InOMNイベント登録方法日本語解説

International Observe the Moon Night (InOMN) Webページのイベントマップに登録する方法を解説いたします。
9月18日(土)にイベントを計画されている方は、ぜひ、ご登録ください。
観望会、講演会、科学教室など、月に関するイベントは何でもOKです。
なお、一度登録すると削除、変更できませんので、(削除変更依頼の連絡先もありません)ご注意ください。

1.ホームページのメニューバーの「GET INVOLVED」から「Attend an Event」を選びます。

2.「Attend an Event」ページが表示されたら、下の方の「Geocoding」欄と地図が両方見えるようにスクロールします。

3.「i」マーカーをドラッグして、日本の近くに持っていき、マーカー以外の日本の部分をダブルクリックして、拡大します。拡大したら、さらに「i」マーカーを開催場所の近くに持って行きを繰り返し、「i」マーカーを開催地に重ねます。

←「i」マーカー


このとき「Geocoding」の「Closest matching address:」欄に「i」マーカーのある場所の所在地が表示されていますので、確認してください。



4.「Geocoding」の「Complete your event registration here」をクリックすると、「Latitude」、「Longitude」が既に入力された状態で、レジストレーション入力画面が表示されます。


入力は、日本語でOKです。「*」は必須ということではなくて、マップ上に表示される項目という意味ですので、表示したくなければ、記入する必要はありません。

各項目は、
Point of Contact Name  連絡先の名称
Point of Contact Email 連絡先電子メールアドレス
Point of Contact Phone 連絡先電話番号「+81-***-**-****」のように書きます。
日本の国番号は81ですので、+81-(市外局番の最初のゼロをとった番号)-(電話番号)とします。
Event Host イベント主催者
Event Location Name 会場名
Address 会場の所在地
City 市区町村
State/Province 都道府県 
Zip/Postal Code 郵便番号
Country 国
Latitude 緯度
Longitude 経度
※緯度、経度は、「Geocoding」で自動で表示される値のままにするか、別のGoogleマップで取得した値を入力してください。(南緯をマイナス、西経をマイナスとします。)
Event Host/Location URL 主催者または会場のウェブページのURL
Event Description イベントの説明、備考

記入したら、下の方に隠れて「submit」ボタンがありますので、入力画面をスクロールして表示させ、クリックすれば、登録完了です。

なお、「Event Host」から「Country」、「Event Host/Location URL」、「Event Description」は、「Event Descriptions」ページに羅列して表示されます。このページの「here」をクリックすると、このページのみのイベント表示を登録するフォームが出てきます。こちらも日本語OKですので、地図に表示したくない(しなくともよい)という方は、こちらだけ、登録することも可能です。

以上で、イベント登録は完了です。地図にピンが表示されますので、クリックして、表示される内容を確認してください。(地図を拡大すれば、自分が登録したピンを確認しやすいでしょう。)
出てくる吹き出しには、「Event Host」、「Event Location Name」、「State/Province」、「Zip/Postal Code」が表示されるようです。

Event Descriptions」ページも確認してみます。


スクロールすると


下の方に追加されました。