LEAD32 & LEAD64

Linux for Environmental and Architectural Design

信州大学の方から質問を頂き、その計算をしていてGTK版のESP-rでグラフを描くとSengmentationエラーでcoreを吐いて落ちる事に気付きました。全てのバージョンで計算は行ってましたが、グラフを描いたかは不明。申し訳ありません。新規にビルドしても結果は同じです。これは32、64bit版ともです。同じソースをOSX上でビルドしグラフを描かせた場合、問題は発生しません。X11版は問題は発生しません。そこで、LEADの公開しているバージョンのESP-rをX11版に差し替えました。

12.04で配布したESP-r(GTK版)が正常に動作します。今回は64bit版です。32bit版は確認作業を行います。

(差し替えの方法)
(1)以下のダウンロード
URL:https://dl.dropboxusercontent.com/u/53831043/update/esp-r.tar.gz
(2)/opt以下にあるESP-rを消去
        $ sudo rm -r esru
(3)/に移動
        $ cd /
(4)解凍
        $ sudo tar zxvf /foo/esp-r.tar.gz
(注)/fooはesp-r.tar.gzをダウンロードしたディレクトリを示します。

(2013/0701:更新)
Debian7+LXDE

LEAD32.12.04(Gnome Classic)

Ubuntuをベースに作成したLEADと総合環境シミュレーションソフトESP-rと光環境シミュレーションソフトRadianceの情報などを提供します。




(ご注意)今後、このサイトはLinux(Debian / Ubuntu)でのデザインツールの紹介に特化します。これまでこのサイトで公開していた内容は以下のサイトで引き続き公開していきます。

 Low Energy Architectural Design
(もう一つのLEADの略です)
Comments