医療・医薬・健康


コーア商事グループの挑戦

 

コーア商事グループの挑戦

ジェネリック医薬品メーカーのベストパートナー

著者:鶴蒔靖夫
定価:本体1800円+税
ISBN978-4-87218-452-5
初版発行:2019年3月10日

商社機能とメーカー機能を併せ持つ医薬品業界のイノベーター、コーア商事グループ躍進の軌跡。

◆目次◆
第1章 超高齢化に悲鳴をあげる日本の医療
第2章 ジェネリック医薬品業界の現状
第3章 ジェネリック医薬品のベストパートナー
第4章 第2の事業の柱である医薬品製造事業
第5章 創業社長・首藤利幸の経営理念と人生哲学
第6章 コーア商事グループが描く未来

日本はこれまで、欧米に比べてジェネリック医薬品の普及が遅れていた。しかし近年になってその使用率は急激に上昇し、2018年度第2四半期(7月~9月)には73.2%にまでなっている(日本ジェネリック製薬協会「平成30年度第2四半期のGE医薬品の数量シェア分析結果」)。国は2020年9月までに使用率80%超えを目標に掲げているが、この数字を達成するのは間違いなさそうだ。
こうしたジェネリック医薬品業界において、ひときわ異彩を放ち、大きく躍進を続けているのが、本書で紹介するコーア商事ホールディングス株式会社(本社:神奈川県横浜市)を中心とするコーア商事グループである。グループの傘下には、ジェネリック医薬品の原薬輸入商社であるコーア商事株式会社、注射剤を主とする医療用医薬品の製造販売を行うコーアイセイ株式会社、医薬品包装事業を行うコーアバイオテックベイ株式会社、OTC薬(一般用医薬品)の製造販売を行うコーア製薬株式会社がある。
コーア商事ホールディングスの創業者である首藤利幸氏は「企業グループとして、ジェネリック医薬品のベストパートナーをめざしてきた」と語り、自社の強みは「商社機能とメーカー機能を併せ持つ独自性にある」と強調する。
コーア商事グループのなかでも事業の中核を担っているのが、原薬輸入において国内トップを走り続けるコーア商事だ。ヨーロッパ、中国、インドを中心に約20カ国・約100社と取引関係を持ち、高品質のジェネリック医薬品原薬を安定的かつ、より低価格で国内のジェネリック医薬品製造販売業者に提供している。それに加え、関東と関西のそれぞれに「医薬分析センター」を設置し、海外サプライヤーと連携した開発拠点となる「SIセンター」も立ち上げて、品質検査はもとより、ジェネリック医薬品の品質改善実験も手がけている。
首藤氏がいま最も力を入れているのが、コーアイセイが行っている、注射剤を主とした医薬品の製造販売と受託製造事業だ。注射剤のなかでも特に高度な技術が要求される高薬理活性注射剤の製造を目的に、山形市蔵王産業団地にコーアイセイ蔵王工場を完成させ、今後いっそうの需要増が見込まれる抗がん剤や、透析、リウマチといった領域の治療に用いられる注射剤のジェネリック医薬品の開発提案型受託製造を推進していくという。
「猛烈なスピードで変化していく世の中に迅速に対応し、必要とされるものを必要とされるときにタイミングよく提供できるように、柔軟に変化を続けていきたい」
と、首藤氏は語る。
本書では、「ジェネリック医薬品のベストパートナー」としての役割を果たすために革新的な取り組みを続けるコーア商事グループの事業活動を紹介するとともに、創業者である首藤利幸氏の今日までの歩みをたどりつつ、その経営理念や人生哲学に迫る。
 

いま、なぜ専門家集団薬局なのか

 

いま、なぜ専門家集団薬局なのか

薬局の新しい価値をつくるフォーラルの挑戦

著者:鶴蒔靖夫
定価:本体1800円+税
ISBN978-4-87218-451-8
初版発行:2019年2月21日

薬剤師・管理栄養士たちの熱き情熱
地域の人々が応援したくなる人と薬局
―― あなたがいるからこの薬局に来た ――

◆目次◆
第1章 超高齢社会における薬局と薬剤師の役割
第2章 新時代の薬局モデル「専門家集団薬局」
第3章 地域の人々の健康をサポートする専門家集団
第4章 専門家として、人として成長するための教育研修
第5章 フォーラルの経営理念とビジネス哲学
第6章 フォーラルが描く薬局の未来

通常、薬局のスタッフは、薬剤師と医療事務で構成される。しかし、1都3県に薬局20店舗(2019年1月現在)を展開している株式会社フォーラルは、薬剤師とともにメディカルパートナーとして管理栄養士を各店舗に配置し、その管理栄養士が医療事務をも担っている。つまり、フォーラルの薬局は、剤師と管理栄養士という国家資格の有資格者で構成された「専門家集団薬局」であり、これが大きな特徴のひとつとなっている。
一般的に、薬局とは処方箋を持った患者だけが利用するところと思われているかもしれない。しかし、薬剤師のほかに、食事や栄養の専門家である管理栄養士が在籍し、薬を調剤するだけでなく、薬剤師と管理栄養士が連携して無料の栄養相談や各種セミナーを開催するなど、食事や栄養、運動などの情報を積極的に提供することで予防医療の拠点として機能するようになれば、処方箋を持たない地域住民も薬局を訪れるようになり、地域の健康維持や増進に貢献できるばかりか、医療費の削減にもつながるはずだ。こうしたことを通じて薬局の新しい価値をつくっていくことがフォーラルの目標である。
「専門家集団薬局」という新しいスタイルで、「地域の人々が応援したくなる人と薬局」をコンセプトに、薬局の新しい価値の創造をめざすフォーラルのユニークな活動を現場の声を交えながら紹介するとともに、同社の経営理念と医療哲学に迫る。
 

東北の小さな大企業

 

東北の小さな大企業

~圧倒的な技術と品質で世界の医薬品業界に挑む~

著者:鶴蒔靖夫
定価:本体1800円+税
ISBN978-4-87218-434-1
初版発行:2017年6月19日

山形県天童市から世界へ。
最高水準の技術と品質で躍進する日新製薬はいま、新たなステージへと飛翔する。

◆目次◆
第1章 「先の利」経営の象徴・日新製薬荒谷工場
第2章 ジェネリック医薬品に吹く追い風
第3章 「日本一」「世界一」がずらりと並ぶ企業
第4章 大石俊樹の足跡 I
第5章 大石俊樹の足跡 II
第6章 明日の日本を担う企業へ進化

製品品質の高さで「日本一」とも言われるジェネリック医薬品メーカー「日新製薬」は、高出力の光を瞬間的に照射することでボトル内を滅菌する非加熱滅菌法「パルス光滅菌」を世界で初めて医薬品製造において実現したり、ルアーフィットタイプというポリエチレンボトル入りの注射剤を日本で初めて独自開発するなど、医薬品業界における数々の「日本初」「世界初」と言われる取り組みを実施し、発展してきた。近年も、ステロイド剤などの高生理活性物質の製造において今後は欠かせなくなると予測されているレベル3のフルコンテインメント(封じこめ)システムを医薬品工場としては世界で初めて完備した新工場を完成させるなど、さらなる製品品質の向上をめざした積極的な設備投資や研究開発を続けている。
さらに、ジェネリック医薬品メーカーとしてだけでなく、その製薬技術レベルの高さや、製品クオリティに対する高い評価により、新薬メーカーの製造受託事業においても成長の一途をたどっており、いまや日本の医薬品製造市場になくてはならない存在となっている。
本書では、主に近年における日新製薬の発展の足跡をたどるとともに、常に「先の利」を見すえる経営で日新製薬を引っ張り今日の「東北の小さな大企業」へと育てあげた大石俊樹の企業理念や人生哲学に迫り、経営者として、そして人間としての、その実像を描き出す。
 

『薬剤師新時代の到来』

 

薬剤師新時代の到来

~笑顔創造ファーマシー・あけぼの薬局グループの挑戦~

著者:鶴蒔靖夫
定価:本体1800円+税
ISBN978-4-87218-427-3
初版発行:2016年11月26日

調剤薬剤師・薬局のあるべき姿がここにある!
地域密着、面対応、かかりつけ薬剤師・薬局、在宅医療……。あけぼの薬局グループがめざす、地域密着型かかりつけ薬剤師・薬局とは。


◆目次◆
第1章 かかりつけ薬剤師制度が導く今後の医療
第2章 在宅医療に力を注ぎ、医師と信頼関係を結ぶ「あけぼの薬局グループ」
第3章 薬剤師の人間力を育てるのは会社の責任
第4章 創業者・岡田一平の成功と挫折、そして逆転への歩み
第5章 薬局再編、激動の時代に
第6章 岡田イズムが導く薬剤師・薬局のあるべき姿

自分の健康は自分で守っていく時代となったいま、薬局には「最も身近な医療機関」として、これまで以上に地域密着や在宅医療への積極参加などが求められるようになる。薬局薬剤師の仕事は「調剤をすること」から「かかりつけ薬剤師として地域住民一人ひとりの健康維持に貢献すること」へとシフトしていく。
近隣住民の「かかりつけ薬剤師・薬局」としての機能を果たし、首都圏と関西を中心に急成長を続ける「あけぼの薬局グループ」の事業内容を紹介し、これからの医療界における薬剤師・薬局のあるべき姿を解説・検証するとともに、創業者・岡田一平の非凡かつ独特な着眼点や感性から生まれる経営思想やビジネス哲学に迫る。
 
 
『薬局新時代 薬樹の決断』


薬局新時代 薬樹の決断

~「まちの皆さま」の健康を支えるために~

著者:鶴蒔靖夫
定価:本体1800円+税
ISBN978-4-87218-409-9
初版発行:2015年6月22日

まちの小さな薬局から、新しい風が吹いている。

◆目次◆
第1章 超高齢社会に求められる薬局・薬剤師の役割
第2章 地域のかかりつけ薬局に~次世代型薬局・健康ナビゲーター
第3章 薬樹の理念~さんじゅうまる・エコ活動・オハナ
第4章 革新的システム実現による次世代型薬局の姿
第5章 小森父子、二つの異なる個性が飛翔の力を生んだ
第6章 人を育て地域を守り健やかな社会をつくる薬樹

薬剤師による訪問服薬指導や、管理栄養士による薬局および在宅での栄養指導、安全と効率を追求した薬局版POSシステムの導入、さらには障がい者との共存や、健康な地球をめざす環境活動など、従来の枠を飛び越えた新しいカタチの薬局をめざす注目企業「薬樹」。その“未来へと挑戦する姿”と経営哲学に迫る。

 
『どうする!医療改革』


どうする!医療改革

~日本の再生医療へのシナリオ~

著者:松村博史・鶴蒔靖夫
定価:本体1800円+税
ISBN978-4-87218-406-8
初版発行:2015年4月21日

破綻寸前の日本の医療制度再生への道はあるか―先進の歯科医療で世界に挑む徳真会グループ理事長松村博史が提案する医療制度改革“私案”とは。

◆目次◆
第1章 国民皆保険制度の仕切り直しと財源確保が急務
第2章 真の医療人を育てる教育への提言
第3章 「多極化・多角化・世界が舞台」をキーワードに
第4章 時代を先取りする歯科医療プロジェクト
第5章 日本の医療の成長産業化実現に向けて
 
 
『“真の医薬分業”へのあくなき挑戦』


“真の医薬分業”へのあくなき挑戦

~ジェネリック医薬品が日本の医療を変える~

著者:鶴蒔靖夫
定価:本体1800円+税
ISBN978-4-87218-398-6
初版発行:2014年9月9日

薬局大淘汰時代の到来!
調剤薬局企業の勝ち残り戦略。


◆目次◆
第1章 日本の医療健全化のカギ・ジェネリック医薬品
第2章 医療のあるべき姿・医薬分業を推進する
第3章 薬剤師を真の医療人へ
第4章 在宅医療時代を迎え、大きく変わる薬剤師のあり方
第5章 調剤薬局企業から総合医療グループへ

増えつづける医療費により社会保障制度が崩壊しかけている日本において、ジェネリック医薬品の使用率引き上げは急務である。
また、高齢者ケアにおけるQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)、さらにはQOD(クオリティ・オブ・デス=死の質)を高めることが求められているいま、在宅医療や終末期医療におけるチーム医療体制のなかで薬剤師に期待される役割も大きくなってきている。
日本の医療の健全化と質の向上を目標に、医薬分業確立への道を切り開き、高品質のジェネリック医薬品の普及・浸透に情熱を注ぎ、さらにはチーム医療に貢献する「薬のプロフェッショナル」として薬剤師の専門性向上を推進してきた日本調剤グループの、「真の医薬分業」にかける挑戦や行動哲学、ビジネス理念を紹介するとともに、社会保障制度の危機的状況を乗り越え、医療のあるべき姿へと近づくためのヒントを示す。

 
『目覚めよ、薬剤師たち!』


目覚めよ、薬剤師たち!

~地域医療を支える薬剤師の使命~

著者:鶴蒔靖夫
定価:本体1800円+税
ISBN978-4-87218-389-4
初版発行:2013年11月16日

調剤室から飛び出した薬剤師たち。
「見える薬局・薬剤師」が地域医療の常識を変える。


◆目次◆
第1章 過渡期を迎えつつある「医薬分業」
第2章 これからの薬局・薬剤師の役割とは?
第3章 医薬分業の先駆け「ファーマシィ」の実力
第4章 患者に信頼される薬剤師を育成
第5章 創業社長・武田宏の経営理念と医療哲学
第6章 ファーマシィが提案する保険薬局の新しいかたち

薬剤師には「調剤室に閉じこもって調剤作業をする人」というイメージがあるかもしれない。しかし薬剤師の本来の役割は、調剤作業をすることではなく、患者に対しOTC薬を含めた服薬指導をして、その効果をたしかめるとともに、副作用をチェックすることにあるはずだ。
薬剤師は本来、地域住民にとって「健康相談のできる、いちばん身近な存在」であるべきであり、そのうえで最近では、地域包括ケアシステムにおける在宅医療や在宅介護を行う医療チームの一員としての役割も求められている。さらには、プライマリ・ケアの実践や、セルフメディケーション支援など、地域医療のなかで薬剤師が活躍できるフィールドは、今後さらに拡大していくだろう。
医薬分業の先駆けとして「見える薬局・薬剤師」の実践をテーマに理想の薬剤師像を追求し続けている株式会社ファーマシィの事業活動やビジネス理念を紹介するとともに、これからの地域医療において薬局や薬剤師が担う役割や責務、および、そのあり方について検証する。


日本の医療現場を考察する

 

日本の医療現場を考察する

~「改革」のために、いま、何をすべきか~

著者:鶴蒔靖夫
定価:本体1800円+税
ISBN978-4-87218-379-5
初版発行:2012年11月1日 初版発行

「医療崩壊」から「医療立国」へ!
医療の世界を結ぶメディカ・ラインが起こす、ピンチをチャンスに変える医療イノベーション。

◆目次◆
第1章 存続の危機に立つ日本の国民皆保険制度
第2章 知らなかったではすまない、日本の医療の現状
第3章 崩壊しつつある日本の医療を建て直すには
第4章 いま求められる医療の産業化
第5章 医療の架け橋、佐藤望とメディカ・ライン
終 章 開けいく医療の未来

現在の日本の医療は、医師たちの自己犠牲のうえに成り立っていると言われる。たとえば現場の外科医師は、数時間から数十時間、神経を極限まで集中させて立ちっぱなしで手術を行い、それが終わると、ほとんど休む間もなく次の手術に向かう。休日も満足に取れず、個人の時間はほとんどないという。
しかも、大多数の医療機関は経営的に厳しい状況に陥っており、赤字経営が許されない民間病院では、医師を筆頭に看護師やコメディカルスタッフの待遇も低く抑えざるをえない。それでも彼ら医療従事者は、医療への純粋な情熱から、厳しい勤務条件のなかで熱心に医療に取り組んでいるのだ。
そのうえ、医療従事者が低い待遇に甘んじながら奮闘している一方で、現場に導入される医療機器のコストについては、その適正性があまり検討されていないという実情もある。
医療の高度化にともない、医療機器のなかには相当高額なものも増えており、その購入やメンテナンスにかかる費用が医療機関の大きな負担になっている。たとえばMRIなどは、数年間分の維持費で新品が購入できるほどだという。
ところが、これほど高額な医療機器の機能やコストについての詳細な情報を持っているのは、医師ではなく医療機器メーカーだ。そのため、医療機器の導入はメーカー主導で行われることが多く、その結果、必ずしも適正な機種が適正な価格で導入されるとは限らない。その医療機関には必要以上に高機能な機器を、適正とは言えない高価格で購入するというケースも少なくないのが実情だという。
こうした「医療機器流通における不適正」を是正すべく創設されたのがメディカ・ラインだ。医療機関の側に立って、それぞれの医療機関に最も適した医療機器をコンサルティングし、コーディネートをすることで、財政的に苦しい医療機関の現状を少しでも改善することに貢献する。メーカー側と医療側の双方に広がる幅広い人脈や知識を存分に活用し、現在では医師の開業支援や病院経営のコンサルティング、経営サポート、医師の紹介、薬局の経営なども行うようになっている。
本書は、苦境に立つ日本の医療の現状をさまざまな角度から検証し、山積する課題についていくつかの解決策を提案する。
合わせて、医療機器のコーディネートや経営改善のコンサルティング活動を通じて医療機関をサポートし、「日本の医療に貢献し、人の和と心で医療の世界を結ぶ架け橋になる」ことを目標にしているメディカ・ラインの取り組みを紹介する。