第5回勉強会のご案内



★☆IDDP第5回勉強会のご案内☆★
2019年4月27日(土)15:00(14:45より開場)より以下の内容で勉強会を開催いたします。

【テーマ】
「産、官、学 途上国における技術革新の取り組み」

【日時】
2019年4月27日(土)15:00~18:00(14:45受付開始)

【会場】
B104, Brunei Gallery, SOAS, Thornhaugh Street, Russell Square, London WC1H 0XG (https://www.soas.ac.uk/gallery/visit/)

【講師】

学: 狩野剛(かのうつよし) 様
国際協力機構(JICA)で職員として働きつつ、ミシガン大学 情報学大学院のPhD課程に在籍中。ITと途上国開発に関する情報サイト「ICT for Development Japan(ICT4D.JP)」の代表も務める。専門分野は「テクノロジーが途上国の経済発展にどのように貢献しうるか (ICT for Development)」。バングラデシュ・ルワンダ・ベトナムのIT産業開発・IT人材育成を中心に、これまで研究・開発プロジェクトを行なってきている。2010年以降は東京、バングラデシュ、アメリカ、ルワンダに滞在し、現在は静岡県から東京に通勤。美しい富士山と程よい田舎暮らしを満喫中。

官: 今泉沙織(いまいずみさおり) 様
教育専門官。米国ウェズリアン大学にて政治学、国際関係学の学士取得。在学中スペイン留学。その後日本でアクセンチュアにて勤務。米国タフツ大学フレッチャー法律外交大学院にて開発経済と国際ビジネスの修士を取得後2010年より世界銀行南アジア地域の教育セクターでコンサルタントとして勤務。インドとパキスタンの高等教育、職業訓練プロジェクトに関わり、2013年情報通信技術セクターに移動後、テクノロジーを活用した教育、雇用問題の解決、イノベーションエコシステムの形成等に関わる。2016年東・南アフリカ地域の教育セクターに教育専門官として入行後アフリカ地域の理数科教育、高等教育、民間連携、テクノロジーと教育に関するプロジェクトや調査に取り組む。

産: 横山 裕司(よこやま ひろし)様
Africa Quest.com編集長、アイ・シー・ネット株式会社 グローバルビジネス支援事業部 アフリカ事業グループリーダー、IC NET TRADING AFRICA Ltd CEO、エイズ孤児支援NGO・PLAS理事。
野村證券退社後、青年海外協力隊としてケニアへ渡航し、貧困地域に暮らす女性たちへの収入向上支援を行う。2013年9月、ケニアに雇用を生むことをビジョンにソーシャルベンチャーを共同設立し、約2年にわたり運営を行う。2016年にAfrica Quest.comをローンチ、またアイ・シー・ネットに参画。2018年4月にはケニア現地法人IC NET TRADING AFRICA LTDを設立。現地代表として「ナイロビ・ジャパン フードフェア」を開催するなど、日本製品のプロモーション・輸入販売事業を展開する。2019年よりエイズ孤児支援NGO・PLASの理事に就任し、ビジネスと国際協力、メディアなど様々な側面からアフリカの課題解決に取り組んでいる


【講演案内】
昨今、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて技術革新(イノベーション)の活用が注目を集めています。なぜなら、各国政府や国際機関はSDGsで掲げられた目標の実現を技術革新によって新しく生まれたサービスによって実現できる、と期待を寄せているからです。第5回勉強会では、実際に『技術革新×国際開発』をテーマに産・官・学の立場で実際にこの分野に携わっている専門家を講師としてお招きし、ご講演、パネルディスカッションを行います。技術革新が国際開発にどのように貢献できるのか、ご関心がある方はぜひともご参加ください。

【お申込み方法】
Eventbrite(https://www.eventbrite.com/e/iddp5-tickets-59616605873?aff=Facebook )よりお申し込みください(Facebook等のイベントページでの参加表明のみではお申し込みとみなされませんので、ご了承ください)。
※会場が定員に達し次第、受付を終了する場合がございます。お早めにお申し込みをお願い致します。
※オンラインでの参加も可能です。チケットをご購入いただきましたら参加者には当日のURLをお送りいたします。

【参加費】
£2(参加費は勉強会の運営費に充てさせて頂きます)

【言語】
日本語

【懇親会】
講演後にロンドン会場近郊にて懇親会を開催します。


Comments