Curriculum Vitae

Masaru Hojo, Ph.D.
Project Assistant Professor 

Department of Biology 
Graduate School of Science
Kobe University
1-1 Rokkodai-cho
Nada, Kobe 6578501

Email: m.k.hojo[at] 

Place of Birth
Tochigi, JAPAN (3 March 1981)


Research Areas
Chemical Ecology, Evolutionary and Behavioral Ecology, Neuroethology


Ph.D., Materials and Life Science, Kyoto Institute of Technology, Kyoto, JAPAN, 2009
Thesis: Communication by Olfaction and Taste in Social Parasitism between the Lycaenid Butterfly and Its Host Ant
Advisor: Professor Ryohei Yamaoka

M.A. Department of Applied Biology, Kyoto Institute of Technology, 2005

B.S. Department of Applied Biology, Kyoto Institute of Technology, 2003

Academic and Research Experience

Project Assistant Professor, Kobe University

Postdoctoral Fellow, Kobe University
(Study on the Molecular basis of recognition of the multicomponent odor signals on the nestmate-sensitive chemosensilla of the ants) 
Research Adviser: Professor Mamiko Ozaki 

Visiting Researcher, Harvard University
(Study on the Mutualistic Association Between Lycaenid Butterflies and Ants) 
Research Adviser: Professor Naomi E Pierce 

Postdoctoral Fellow, University of the Ryukyus
(Study on the Mutualistic Association Between Lycaenid Butterflies and Ants) 
Research Adviser: Professor Kazuki Tsuji 

Postdoctoral Fellow, Hokkaido University
(Study on the Signal Communication Systems Related to the Social Organization in Termites) 
Research Adviser: Associate Professor Toru Miura 

Postdoctoral Fellow, Kyoto Institute of Techonology
(Study on the Development of novel pest management using the semiochemicals)
Research Adviser: Professor Ryohei Yamaoka

Research Grants

2015-2018 JSPS KAKENHI Grant-in-Aid for Young Scientists (B)

2010-2013 JSPS Grant-in-Aid for JSPS Fellows

Awards and Honors

The Award for the Best Article presented in the 35th Annual Meeting of the Japanese Society for Comparative Physiology and Biochemistry, July 2013

Heart Prize 2008, sponsored by Heart Co., Ltd., Japan, November 2008

Winners of Prize for Excellent Poster Presentation, 4th Asia-Pacific Conference on Chemical Ecology, Tsukuba, Japan, September 2007

Teaching Experience

Teaching Assistant (Laboratory and Field Exercise): Faculty of Bio-Environmental Science, Kyoto Gakuen University, 2008-2009

Publications (* Corresponding Author, ¶ Equal Contribution)

Hojo MK*¶, Ishii K¶, Sakura M, Yamaguchi K, Shigenobu S, Ozaki M (2015) Antennal RNA-sequencing analysis reveals evolutionary aspects of chemosensory proteins in the carpenter ant Camponotus japonicus. Scientific Reports 5: 13541 doi:10.1038/srep13541

Hojo MK*, Pierce NE, Tsuji K (2015) Lycaenid caterpillar secretions manipulates attendant ant behavior. Current Biology 25(17): 2260-2264 doi:10.1016/j.cub.2015.07.016

Maeda T*, Tamotsu S, Iwasaki M, Nisimura T, Shimohigashi M, Hojo MK, Ozaki M (2014) Neuronal projections and putative interaction of multimodal inputs in the subesophageal ganglion in the blowfly, Phormia regina. Chemical Senses 39(5): 391-401 doi:10.1093/chemse/bju007

Hojo MK*, Yamamoto A, Akino T, Tsuji K and Yamaoka R (2014) Ants use partner specific odors to learn to recognize a mutualistic partner. PLOS ONE 9(1): e86054, doi:10.1371/journal.pone.0086054

Hojo MK*, Yamaguchi S, Akino T and Yamaoka R (2014) Adoption of lycaenid Niphanda fusca (Lepidoptera: Lycaenidae) caterpillars by the host ant Camponotus japonicus (Hymenoptera: Formicidae). Entomological Science, 17(1): 59-65 doi:10.1111/ens.12041.

Katayama N*, Tsuchida T, Hojo MK, and Ohgushi T (2013) Aphid genotype determines intensity of ant attendance: Do endosymbionts and honeydew composition matter? Annals of the Entomological Society of America 106(6); 761–770 doi:10.1603/AN13089

Katayama N*, Hembry DH, Hojo MK, Suzuki N (2013) Why do ants shift their foraging from extrafloral nectar to aphid honeydew? Ecological Research 28(5); 919-926. doi:10.1007/s11284-013-1074-5

Nguyen TT*, Kanaori K, Hojo MK, Kawada T, Yamaoka R and Akino T (2011) Chemical identification and ethological function of soldier-specific secretion in Japanese subterranean termite Reticulitermes speratus (Rhinotermitidae). Bioscience, Biotechnology and Biochemistry 75(9):1818-1822, doi:10.1271/bbb.110372

Hojo MK*, Wada-Katsumata A, Akino T, Yamaguchi S, Ozaki M and Yamaoka R (2009) Chemical disguise as particular caste of the host ants in the ant parasitic inquiline, Niphanda fusca (Lepidoptera: Lycaenidae). Proceedings of the Royal Society B: Biological Science 276(1656): 551-558 doi:10.1098/rspb.2008.1064

Hojo MK*, Wada-Katsumata A, Ozaki M, Yamaguchi S and Yamaoka R (2008) Gustatory synergism in ants mediates a species-specific symbiosis with lycaenid butterflies. Journal of Comparative Physiology A 194(12):1043-1052, doi:10.1007/s00359-008-0375-6.

Hembry DH*, Katayama N, Hojo MK and Ohgushi T (2006) Herbivory damage does not indirectly influence the composition or excretion of aphid honeydew. Population Ecology 48(3):245-250 doi:10.1007/s10144-006-0268-x

Invited Talks

Hojo, M.K.° Origins of behavioral control? Nectar rewards from a mutualistic butterfly modify cooperative behavior of the partner ants. “Neurological insight of behavioral control by parasites or symbiosis”, Hokkaido Neuroethology Workshops (Sapporo, Japan) 27 July 2014

Presentations on International Conferences (° Speaker)

Takeichi, Y.°, Hojo, M.K., Yasuyama, K., Murata, K., Miyazaki, N., Ozaki, M. Ultrastructure of the senseilla basiconica and the putative mechanism for nestmate-nonnestmate discrimination in the Japanese carpenter ant, Camponotus japonicus 14th European Symposium for Insect Taste and Olfaction (Sardinia, Italy) 20-25 September 2015 (Poster)

Hojo, M.K.°, Takeichi, Y., Ishii, K., Sakura, M., Shigenobu, S., Ozaki, K., Yasuyama, K., Miyazaki, N., Murata, K., Ozaki, M., Ultrastructure and chemoreceptor gene expression of peripheral chemosensory system for nestmate-nonnestmate discrimination in the ant, Camponotus japonicus The 12th International Symposium of Molecular and Neural Mechanisms of Taste and Olfactory Perception, 2 – 3 November 2014, Fukuoka Japan (Poster)

Hojo, M.K.°, Ishii K., Sakura M., Shigenobu S., Ozaki M. Selective expression of chemosensory protein genes in the female-specific chemosesillum of the ant Camponotus japonicus 2014 International Congress of Neuroethology, 28 July – 1 August 2014, Sapporo Japan (Poster)

Ozaki M.°, Takeichi Y., Hojo M, Ishii K., Sakura M., Shigenobu S., Ozaki K, Yasuyama K, Miyazaki N, Murata K Sensory system for nestmate-nonnestmate discrimination of ant, Camponotus japonicus: Receptor molecules and neurons 2014 International Congress of Neuroethology, 28 Jul – 1 August 2014, Sapporo Japan (Poster)

Ozaki M.°, Hojo M., Sakura M., Shigenobu S., Ishii K., Ozaki K. Sex/cast specific chemoreceptor analyses from RNAseq data in Camponotus japonicus. 17th Congress of International Union for the Study of Social Insects, 13-18 July 2014 (Oral)

Hojo, M.K.° and Ozaki M. Olfactory and gustatory signals mediate the symbiotic relationship between ants and butterflies The 11th International Symposium on Molecular and Neural Mechanisms of Taste and Olfactory Perception, 31 October – 2 November 2013, Fukuoka Japan (Poster)

Ozaki M°, Sakura M, Shigenobu S, Hojo M, Ishii K, Ozaki K Chemoreceptor protein and Chemosensory protein analyses using next generation RNAseq: Cast specificity and its meaning for nestmate recognition in Camponotus japonicas. The 11th International Symposium on Molecular and Neural Mechanisms of Taste and Olfactory Perception, 31 October – 2 November 2013, Fukuoka Japan (Oral)

Hojo, M.K.° Partner recognition in an ant-butterfly mutualism 13th European Symposium for Insect Taste and Olfaction (Sardinia, Italy) 22-28 September 2013 (Oral)

Ozaki M°, Sakura M, Shigenobu S, Hojo M, Ishii K, Ozaki K Sex/cast specific chemoreceptor analyses based RNAseq data in Camponotus japonicas. 13th European Symposium for Insect Taste and Olfaction (Sardinia, Italy) 22-28 September 2013 (Oral)

Ozaki, M°, Maeda T, Hojo M, Asano Y, Integration of olfaction and taste information for feeding preference in the fly. International Chemical Ecology Conference 2013 (Melbourne, Australia) 19-23 August 2013 (Oral)

Hojo, M.K.°, Yamamoto, A., Akino, T. and Yamaoka, R. Evolution of chemical signalling in lycaenid-ant associations. XVI World Congress of the International Union for the Study of Social Insects, 8-14 August 2010, Copenhagen, Denmark (Poster)

Hojo, M.K.°, Yamamoto, A., Akino, T. and Yamaoka, R. Behavioural and sensory ecology of learning in butterfly-ant associations. 9th International Congress of Neuroethology, 2-7 August 2010, Salamanca, Spain (Poster)

Hojo, M.K.°, Wada-Katsumata, A., Ozaki, M., Akino, T., Yamaguchi, S. and Yamaoka, R. Taste and olfactory strategies for parasitic butterfly-host ant chemical communication 11th European Symposium for Insect Taste and Olfaction (Sardinia, Italy) 19-24 September 2009 (Oral)

Hojo, M.K.°, Wada-Katsumata, A., Ozaki, M. and Yamaoka, R. Chemical composition of nutritious reward mediates species-specificity of lycaenid-ant interaction 5th Asia-pacific congress of entomology, 18-21 October 2005, Jeju, South Korea (Poster)

Hojo, M.K.°, Wada-Katsumata, A., Ozaki, M. and Yamaoka, R. The role of cuticular hydrocarbons in the parasitic interaction between the cuckoo butterfly, Niphanda fusca, and the host ant, Camponotus japonicus XV World Congress of the International Union for the Study of Social Insects, 30 July-4 August, 2006 Washington DC, USA (Poster)

Hojo, M.K.°, Wada-Katsumata, A., Akino, T. Yamaguchi, S. Ozaki, M. and Yamaoka, R. Intracolonial chemical mimicry in ant parasitic inquiline Niphanda fusca (Lepidoptera: Lycaenidae) 4th Asia-Pacific Conference on Chemical Ecology, 10-14 September, 2007 Tsukuba, Japan (Poster)

Hojo, M.°, Wada-Katsumata, A., Ozaki, M. and Yamaoka, R. Sugar-amino acid gustatory synergism mediates symbiosis between the ant, Camponotus japonicus and the larvae of lycaenid butterfly, Niphanda fusca. International Symposium on Chemical Sense and Insect Behavior, July 10, 11 2004 Kyoto, Japan (Poster)

As Reviewer
Applied Entomology and Zoology, Behavioral Ecology, Biological Journal of the Linnean Society, Biology Letters, Ecological Research, Entomological Science, Ethology, Insectes Sociaux, Journal of Ethology, Myrmecological News, PLoS One, Population Ecology, Proceedings of Royal Society B

In Japanese


北條賢 アリとの共生を支える「旨味」効果 –糖とアミノ酸による味覚相乗効果の検出– 2015 研究者が教える動物実験 (尾崎まみこ・村田芳博・藍浩之・定本久世・吉村和也・神崎亮平・日本比較生理生化学会 編集) 第1巻 感覚 pp.18-21 共立出版

北條賢 「体表炭化水素」「動員行動」「繁殖力シグナリング」2013 行動生物学辞典(上田恵介ら 共編)東京化学同人

北條賢,尾崎まみこ  アリと化学生態学 2011 社会性昆虫の進化生物学(東正剛・辻和希 共編)第3章 pp.103-140 海游舎

北條賢,尾崎まみこ アリとチョウの共生におけるコミュニケーション 2008 昆虫ミメティックス〜昆虫の設計に学ぶ〜 (監修 下澤楯夫・針山孝彦) 第3編 第2章 第6節 pp.785-790 NTS出版


北條賢 第Ⅱ部 アフリカの軍隊アリ ~大群による襲撃〜 2013 アリたちとの大冒険: 愛しのスーパーアリを追い求めて(著 マーク・W・モフェット、 監訳 山岡亮平・秋野順治)化学同人


温 都日格,李興,北條 賢,尾崎まみこ,岩佐 達郎 2014 アリの感覚子に発現する「化学感覚タンパク質」の構造機能解析 日本味と匂学会誌 21巻3号 419-422

北條賢 2011 シジミチョウ−アリ共生系にみられる協力行動のメカニズム 第23回自律分散システムシンポジウム資料

北條賢,秋野順治 2010 好蟻性昆虫の化学生態学 生物科学 第61巻 第4号pp.227-233

北條 賢 2010 アリと共に生きるチョウ むしむしコラム・おーどーこん

北條賢 2009 アリに育てられるチョウ -アリに化ける、匂いのからくり-、昆虫発見、第8号、pp.27-31

北條賢,和田綾子,山岡亮平,尾崎まみこ 2005 クロシジミとクロオオアリの共生を支える味覚相乗効果 昆虫DNA研究会ニュースレター, 3号, pp.15-18

国内学会・シンポジウム等における発表 (○発表者)


岡田泰和・北條賢・宮崎智史 公募シンポジウム"Multidisciplinary approaches to dissect the social insect biology" 第27回個体群生態学会大会 岡山大学 岡山県岡山市 2011年10月14日〜16日


北條賢○ クロオオアリとクロシジミの共生を支える味覚相乗効果 昆虫化学物質受容研究会 JT生命誌研究館 2005年2月

北條賢○・和田綾子・秋野順治・尾崎まみこ・山口進・山岡亮平 シジミチョウとアリの共生におけるケミカルコミュニケーション 第53回日本応用動物昆虫学会大会 小集会「アリに関わる生物の種間相互作用 -共生・寄生の謎に迫る-」(世話人:秋野順治、萩原康夫、坂本洋典) 北海道 2009年3月

北條賢○ シジミチョウとアリの共生におけるケミカルコミュニケーション第69回日本昆虫学会小集会「国際社会性昆虫学会 日本地区会小集会」(世話人:辻和希,北出理,小島純一).2009年10月12日.三重大学.

尾崎まみこ○・佐倉緑・北條賢・石井健一・尾崎浩一 次世代ソシオゲノミクスの視点からみた社会性生物個体の感覚・行動制御機構 国際社会性昆虫学会日本支部会小集会「ソシオゲノミクスの現状」 (世話人:前川清人)第73回日本昆虫学会大会 北海道札幌市2013.9.14 ‒ 16


北條賢○・和田綾子・尾崎まみこ・山岡亮平・山口進 クロシジミとクロオオアリの共生に関与する化学物質の同定と機能 第48回日本応用動物昆虫学会大会 京都工芸繊維大学 2004年3月

北條賢○・和田綾子・尾崎まみこ・山口進・山岡亮平 なぜクロシジミ幼虫はクロオオアリ巣内に共棲できるのか? 第49回日本応用動物昆虫学会大会 玉川大学 2005年3月

北條賢○・和田綾子・山口進・尾崎まみこ・山岡亮平 クロシジミ幼虫の蜜成分とアリの味覚感覚 第50回日本応用動物昆虫学会大会 筑波大学 2006年3月

北條賢○・和田綾子・秋野順治・山口進・尾崎まみこ・山岡亮平 好蟻性昆虫クロシジミによるクロオオアリへの化学擬態 第51回日本応用動物昆虫学会大会 広島大学 2007年3月

片山昇○・大串隆之・北條賢 マメアブラムシにおけるアリ随伴性の種内変異 第51回日本応用動物昆虫学会大会 広島大学 2007年3月

北條賢○・秋野順治・山岡亮平 アリ社会におけるワーカー・幼虫間のケミカルコミュニケーション 第51回日本蟻類研究会大会 滋賀県 2008年8月

北條賢○・和田綾子・秋野順治・山口進・尾崎まみこ・山岡亮平 クロシジミ幼虫は宿主アリの上位階級に化学擬態する 第79回日本動物学会大会 福岡大学 2008年9月

尾崎まみこ○・北條賢・勝又綾子・山口進・山岡亮平 アリーチョウ異種間共生関係を支える味覚相乗効果 第79回日本動物学会大会 福岡大学 2008年9月

山本有里○・北條賢・秋野順治・山岡亮平,アリの吸蜜経験がムラサキシジミとの相利共生に及ぼす影響 第53回日本応用動物昆虫学会大会 北海道 2009年3月 11-

北條賢○・秋野順治・山岡亮平, クロオオアリワーカーによる幼虫への世話行動の調節 第53回日本応用動物昆虫学会大会 北海道 2009年3月 12-

片山昇○・北條賢・土田努・大串隆之 マメアブラムシにおける甘露タイプとアリ随伴性の種内変異 第53回日本応用動物昆虫学会大会 北海道 2009年3月 13-

山本有里○・北條賢・秋野順治・山岡亮平 ムラサキシジミとアミメアリの相利共生の成立・維持機構の解明

北條賢○ シジミチョウーアリ共生系にみられる協力行動のメカニズム 第23回自律分散システムシンポジウム 2011年1月29-30日 北海道

北條賢○、石川由希、三浦徹 オオシロアリにおける兵隊特異的化学物質とその社会機能 第58回日本生態学会大会 2011年3月8-12日 北海道

三浦徹○、石川由希、田部慧、北條賢 オオシロアリの擬職蟻に見られる攻撃行動の可塑性 第55回日本応用動物昆虫学会大会 2011年3月27-29日 福岡

萩原康夫○,秋野順治,坂本洋典,北條賢 ミヤマシジミ幼虫はアリの随伴経験をもとに樹状刺毛長を変化させている 日本昆虫学会第 71回大会 信州大学 長野県松本市 2011年9月16日~19日

Hojo, M.K.° Partner recognition in a lycaenid butterfly-ant mutualism. 第27回個体群生態学会大会 岡山大学 岡山県岡山市 2011年10月14日〜16日 公募シンポジウム"Multidisciplinary approaches to dissect the social insect biology" 企画者:岡田泰和・北條賢・宮崎智史

Nguyen Trong Tuan°,北條賢,竹松 陽子,山岡 亮平,秋野 順治 Identification of a diterpene alcohol compound of the genus Reticulitermes (Rhinotermitidae). 日本農芸化学会2012年度大会 京都女子大学 京都府京都市 2012年3月22日~26日

尾崎まみこ○・北條賢・佐倉緑・石井健一・重信秀治・尾崎浩一 クロオオアリ嗅覚感 覚関連タンパク質遺伝子の網羅的探索と発現解析 第58回日本応用動物昆虫学会大会 高知大学 高知県高知市 2014年3月26日〜28日

尾崎 まみこ○・前田 徹・保 智己・岩崎 雅行・西村 知良・下東 美樹・北條 賢 クロキンバエにおける食道下領域への多重異種感覚入力と味覚嗅覚 情報の収斂統合 第85回日本動物学会大会 東北大学 宮城県仙台市 2014年9月11日〜13日


寺西眞○・藤原直・白神万祐子・北條賢・山岡亮平・鈴木信彦・湯本貴和 開放花・閉鎖花を同時につけるホトケノザ種子の表面成分とアリによる種子散布行動 第51回日本生態学会大会 釧路市観光国際交流センター 2004年8月

北條賢○・和田綾子・尾崎まみこ・山口進・山岡亮平 シジミチョウとアリの種特異的な共生メカニズムの解明 第5回日本進化学会大会 東北大学 2005年8月

片山昇○・北條賢・大串隆之, 捕食圧の違いがもたらすマメアブラムシーアリ共生系の変異, 第 54 回日本生態学会大会 愛媛 2007年3月

北條賢○、山本有里、秋野順治、山岡亮平 アリ共生型・非共生型シジミチョウに対するアリの学習行動 第29回日本動物行動学会大会 2010年11月19-21日 沖縄

淀井智也○、宮川一志、石川由希、北條賢、三浦徹 オオシロアリの腹板腺におけるカースト間差異の解析 第58回日本生態学会大会 2011年3月8-12日 北海道

田部慧○、石川由希、北條賢、三浦徹 シロアリのワーカーの攻撃性は状況や経験により強化されるのか? 第58回日本生態学会大会 2011年3月8-12日 北海道

土畑重人○・北條賢・下地博之・佐々木智基・辻和希 アミメアリ裏切り系統の局所空間分布 第27回個体群生態学会大会 岡山大学 岡山県岡山市 2011年10月14日〜16日

Hojo, M.K.°, Dobata, S., Yamamoto, A., Akino, T., Yamaoka, R., Tsuji, K. Individual and social learning in ants mediates a mutualistic association with lycaenid butterflies. 第59回日本生態学会大会 龍谷大学 滋賀県大津市 2012年3月17日〜21日

北條賢○,山本有里,秋野順治,山岡亮平,辻和希 シジミチョウとの共生におけるアリのパートナー認識機構 第56回日本応用動物昆虫学会大会 近畿大学 奈良県奈良市 2012年3月27日〜29日

淀井智也○,北條賢,Cornette Richard,宮川一志,後藤寛貴,林良 信,三浦徹 オオシロアリにおける兵隊特異的な腹板腺タンパク質の解析 第56回日本応用動物昆虫学会大会 近畿大学 奈良県奈良市 2012年3月27日〜29日

Hojo, MK°, Yamamoto, A, Akino T, Tsuji, K, Yamaoka R Ants learn to associate partner specific cuticular hydrocarbons with food rewards from a mutualistic lycaenid butterfly第35回日本比較生理生化学会大会, 兵庫県姫路市 2013年7月13日~15日 (発表論文賞)

前田徹○・保智己・岩崎雅行・西村知良・下東美樹・北條賢・尾崎まみこ クロキンバエにおける味覚・嗅覚情報統合と摂食行動調節機構 第58回日本応用動物昆虫学会大会 高知大学 高知県高知市 2014年3月26日〜28日

池田凌○・北条賢・松原亮介・堤智彬・尾崎まみこ クロオオアリの仲間識別フェロモン(体表炭化水素)によるアルゼンチンアリの忌避行動誘発 第58回日本応用動物昆虫学会大会 高知大学 高知県高知市 2014年3月26日〜28日

温都日格○・李興・北條賢・尾崎まみこ・岩佐達郎 アリの感覚子に発現する「化学感覚タンパク質」の構造機能解析 日本味と匂学会 第48回大会 清水文化会館マリナート 静岡県静岡市 2014年10月2日〜4日

竹市裕介○・北條賢・石井健一・佐倉緑・重信秀治・尾崎浩一・泰山浩司・宮崎直幸・村田和義・尾崎まみこ クロオオアリの巣仲間非巣仲間識別感覚機構:受容体タンパク質と受容体神経に着目して 日本味と匂学会 第48回大会 清水文化会館マリナート 静岡県静岡市 2014年10月2日〜4日

下地博之○・小口晃平・林良信・北條賢・三浦徹 オオシロアリにおける性特異的な生殖虫分化制御機構 第59回日本応用動物昆虫学会大会 山形大学 山形県山形市 2015年3月26日〜28日

温 都日格○・李 興・北條 賢・尾崎 まみこ・岩佐 達郎 クロオオアリの2種の「化学感覚タンパク質」の構造􏰀と化学分子結合特性の比較 第49回日本味と匂学会大会 じゅうろくプラザ 岐阜県岐阜市 2015年9月24日〜26日


北條賢 シジミチョウとアリの共生:アリの行動を巧みに操るシジミチョウ 統合ニューロバイオロジー研究所セミナー 甲南大学 2015年2月27日

北條賢 シジミチョウ、その騙しのテクニック 2014年3月9日 バイオミメティクス市民セミナー第27回 北海道大学総合博物館 北海道札幌市

Hojo, M.K. Chemical signaling and communication in a lycaenid butterfly-ant association. 29 April 2011, Harvard University, Cambridge, MA USA.

北條賢 シジミチョウとアリの共生にみる種間コミュニケーションとその進化 2010年6月6-7日 第1回 行動学・進化学 北の研究会 北海道


“共生”における生物の擬態、騙しのメカニズム サイエンスポータル コラム-ハイライト 2014年5月20日

NHK「ダーウィンが来た!いきもの新伝説」第29回「チョウがアリに化けた」制作協力 2006年