Yoshisuke TAKAOKA(高岡・良助)の個人的なHPです。(As of March 26, 2017.)


                                                                                                                                                         

ごめんなさい。
 
わたしの各ブログは、「コメント不可」に設定しています。
理由は、個人的な攻撃や、中傷がある為です。
個人的な、「中傷や,ひぼう」は、送信元のメール(IP)・アドレスを、
filter & block に設定します。

**********************************************************************  

注意してください。
日本の街中には、「罠や、落とし穴が仕掛けられている」
のです。
「甘い言葉」には、裏があるのです。
街中で、知らない人から、「短時間でいいから、
話を聞いてください」は、「トラばさみや、落とし穴」の、
罠と思ってください。
「TVに出られる。金儲けができる。くじでよい布団が
当たる、など、など」は、
「トラばさみや、落とし穴」です。
あなたの人生をダメにします。
立ち止まって、話をしては、罠にはまるだけです。
あなたは、「闇の世界」に興味を持ってはいけません。

**********************************************************************  

私の、ボランテイア活動は、
1988年(エチオピア大飢饉)の支援がスタートです。

現在(2017.2.)まで、継続しています。


注意してください
私どもの、
モンゴルの自宅の扉は、強盗防止のため、知らない人には、開けません。
り口のインターホーン・カメラは録画機能をつけています。
携帯電話の「送信者不明」は、「受信不可」の設定にしています。

高岡に連絡をしたい方は、事前に下記にmailください。
 ********************************************************


Links         English      日本語

  **********************************************************************
  
16年間続けた、小田急線「本厚木駅頭」にて。
夜中の1時まで、一人で、暗闇で頑張ったこともある。
「世界一変な人」だった。

私は、一生、、今まで、「馬鹿に徹している」人生です。
  

 
モンゴルにて 
「インフラ・ゼロ地帯」のゲル地区(70-80万人が居住)には、
栄養失調 & 病気の子が多い 。
この子は12歳、温かいシャワーもない。
衣服も身体も、数年間、汚れたままだ。
この「ゲル地域」の子達にとっては、「普通のこと」なのだ。

世界の多くの、
発展途上国では、政府&役所は国民を守ってくれない。

これでは、途中に死んでも、豊かな国に移動するよ。
「生まれた国が悪かった」

豊かな国では、肥満解消に、やせるために病院に行くが、
貧しい国では、十分に食べられず、病院にも行けず、死ぬ人が多いのだ。
原因は、
貧困が原因か?
基本的な教育が問題か?
世界の、終わりの見えない、抑圧、独裁、争い、飢餓などが続いている、
終わりがあるのか?
人類は、人々は、どこに向かうのか?
 
 
(モンゴルの首都のゲル地区。上下水道ゼロ。首都の半数、約70万人が居住。
この女児は、一日一食も食べられない。衣服・身体を洗えない。栄養失調。)
 
ゲル(丸いモンゴルの移動住宅テント)利用の子ども絵本図書館。
2ヶ所で、13年間運営して、2013.3.終了&閉鎖。
その後は、私の個人的な活動で、「女性の自立支援」のみです。

 
子どもたちは、「一日2食」です。はやく、「3食で、腹いっぱい」になりたいです。 

**********************************************************************  

「高岡の晴れ姿?」

私の、強盗防止策です。このズボンをはいているときは、
だれも、「金をくれ」とは言いません。安心して、街中を歩けます。
モンゴルでは、昼間でも危ないのです。
この姿で、バスに乗り、市の中心部に出かけています。
近いうちに、青空市場で、様々な、勲章を買って、
胸に飾る予定です。500円くらいで、10個くらい
買えます。この姿で、胸にたくさんの勲章です。
おかしいですか??



下の2葉は、2017.03. 国会議事堂前の広場にて。
空き缶のふたの、手製のメダルもあります。
モンゴルでは、大勢が、「胸いっぱいのメダル姿」です。



**********************************************************************  
 ありがとうございました。 
以下を報告いたします。
「NPO法人 国際交流は子どもの時から・アジアの会」(IFCA)は、
2013年1月に解散しました。
 理由は、会員の高齢化と後継者不足のためです。
1991年に任意団体として発足してから、
今日まで、
関係者には大変お世話になりました。
心からお礼を申し上げます。
**********************************************************************
 
ごめんなさい。
わたしの各ブログは、「コメント不可」に設定しています。
理由は、個人的な攻撃や、中傷がある為です。
個人的な、「中傷や,ひぼう」は、送信元のメール(IP)・アドレスを、
filter & block に設定します。 
 
                                                                                                                                      



サブページ (1): 解散したIFCAの歴史
Comments