ホーム‎ > ‎みんなのラボ‎ > ‎

USB2シリーズ

■概要

マイコンボードを使った電子工作もいいけど、パソコンを使ってもっと手軽に何かを
動かしてみたい!という人のために、USBから簡単にI/Oを制御できるDIP形状のブレーク
アウトボードを作ってみました。ブレッドボードでの実験に最適です。

 

■商品詳細

  • USB2GPIO
 Microchip社製MCP2200を使いやすいブレークアウトボードにしました。
 8ポート(8bit)のデジタルGPIOとUARTが使えるようになります。
 解説書付きでPythonとC#での活用例を説明しています。
 写真はLED×8個を制御している例です。 

Twitterに投稿した動画です。上記のブレッドボードが動作している様子です。






 

ブレッドボード用ブレークアウトボードに加えて、コンパクトな
USBドングル型(GPIOのみ接続可能)をラインナップしています。
お手軽なI/O実験にどうぞ。
本商品は電源が5Vに設定されておりますので、3.3Vに変更する
場合はコチラの手順を参照して下さい。(保証外となります)


サンプルプログラムや使用方法などを解説した「USB2GPIO HANDBOOK」が
ココからダウンロードできます。
ファイル名は「USB2GPIO_HANDBOOK(1)20191231.zip」です。

  • USB2SPI
Microchip社製MCP2210を使いやすいブレークアウトボードにしました。
SPI(マスター)とデジタルGPIO(チップセレクト用、通常のデジタルGPIOとして使用可能)
が使えるようになります。
写真はSPI制御のI/Oエキスパンダを経由して7セグメントLEDを制御している例です。
I/Oエキスパンダの各ポートにLEDを接続し、数字を表示しています。

Twitterに投稿した動画です。(2個目のツイート参照) 上記のブレッドボードが動作している様子です。


サンプルプログラムや解説書は現在準備中です。

おまけ
 ボード形状は異なりますが、USB2I2Cという位置づけのMCP2221Aを使ったブレーク
 アウトボードがあります。本シリーズとは名称は異なりますがUSBからI2Cを制御して
 みたい方は御検討下さい。
 ⇒リンク
サブページ (1): 電源電圧の変更
Comments