」を入力します。
    ユーザのメールアドレス:iOS Dev Centerに登録したメールアドレス
    通称:OS Dev Centerに登録した名前
    CAのメールアドレス:(入力の必要なし)
    要求の処理:「ディスクに保存」を選択し、「鍵ペア情報を指定」をチェック
  4. 「続ける」をクリックします。
  5. ファイルの名前は変更しないで、保存場所を指定して、「保存」をクリックします。
  6. 「鍵ペア情報」を入力します。
    鍵のサイズ:「2048ビット」を選択
    アルゴリズム:「RSA」を選択
  7. 「続ける」をクリックします。
  8. CSRファイル(CertificateSigningRequest.certSigningRequest)が保存されます。
  9. iOS Dev Center」にログインします。
  10. 右側の「iOS Provisioning Portal」をクリックします。
  11. iOS Provisioning Portalページの左側の「Certificates」をクリックします。
  12. 「Request Certificate」をクリックします。
  13. 「ファイルを選択」クリックし、先ほど作成したCSRファイルを選択します。
  14. 「Submit」ボタンをクリックします。
  15. 再びiOS Provisioning Portalページの左側の「Certificates」をクリックします。
  16. 「Download」ボタンをクリックし、「developer_identity.cer」ファイルをダウンロードします。
  17. 「click here to download now」をクリックし、「AppleWWDRCA.cer」ファイルをダウンロードします。
  18. ダウンロードした2つのファイルをダブルクリックし、キーチェーンアクセスに追加します。

2. 開発用iPhoneを登録

  1. Xcodeを起動して、メニューから「ウインドウ」→「オーガナイザ」を選択します。
  2. 開発用iPhoneをMacに接続します。
  3. オーガナイザの左側の「Device」をクリックし、右側の「Identifier」のコードを記録します。コードを選択して右クリック(または「option+クリック」)でコピーできます。
  4. 「iOS Dev Center」の「iOS Provisioning Portal」ページの左側の「Devices」をクリックします。
  5. 「Add Devices」をクリックします。
  6. 「Add Device」を入力します。
    Device Name:英文字で自由に入力
    Device ID:Identifierコードを入力
  7. 「Submit」をクリックします。

3. アプリ用IDを作成

  1. 「iOS Dev Center」の「iOS Provisioning Portal」ページの左側の「App IDs」をクリックします。
  2. 「New App ID」をクリックします。
  3. 「Create App ID」を入力します。
    Description:英数字でアプリの名前か説明を入力
    Bundle Seed ID(App ID Prefix):「Generate New」を選択
    Bundle Identifier(App ID Suffix):アプリを識別するための固有なIDを入力
    Bundle Identifierは、App Storeで重複しないように自分のドメイン名を逆から入力するようです。
    例:com.domainname.appname
    App Storeで公開しない場合は「*」を入力すれば複数のアプリで使えます。
  4. 「Submit」をクリックします。

4. プロビジョニングプロファイルを作成

  1. 「iOS Dev Center」の「iOS Provisioning Portal」ページの左側の「Provisioning」をクリックします。
  2. 「New Profile」をクリックします。
  3. 「Create iOS Development Provisioning Profile」を入力します。
    Profile Name:英数字でプロファイル名を入力
    Certificates:「証明書情報」に入力した通称をチェック
    App ID:「App IDs」で作成したDescriptionを入力
    Devices:「Devices」で作成したDevice Nameをチェック
  4. 「Submit」をクリックします。
  5. 再びiOS Provisioning Portalページの左側の「Provisioning」をクリックします。
  6. 「Download」ボタンをクリックし、プロビジョニングプロファイルをダウンロードします。

5. XCodeにプロビジョニングプロファイルを設定

  1. Xcodeのメニューから「ウインドウ」→「オーガナイザ」を選択します。
  2. 開発用iPhoneをMacに接続します。
  3. オーガナイザの左側の「Device」をクリックし、右側のProvisioningの「+」をクリックします。
  4. ダウンロードしたプロビジョニングプロファイルを追加します。

6. プロジェクトを設定

  1. Xcodeで、プロジェクトを開きます。
  2. メニューから「プロジェクト」→「プロジェクト設定を編集」を選択します。
  3. 「ビルド」タブの「コードID署名」→「Any iOS」の値で、「iPhone Developer:ユーザ名」を選択します。

7. アプリをiPhoneに転送

  1. 開発用iPhoneをMacに接続します。
  2. Xcodeの左上から「デバイス」を選択します。
  3. 「ビルドと実行」をクリックします。
  4. アプリがiPhoneに自動的にダウンロードされて起動します。