古 典 柄

・大柄模様(主に女物)
加工技術の研究改善により、現在では古典的な幾何学模様はもちろんのこと、複雑繊細な各種の花鳥紋様、山水調などの日本の伝統的紋様にいたるまで生産されており、さらに付け下げ調の絣織物も生産されて、多様化する消費者ニーズに応えています。

●龍郷柄   ●秋名バラ柄

・小柄模様(主に男物)
小柄の代表的な絣紋様である亀甲柄は、平安時代末頃から有色紋様として盛んに用いられ、現代に至るまで伝統的な吉祥文様として広く好まれています。男物に多い小柄は、現代でも多数生産され、その種類は数十種類にも及び、柄名には考案者や土地名が用いられています。

●有馬柄   ●西郷柄   ●亀甲柄