Google+ ハングアウトの使い方


■ハングアウトでできること

ハングアウトは他のチャット機能にはない、非常に便利で高機能なサービスです。下図が実際のハングアウトの利用画面です。



①ハングアウトへの招待・アプリケーションの選択

途中からでも招待が可能です。ユーザー名を1人だけ指名することも可能ですし、サークルごと招待することも可能です。
招待された側はハングアウトへの招待が来ている旨がストリーム上に流れます。
ハングアウト招待する相手もハングアウトをインストールしている必要があるので注意が必要です。

アプリケーションの使い方に関してはこちらのページをご確認ください。


②参加者の画面

上のキャプチャでは4名がハングアウトをしています。WEBカメラをONにしておけば顔を見ながら会話ができます。
逆にOFFにすれば顔を出さないことも可能です。



画面の共有

これがスゴイ。革命的な機能だと思います。今までのチャットサービスにもあったのかもしれませんが、
無料でここまで使い勝手がよいのを見たことがありません。

まぁ、その名の通り「画面を共有」できます。どういうことかというと今、自分が見ている画面をハングアウト上に映しだすことができます。
一番上の図で言えばYoutubeが流れている部分、2番目の図では笑顔の外国人男性の部分です。③を押すと下図のような画面になります。

共有するウィンドウを選ぶことができます。ここで「PC」を選ぶと自分が見ているPCと同じ画面を共有できます。
他の文書を共有したい時はその文書を選びます。初めて使えたときは「うお!」と思わず声が出てしまうかもしれません。
Googleドキュメントを活用すれば、Googleドキュメントを共有画面にして5人中2人で文書編集をしながら、
残りの3人は編集の様子を見ていて、チャチャを横から入れる、なんて使い方もできます。


文書の共有をしているときの画面はこんな感じ。


Googleドキュメントの共同編集機能は本当に便利です。これを使わない手はないですね。もはやWEB会議システムはハングアウトがあれば不要です。



④チャット機能 音声/文字

ハングアウトに参加している人たちでチャットを行うことができます。
WEBカメラとマイクがあれば、同時音声チャットが可能です。大画面に映す人を変更することや固定することもできます。
初期設定だと会話をしている人がメイン画面に来るように自動的に切り替わります。
一昔前ならかなり高い遠隔会議システムであったにもかかわらず、ハングアウトなら無料で使えます。


音声チャットをしながら文字チャットなども可能です。文字チャットは④の欄を使って可能です。
①にあるアプリケーションからチャットを選択しましょう。右下の顔をクリックすると、数は少ないですが絵文字も選べます。
もちろん、カメラやマイクがない場合は、文字チャットだけの利用も可能です。


Youtubeの共有(2012年3月~はアプリケーション内に実装)

これはYoutubeを共有している画面です。
①の部分からYoutubeのアプリを追加して押せば共有したいYoutubeの動画を探して共有できます。
共有すれば、同じYoutubeを見ながら、あーだこーだと会話をしたり、チャットをしたりできます
AKBファンと一緒に動画を見ながらハングアウトをすれば、貴方の家が即席ライブハウスになります。


⑤ 音声、カメラのオン・オフ、デバイス設定

設定が変更できます。


スマートフォンのGoogle+アプリとの連携

スマートフォンでもハングアウトに参加することができます。
ただし、招待をしてもらわねばならず、スマートフォンの場合、自分起点ではじめることはできません(2012年2月)


え?何??Skypeでいい?いいわけないだろ!これからはハングアウトだ!

Skypeとの違いは・・・
・画面共有(ウィンドウごとの共有/PCまるごと共有)
・動画共有
・複数人でも通信が安定している
・最大同時9名まで参加可能
・(これはまぁSkypeも同じだけど)Google+を使ってる人ならすぐ利用できる!
です。ぜひ快適なハングアウトライフを送って下さい。




Comments