Profile
 

岸見一郎 

 1956年京都生まれ。1987年京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学(西洋哲学史専攻)。専門の哲学(西洋古代哲学、特にプラトン哲学)に並行して1989年からアドラー心理学の研究をしている。京都教育大学教育学部、甲南大学文学部、京都府医師会看護専門学校、奈良女子大学文学部非常勤講師、前田医院(精神科)勤務などを経て、現在は、聖カタリナ女子高等学校看護専攻科(心理学)非常勤講師。日本アドラー心理学会認定カウンセラー。日本アドラー心理学会顧問。

 訳書にアルフレッド・アドラーの『個人心理学講義—生きることの科学』『子どもの教育』(いずれも一光社)『人はなぜ神経症になるのか』(春秋社)エドワード・ホフマン『アドラーの生涯』(金子書房)、著書に『アドラー心理学入門—よりよい人間関係のために』(KKベストセラーズ)『不幸の心理 幸福の哲学』(唯学書房)『アドラーを読む—共同体感覚の諸相』(アルテ)がある。

 Back to Home