東京大学大学院情報学環・情報社会基盤卓越講義シリーズ


国境を越えて進むデータの寡占化、ソフトウェア化による通信基盤の輸出、特定の国家による価値の保証を持たない仮想通貨など、情報社会基盤技術における地球規模の覇権争いが進む中、東京大学大学院・情報学環では、文理越境の観点から、情報社会基盤技術の最新動向の把握が必要であると考え、2017年2月から「情報社会基盤卓越講義シリーズ」を開講します。

受講対象者は一般とします。

In the light of the progress of planetary-scale technological competition for dominance in information society infrastructure, such as data acquisition and analysis beyond national borders, export of communication infrastructure through network softwarization, virtual currency without guarantee of value by a specific state, etc., we believe that it is essential to carefully study the latest trends in information society infrastructure technologies from interdisciplinary view points and have started "Distinguished Lecture Series on Information Society Infrastructures” in February 2017.

This lecture series is open to public not only students and faculty members at UTokyo.

本講義シリーズでは、主に以下の情報社会基盤技術における集中講義を開講します。


情報通信基盤 

ソフトウェア化が切り拓く柔軟な情報通信基盤技術

AI・機械学習 

技術だけではなく政策や倫理的視点からみたAI・ML技術

Human Computer Interaction

人間と計算機の相互作用

FinTech・仮想通貨基盤

金融と工学の学際から創造される新しい価値構造

科学技術社会論 STS

科学技術と社会の相互作用を読み解き展望する

ビッグデータ・オープンデータ流通基盤 

あらゆるデータをオープンに活用するための流通基盤技術

IoT / IoA 

「もの」のインターネットから「能力」のインターネットへ

医療情報・生物統計学

医療と情報学の学際、生物学と統計学の学際

情報セキュリティ

技術だけではなく政策・社会実装・倫理的視点からみた情報セキュリティのあり方

情報倫理・アセスメント

技術を文理越境の観点から俯瞰し倫理的に評価

第14回 情報社会基盤卓越講義 (2017/3/29)

posted Feb 18, 2017, 3:44 PM by Aki Nakao   [ updated Mar 16, 2017, 8:55 PM by Hideyuki Tanaka ]

講義タイトル:The Cutting-Edge Trend of Innovation for Blockchain Technology in the U.S.
講師:Ms. Caterina Rindi
分野:ブロックチェーン Blockchain, 仮想通貨 Virtual Currency

日時:2017年3月29日 14−16時
場所:福武ホール・ラーニングシアター
共催:社会情報学会(SSI)、社会・経済システム学会

参加:無料 (受講者は本学所属の学生・教職員に限定らず一般も対象としますが下記より登録をお願いします)
https://goo.gl/yZdpHY

講演要旨(Abstract)
Blockchain Specific Properties 
* distributed – decentralized
* consensus
* transparency 
* immutability
* cryptographically secure 

Makes this technology appealing and applicable to many industries
* Fintech
* Healthcare
* Energy
* Identity Management
* Internet of Things
* Governance
* Content Creators (Music, Art, Digital Work) 

Current efforts and challenges
* Bitcoin Blockchain
* Ethereum
* Private Permissioned Blockchains
* Others

講師略歴:
Speaker:Caterina Rindi
Blockchain Consultant and Educator
Director, Corporate Social Responsibility and Impact

Caterina Rindi comes from a background in education and non-profits, having taught elementary school to bilingual students, and worked to support homeless families and disenfranchised communities in the United States.
Through her efforts developing more scalable opportunities and tapping existing resources via peer-to-peer technologies, she became involved in the bitcoin and blockchains ecosystem in late 2013. Caterina spent several years as an online community manager, rallying an international user base in Western and Eastern Europe, Asia, Australia, and the U.S.
With her focus on educating and introducing non-technical audiences to cryptocurrencies and the underlying blockchain protocol, Caterina works to decrease wealth disparities in the world through education and increased access to financial systems. She also aims to ensure that multiple and diverse perspectives and experiences are embedded into the development of these future technological tools.
Today, Caterina lends her expertise to fintech (financial technology) startups as well as other clients in industries ranging from P2P collaborative economies, consumer products, governance, and healthcare, and is helping organizations think about tapping the advantages of decentralized, transparent, secure databases and self- executing contracts.
She is also addressing the responsibility of our wealthiest citizens to care for the environment and their communities, and use their social impact positively, and has recently joined the team at Elefant as Director of Corporate Social Responsibility and Impact.
Caterina speaks four languages (three of them well), consults internationally, and travels frequently between the United States and Europe, where she has family.
She has a Bachelor’s degree in Psychology and Education from University of California at Davis.
Past speaking events and conferences include SXSW, Institute for the Future, Health 2.0, Inside Bitcoins, OuiShare Fest, and Stanford University.

Commentator: Soichiro Takagi,
Associate Professor, GLOCOM, International University of Japan

第13回 情報社会基盤卓越講義 (2017/3/28)

posted Feb 18, 2017, 3:38 PM by Aki Nakao   [ updated Feb 24, 2017, 7:09 AM ]

講義タイトル:オープンイノベーションによるデータサイエンス
~データ分析コンテストプラットフォームが生み出す技術革新・実践教育・キャリア形成について~
分野:データ分析・ビッグデータ・情報社会基盤教育

講師:齊藤 秀 (さいとう しげる)
            株式会社オプト  最高解析責任者CAO(Chief Analytics Officer)
            データサイエンスラボ代表
日時:2017年3月28日 13−15時
場所:法文1号館212教室

講演概要:
IoTが生成するビッグデータを人工知能により価値化することで社会基盤を刷新する未来観が、世界的な共通認識となりつつある。我が国においても”第4次産業革命”と銘打って、国家戦略の重要テーマとして位置付けられている。一方で、そのメインプレーヤーであるデータ活用人材、いわゆるデータサイエンティストは世界的不足状況にあり、データ活用需要に対し供給が追いつかない。データプロジェクトを盤石に推進可能な組織は極めて限定的であり、人材育成が最重要課題となっている。
現状における1つの解はオープンイノベーションの活用にあると考える。演者は、日本最大のデータサイエンティストコミュニティ:DeepAnalytics(https://deepanalytics.jp/)を開発・運用しており、企業・公的機関が保有する課題・実データを用いたデータ分析コンテストを多数開催している。本講義では、国内外のコンテスト実績で得られたデータ・知見から、オープンアプローチ特有の利点や数理モデル構築法について実例を交えて紹介する。また、コンテストプラットフォームを通じた、実践的データサイエンス教育の状況や今後の取り組みについて、データサイエンティストのキャリアパスへの影響等を論ずる。

講師略歴:
2001年 北海道大学大学院工学研究科システム情報工学専攻修士課程修了。
2011年 九州大学大学院システム生命科学府にて学位取得:博士(システム生命科学)。
バイオ・ヘルスケア領域を中心に幅広い業種のデータ分析・共同研究・コンサルテーション業務に従事。
2013年2月 日本初のデータ分析コンテストサービスを設立。
2013年12月 株式会社オプトにてデータサイエンス研究開発組織、データサイエンスラボ設立。
社内外のデータサイエンス・AIプロジェクトにおいて、企画・データ取得・分析・モデリング・運用まで幅広く支援。
DeepAnalyitics(https://deepanalytics.jp)にて、多数の企業・行政のデータ活用コンテストを実施。
データサイエンス人材育成にも注力し、国主催、第4次産業革命 人材育成推進会議 第1回講演者。
社外では研究プロジェクトに参画、国立がん研究センター研究所 客員研究員として、ビッグデータ創薬の研究に従事。
統計数理研究所 客員准教授として、IR(Institutional Research)の研究に従事。

本講義は一般公開ですが、下記より登録をお願いします。
https://goo.gl/oW7JkT

第12回 情報社会基盤卓越講義 (2017/3/27)

posted Feb 18, 2017, 3:29 PM by Aki Nakao   [ updated Mar 30, 2017, 7:02 AM by Hideyuki Tanaka ]

講義タイトル:Blockchain – Trust for the 21st Century? (ブロックチェーン - 21世紀の信用になるか?)
講師:Dr. Catherine Mulligan
分野:ブロックチェーン Blockchain, 仮想通貨 Virtual Currency

日時:2017年3月27日 14−16時
場所:ダイワユビキタス学術研究館 3F 石橋記念ホール
https://goo.gl/maps/MEcNTKqmRf32
共催:社会情報学会(SSI)、社会・経済システム学会

参加:無料 (受講者は本学所属の学生・教職員に限定らず一般も対象としますが以下より登録をお願いします)https://goo.gl/lWOCUK

講義要旨(Abstract):
The notion of trust is a foundational aspect of our governments, our economy and our broader society. As digital technology has become increasingly pervasive across industries and in our daily lives, the question of how we engender models of trust in the digital world is being raised and becoming critical to ensuring the continued operation of digitally-enabled industries (which are nearly all industries these days). Recent events have meant that our society is having an increasingly interesting debate about truth and what it means to be able to rely upon our news sources, feel confident about our election results as well as our relationship those who hold data about us such as governments and large companies. At the same time, corporations and cities are struggling to manage large data sets and to find appropriate ways to ensure appropriate and reliable decision-making using them in an increasingly digital world.

A relatively new technology – Blockchain or Distributed Ledgers – has emerged as a potential answer to these questions and offers the opportunity to redefine how our governments, economy and society work through redefining the role of trust in these institutions. Indeed, many claim that Blockchain will remove the need for intermediaries such as central banks, land registries and insurance agencies altogether, allow individuals to exchange information directly with one another and provide the answer to economic development and growth. This talk discusses blockchain’s role in our society and economy.

(日本語仮訳)

信用という概念は、政府、経済、そしてより広範な社会の基礎としての側面を持つ。

デジタル技術がますます産業や日常生活に浸透するにつれ、デジタル空間における信用のモデルをどのように構築するかという問題が提起されており、それらは(最近ではほぼ全てが該当する)デジタル化可能な産業を継続的に運用するためにもますます重要になっている。

最近の出来事は、個人データの所持によって人間関係から選挙結果までを把握し得る政府や大企業などの情報ソースに頼ることの意味など、真実に関する議論が私たちの社会において高まり見せていることを示している。

そして同時に企業や都市では、大規模なデータセットを管理し、それらの活用によってデジタル化が進む世界においても適切かつ信頼に足る意思決定が行える方法の発見に試行錯誤している。


ブロックチェーンあるいは分散台帳と呼ばれる比較的新しい技術は、これらの課題に対する潜在的な回答として近年注目されており、組織における信用の役割を再定義することで、政府、経済および社会自体を再定義する可能性を秘めている。

事実ブロックチェーンに関しては、中央銀行、土地登記所、保険代理店など仲介機関の必要性を完全に取り除き、個人同士の直接的な情報交換を実現することで経済の発展と成長への答えを提供するだろうという主張が多く成されている。

本講演では、このようなブロックチェーンの私たちの社会と経済における役割について論じる。


講師略歴(Biography):
Dr Catherine Mulligan is a Research Fellow in Innovation and Entrepreneurship with a joint appointment to the Department of Computing where she is Co-Director of the Imperial College Centre for Cryptocurrency Research and Engineering. Cathy has worked extensively with catalyzing IoT and blockchain solutions to market. She is an advisor to several governments and multinational corporations globally about the role of digitalisation on economic growth and prior to her academic career gained 15 years international experience in the mobile telecommunications industry. She has authored 5 books covering both the technology and economics of the mobile communications industries including SAE/EPC & M2M/IoT. Cathy is a member of the Open and Agile Smart Cities (OASC) Task Force, where she leads Standardisation Activities around ETSI, ISO, ITU, 5G and Open APIs. Catherine received her PhD and MPhil from the University of Cambridge and her BSc. (Hons 1) from UNSW, Australia. Catherine is a Fellow and Expert member of the World Economic Forum’s Blockchain council.

Commentator: Soichiro Takagi,
Associate Professor, GLOCOM, International University of Japan

第11回 情報社会基盤卓越講義 (2017/3/24)

posted Feb 18, 2017, 8:25 AM by Aki Nakao   [ updated Feb 24, 2017, 6:57 AM ]

講義タイトル:「AI、IoT、Big Dataが作る未来の情報社会基盤」

■開催概要
日時:2017年3月24日(金)14:00〜17:00
場所:福武ホール・ラーニングシアター

■プログラム
講演:「AI、IoT、Big Dataが作る未来の情報社会基盤」
越塚登(東京大学大学院情報学環)

講演:「人工知能はビジネスをどう変えるか」
矢野 和男(株式会社日立製作所 理事研究開発グループ技師長 兼 人工知能ラボラトリ長)

講演:「題目未定」
田丸健三郎(日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 技術統括室 ディレクター)

講演:「IBM Watson と医療の世界」
溝上敏文(株式会社 日本IBM ワトソン事業部ヘルスケア事業開発部長)

パネルディスカッション:「AI、IoT、Big Dataが作る未来の情報社会基盤」
コーディネーター
  越塚登(東京大学)
パネリスト
  矢野和男(日立製作所)、田丸健三郎(日本マイクロソフト)、溝上敏文(日本IBM)


講義概要:
 IoT(Internet of Things: モノのインターネット)等の情報通信技術の進展により、収集・蓄積されるデータの量や種類が爆発的に増加しています。わが国においても、超スマート社会「Society 5.0」の実現に向け、こうしたBig Dataのより一層の利活用が望まれています。更に、AI(Artificial Intelligence: 人工知能)分野の進展により、これまで以上の高度なデータ分析や解析が可能になってきました。こうした進展は、情報プラットフォームや産業、ビジネス、社会そのものを大きく変容させるポテンシャルを持っていると考えています。本講座では、AI、IoT、Big Dataといった分野において、主に産業界で研究やビジネスに取り組まれているキーパーソンである3名にお集まりいただき、現在の取組みや将来の展望、また未来の情報社会基盤やプラットフォーム、そして大学における人材育成といった観点での議論を深めたいと思います。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

詳しくはこちらのページからご登録ください。
https://sites.google.com/site/noball2270/

第10回 情報社会基盤卓越講義 (2017/3/24)

posted Feb 17, 2017, 9:57 PM by Aki Nakao   [ updated Mar 16, 2017, 7:49 PM by Hideyuki Tanaka ]

講義タイトル: オープンソースソフトウェアの開発とスマートフォン新興OSの可能性
分野:オープンソース

講師:野田哲夫 (島根大学教授)
日時:2017年3月24日 16:00-17:00
場所:工学部二号館9F 93B
http://www.kikaib.t.u-tokyo.ac.jp/map2/ (工学部2号館までのアクセス)
共催:社会情報学会(SSI)

参加:無料 (受講者は本学所属の学生・教職員に限定らず一般も対象としますが登録をお願いします)
https://goo.gl/WopjWv

講義内容:
IT企業においてオープンソースソフトウェア(以下、OSS)の活用は一般的になっており、コスト削減のためにのみOSSを活用することは競争優位を得る要因ではなくなっている。OSSを活用したITソリューション市場で優位性を獲得するためには、OSS自体への知識、開発力を高める必要があり、そのためにOSSの開発プロセス自体に関与すること、すなわち開発プロセスの過程へ貢献することは避けられない。しかしながら、日本の多くのIT企業にとって主要OSSは,未だに活用対象であり,これに対してOSSへの開発貢献は依然として低く,日本のIT企業がOSSのフリーライダーとなっている。

一方、世界規模の携帯電話市場に占めるスマートフォンの割合はすでに70%を超え、携帯電話を生産する各メーカーはスマートフォン市場を狙いその競争が激しくなっているが、スマートフォンのOS(Operating System)の市場シェアを見るとAndroidとiOSがそれぞれの有効なビジネス戦略=プラットフォーム戦略によって世界市場の9割を占めているが、それぞれのOSともオープンソースとそのライセンスを基盤にして開発されたものである。さらに、今後低価格のスマートフォンが新興国での普及の可能性があることから、AndroidとiOS同様にオープンスースを基盤に開発された新興OSであるFirefox OSとTizen OSに着目し、今後のスマートフォン市場参入の経過と市場シェア獲得における課題について検討する。

講師略歴:
一橋大学大学院経済学研究科を修了。島根大学で情報技術が経済に与える影響を教育・研究している。特に情報産業におけるオープンソース開発スタイルと生産性の関係、およびビジネスとコミュニティの関係についての論文を発表・国内外での学会報告を行っている。また島根大学で進めているOSSの安定化・高度化の共同研究のリーダーを務めている。

第9回 情報社会基盤卓越講義 (2017/3/14)

posted Feb 17, 2017, 3:06 PM by Aki Nakao   [ updated Feb 19, 2017, 2:40 PM ]

講義タイトル: Mobile Life: A research overview
講師:Professor Barry Brown, Mobile Life, University of Stockholm
分野:HCI

日時:2017年3月14日 11−12時
場所:ダイワユビキタス学術研究館 3F 石橋記念ホール

参加:無料 (受講者は本学所属の学生・教職員に限定らず一般も対象としますが登録をお願いします)
https://goo.gl/iSA8r2

講義内容:

For the last ten years, Mobile Life – a Stockholm based research centre – has brought together designers, computer scientists and social scientists to develop the latest in mobile and ubiquitous technology. Funded by industry (including Microsoft, IKEA, Nokia & ABB), academia and the city of Stockholm since 2007, the centre has published over one thousand academic papers, winning best paper awards at all major Human–Computer Interaction conferences, growing three spinout companies, as well as serving as the launch point for the career of numerous Ph.D. students and researchers.

As the 10-year life of the centre draws to a close, Professor Barry Brown (University of Stockholm) will present some of Mobile Life’s best and most recognised research. He will discuss his own work and that of the other directors of the centre – Professors Kristina Höök, Annika Waern, Oskar Juhlin, Lars Erik Holmquist. The talk spans Mobile Life work in design science, specific prototype systems, as well as the social sciences. In brief, the centre has focused on enjoyment and non-work applications of technology. It has covered topics such as wearables for relaxation, how technology can connect us better with nature, the role of fashion in technology and how, with systems like Uber, mobile phones play a changing role in our lives. Closing discussion will contemplate some of the future directions of Mobile Life researchers – in particular, an interest in designing for implicit interaction.

略歴:
Barry Brown
Professor of Human Computer Interaction at Stockholm University
Research Director of the Mobile Life Research Centre

Barry Brown is a professor of Human Computer Interaction at Stockholm University. He is the research director of <a href=http://www.mobilelifecentre.org/>Mobile Life</a>, a world leading institute looking into the future of mobile devices, in partnership with Ericsson, Nokia, Microsoft, IKEA, ABB, Telia Sonera, Rebel & Bird and Stockholm City. He has published over 100 academic articles, three books, his most recent of which is forthcoming with MIT Press titled “Enjoying Machines”.

His recent interest has been in using video methods to understand how mobile devices, such as iPhones, have changed how we work and live. Recent publications include studies of activities as diverse as games, tourism, museum visiting, the use of maps, television watching and sport spectating. He was previously an associate professor at the University of California, San Diego, a research fellow on the Equator project at the University of Glasgow and a research scientist at Hewlett-Packard’s research labs in Bristol.

His qualifications include a degree in computer science from the University of Edinburgh, and a PhD in sociology from the University of Surrey.

http://barrybrown.eu/Bio
http://www.mobilelifecentre.org/

第8回 情報社会基盤卓越講義 (2017/3/11-12)

posted Feb 13, 2017, 7:14 AM by Aki Nakao   [ updated Mar 6, 2017, 7:58 PM by Hideyuki Tanaka ]

講義タイトル
ブロックチェーン・ハッカソン〜irohaで作る新たな未来〜
Blockchain Hackathon: Pioneering the Future by the Hyperledger Iroha

講師:田中秀幸 教授(東京大学大学院情報学環)
主催:東京大学大学院情報学環・情報社会基盤卓越講義
共催 : 東京大学 GCL、会津大学、国際大学 GLOCOM、ソラミツ株式会社

概要:ブロックチェーン技術プラットフォームであるirohaを活用して、社会的課題課題解決につながるサービスを提供できるようなアプリを開発します。

日時:2017年3月11日10:00-18:00 
            2017年3月12日10:00-18:00
場所:工学部二号館9F 92B, 93B (初日集合場所:93B教室)
http://www.kikaib.t.u-tokyo.ac.jp/map2/ (工学部2号館までのアクセス)

持ち物:各自作業用PC(貸出PCはありません),WiFiサービスは提供します。

参加は無料です。参加希望者は、次の参加登録フォームから登録してください。
https://goo.gl/forms/fp17q1ojMV6VsKwh2
登録締切:3月8日(水)←延期しました。
登録したにもかかわらず、3月9日(木)までに当日の集合場所などの確認メールがない場合には、田中秀幸(フォームにメールアドレスを記載)あてに連絡して下さい。

プログラム(予定):

3/11
10:00~11:00 参加者集合、参加者紹介
11:00~12:00 ブロックチェーンについて(質疑応答含む)
12:00~13:00 昼休憩
13:00~13:30 irohaについて(質疑応答含む)
13:30~15:00 アイスブレイク・アイデアソン
15:00~ Hack開始

3/12
10:00-15:00 Hack(休憩を含む)
15:00~15:30 審査
15:30~16:00 審査結果・講評
16:00~17:30 懇親会
17:30~18:00 片付け・解散

※当日のプログラムは、上記の内容から変更することがあります。
また、ハッカソンの模様を動画又は静止画で撮影して、活動の概要としてウェブサイトなどを通じて公表する場合があります。
参加に当たっては、以上を留意下さい。


第7回 情報社会基盤卓越講義 (2017/3/8)

posted Feb 13, 2017, 7:04 AM by Aki Nakao   [ updated Feb 13, 2017, 3:11 PM ]

講義タイトル「先進生命科学技術と私たちの社会」 Cutting-edge life science technology and our society

講師:四ノ宮 成祥 教授 ( 防衛医科大学校分子生体制御学講座教授・防衛医学研究センター長 )
分野:科学技術社会論

日時:2017年3月8日 10:00-12:00
場所:ダイワユビキタス学術研究館 3F 石橋記念ホール
https://goo.gl/maps/MEcNTKqmRf32

聴講は無料です。一般参加者は、こちらより登録をお願いします。
https://goo.gl/07cDiY

講義概要: 

生命科学技術の進歩は私たちの社会に大きな恩恵を与えている。先進的な技術は病気の原因解明や治療法に変革をもたらすとともに、医療システムそのものの在り方にも大きな影響を与えている。また、生命工学を利用した産業や種々の社会サービスにも大きく貢献している。その一方で、先進生命科学技術は光の部分だけではなく、私たちの社会のあり方に少なからぬ影響を及ぼす負の側面を孕んでいる。このような両面性の存在を「科学技術の両義性」と呼ぶが、特に先進生命科学技術においては、生命倫理と社会への情報発信といった点でいくつかの軋轢を生んでいる。本講義では、近年注目されている先進生命科学技術として、合成生物学、ゲノム編集、脳科学、微生物の機能獲得研究などについて、実際の研究例を取り上げて紹介するとともに、私たちの社会への有効利用や未来展望について論じる。その上で、これらの生命科学技術が先進性故に憂慮される点について、聴講される皆さんと一緒に考えてみたい。 

Abstract :

The development of life science technology has given a great deal of benefits to our society. Especially, cutting-edge technology has not only brought us enormous changes in the understanding of disease etiology and treatment method but also greatly influenced the structure of medical system. In addition, it has contributed to the development of biotechnology industries as well as various social services. However, cutting-edge technology has a dark side face that gives quite a bit influence on our society. Such a Janus-faced view of science and technology is called dual-use research of concern (DURC). Bioethics and information-sharing about DURC issues produces a lot of friction. In this lecture, typical research examples in the field of synthetic biology, genome editing, brain science, and gain of function microbial research will be introduced, and how those fields of life science promote their effective use in the future will be discussed. After that, several points of concern originated from the nature of cutting-edge life science technology will be also discussed with everyone.


講師略歴:四ノ宮 成祥(しのみや なりよし) 
1958年高知県生まれ。防衛医科大学校医学教育部医学科卒業。海上自衛隊医官勤務の後、1993年防衛医科大学校生物学講座助教授、1997年同微生物学講座助教授。2000年英国Liverpool School of Tropical Medicine, Diploma Tropical Medicine & Hygiene Course修了、2002年~2004年米国Van Andel Research Institute招聘研究員を経て、2007年から防衛医科大学校分子生体制御学講座教授。2016年防衛医学研究センター長に着任。専門は、微生物・免疫学、分子腫瘍学、潜水・高圧医学、バイオセキュリティ。日本ヒト細胞学会理事長、日本臨床高気圧酸素・潜水医学会副代表理事。2009年~2012年文部科学省安全・安心科学技術委員会委員、2012年日本学術会議特任連携会員(科学・技術のデュアルユース問題に関する検討委員会幹事)、2012年~2013年独立行政法人科学技術振興機構研究開発戦略センター特任フェロー。編著書・訳書に『インフルエンザとの戦い』(太陽美術)、『バイオテロと生物戦争』(へるす出版)、『生命科学とバイオセキュリティ デュアルユース・ジレンマとその対応』(東信堂)等がある。 


Biography :
Nariyoshi Shinomiya is Director of National Defense Medical College (NDMC) Research Institute (2016 to date), also Professor of the Department of Integrative Physiology and Bio-Nano Medicine in the NDMC, Japan (2007 to date). He was born in 1958 in Kochi prefecture, Japan. He graduated from the NDMC and got his MD license in 1983, then worked for Maritime Self Defense Force as a medical officer for ten years. During that time, he finished the Graduate Course of Medicine in the NDMC in 1991 and got his PhD in 1992. He worked as Associate Professor of the Department of Biology, NDMC (1993-97), then Associate Professor of the Department of Microbiology, NDMC (1997-2007). He finished the Diploma Tropical Medicine & Hygiene Course in Liverpool School of Tropical Medicine in 2000. Also, he worked for the Van Andel Research Institute from 2002 to 2004 as a visiting scientist. His specialty includes microbiology & immunology, molecular oncology, diving medicine, and bioethics. His recent work on bioethics has focused on the dual-use issues and education for life scientists.

第6回 情報社会基盤卓越講義 (2017/3/6)

posted Feb 13, 2017, 6:42 AM by Aki Nakao   [ updated Mar 1, 2017, 6:51 AM ]

講義タイトル:「ドローンの利活用と今後の課題」 〜ドローンは「飛躍」できるか?〜

概要:ドローンが本格的に「離陸」できるためには、技術、法律、インフラ、という複数の環境整備が必要と言われる。本講義では、大学、企業から3人の講師をお迎えし、近年、様々な利活用が進むドローン関連技術について情報社会基盤の複数の観点から俯瞰・解説し、「離陸」したと呼ばれるドローンが「飛躍」できるか、今後の発展と課題について議論する。

日時:2017年3月6日 15:00-18:00
場所:ダイワユビキタス学術研究館 3F 石橋記念ホール
https://goo.gl/maps/MEcNTKqmRf32

講義は一般公開で無料です。以下から登録をお願いします。
https://goo.gl/ZpWpXE

モデレータ−:中尾彰宏 教授(東京大学大学院情報学環)

講師1:三輪昌史 准教授(徳島大学大学院理工学研究部)

講義タイトル:マルチコプタ型ドローンの仕組みと 運用方法・法規について

講義概要:近年、マルチコプタ(マルチロータヘリコプタ)は“ドローン”と呼ばれ、様々な分野での運用が注目されている。マルチコプタはラジコンヘリコプタの一種であり、航空法や電波法等の法令・条例等に従って運用する必要がある。本講演ではマルチコプタの歴史・仕組みから運用に関する法令、および安全な運用方法について紹介する。

講師略歴:1997年からラジコンヘリコプタ・飛行機の操縦を始め、1998年に和歌山大学システム工学部校舎の空撮を行ったことを切っ掛けに、1999年より操縦支援装置や自動操縦装置など無人航空機に関する研究を開始。これまでに固定翼機の水平飛行維持装置、シングルロータヘリコプタのフライトコントローラ、ダクトファンヘリコプタ、倒立型飛行体、水空型マルチコプタ等を開発。現在も無人航空機の空中機動や運用に関する研究を行っている。

講師2:佐々木賢一氏(トライポッドワークス)

講義タイトル:空の産業革命を起こすドローンテクノロジー ~空飛ぶIoTデバイスが切り拓く新たなITフロンティア~

講義概要:「空の産業革命」を起こすとも言われるドローンテクノロジー。ITデバイスとしてのドローンは、ネットワークを介してクラウドと融合することで、今後大きな可能性を拡げてくれることでしょう。今回は最新のドローンの実際をデモンストレーションを交えながら説明します。

講師略歴:1967年仙台市生まれ。1990年電気通信大学卒、日本総合研究所入社。1994年日本オラクルに入社し、電力/ガス/鉄道/航空分野の顧客を担当。2000年同社東北支社開設と同時に支社長就任。2005年に同社を退職し、トライポッドワークスを創業。情報セキュリティ事業では20,000社を越える製品導入実績がある。新規事業として推進しているIoT事業では、映像解析技術を利用した土木や農業向けの映像サービスを展開おり、その派生事業として2年前から力を入れているドローン事業は、企業や自治体、大学など多くの顧客を抱えており、IT企業ならではの自動飛行プログラムの活用などで、設備点検や災害対策など各種実証実験にも多数関わっている。

講師3:小松崎常夫(セコム株式会社 常務執行役員)

講義タイトル: “想い”を込めたサービスのための先端技術 ~セコムドローン~ 

講義概要:1962年の創業以来、セコムは「困ったときはセコム」と呼ばれ信頼される企業を目指し、セキュリティ・防災・医療・保険・地理情報・情報通信・不動産の7つの分野でサービスを提供してきました。いずれの分野にも共通して重要なことは、異常の兆候となる変化を早く見つけ、その内容を適確に理解し、迅速に対応をすることです。この状況を把握するときには、空から俯瞰的に見ることは極めて有効です。その目的もあり、セコムでは空間情報技術を未来の重要技術と位置付けています。セコムドローンもその一環です。空間情報やセコムドローンなど様々な技術を連携し、“想い”を込めたサービスを構築するセコムの戦略についてお話しします。 

講師略歴 :1978年早稲田大学理工学部卒業、セキュリティ事業では地域本部長や本社の技術部門・営業部門の責任者を歴任。また、新規事業の企画推進も数多く担当し、医療・防災・地理情報などの事業に携わる。2005年セコム㈱執行役員に就任、2009年からIS研究所所長(現職)に就任し、「先端技術でサービスイノベーション」をモットーに研究開発を担当する。2014年セコム㈱常務執行役員(現職)

第5回 情報社会基盤卓越講義 (2017/3/1)

posted Feb 13, 2017, 5:24 AM by Aki Nakao   [ updated Feb 22, 2017, 6:51 AM ]

講師:中澤 栄輔 助教 (東京大学大学院医学系研究科 公共健康医学専攻 医療倫理学分野)
分野:医療倫理学

講義タイトル:「BMIと倫理―ニューロフィードバック技術の倫理を中心に 」

日時:2017年3月1日 10:00-12:00
場所:福武ホール・ラーニングスタジオ

講義は一般公開です。
登録はこちらからお願いします。
https://goo.gl/nU00tp

講義概要 :
ブレイン・マシン・インターフェイス(BMI)技術は長足の進歩を遂げています。一般的にBMIには、入力型と出力型に分けられますが、今回の講義では、複合型としてデコーディッドニューロフィードバックを取り上げ、その倫理的側面について議論したいと思います。デコーディッドニューロフィードバックは新しい技術で、精神疾患の治療など応用の可能性がありますが、研究倫理上のルールを遵守しなければなりません。とりわけ、安全性の確保に留意しなければなりませんし、また、動物を使用した臨床前試験がしづらいので、それを踏まえて人間を対象とした試験を行わざるを得ないところにデコーディッドニューロフィードバックを使用した臨床研究の特徴があります。さらにエンハンスメント利用も考慮に入れると、丁寧な科学コミュニケーションが必要な技術と言えるでしょう。

講師略歴 :
中澤栄輔(なかざわえいすけ)
1975年長野県佐久市生まれ。東京大学大学院総合文化研究科(科学哲学)修了。東京大学「共生のための国際哲学教育研究センター」特任助教などを経て、2013年より現職。專門は医療倫理学、研究倫理、脳神経倫理、科学哲学。論文にNakazawa, Eisuke, Keiichiro Yamamoto, Koji Tachibana, Soichiro Toda, Yoshiyuki Takimoto, Akira Akabayashi. Ethics of Decoded Neurofeedback in Clinical Research, Treatment, and Moral Enhancement. American Journal of Bioethics Neuroscience 7(2): 110-117.等がある。

1-10 of 14