Interlocal Journal はドイツ・エアランゲン在住のジャーナリスト・高松平藏が主宰するウエブサイトです。


若いドイツの市長たち戦後の歴代

エアランゲン市長、平均40.8歳


2014年6月5日


執筆
高松平藏ドイツ在住ジャーナリスト、当サイト主宰)



エアランゲン市(人口10万人、バイエルン州)の市長が5月から交代した。新市長は34歳と若い。
選挙運動中の新市長、フロリアン・ヤニック博士(今年3月撮影)

■戦後、5人の市長たち
今年の5月に就任した新市長、フロリアン・ヤニック博士は34歳、確かに若い。が、同市の歴代市長も皆、比較的若い。もともと同市の経済局の責任者だった前市長シーグフリード・バライス博士は1996年に市長就任。このとき43歳だった。医療都市というコンセプトを中心に推進していった。
前市長、シーグフリード・バライス博士は医療都市のコンセプトをおし進めていった。(2005年撮影)


同市は元祖・自転車道の整備された町だが、それを推進したのがディートマー・ハールベーク博士。法律家だった。1972年に就任したときは37歳。当時、バイエルン州内では最年少。今もまだまだ元気で、町で自転車で移動する姿が時々見られる。
『自転車市長』だったディートマー・ハールベーク博士。当時、先駆的な環境都市を作った。(2010年撮影)

その前の戦後2人の市長(ハインリッヒ・ラーデス博士、ミヒャエル・ポシュケ氏)も就任時は45歳だった。この2人の市長は市役所に隣接したホール『ラーデス・ホール』、市内の『ミヒャエル・ポシュケ小学校』にその名前が残されている。戦後5人の市長の就任時の平均年齢は40.8歳だ。

ちなみにエアランゲンに隣接する町の現市長、トーマス・ユング博士(フュルト市)とウルリッヒ・マーリー博士(ニュルンベルク市)もともに就任時は41歳だった。

 市  長  就任年  就任当時の年齢
 フロリアン・ヤニック  2014  34
 シーグフリード・バライス  1996  43
 ディートマー・ハールベーク  1972  37
 ハインリッヒ・ラーデス  1959  45
 ミヒャエル・ポシュケ  1946  45
表. 戦後のエアランゲン市長の就任時の年齢。平均40.8歳。

■若ければよい、というわけではないが
若い政治家はもっといる。新聞サイトを検索しているとステファン・ロットマン氏(ショーヌンゲン、2012年就任、当時25歳)など20代の市長もちらほら。

2002年の連邦議会選で話題になったのが、最年少議員の誕生だった。アンナ・リューマン氏(緑の党)。当時19歳だった。

もちろん、政治家は『若ければよい』というわけでもない。が、若い政治家が登場しやすい理由として、選挙にお金があまりかからない、政党および関連組織が活発、いわゆるエリート教育に相当するものが残っている、といったことが考えられる。

日本でも昨年、美濃加茂市(岐阜県)で28歳の市長が誕生するなど、『若い市長』は増えているように思える。(了)