HSPとは?‎ > ‎過去の研究会‎ > ‎

第31回

第31回広島社会心理学研究会(大会前日企画)

-----------------------------------------------------------------------------------
主に若手の会員を対象に、国際的に活躍している研究者の研究姿勢や考え方に直に触れることが
できる機会を提供したく、HSP スピンオフを企画しました。企画は二部構成です。第一部では、
各先生の研究姿勢を知るべく、院生時代の「お気に入り研究」と現在進めていらっしゃる最新の研
究とご紹介いただきます。第二部では、フロアからの質問を受けながら、国際的に活躍する研究者
になるための秘訣をお伺いします。研究者としてのステップアップに役立てていただけますと幸い
です。

どなたでもご参加いただけますが、会場準備の都合上、事前申し込み制とさせていただきます。
参加ご予定の方は、HSP サイト上のフォームから、あらかじめ名前とご所属をお知らせいただき
ますようお願いいたします(https://goo.gl/forms/6Y3l7Ounaf2EBJBq1)。申込締め切りは、10
月20 日(金)17 時です。十分な座席は準備していますが、万が一定員(120 名)以上の申し込
みがあった場合には、会の趣旨から「若手研究者」を優先的に(研究歴の若い順に)ご案内させて
いただきます。ご了承ください。

主催:公益社団法人日本心理学会 広島社会心理学研究会
問い合わせ先:広島大学総合科学部 小宮あすか(akomiya@hiroshima-u.ac.jp)
#アットマークは半角にしてください。
------------------------------------------------------------------------------------


当日の写真です!




日時:
2017年10月27日(金)16:50-18:50

場所:
広島大学大学会館大集会室(東広島キャンパス)

プログラム:
第一部
16:50-16:55 企画説明 小宮あすか(HSP/広島大学)
16:55-17:35 大石繁宏先生ご講演(University of Virginia)
17:35-18:15 増田貴彦先生ご講演(University of Alberta)
-休憩5 分-
第二部
18:20-18:50 その活躍の裏にあるもの(質問・ディスカッションコーナー)
司会:橋本博文(HSP/安田女子大学)


講師陣:
大石繁宏先生(University of Virginia)
2000 年にイリノイ大学でPh.D を取得後、ミネソタ大学准教授を経て、現職。文
化と幸福感研究において世界を牽引する心理学者の1 人。そのユニークな研究と影
響力から数々の賞を受賞、2017 年にはアメリカ実験社会心理学会Career Trajectory
Award を受賞。JPSP を含む多くの国際誌の編集者も勤める。著書に「幸せを科学す
る-心理学からわかったこと」(2009 年、新曜社)など。
◎第一部の参考文献
思い入れのある研究
大学院後半から始めたのがResidential Mobility のプロジェクトです。結局2007 年まで何も出版できま
せんでしたが、アイディア発案から10 年かかったということですね。Tenure を取った後やっと出版でき
ました。最初の2 本が以下のJPSP です。それから、Review Paper はやっと2010年に出たPerspectives
二本と2009 年のPSPR がAssistant Professor になってすぐのころから考え続けていたことを書いた論文
です。
1. Oishi, S., Lun, J., & Sherman, G. D. (2007). Residential mobility, self-concept, and positive affect in
social interactions. Journal of Personality and Social Psychology, 93, 131-141.
2. Oishi, S., Rothman, A., J., Snyder, M., Su, J., Zehm, K., Hertel, A. W., Gonzales, M. H., & Sherman,
G. D. (2007). The Socio-ecological model of pro-community action: The Benefits of residential
stability. Journal of Personality and Social Psychology, 93, 831-844.
3. Oishi, S., Kesebir, S., & Snyder, B. H (2009). Sociology: A lost connection in social psychology.
Personality and Social Psychology Review, 13, 334-353.
4. Oishi, S. (2010). The psychology of residential mobility: Implications for the self, social
relationships, and well-being. Perspectives on Psychological Science, 5, 5-21.
5. Oishi, S., & Graham, J. (2010). Social ecology: Lost and found in psychological science.
Perspectives on Psychological Science, 5, 356-377.
現在の研究
1. Oishi, S., Kushlev, K., & Schimmack, U. (in press). Progressive taxation, income inequality, and
happiness. American Psychologist.
2. Walkabiliity and upward social mobility: A paper currently under review.



増田貴彦先生(University of Alberta)
2003 年にミシガン大学でPh.D を取得後、北海道大学でのポスドクを経て、現職。
文化と認知研究において世界を牽引する心理学者の1 人。その国際的な活躍から、
2010 年日本心理学会国際賞を受賞。また著書である「文化心理学 上・下」(2010
年、培風館)は日本社会心理学会出版賞を受賞。JPSP を含む多くの国際誌の編集者
も勤める。
◎第一部の参考文献
思い入れのある研究
1. Masuda, T. & Nisbett, R. E. (2001). Attending holistically vs. analytically: Comparing the context
sensitivity of Japanese and Americans. Journal of Personality and Social Psychology, 81,
922-934. (北米で初めてやった研究)
2. Masuda, T., Ellsworth, P. C., Mesquita, B., Leu, J., Tanida, S., & van de Veerdonk, E. (2008).
Placing the face in context: Cultural differences in the perception of facial emotion. Journal of
Personality and Social Psychology, 94, 365-381. (北米で初めて複数の共同研究者とやった研究)
3. Masuda, T., Gonzalez, R. Kwan, L., & Nisbett, R. E. (2008). Culture and aesthetic preference:
Comparing the attention to context of East Asians and European Americans. Personality and
Social Psychology Bulletin, 34, 1260-1275. (自分の博士論文)
4. Wang, H., Masuda, T., Ito, K.,& Rashid, M. (2012). How Much Information? East Asian and North
American Cultural Products and Information Search Performance. Personality and Social
Psychology Bulletin, 38, 1539-1551.(初めての大学院生との研究)
5. Senzaki, S., Masuda, T. & Ishii, K. (2014). When is perception top-down, and when is it not?
Culture, narrative, and attention. Cognitive Science, 38, 1493-1506. (Masuda & Nisbett 2001
の再考察)
6. Russell, M. J., Masuda, T., Hioki, K., & Singhal, A. (2015). Culture and Social Judgments: The
importance of culture in Japanese and European Canadians’ N400 and LPC processing of face
lineup emotion judgments. Culture and Brain, 3(2), 131-147. (Masuda, Ellsworth, et al. (2008) を
神経科学的に再考察)
7. Senzaki, S., Masuda, T., Takada, A., & Okada, H. (2016). The communication of culturally
dominant modes of attention from parents to children: A comparison of Canadian and Japanese
parent-child conversations during a joint scene description task. PLoS ONE 11(1): e0147199.
(Masuda & Nisbett 2001 を発達科学的に再考察)



Comments