ホーム


誰でも簡単に成功する方法●毎日の時間を最大限に生かす

成功しようと思ったら、時間の使い方は非常に重要だ。
仕事の状況を尋ねると、「すごく忙しい」とか「バタバタしている」と答える人がよくいる。
忙しいことを自慢しているかのようだ。

しかし、忙しいからといって成功するとは限らない。
大切なのは、どれほど忙しく働くかではなく、結果が出るような生産的なことをするかどうかだ。


毎日、すべきことをリストアップしてその日の計画を立て、照準を定めるといい。
あなたがそれを実行しているとしたら素晴らしいことだが、それだけでは十分ではない。
リストアップした課題が最も有効な時間の使い方かどうかが重要だ。

たとえ生産的でなくても、自分にとって楽だったり気分が良かったりすることに流れてしまいがちなのが人間だ。
だから、自分を律しなければならない。
あなたはその日の中で優先順位の最も高いことからしていくように、常に心がける必要がある。


時間をとって明日の活動のリストを作成しよう。
明日すべき最も重要なことは何か、ひとつかもしれないし、複数かもしれない。
しかし、どんなに多くても5つ以内にすることだ。
その中にはあまりしたくないことも含まれているかもしれないが、それは目標達成に役立つはずだ。
課題を重要度の順番に書いてみよう。

明日の朝、最も重要な課題から取りかかり、重要度の順に次々と課題を終えていこう。
仕事をするときは、ひとつひとつの課題に集中することが大切だ。
そして、一日が終わったら、翌日のための新しいリストを作成しよう。



誰でも簡単に成功する方法●毎日の時間を最大限に生かす

成功しようと思ったら、時間の使い方は非常に重要だ。
仕事の状況を尋ねると、「すごく忙しい」とか「バタバタしている」と答える人がよくいる。
忙しいことを自慢しているかのようだ。

しかし、忙しいからといって成功するとは限らない。
大切なのは、どれほど忙しく働くかではなく、結果が出るような生産的なことをするかどうかだ。


毎日、すべきことをリストアップしてその日の計画を立て、照準を定めるといい。
あなたがそれを実行しているとしたら素晴らしいことだが、それだけでは十分ではない。
リストアップした課題が最も有効な時間の使い方かどうかが重要だ。

たとえ生産的でなくても、自分にとって楽だったり気分が良かったりすることに流れてしまいがちなのが人間だ。
だから、自分を律しなければならない。

あなたはその日の中で優先順位の最も高いことからしていくように、常に心がける必要がある。


時間をとって明日の活動のリストを作成しよう。
明日すべき最も重要なことは何か、ひとつかもしれないし、複数かもしれない。
しかし、どんなに多くても5つ以内にすることだ。
その中にはあまりしたくないことも含まれているかもしれないが、それは目標達成に役立つはずだ。
課題を重要度の順番に書いてみよう。


明日の朝、最も重要な課題から取りかかり、重要度の順に次々と課題を終えていこう。
仕事をするときは、ひとつひとつの課題に集中することが大切だ。
そして、一日が終わったら、翌日のための新しいリストを作成しよう。

 


誰でも簡単に成功する方法●不平を言わずに行動を起こす

人は誰でも、ときに不平を言うものだ。
問題は、どれくらいひんぱんに不平を言うかだ。
周囲の人たちから「不平不満が多い」とよく言われるのなら、あなたは自分がよく不平を言っていることを認めるべきだ。

不平を言うことは生産的ではない。
いくら不平を言っても状況は変わらないからだ。
たとえば、「仕事が楽しくない」と不平を言っても、仕事が楽しくなるわけではない。
それどころか、不平を言うことで心がネガティブになってしまい、ますます仕事が苦痛になる。

景気や気候についても同様だ。

不平を言うことのもうひとつの問題は、そうすることで自分のエネルギーを消耗し、周囲の人たちのエネルギーも低下させてしまうことである。
誰もあなたのネガティブな発言を聞きたくはない。

状況について不平を言うのではなく、自分の状況を改善するのに役立つポジティブなことをしよう。
仕事が楽しくないなら、やり方を工夫したり自分のスキルを磨いたりして、仕事が楽しくなるような行動を起こすことが大切だ。



簡単に成功する方法●読書する

成功するための最善の投資の1つは、本を読んで心を豊かにすることだ。
仕事で昇進する人たちは、ほとんどが読書家だ。
彼らは自分を鼓舞してくれる自己啓発書や伝記、仕事のスキルを伸ばすのに役立つビジネス書を読んでいる。

成功者から学べることはたくさんある。
彼らが成功を手にするために使った方法を書いた本を読んで学べば、自分で試行錯誤しなくても済む。
成功者がすでに持っている知識を活かすのは理にかなっている。

1日の初めに、ポジティブな本を読むといい。
そうれば、新しい1日を過ごすにあたって、ポジティブな気分になることができる。
テレビやラジオ、新聞などを通じてネガティブな話にふれるよりははるかにいい。

小説を読むこともなんら間違っていない。
人間の心の動きについて洞察を深めることができるからだ。
しかし、心の持ち方をポジティブにしたり仕事のスキルを伸ばしたりできるわけではない。
自己啓発書やビジネス書を読む時間をとることが重要なのは、そこにある。



簡単に成功する方法●目標をひたむきに追い求める

どれだけ長くかかろうとも、目標を追い求める姿勢を崩してはいけない。
目標達成に向けて、「どれだけ長くかかっても、目標を達成するまで前進し続けるぞ」と自分に言い聞かせよう。
それこそが、成功につながる心の持ち方なのだ。

多くの人は事業を立ち上げるとき、「半年やってみてうまくいかなかったら、あきらめよう」と考える。
しかし、そういう姿勢ではたいてい失敗する。
何か問題が発生すると、あっさりあきらめてしまうからだ。

目標達成に向けてひたむきになっている人は、どれだけ努力が必要になり、どれほど時間がかかっても、その目標を追い求める。
ときには軌道修正しなければならないこともあるが、それでもあきらめない。

発明家として大成功をおさめたエジソンは、解決策が見つかるまで粘り抜くという強固な姿勢でひとつひとつのプロジェクトに取り組んだ。
電球や蓄音機などの製品を発明する過程で何千回も失敗を繰り返したが、それを失敗とは考えず、粘り抜いて成功までこぎつけたのだ。




●成功する方法(1)

目標が明確になってはじめて、実現に至る道筋が見えてくる

人は誰でも「夢」を持っている。
でも、必ずしも多くの人が、その望みをかなえているわけではない。

なぜ、あなたの「望み」は実現しないのか?
それは、あなたの「夢」が「目標」になっていないからだ。

「夢」と「目標」の違い。
それは思い描くゴールが明確になっているかどうかだ。
何を実現したいのか。
どのような自分になりたいのか。
ゴールがはっきりしないようでは、たどり着けるはずもない。

たとえば、将来プロ野球選手になりたいと思っている二人の少年がいたとする。
一人は漠然とした「夢」にすぎず、一人は明確な「目標」としている。
単なる「夢」にすぎない少年は気が向いときに好きなだけ練習する。
しかし、「目標」としている少年は違う。

本当にプロ野球選手になるのだと思えば、まず遊ぶ時間を削る覚悟が必要になる。
自分には何が足りず、いま何をしなければならないかが明らかになるだろう。

単なる「夢」をより具体的な「目標」に変えれば、実現のためにやらなくてはならないことが見えてくる。
それらが明確になってこそ、実現に向けて為すべき行動がはっきりとし、そして成功(目標)に向かって着実に進むことができるのだ。

これが「成功の原点」だ。

もし、あなたが成功したいと考えているなら、まずは「目標」をできるだけ、はっきりさせること。
どれだけ詳細に自分が目指す成功像を描くことができるかどうかが、実現のポイントとなる。


●成功する方法(2)

自分にないものは他から調達する

成功者と呼ばれる人たちはみな、成功するに足るだけの豊かな素養と優れた能力を兼ね備えている。
だが、たとえどれほど優秀な人であったとしても、一人の人間の能力には自ずと限界がある。
自分にはない知識や知恵や経験をどのように取り入れ、どうしたら活用することができるか。
そのために、成功者の多くは優秀なブレイン(パートナー)を有し、目的推進のために確保している。
それは彼らが己の足りない部分を自覚し、また、いかに補うかに腐心した結果でもある。
その「気づき」こそが、彼らを成功者たらしめた豊かな素養であり、優れた能力だと言うことができる。

ビジネスの世界では「1+1」が5にも10にもなることがある。
たとえば営業力は優秀だが、企画力がないAさんと、逆に企画力はあるけれど、営業力に乏しいBさんがいたとする。
それぞれが己の欠点を補うことはもちろん大切なことだが、その過程においてはお互いが相手のノウハウを活用することができれば、両者

ともそのポテンシャルは飛躍的に向上するはずだ。

しかし、単に協力者を探せばいいというものではない。
肝心なのは、表面的な協力ではなく、同じ目標に向かうという共通認識に基づいたアドバイスであり、フォローなのだ。
ともに影響を与えながら成長していく関係でなければならない。

ブレイン(パートナー)が効力を発揮するポイントは、お互いが自立している存在であるかどうかだ。

複数の頭脳による調和のとれた協力関係が構築できたなら、個々の能力を超える大きなエネルギーを生み出すことができる。
全てを一人でこなそうとすれば、自分の器の大きさに合った成功しかつかむことができない。
だが、自分にはない能力を活用できるのなら、成功のスケールは際限なく広がっていく。
知識がなければ補うスタッフを確保すればいい。
経験がなければ補うスタッフを確保すればいい。

成功に学歴や年齢は何の障害にもならない。










●成功する方法(3)

目標が明確になってはじめて、実現に至る道筋が見えてくる

人は誰でも「夢」を持っている。
でも、必ずしも多くの人が、その望みをかなえているわけではない。

なぜ、あなたの「望み」は実現しないのか?
それは、あなたの「夢」が「目標」になっていないからだ。

「夢」と「目標」の違い。
それは思い描くゴールが明確になっているかどうかだ。
何を実現したいのか。
どのような自分になりたいのか。
ゴールがはっきりしないようでは、たどり着けるはずもない。

たとえば、将来プロ野球選手になりたいと思っている二人の少年がいたとする。
一人は漠然とした「夢」にすぎず、一人は明確な「目標」としている。
単なる「夢」にすぎない少年は気が向いときに好きなだけ練習する。
しかし、「目標」としている少年は違う。

本当にプロ野球選手になるのだと思えば、まず遊ぶ時間を削る覚悟が必要になる。
自分には何が足りず、いま何をしなければならないかが明らかになるだろう。

単なる「夢」をより具体的な「目標」に変えれば、実現のためにやらなくてはならないことが見えてくる。
それらが明確になってこそ、実現に向けて為すべき行動がはっきりとし、そして成功(目標)に向かって着実に進むことができるのだ。

これが「成功の原点」だ。

もし、あなたが成功したいと考えているなら、まずは「目標」をできるだけ、はっきりさせること。
どれだけ詳細に自分が目指す成功像を描くことができるかどうかが、実現のポイントとなる。



●成功する方法(4)

自分にないものは他から調達する

成功者と呼ばれる人たちはみな、成功するに足るだけの豊かな素養と優れた能力を兼ね備えている。
だが、たとえどれほど優秀な人であったとしても、一人の人間の能力には自ずと限界がある。
自分にはない知識や知恵や経験をどのように取り入れ、どうしたら活用することができるか。
そのために、成功者の多くは優秀なブレイン(パートナー)を有し、目的推進のために確保している。
それは彼らが己の足りない部分を自覚し、また、いかに補うかに腐心した結果でもある。
その「気づき」こそが、彼らを成功者たらしめた豊かな素養であり、優れた能力だと言うことができる。

ビジネスの世界では「1+1」が5にも10にもなることがある。
たとえば営業力は優秀だが、企画力がないAさんと、逆に企画力はあるけれど、営業力に乏しいBさんがいたとする。
それぞれが己の欠点を補うことはもちろん大切なことだが、その過程においてはお互いが相手のノウハウを活用することができれば、両者

ともそのポテンシャルは飛躍的に向上するはずだ。

しかし、単に協力者を探せばいいというものではない。
肝心なのは、表面的な協力ではなく、同じ目標に向かうという共通認識に基づいたアドバイスであり、フォローなのだ。
ともに影響を与えながら成長していく関係でなければならない。

ブレイン(パートナー)が効力を発揮するポイントは、お互いが自立している存在であるかどうかだ。

複数の頭脳による調和のとれた協力関係が構築できたなら、個々の能力を超える大きなエネルギーを生み出すことができる。
全てを一人でこなそうとすれば、自分の器の大きさに合った成功しかつかむことができない。
だが、自分にはない能力を活用できるのなら、成功のスケールは際限なく広がっていく。
知識がなければ補うスタッフを確保すればいい。
経験がなければ補うスタッフを確保すればいい。

成功に学歴や年齢は何の障害にもならない。