伊村知子 いむらともこ

Tomoko Imura


click here for the English page

Last Update: 18/09/2009

■ 所属

京都大学霊長類研究所 比較認知発達(ベネッセコーポレーション)研究部門

■ 連絡先

〒484-0086 愛知県犬山市官林41-2, 

京都大学霊長類研究所 比較認知発達(ベネッセコーポレーション)研究部門

Tel: 0568-63-0241

Fax: 0568-62-2428

E-mail: imura[@]pri.kyoto-u.ac.jp    *please remove "[" and "]".

■ 専攻領域

比較認知発達, 知覚心理学, 絵画的奥行知覚

■ 略歴

1997 年3 月 静岡雙葉学園高等学校卒業

2001 年3 月 関西学院大学文学部心理学科卒業

2001 年3 月より2007年3月 京都大学霊長類研究所共同利用研究員

2003 年3 月 関西学院大学大学院文学研究科心理学専攻博士課程前期課程修了

2004 年4 月より2007年3月 中央大学人文学研究所準研究員(2006 年4 月より研究員)

2005 年4 月 日本学術振興会特別研究員(DC2)

2006 年3 月 関西学院大学大学院文学研究科心理学専攻博士課程後期課程修了

2006 年4 月 日本学術振興会特別研究員(PD), 関西学院大学大学院文学部, 研究員

2007 年4 月より2009年4月30日 日本学術振興会特別研究員(PD), 京都大学霊長類研究所, 研究員

2008 年1 月より2008年10月 ロンドン大学ユニバーシティカレッジ, 客員研究員(Honorary Research

Assistant)

2009年5月1日より現在に至る 京都大学霊長類研究所比較認知発達(ベネッセコーポレーション)研究部門, 助教

■ 学位

博士(心理学)

2006年3月16日関西学院大学

論文題目「絵画的奥行知覚に関する比較認知発達的研究」

■ 所属学会

日本心理学会, 日本発達心理学会, 日本基礎心理学会, 日本動物心理学会, 日本霊長類学会

■ 研究業績

学術雑誌に発表した論文(査読あり)

Imura, T., & Tomonaga, M. (2003). Perception of depth from shading in infant chimpanzees (Pan

        troglodytes). Animal Cognition, 6, 253-258.[PubMed]

Imura, T., Yamaguchi, M.K., Kanazawa, S., Shirai, N., Otsuka, Y., Tomonaga, M., & Yagi, A.

        (2006). Perception of motion trajectory of object from the moving cast shadow in infants. Vision

         Research, 46, 652-657. [PubMed]

Tomonaga, M., Imura, T., Mizuno, Y., & Tanaka, M. (2007). Gravity bias in young and adult

        chimpanzees (Pan troglodytes): tests with a modified opaque-tubes task. Developmental Science,

        10, 411-421. [PubMed]

Imura, T., Tomonaga, M., & Yagi, A. (2008). The effects of linear perspective on relative size

        discrimination in chimpanzees (Pan troglodytes) and humans (Homo sapiens). Behavioural

        Processes, 77, 306-312. [PubMed]

Imura, T., Yamaguchi, M.K., Kanazawa, S., Shirai, N., Otsuka, Y., Tomonaga, M., & Yagi, A.

        (2008). Infants’ sensitivity to shading and line junctions. Vision Research, 48, 1420-1426.

[PubMed]

Imura, T., Tomonaga, M., Yamaguchi, M. K., & Yagi, A (2008). Asymmetry in the detection of

        shapes from shading in infants. Japanese Psychological Research, 50, 128-136. 

Imura, T., Shirai, N., Tomonaga, M., Yamaguchi, M. K., & Yagi, A. (2008). Asymmetry on the

         perception of motion in depth by moving cast shadows. Journal of Vision, 8(13), 1-8. [PubMed]

Imura,T., & Tomonaga, M.(2009). Moving shadows contribute to the corridor illusion in a

        chimpanzee (Pan troglodytes). Journal of Comparative Psychology, 123, 280-286.[PubMed]

Tomonaga, M., & Imura, T. (2009). Faces capture the visuospatial attention of chimpanzees (Pan 

        troglodytes): Evidence from a cueing experiment. Frontiers in Zoology, 6, 14.


学術雑誌に発表した論文(査読なし), 総説, 著書

伊村知子・友永雅己・今田寛(2003). 陰影による奥行き知覚の発達.友永雅己・田中正之・松沢哲郎(編

        著)「チンパンジーの認知と行動の発達」. 京都大学学術出版会, pp.83-88.

友永雅己・伊村知子(2003). 「数」の大小判断.友永雅己・田中正之・松沢哲郎(編著)「チンパンジー

        の認知と行動の発達」, 京都大学学術出版会, pp.110-113.

伊村知子・友永雅己(2003). 「数」をくらべる.(ちびっこチンパンジー(第13 回)). 科学, 73, 98-99.

伊村知子・八木昭宏(2005). 陰影からの3次元形状知覚における2つの制約. 人文論究, 55, 61-74.

Imura, T., Tomonaga, M. , & Yagi, A. (2006). Processing of shadow information in Chimpanzee (Pan

         troglodytes) and human (Homo sapiens) infants. Matsuzawa, T., Tomonaga, M., & Tanaka, M.

        (Eds). Cognitive Development in Chimpanzees, Springer, pp.305-315.

伊村知子(2006). 「かげ」から奥行きを知覚する.(ちびっこチンパンジー(第51 回)). 科学, 76, 296-

        297.

伊村知子(2006). 「チンパンジーとヒトの乳児から見た二次元世界―「かげ」から奥行きを知覚する―」.

        伊村知子・柾木隆寿・北村元隆・鈴木まや・松中久美子(共著), 心理学研究のフロンティア, 関西学院

        大学出版会, pp. 7-21.

Imura,T., Tomonaga, M., Yamaguchi, M.K., & Yagi, A. Perception of object's motion trajectory from

        moving cast shadow in human and Japanese macaque (Macaca fuscata) infants, and an adult

        chimpanzee (Pan troglodytes). The Japanese Journal of Psychonomic Science, 25, 121-122. (2005

        年度本基礎心理学会優秀発表賞抄録)

Imura, T., Shirai, N., Tomonaga, M., Yamaguchi, M. K., & Yagi, A. (2007). Asymmetry on the

        perception of approaching or receding objects defined by moving cast shadows. The Japanese

        Journal of Psychonomic Science, 25, 267-268. (2006年度日本基礎心理学会優秀発表賞抄録)

伊村知子・友永雅己(2008). 「視覚の系統発生:ヒト以外の霊長類の知覚発達との比較から」. 山口真

        美・金沢創(編集), 知覚・認知の発達心理学入門, 北大路書房, pp.99-112.

白井述・伊村知子(2008). 「空間視の初期発達」. 山口真美・金沢創(編集), 知覚・認知の発達心理学入

        門, 北大路書房, pp.57-68.

伊村知子 (2009). チンパンジーと3次元世界:平面に奥行きを見る. 科学, 79, 922-923.


学会発表(査読あり)

Imura, T., Tomonaga, M., Yamaguchi, M. K., and Yagi, A. (2004). Perception of depth from

        shading  in chimpanzee (Pan troglodytes) and human (Homo sapiens) infants. 14th Biennial

         International Conference on Infant Studies, Chicago, USA, May 2004.

Imura, T., Tomonaga, M., Yamaguchi, M. K., & Yagi, A. (2005). Perception of motion trajectory

        from moving cast shadow in human infants. Vision Sciences Society 2005 Annual Meeting,

        Sarasota, USA, May, 5, 2005.

Imura, T., Tomonaga, M., & Yagi, A. (2005). The effect of cast shadow for shape perception from

        attached shadow on visual search in chimpanzees (Pan troglodytes) and humans (Homo

        sapiens). 28th European Conference on Visual Perception, A Coruna, Spain, August, 24, 2005.

Imura, T., Yamaguchi, M.K., Kanazawa, S., Shirai, N., Otsuka, Y., Tomonaga, M., & Yagi, A.

        (2006). Perception of 3-D shape from moving cast shadow in human infants. Vision Sciences

        Society 2006 Annual Meeting, Sarasota, USA, May, 4, 2006. Abstracts, p.152.

Imura,T., Yamaguchi, M. K., Tomonaga, M., & Yagi, A. (2006). Perception of motion trajectory

        from moving cast shadow in humans and Japanese macaques (Macaca fuscata). 15th Biennial

        International Conference on Infant Studies, Kyoto, Japan, June 21th, 2006. Program, p.49.

Imura, T., Shirai, N., Yamaguchi, M. K., Tomonaga, M., & Yagi, A. (2006). Asymmetry on the

        perception of motion in depth by moving cast shadows. 29th European Conference on Visual

        Perception, St. Peteresburg, Russia, August, 21, 2006.

Tomonaga, M. & Imura, T. (2007). Do gaze cues reflexively trigger the young chimpanzees' (Pan

        troglodytes) spatial attention? 2007 SRCD (Society for Research in Child Development) Biennial

        Meeting. Boston, MA, USA, March 29-April 1, 2007.

Imura, T., & Tomonaga, M.(2007). Visual search on the ground-like surface defined by texture

        gradients in chimpanzees (Pan troglodytes) and humans (Homo sapiens). Vision Sciences

        Society 2007 Annual Meeting, Sarasota, USA, May, 12, 2007.

Shirai, N., Imura, T., Hattori, Y., Tomonaga, M., & Yamaguchi, M. K. (2007). Perception of radial

        motion in Japanese macaque (Macaca fuscata) infants. The Vision Sciences Society 2007

        Annual Meeting, May, 12, 2007, Sarasota, USA. (Abstract: Journal of Vision, 7 (supplement),

        750. http://www.journalofvision.org/7/9/750/) 

Imura, T., Yamaguchi, M.K., Kanazawa, S., Shirai, N., Otsuka, Y., Tomonaga, M., & Yagi, A.

        (2007). Perception of shape from shading and line junctions in infants. 30th European

        Conference on Visual Perception, Arezzo, Italy, August, 28, 2007.

Tomonaga, M., & Imura, T. (2008). Searching the object attended or ignored by the others:

        Efficient search for ignorance by the young chimpanzees (Pan troglodytes). XVIth International

        Conference on Infant Studies (ICIS2008), Vancouver, Canada, March 27-29, 2008.

Imura, T., & Tomonaga, M.(2008). Visual search on the ground-like surface defined by pictorial

        depth cues in chimpanzees (Pan troglodytes) and humans (Homo sapiens). International

        Primatological Society XXII Congress, Edinburgh, UK, August, 4, 2008.

Imura, T., Tomonaga, M., Yonas, A. (2008). Perception of depth from linear perspective and

        binocular information in a chimpanzee. 31th European Conference on Visual Perception,

        Utrecht, Netherlands, August, 28, 2008.

学会発表(査読なし)

伊村知子・友永雅己・今田寛(2001). チンパンジー乳児における陰影による奥行き知覚の発達. 日本赤ちゃ

        ん学会第1回大会, 東京, 早稲田大学, 2001年4月.

伊村知子・友永雅己・今田寛(2001). チンパンジー乳児における絵画的奥行知覚の発達.日本霊長類学会

        第17 回大会, 京都, 国立京都国際会館, 2001年7月.

伊村知子・友永雅己・田中正之・松沢哲郎・今田寛(2001). 「チンパンジー乳児における陰影による奥行き

        知覚の発達」日本動物心理学会第61回大会, 兵庫, 関西学院大学, 2001年9月.

友永雅己・伊村知子(2002). チンパンジー乳児における「数の大小」の理解─食物自由選択課題での検

        討─. 日本発達心理学会第13回大会.埼玉, 早稲田大学人間科学部, 2002年3月. (抄録: 発表論文集,

        p.143)

伊村知子・友永雅己・松沢哲郎・今田寛(2002). チンパンジー乳児における「数の大小」の認識の発達.

        日本霊長類学会第18回大会, 東京, 東京大学, 2002年7月.

伊村知子・友永雅己・今田寛(2002). チンパンジーとヒトにおけるcorridor illusion―線遠近法手がかりが

        相対的大小判断に及ぼす影響―. 日本動物心理学会第62回大会, 京都, 同志社大学, 2002年8月.

友永雅己・伊村知子(2002). チンパンジーにおける「数」の大小判断とその発達. 日本心理学会第66回

        大会, 広島, 広島大学, 2002年9月. (抄録: 発表論文集, p.676)

伊村知子・友永雅己・山口真美・今田寛(2003). ヒト乳児における陰影による奥行知覚の発達. 日本発達

        心理学会第14回大会, 兵庫, 神戸国際会議場, 2003年3月.

伊村知子・友永雅己・今田寛(2003). チンパンジーとヒトにおけるcorridor illusion:線遠近法が物体の大き

        さの知覚に及ぼす影響. 日本霊長類学会第19回大会. 仙台, 2003年6月27-29日.

伊村知子・友永雅己・今田寛(2003). チンパンジーとヒトにおける陰影による奥行知覚: キャストシャドーの

         効果. 日本動物心理学会第63 回大会・日本基礎心理学会第22回大会合同大会. つくば市, 2003年

        10月31日-11月1日.

友永雅己・伊村知子 (2003). 社会的な指示動作はチンパンジーの注意をシフトさせるか?日本動物心理

        学会第63回大会・日本基礎心理学会第22回大会合同大会. つくば市, 2003年10月31日-11月1日.

        (抄録: 動物心理学研究, 53, p. 107)

伊村知子・友永雅己・山口真美・今田寛(2004). 乳児における陰影による奥行知覚の発達(2). 日本発達

        心理学会第15回大会. 白百合女子大学, 2004年3月21-23日.

伊村知子・友永雅己・八木昭宏(2004). チンパンジーとヒトにおける陰影による形状の知覚. 日本霊長類学

        会第20回大会. 2004年7月2-4日.

伊村知子・友永雅己・八木昭宏(2004). チンパンジーとヒトにおける陰影による形状知覚. 日本動物心理学

        会第64回大会. 大阪市立大学, 2004年8月30-31日. プログラムP.56.

伊村知子・友永雅己・八木昭宏(2004). チンパンジーとヒトにおける陰影による形状の知覚. 日本心理学会

        第68回大会. 関西大学, 2004年9月12-14日. 日本心理学会第68 回大会発表論文集, P.494.

伊村知子・山口真美・友永雅己・八木昭宏(2005). 乳児におけるキャストシャドーによる物体の運動軌跡の

        知覚. 日本発達心理学会第16回大会, 神戸国際会議場, 2005年3 月27日.

伊村知子・山口真美・友永雅己・八木昭宏(2005). 乳児における陰影からの3次元形状知覚. 日本発達心

        理学会第16回大会, 神戸国際会議場, 2005年3月29日.

友永雅己・伊村知子(2005). チンパンジーにおける視線手がかりによる注意の定位. 日本発達心理学会第

        16回大会. 2005年3月27-29日, 神戸国際会議場(抄録: 発表論文集, p.269).

友永雅己・伊村知子・水野友有(2005). Jump or Not (2) ─チンパンジー乳児における運動の選択と身体

        性張の関連について─. 日本霊長類学会第21回大会. 倉敷市芸文館・別館. 2005年7月1-3日. (抄録:

        霊長類研究, 21 supplement), S-29).

伊村知子・山口真美・友永雅己・八木昭宏(2005). ヒトとチンパンジーにおける陰影からの形状知覚. 日本

        認知科学会第22回大会, 京都大学, 2005年7月31日.

伊村知子・山口真美・友永雅己・八木昭宏(2005). ヒト乳児におけるキャストシャドーからの物体の運動軌

        跡の知覚. 日本心理学会第69回大会, 慶応義塾大学, 2005年9月11日.

友永雅己・伊村知子(2005). チンパンジーにおけるChange Blindness ─視覚探索課題を用いて─. 日本心

        理学会第69回大会, 慶応義塾大学. 2005年9月11日. (抄録: 発表論文集, p.618)

友永雅己・伊村知子(2005). チンパンジーにおける視線方向の視覚探索(Ⅱ). 日本動物心理学会第65回

        大会. 千葉大学. 2005年10月8-9日. (抄録: 動物心理学研究, 55, 126).

伊村知子・山口真美・友永雅己・八木昭宏(2005). 霊長類3種におけるキャストシャドーによる物体の運動

        軌跡の知覚. 日本基礎心理学会第24回大会, 立教大学, 2005年12月3日.

伊村知子・山口真美・友永雅己・八木昭宏(2006). ニホンザル乳児におけるキャストシャドーによる物体の

        運動軌跡の知覚. 日本発達心理学会第17回大会, 九州大学, 2006年3月21日.

伊村知子・白井述・友永雅己・山口真美・八木昭宏(2006). キャストシャドーによる対象の接近/後退運動

        知覚の非対称性. 日本基礎心理学会第25回大会, 広島国際大学国際教育センター, 2006 年6月9日.

        発表論文集, p23.

友永雅己・伊村知子(2006). チンパンジーを探せ! ─チンパンジーにおける顔の効率的探索─. 第22回日本

        霊長類学会, 大阪大学, 2006年7月15-17日. (抄録: 霊長類研究, 22, supplement, S24-25)

伊村知子・友永雅己・八木昭宏(2006). チンパンジーの大きさの恒常性錯視における線遠近法, 影, 運動

       情報の影響. 日本動物心理学会第66回大会, 京都大学, 2006年10月14日.

友永雅己・伊村知子(2006).  顔はチンパンジーの空間的注意を捕捉するか. 日本動物心理学会第66回大

        会, 京都大学, 2006年10月14-15日. (要旨: 動物心理学研究, 56, 172)

伊村知子(2006). 2次元平面からの3次元奥行知覚に関する比較認知発達的研究. 日本心理学会第70回

        大会, 福岡国際会議場, 2006年11月5日.

友永雅己・伊村知子(2006). チンパンジーによる運動方向判断における前進運動バイアス. 日本心理学会

        第70回大会, 福岡国際会議場, 2006年11月3-5日. (要旨: 発表論文集, p.666)

伊村知子・友永雅己・八木昭宏(2007). 絵画的手がかりで定義された面における視覚探索―チンパンジー

        とヒトの比較. 日本心理学会第71回大会, 東洋大学, 2007年9月20日.

友永雅己・伊村知子(2007). チンパンジーを探せ2.0 ─顔刺激の効率的探索は顔認識を基盤としているか

        ─. 第23回日本霊長類学会大会, 滋賀県立大学, 2007年7月14-16日. (抄録: 霊長類研究, 23, S-28-

        29)

友永雅己・伊村知子(2007). チンパンジーによる運動方向判断における前進運動バイアス(II). 日本心理

        学会第71回大会, 東洋大学, 2007年9月18-20日. (抄録: 発表論文集, p.673)

伊村知子・友永雅己(2007). 陰影からの形状知覚における陰影方向の効果: チンパンジーとヒトの比較. 日

       本動物心理学会第67回大会, 早稲田大学, 2007年10月8日.

友永雅己・伊村知子(2007). チンパンジーによる知覚的補間におよぼす絵画的奥行き情報の影響. 日本動

        物心理学会第67回大, 早稲田大学, 2007年10月7-8日. (抄録: 動物心理学研究, 57, 157)

伊村知子・友永雅己(2007). チンパンジーとヒトにおける「地面優位性効果」 絵画的手がかりを用いて.

        日本基礎心理学会第26回大会, 上智大学, 2007年12月9日.

友永雅己・伊村知子(2008). 視線手がかりはチンパンジー幼児の注意の定位を反射的に引き起こすか. 日

        本発達心理学会第19回大会, 2008年3月19-21日, 大阪市. (抄録: 発表論文集, p.493)

伊村知子・白井述・Deirdre Birtles・Shirley Anker・John Wattam-Bell・Janette Atkinson・Oliver 

        Braddick(2008). 陰影からの3次元形状知覚に関連する皮質活動. 日本基礎心理学会第27回大会,

       仙台国際センター, 2008年12月7日. 

伊村知子(2009) . ヒトとニホンザルの乳児から見た3次元の世界:「影」からものの位置を推測する. 日本赤ちゃん学

   会第9回学術集会, 滋賀県立大学, 2009年5月16日.

伊村知子・友永雅己(2009).ニホンザル乳児における影の運動からの物体の運動軌跡の知覚.日本霊長類学会第

        25回大会, 中部学院大学, 2009年7月19日.


シンポジウム, 研究会など

伊村知子・友永雅己・松沢哲郎・今田寛(2000). チンパンジー乳児における陰影による奥行き知覚. 第3回

        SAGAシンポジウム, 愛知県, 犬山国際センター, 2000年11月.

友永雅己・伊村知子(2001). チンパンジーにおける数の認識とその発達. 林原フォーラム/第4回SAGA国際

        シンポジウム「進化の隣人たち」, 岡山, 岡山国際交流センター, 2001年11月.

Imura, T., Tomonaga, M., Tanaka, M., Matsuzawa, T., & Imada, H. (2002). Perception of Shape

        from Shading in Chimpanzee Infants. The 2nd International symposium, on comparative

        cognitive science “Social transmission of knowledge” , Inuyama, February. 2002.

Imura, T., Tomonaga, M., and Imada, H. (2002). The corridor illusion in chimpanzees (Pan

        troglodytes) and humans (Homo sapiens): Effect of linear perspective on relative size

        discrimination. COE International Symposium, "Evolution of the Apes and the Origin of the

        Human Beings", Inuyama, Japan, November, 2002.

伊村知子・友永雅己・八木昭宏(2004). チンパンジーとヒトにおける陰影による形状の知覚. 第37 回知覚コ

        ロキウム. 山形県, 2004年3月29日.

Imura,T., Tomonaga, M., Yamaguchi, M. K., & Yagi, A. (2004). Shape from shading in chimpanzees

        and humans. The 2nd International Workshop for Young Psychologists on Evolution and

        Development of Cognition, Kyoto University, Japan, November, 13-14, 2004. Abstract p 18.

Imura, T., Tomonaga, M., & Yagi, A. (2005). The effects of cast shadows on visual search in

        chimpanzees and humans. The 3rd International Workshop for Young Psychologists on

        Evolution and Development of Cognition. Kyoto, Japan, October, 22-23, 2005.

友永雅己・伊村知子・水野友有(2005). 跳ぶべきか跳ばざるべきか (2) ─ チンパンジー乳児における運動

        の選択と身体成長の関係について─. 第8回SAGAシンポジウム. 2005年11月18-20日, 大阪芸術大

        学・天王寺動物園. (抄録:プログラム, p.28)

Imura, T., Tomonaga, M., Yamaguchi, M. K., & Yagi, A. (2006). The perception of motion

        trajectory of objects from moving cast shadows in human (Homo sapiens) and Japanese

        macaque (Macaca fuscata) infants. Third International Workshop on Evolutionary Cognitive

        Science, Tokyo, Japan, March, 9-10, 2006.

伊村知子(2006). 比較認知発達の視点からみた絵画的奥行知覚. RARC(立教大学アミューズメント・リサ

        ーチセンター)心理プロジェクト, 2006年度第5回公開研究会(立教大学). 2006年12月15日.

友永雅己・伊村知子(2006). チンパンジーを探せ!─チンパンジーにおける顔写真の視覚探索─. 第9回

        SAGAシンポジウム, 名古屋大学, 東山動物園, 2006年11月11-12日. (抄録: プログラム, pp.31-32)

伊村知子(2007). チンパンジーにおける3次元空間知覚: 絵画的手がかりで定義された面の知覚. 第143

        回日本動物心理学会例会, ホテル新名, 2007年3月3日.

伊村知子・山口真美・金沢創・白井述・大塚由美子・友永雅己・八木昭宏(2007). ヒト乳児における陰影と

        line junctionからの3次元形状知覚. 第40回知覚コロキウム, 箱根, 2007年3月29日.

友永雅己・伊村知子(2007). チンプが西向きゃ…。─チンパンジーによる運動方向判断における前進運動

        バイアス─. 第10回SAGAシンポジウム, 上野動物園, 東京大学, 2007年11月17-18日. (要旨:

http://www.saga-jp.org/sympo/SAGA10/10j_program.html

Tomonaga, M., & Imura, T. (2008). Pictorial depth perception: From the comparative-

        developmental perspective. Keio University Global COE program “Center for Advanced

        Research on Logic and Sensibility”, The first general symposium, “Logic of Shadow”, Tokyo,

        January 11, 2008.

伊村知子・友永雅己・Albert Yonas(2008). チンパンジーにおける奥行きの錯視―エイムズの窓を用いて. 第11

   回SAGAシンポジウム, 多摩動物園, 東京大学, 2008年11月15-16日.


■ リンク

京都大学霊長類研究所 比較認知発達(ベネッセコーポレーション)研究部門

京都大学霊長類研究所 思考言語分野