NFCのこと‎ > ‎NFC Forum‎ > ‎3大機能‎ > ‎リーダライタ機能‎ > ‎

MIFARE Ultralight

メモリサイズによって、メモリ管理が異なっている。
メモリのアクセス単位はブロックで、1ブロックは4byte。
その上にセクタという単位があり、1セクタは256ブロック。

  • 64byte・・・static memory structure。ブロック番号は0~15。MIFARE Ultralight。
  • 64byteより大きい・・・dynamic memory structure。ブロック番号は0~k。MIFARE Ultralight C。

データ例を載せるが、dynamic memory structureの方は、touchatagのデータを読んだもので、static memory structureはそれを短くしただけである。
よって、dynamicはともかく、staticの方は間違っているかもしれない(そのうち確認します。。)。



Type 2 Tagでは規定していないところもある。
BCC0や1は、おそらくMIFAREの決まりだ。

  • BCC0 = CT(0x88) xor UID[0] xor UID[1] xor UID[2]
  • BCC1 = UID[3] xor UID[4] xor UID[5] xor UID[6]