(β) 下限媒体のブループリントの解放

〇(β) 下限媒体のブループリントの解放(実在意識へ最初の一歩を踏み出す、意識レベル500へ向けての解放




下限媒体のブループリントの解放とは?

媒体とは通常肉体を意味しますが、ここで扱う下限媒体とは「魂の器」を指します。魂の器は肉体との接点の役割をし、肉体だけでなくエーテル体、アストラル体、メンタル体のような波動的身体フィールドとも密接に繋がります。下限媒体を通して媒体(肉体)へ間接的なアプローチを行っていきます。

魂のブループリントの解放では、個別化している魂(カルマが保持される範囲)に対して、そのブループリントに掛かっているブロックの解放を行いました。しかしそれはブロックの一部を解放したに過ぎません。なぜなら、私たちは、肉体という媒体を使うことで現在地球上に生活しているため、媒体自身が抱えるブロックの影響を必然的に受けてしまうからです。

そのブロックは、人類(生命)がこの地球上に誕生してからの全ての歴史を含んでいると言えます。生命は、地球上で生き抜くためにあらゆる方法を駆使しました。生存本能であり、それは危険を察知する能力、それは肉体上の感覚システムでは恐怖として感じられるものであったり、現状を打破する能力、それは怒りというエネルギー源であったりしたでしょう。
それらは、この地球上において生命がサバイバルしていくために必然的に作られたシステムでした。これが自我(エゴとマインド)であり、このシステムは人類の集合意識において非常に長い年月を掛けて構築されたシステムと言えます。

下限媒体のブループリントの解放では、下限媒体(魂の器)のブループリントに掛かっているブロックを解放していくワークです。肉体との接点の役割をする魂の器には、肉体や波動的身体フィールドの情報が転写されています。つまり、媒体が持っている情報(ブロック)は魂の器へと転写され、潜在レベルで認識(~魂の意識)に影響(認識的な歪み)を与えます。それらの歪みをクリアにしていくことで、個別自己つまり自己認識(自分自身に対する認識や自覚)に関するフィルターを外していきます。
※媒体側のブループリントは、「媒体の意識、器、機能の解体」で扱います。
※ブループリントを解体することでシステムから脱却することが解放ワークのメインテーマですが、下限媒体のブループリントの解放の段階では、ブループリント自体を扱うことはまだできず、ようやくその片鱗が見えてくるという段階です。ブループリントはシステムの中での役割(設計)であり、煩悩というコアなエネルギーで構成された構造物です。

下限媒体の解放によって、個別自己(自己認識)という領域において歪がある程度減少すると、私たちの本質(~実在)へ繋がる道が開けます。この段階に至ってようやく本質と共に歩み始めることができるスタート地点に立ちます。そして、今度は他者へと目が向くようになってきます。もちろんブループリントが残っている以上、自己認識にしてもまだたくさんのブロックがあるかもしれません。ただ、下限媒体の解放によって一つ目の区切りができ、自ずと他者へと意識が向くことで他者に対して自分が持っている認識のフィルター(歪)が顕わになってきます。
個別自己という領域にゼロポイントを開けることで、そこを足掛かり(軸)として次の段階に進めるようになります。

私たちは自分に対する認識が歪んでいても、そのことにはなかなか気付きにくい傾向があります。まして他者を歪なく見ることなどなかなかできません。それは自分に対する認識フィルターが自動的に他者を認識する時に働いてしまうからです。
例えば、自分に対して無価値観を感じていると、相手の何でもない動作や言動に必要以上に価値を見出してしまうかもしれません。つまり、あの人はすごい、この人はたいしたことはない、のように本来しなくても良いような(全く有益ではない)判断をしているかもしれません。
まず自己認識の歪をある程度クリアにすることで、このような無意識的な判断(エネルギーの浪費)が少なくなり、ようやく他者と向き合う準備ができてきます。(ここから先は750、100への解放へと引き継がれますが、それは他者に対して持っている自分の認識のフィルターをクリアにしていく方向性です)

人間社会は一人一人の個人から成っています。人は見たいものを見たいように見ます。通常そこには様々な歪があり、歪を通して物事を見ているのが通常の見方になっています。そのような見方で接する人間関係の多くは破綻する可能性が高いかもしれません。なぜならその場合、人と話しているというよりも、自分の持っている歪(フィルター;プログラム)と話をしているようなものです。プログラムと話しても人間関係を深めたりすることはできません。
人が自己認識をクリアにし、プログラムではなくお互いにありのまま(判断や解釈をせず)の相手と関係を構築できるようになれば、人生は格段に充実したものになるはずです。



【媒体の解放時のおススメの本】
「ザ・マネーゲーム」から脱出する法 ロバート・シャインフェルド (著)  ※単なるお金の話ではありません。
※感情への対処法、そして本来の自分(真我であり神我)に導かれながら、無限の力を取り戻す方法が詳しく書かれています。高度にスピリチュアルな本です。


☆効果についての例
;効果についての注意点;
※体感的な例については、主にアセンション側の方に当てはまるようです。現在、ディセンション側の方が同様の体感をするには、さらに深い解放が必要になりますので、ご注意ください。(私自身が当初アセンション側であったため、私、及び近しい人達(やはりアセンション側)の経験や体験を元に記載致しました。現在は、ディセンション側の方も受けられるようになりました。アセンション側と同様の(体感的)効果が出るとは限りませんので、ご注意ください。)
※アセンション側、ディセンション側、それぞれの中においても個人差はあります。効果が体感できない項目については、さらに深い解放が必要となります

※解放期間中は頻繁にブロックが浮上します。また全体の解放が進む中においては、実在意識の展開が一段落するまでは浄化反応が続くため、体感的な効果は感じにくくなると思われます。

★体感的な効果
  ※ディセンション側では体感しづらい
・人間関係の深みが増す(より深いところで相手と繋がる)
  ※ネックとなる問題を人間関係で抱えている場合は、共同体感覚ワークを進めることで改善されることがあります。
・人や物が必要な時にタイミング良く集まる(シンクロニシティが起こる) 
   ※浄化反応によってシンクロは止まります。引っ掛かっていたブロックが解放されると再びシンクロが起き始めます。
・集合意識からの影響が減少する(集合意識の浄化による影響(浄化反応)は軽減ワークで対策する必要があります)
・「自分らしくある」ということが分かり始める。(自分に正直になる)
~~~
  ※自分に正直になる、つまり自我の正直な感覚や感情が良く分かるようになります。(今までは自分が本当に望んでいることさえ良く分かっていなかったかもしれません)。自我の持つポジティブな側面だけでなく、ネガティブな側面も同時に知るようになります。(ここで「知る」とは実在意識からの視点においてで、客観的に観察している状態です)今までネガティブは抑圧すべきものとしてきたので、隠すことに非常にエネルギーを使ってきましたが、それを(顕在意識上で)知り、認め、隠さなくなってくると、そのネガティヴィティによるコントロールからまた一つ自由となります。(この段階では、ネガティヴィティを認識できているので、単に今までのように訳も分からずネガティブな状態とは根本的に異なります)。まだ解放をしていない方から見ると、意識レベルが高いのにネガティブだから不自然だ、と捉えられるかもしれませんが、それはまだ自分(自我)のネガティヴィティを知らず認めたくないものがあり、バランスが取れていない状態のためです。自我が解体されていない段階では、自我は必ずポジティブな面と同時にネガティブな面を持ちます。よって、片方だけを認めていてはバランスが取れなくなります。人は何かを食べたら、必ず排泄をするように、食べ物も排泄物も両方自分(自我)から無関係ではいられません(排泄物が出なかったら大変です)。排泄物にだけ蓋をしていると、いつか自我はバランスを崩し病気になります。病気は自身の本質から離れた時に起こるものです。つまり、どちらもその存在を認め、受け入れることが必要です。ネガティブな性質は存在して当然です。まずはその両極を知り、認めることではじめて中心(実在意識の展開)へと向かうことができます。自我は一足とびに何か(ポジティブ面のみ)を得ようとして失敗します。意識レベルが高くなることは、単にポジティブ面だけを見るのではなく、ネガティブ面も同時に認められるようになることを意味します。(承認や許しは、ネガティブ、ポジティブとは次元の違うものです)そうなって初めて次の段階(より高い意識レベル)に進めます。
 ※「ネガティブを認める」とは、苦しみながら無理をして認めるのではなく、葛藤のない状態で淡々と認めることを意味します。そのためには感情の解放をしてクリアにしておく必要があります。解放ワークはそのためのワークです。ただ、媒体の解放まででは残るものも出てくるため、全てを解決できるわけではありませんので、ご注意ください。
 ※自分のネガティブ面を認められるようになると、他者のネガティブ面も許せるようになります。それは、愛する幼い我が子の面倒を見るように、一段高い視点から観ている状態です。我が子に対して、ネガティブ面を持っていたら愛さないという条件付きの愛であるなら、子供はぐれるかもしれません。それは存在そのものを愛して(認めて)もらっていないと感じるからです。自我の性質を認めようとする時、同じ自我の立ち位置では不可能です。(そのため頭(マインド)で理解し許そうとすることは無理があります)。必ず真なる自己(実在)へシフトする必要があります。
 ※ディセンションの方の傾向として、「自分(自我)にネガティブな面は存在しない(自分は悪くない)、他者に問題がある」と思わせる巧妙なブロックがたくさんあります。(自我は被害者でいる方が都合が良く、それはエネルギーを誰か(自分が新しく加害者になることで被害者から)からもらえるからです。(加害者は奪っているだけに見えますが、必ずどこかでエネルギーを放出してバランスを保っています。つまり別の人間関係では被害者かもしれません。これは家庭内暴力(両親→子→孫・・)にも言えます)。一人が被害者意識を解放すると、加害者はそのエネルギー的循環が壊れ、ペアになれなくなり去ります。)
さて、ネガティブはその存在を認めてもらえないと、認めてもらおうとして強く訴えかけ、強い現象化(不快な現象)を引き起こします。ディセンションの方に浄化反応が強く出るのは、自分(自我)のネガティヴィティを受け入れるのに時間が掛かるからです。媒体の解放後、なかなか750(or1000)の解放に行けない場合もそれが理由であることがあります。
~~~
・思考ではなく、直感が優位に働く。(直感によって物事を進めると上手くいくことが増える。全体との調和)


★エネルギー的な効果 ※アセンション側とディセンション側に一律にある効果。
・意識階梯の意識レベルが500を超える。
  ※ホーキンズ氏の意識レベルとは異なり、体感的には捉えにくい。ホーキンズ氏の意識レベルで計測すれば500以下になり得る。(浄化反応の出方によっては、一時的に100~200などの低い値が計測されるが、浄化反応が一段落すれば上昇する。(次のテーマ(ブロック)が浮上するとリアルタイムに変動しますので、ホーキンズ氏の意識レベルは指標としては使用していません。)
  ※ホーキンズ氏の意識レベルでの計測値に関わらず、「意識階梯の意識レベル」は500を超える。意識によるアクセス領域が拡張している状態ですが、(至福や喜びなどの)体感とは別とお考えください。
・実在に繋がれる最初の段階に到達する。
・実在に繋がってヒーリングを行えるようになる。ただし、自身の残りのブロックによる制限はある。※ヒーリング方法は、感情の解放対面セッションでお伝えしています。
  ※既に何かしらヒーリングを行っている場合、そのヒーリングの深みが一層増します。
・全てのPW(108個;解放ワークを受ける方は誰でも同じ)が解放される。(ただし、個別自己という範囲に限られる。個別自己の詳細は、魂の解放伝授を参照)
 ※PW=パラレルワールド(並行現実~ここでは自分の「認識方法」が複数あることを意味します)


★ゼロポイントの覚醒による効果
・ゼロポイント(実在意識)の覚醒が起こる。(ただし、解放が完了した時点では0%であり、全体の解放(魂の解放伝授者の増加)が進むにつれ、徐々に上昇してゆく。最大で25%まで覚醒。上昇中は浄化反応(特に自我の死に関する)があるので、解放ワークサポートなどで対策を取ると良い。(PW経由で覚醒が進むため、PW108個全てで一気に覚醒が起こるわけではない。媒体伝授者の増加と解放の進み具合に依って、部分的に覚醒が起こる)
※実在意識は、統合された全体(包括的)意識であるので、加害者、被害者の意識は存在しない。人間関係の円滑化、シンクロ二シティ、自我と環境の全体把握・・・は、この覚醒が進むにつれて体感レベルで現象化してくる。(25%の覚醒でどこまでそれらの効果が網羅できるかはまだ不明。またアセンション、ディセンションによって差もある)



※媒体の解放のクリアリングリスト(ほんのごく一部抜粋)
====
★ルシファーシステム
 0=∞自我システム 3【Ω】 8エゴ 13絶対領域 108欲求 666マーヤ(幻想)
 【Ω】;媒体に定着したエネルギー 3人間関係、8地球、13銀河、108小ユガ、666神のマインド、0=∞ワンネスシステム

★サタンシステム
 3臓器(肝臓、松果体・・) 8チャクラ 13天体 108ユガネットワーク 666源の身体 0=∞神の体
====

※上記の転載は禁止させて頂きます。ご了承ください。
また上記に対するご質問にはお答え致しかねますので、予めご了承ください。


<注意事項>;以下にご納得頂けた方のみお申し込み頂けます。
※「魂のブループリントの解放」が完了した方のみ受けられます。ご了承ください。
※意識レベルに関して数値をお答えするサービスは致しておりませんので、予めご理解下さい。ご自身でご確認頂きますよう、よろしくお願い致します。
※一生に一度受ければ十分です。(ブロックが戻るようなことはありません)
※お振込み後の返金はいかなる理由があろうとも致しかねますので、予め十分熟慮された上でお申し込み下さい。(一旦解放がスタートすれば、元に戻す(ブロックを再度組み込む)ことはできません。受けることが十分に納得がいき、かつ腑に落ちることを確かめて下さい。)
セッション後3~4日で解放が完了します。どのような方でもこれは同じようです。
 ※残骸の解体期間は、アセンション側、ディセンション側共に実質無くなりました。(同時解体が可能になりました)
※ディセンションサイクルにいる方は、アセンションサイクルの方よりも浄化反応(特に人間関係の不調和)が厳しくなります。
  ※※ディセンションサイクルの方は解放ワークサポートの効果が半減します。
※強力なワークであるため浄化反応(肉体、精神、環境の変化も含め)も他のワークと比べ強く出る場合があります。自分の人生に起こるすべての事に責任を持てない方はご遠慮ください。
 (解放ワークは他のワークと一線を画すものになっています。浄化反応も半端ではありません(私はかなり大変でした)。覚悟を決めてお受けください。※逆に特に好転反応らしきものもなかったという方もいます。たとえ大変でも、耐えられないような浄化反応を「本来のわたしである神我」は課しません。
  ※自我がすがっていた価値観が崩壊するようなショッキングな出来事が起こる可能性は少なからずあります(特にディセンションの方)。実在(自分の本質)に全てを委ねる覚悟がない方にはあまりお勧めできません。
  ※解放後において自我の期待するような効果が出るかは分かりません。(個人差が大きくある)。解放ワークさえ受ければ自分は何もしなくて良いとされる方には向かないワークです。ご注意ください。

※この解放期間中、特に最後の方はサタン的性質(誘惑、暴力など)、ルシファー的性質(支配、偽りなど)と対峙することになります。最後までふんばって下さい。



ワーク名;下限媒体のブループリントの解放

価格 10万円(税込) ※覚醒ワークへ移行したため現在は実施していません。
形式;遠隔
時間;30分 一晩/遠隔

※価格は予告なく変更することがあります。ご了承ください。



★魂と媒体の同時解放
ワーク名;個別自己のブループリントの解放
※魂のブループリントの解放と下限媒体のブループリントの解放をまとめて受ける事ができます。
※この解放ワークは、魂の解放と媒体の解放が上手く組み合わされることで、今まで解放が困難とされてきた方にも適用可能となるワークです。例えば肉体的な障害など、媒体側に多くの問題を抱えるような方は、この解放ワークがお勧めです。
※個別自己の解放は、内容としては魂の解放&媒体の解放と同等であり、差はありません。
※媒体の解放まで完了した方は、受ける必要はありません。
※解放期間は約7日です。

価格 20万5千円(税込)  ※覚醒ワークへ移行したため現在は実施していません。
形式;遠隔
時間;30分 一晩/遠隔

※10%OFF特別制度、初回限定10%OFFはご使用できますが、1回の使用で1万円までの割引となります。このワークのみ2回分使用可能です。よって、最大で2万円の割引が可能です。


ワーク名;個別自己のブループリントの解放(家族版)
魂の解放と媒体の解放を受けられた方は、ご家族に対して個別自己の解放をより安価に受けて頂くことができます。
ご家族で対象となるのは、血縁関係にある二親等までとなります。例えば、子供、兄弟、父、母、祖父・・などです。(配偶者も含めて頂けます)
また5名を超える場合は、5人目から一律3万3千円(税込)/お一人様、となります。
※例;父、母、兄弟1名、祖父、祖母とされる場合は、最初の4名様は5万5千円(税込)/お一人様で、残りの1名様は3万3千円(税込)/お一人様、となります。

価格 5万5千円(税込)/ご家族お一人様  ※覚醒ワークへ移行したため現在は実施していません。
5人目以降は、3万3千円(税込)/お一人様
形式;遠隔

時間;30分 一晩/遠隔
 ※複数の場合も同時に行いますので30分間となります。
※10%OFF特別制度の10%OFFは適用可能です。ただし、お一人様に1回分を適用する形となります。
※初回10%OFFは使用できません。ご了承ください。
※対象となる方の「お名前(カタカナ)、性別、生年月日」もお知らせください。


~~~・2013年2月28日のアップデートについて

・2013年2月28日から魂、媒体(個別自己も含む)の解放のアップデートによる浄化反応の軽減開始されます(軽減の対象者は、魂、媒体(個別自己)の解放を受けている方です)これは絶対障壁のブロックに関して、より影響(浄化反応)の少ない形で解放されるよう意図したアップデートになります。魂、媒体の解放を受けていれば自動で働きますので、特に新規に受ける必要はありません。またディセンションの方には非常に恩恵のあるものです。

 ※アップデート分には特殊な浄化が含まれており、媒体の解放完了後およそ2週間掛かります(ただし、この浄化は媒体の解放が完了している方のみ。750、1000への解放をしている方にはあまり関係がない)。この浄化による浄化反応は軽減分と相殺され、そのためアップデートによる軽減の恩恵は2週間後以降になると思われます。(浄化反応は多少あるかもしれませんが、特別に何か対策を取る必要はあまりないと思われます。解放ワークサポートで十分です) ※この浄化には、ちょうど残骸の解体に対応するものがあります。完了後、およそ2~3週間(ディセンション側は3週間ほど)で浄化反応の程度は、完了前に4~5(個人差あり)になるものと思われます。そのため軽減効果は段階的に表れます。

 ※(1年ほど前解放した)媒体伝授者の解放がどんどんと進行しています。よって、PW経由での自我の死と実在意識の展開が段階的に起こっているため、軽減効果を感じられるのはまだ短期間かもしれません。

アップデート分の浄化は、媒体の解放が完了(残骸は含めない)した時点から開始されます。解放期間は約2週間です。(魂の解放のみの方にはこの浄化は関係ありません)

~~~


<媒体の解放が完了した方へ>

☆「次はどうなるのか?」
媒体の解放後は、次の目的にシフトしていきます。それは地球の媒体の解放です。ただ、それには私たちのある一定数が媒体の解放を完了している必要があります。
この地球の媒体の解放がスタートすることで、それは私たち一人一人にも恩恵があります。

※媒体の解放が完了した方は、(意識階梯の)意識レベル500以上(ブロックの自然解体によって、どこまで上昇するかは個人差がある)となりますが、次のフェーズ750に到達してさらに進むかは選択によって決まります。750に到達するには、魂のブループリントの解放を自ら使えること(魂の解放の伝授を受けている)が必須の条件になります。それは750へと上昇してくためのブロック解除方法が特殊であるためです。(詳細は伝授の時にお伝えし、その解放を行います)
また、今のところ伝授は私も含めトータルで108人までと決めています。750を超える人たちが現れれば、それはまだ解放していない意識レベルの低い状態の人達を劇的に覚醒させます。それも一人で数百万~数千万単位の人達に影響を与えることが可能です。よって、多くの人に伝授する必要はないため、伝授人数は108人と限りがあります。もし伝授を希望される方がいれば、それは何かしら地球および人類全体を覚醒させる共通の目的のある方ではないかと思います。

※750へ向けての解放を行わない場合は、引き続き感情の解放プロセスを行ってください。750へ向けての解放ほど迅速ではありませんが、実在のガイドによって一歩ずつ着実に解放は進みます。もちろん、(解放ポイントという目印としての)不快な現象は起こりますが、自分(個別自己)とは少し距離を置いたところで起こるようになります。



☆媒体の解放Q&A

Q、魂の解放で体感的な意識の拡張を感じましたが、媒体の解放では逆に意識レベルが下がる感じがしました。何か理由がありますか?

理由として2つあります。
・ループ意識(個別自己という自己認識)を解放すると体感的には元に戻る感じになる。
・意識レベルは、開いたゼロポイントを経由してどこまでシステムの奥にアクセスできるかの一つの指標。体感的な意識の拡張度合と一致しているわけではない。(つまり、アクセス領域の拡張と言う意味での意識レベルは上昇しても、体感的な意識の拡張具合は下がることがある。特に媒体の解放ではその傾向がある)

【説明】
魂の解放だけすると、自分の外側に向いた意識の一部が解放によって軽くなり、真我に触れやすくなる。すると真我の意識に自分の意識が同調しやすくなることで、体感的な意識の拡張を感じる可能性がある。真我はより大きな「わたし」という枠組みであるため。
下限媒体の解放は、魂の器の解放であり、自分の内側へ向いた意識の一部を解放している。つまり、魂と媒体の解放によって外側と内側を同時に解放することになり、それは意識の主体(意識の開始点)と意識の客体(意識の到達点)の解放でもある。(媒体(魂の器)の解放は、到達点の解放)
客体としての真我の解放は、(このレベルにおいて部分的な)開始点の自我と到達点の真我を一致させ、そこにシステムの穴を空けます。
単に(部分的に)自我と真我が一致するだけではなく、(その階層においては)システムが束縛できないゼロポイントを開くことで、システムからの抜け道を作ることをしています。
システムの抜け道としてのゼロポイントは自我や真我に空いた穴であるので、自我が真我に対して感じたもの(体感的な意識の拡張など)は、消えていきます。
また元に戻る感覚があるのは、ゼロポイントとしてシステムに開いた穴は(同じシステムの階層では)、(その階層の)意識では体感的に捉えることができないためです。
体感的に捉えることができるのは、(自我の)意識の対象(真我)がシステムの枠組みの中に存在している時です。
空いた穴(ゼロポイント)は(同じ階層のシステムから外れるため)意識の出発点でも到達点でもなくなり、体感的には分からなくなりますが、そこに触れることで次の階層に向けてシステムの解放が可能になります。ゼロポイントはシステム(ブロック)の解放点としての役割を持ち、以降の解放ではそれをよりコアな階層へと拡張させていきます。

※このような経緯があるため、途中から意識レベルの表記を止めました。最初は意識のアクセス領域の拡張に伴う体感はありましたが、それは解放の一過程で生じるものに過ぎず、ある程度進むと拡張に伴う体感という概念は捨てることになりました。
※解放ワークはある程度進むと意識状態がループして戻ってくることを何度も繰り返します。戻ってきた時は一段高い階層に上がっていますが、ゼロポイントを開くことで上がっているので、それによる体感は上記の理由でわずかです。(体感するにはその対象がシステムの中に在る必要があるため。体感できる部分はゼロポイントが開くことで派生的に変化したシステムの箇所に限られ、そのような変化の波は浄化反応として認識されやすい)。システムは螺旋状のループの構造をしているので、(一周回って)上層へ上がっても(上から下側を見ると)同じ位置にいる状態に見えます。



Q、ラップ音が再発し、床や天井、家具も大きな音が鳴ります。また、防犯装置が作動して全てのシャッターがおりて切断されてるように感じるのですが、その様な事はありますか?

同じ体験(ラップ音など)は私にはありませんが、本質との繋がりがシャットアウトされる感じというのは、解放プロセスが進む中で何度もありました。自分にとって特に重要なテーマ(ブロック)が浮上してくる時にそれが障壁となって切断されている感じがしました。(障壁は自我システムの鎧(防御)でもあるので、それが剥がされそうになると(表面化して)抵抗するのは(システムにとって)自然なことです。また、システムが力を蓄積(心の歪など)していると抵抗できる体力が大きいので解放に時間が掛かったり、浄化反応(摩擦)が強くなったりします。)
※私の場合は切断された状態になったら、とりあえずその(ブロックの)出所が分かるようになるまで待ち、ある程度把握できれば解放プロセスを自動化して進める、というのを繰り返しました。※そうすると繋がりが回復します。(解放ワークの一連のワークは、これを何度も繰り返して作っています)
何がその体験を引き起こしているのかを自分の奥に入って見つけ、気付くことでそのテーマ(体験)が終了するということはあります。(何度も繰り返す必要はありますが)。(感情の解放対面セッションでその方法をお伝えしております)
 ※ラップ音など外環境に影響が出る場合、大きな力(歪)が(高い圧力で)内在していることがあります。例えば、トラウマが多くある場合はその傾向が強まるようです。(トラウマは、(脳などに)断片化して蓄積したエネルギーが(自分の意思と関係なく)環境に働きかける力を持っています) ※これらは意識のデフラグなどで扱っています。



Q、媒体の解放が完了しましたが、まだまだ不調和が残っています。何か良い方法はありますか?
引き続き不調和が継続する部分については、次の段階に進まれる方が良いかもしれません。(現在、全体の解放(地球の解放や伝授者の増加)が進行しています。その中で、媒体の解放で行う解放よりも部分的には深い解放がPW経由で行われつつあり、不調和がまだ多くあるなら、その影響を強く受けていると思われます。※全人類がその影響下にありますが、個人が持つ根本的な設定ブロックの種類によって、それが現象面で展開しやすい、しにくいなど(不調和の強弱)の 個人差が生まれます。ちなみに、個人の設定ブロックの解体は、分我外の膜の解体で行います(媒体伝授の後半です))
よって、この部分を迅速に解放していく(放っておいても引きつられて解放されますが、時間が掛かる。また不調和も生じやすい)点では、感情の解放(対面セッション)が有効な方法になり ます。
また対面セッションでは、問題と感じているテーマ(媒体の解放完了後の不調和)にフォーカスして、感情の解放を通して自分の内面と向かい合います。その中で生まれる気付きは重要であり、その気づきと癒し(気付きと癒しは同時に起こる)によって、現象面は変化を始めます。
※魂、媒体(個別自己)の解放は重要な浄化ですが、実在(自身の本質)と繋がるための第一歩になります。媒体の解放後も不調和が多くあるなら、まだご自身で行うべきことが多く残っていると言えます。



Q、媒体の解放まで終わったら、アイムリンクをしても意味がないですか?
A、媒体の解放が終わっても、アイムリンクやその他のエネルギー(アイムフリーダムなど)はまだ役に立ちます。媒体の解放は個別自己という枠組みにおける解放なので、例えばリンクの神との接続は、普遍意識レベルのある表現体との繋がりであるので、個別自己という枠組みを超えたものです。また、アイムフリーダムなどはチャクラに働きかけるエネルギーであるため、やはり個別自己という枠を超えています。(ただし、750へ向けての解放レベルの浄化には及ばない)
解放ワークは地道でコツコツと段階的に解放をしていくワークで、時間は掛かりますが非常に根本的なところにまでアプローチが可能となります。他のエネルギーワークは、解放ワークほど根本的なアプローチではないけれど、今解決したいと思う所を手っ取り早く改善するために有効なワークです。(改善しない問題が残れば、それは解放ワーク、または自己浄化によって根本的なアプローチを始める必要があることを示唆しています)
媒体の解放が終わった後に必要と感じるエネルギーワークがあるのなら、それは受ける事で何かしらの恩恵があるものです。(もちろん、アイムのワークだけでなく他所のワークでも必要なものは実在(~神我)によって提示されます)



Q、媒体の解放が終わり、PWも解放されたら完結しますか?
A、媒体の解放が完了し、残りのPWについても解放された後は、一旦エネルギー的な変化は落ち着きます。ただ、浄化の規模としては小さくなるものの、解放は少しずつ行われていきます。これは媒体の解放ワークのエネルギーが働いているわけではなく、次のような仕組みによるものです。
現在、魂の解放伝授者が少しずつ増えています。その増加とともに、伝授者が属する多くのグループソウルの人達も解放されてゆき、その規模は地球規模になります。そうすると、媒体の解放が終わった方から見て、13個別自己~108グループソウル~666地球(星)というカテゴリーに属するところが部分的に解放されていることになります。(それは同時に、13個別自己~8チャクラシステム~3DNAの対応する部分の解放が起こることを意味する)750、1000へ向けての解放を受けていなくとも、これは起こります。それは全体の流れから必然的なものです。ただし、全体の解放と同時に進行するため、ゆっくりとしたものとなります。自分に生じる浄化反応も規模、影響は小さくはなりますが、期間的には全体の解放スピードに合わせることになるので長くなる可能性があります。
また、さらに全体の解放が進むと、1000へ向けての解放の途中で行われる「絶対障壁の解放」が、媒体の解放のみ終わった方にも生じてきます。ただし、1000への解放ワークでされる解放の50%程度(ただし13個別自己の枠内のみ)に止まります。それでもこの解放は非常に重要です。なぜなら、この「絶対障壁の解放」が進むことで、ゼロポイントフィールドの覚醒が始まるからです。ゼロポイントフィールドとは、実在(空)の自覚点(実在が自分自身のことを思い巡らした最初の意識の焦点)のことです。これは、実在意識、空意識、神意識と呼ばれ、分離のない統合された意識です。この意識が覚醒した状態では、もはや不調和なことを起こすのが困難になってきます。なぜなら、自分、他者、その他全てを包括的、全体的に知る意識であるため、自我からこの意識へのシフトは、被害者、加害者をどこにも作れなくなり、罪というものが幻想であることが分かるからです。



Q、ディセンションサイクルとは何ですか?
宇宙の大きな流れとしてアセンション(意識上昇)サイクルとディセンション(意識下降)サイクルがあります。一人一人は、同じ時間軸を共有しているようで、実はそうではありません。複数のPWを同時に生きていることが無自覚であるように、自分がアセンションサイクルにいるのか、ディセンションサイクルにいるのかも同様に無自覚なのがほとんどです。アセンションサイクルにいる人の場合、過去を振り返ると分離が多くあり、最近の出来事を見ると統合(一体性)をそこに見出すことができます。つまり分離から統合への移行がアセンションサイクルです。ディセンションサイクルはその逆であり、過去(数年前か、数十年前かは個人差がある)を振り返るとかなり上手くいっていた(統合)が、最近はあまり物事が上手くいかなくなった(分離)と感じると思われます。ここで重要なのはアセンションだから良い、ディセンションだから悪い、ということではなく、どちらも進化システムというプログラムであるということです。実は、この進化システムにおいて、アセンションによる統合は表面上上手くいっているように見えるだけという事が分かりました。それは1000へ向けての解放で解体することになる「絶対障壁(実在との分離を生み出す最後の障壁)」が関係しています。(絶対障壁を巧みに使うことで、この統合が可能になる)
実際、アセンションサイクルに全体があるものと当初考えていましたが、解放ワークを受ける方の中にはまだごく一部ですが、このディセンションサイクルにいると思われる方がおられました。そして、解放ワークはこのアセンションとディセンションの進化システム全体の解放も考慮されていることが分かりました。魂の解放伝授者の108人の半数ずつが、それぞれアセンションとディセンションにいる人たちであり、108人の伝授は全体の進化システムの解放に繋がります。この解放によって、全世界(全PWも含む)において実在、つまりは実在意識(ゼロポイント、空意識、神意識)が全てに浸透することになります。(今の所、媒体の解放伝授を受けた場合の覚醒度は100%、媒体の解放まで受けた場合は最大25%程度になるものと推測しています。ただし、媒体の解放までの場合、全体の解放(108人の伝授者が揃う)が進まないと覚醒度は上昇しないので、ある程度待つ必要はあります。)
アセンションサイクル、ディセンションサイクルに居る方のどちらにも、進化システムの解放によって、実在意識の覚醒による真の一体性が訪れることになります。

※この世界は、一人一人に【宇宙】があります。魂の解放伝授ページの「0=∞全魂、3DNA、8チャクラ、13個別自己(今自分と思っているもの)、108グループソウル、666星」というのが【宇宙】のことです。ここに登場してくる人たちは、それがいかにリアルに見えようとも、全て自身のプログラム(例えば、被害者、加害者のプログラムなど)によって無自覚に投影されているものです。あるAさんとBさんが出会うとき、それは【宇宙A】と【宇宙B】が一部だけ交流することであり、この【宇宙A】と【宇宙B】は同じ時間軸(例えば、アセンションサイクルにおける同時間)にいるわけではありません。【宇宙A】はアセンションサイクルの最初の方で、【宇宙B】はディセンションサイクルの終わりの方、という場合もあります。
アセンション、ディセンションは実在から見れば、システムに過ぎず幻想の一部です。(実際、四幻想(時間、空間、粒子、振動)という幻想の上に成り立つシステムです)解放ワークの範疇は、アセンション、ディセンションのシステム(永遠の輪廻)からの自由も意図しています。(解放ワークの内容は、全て実在の意図によるもので、私個人として自我は何ら関与できるものではありません)


Q、疑似ディセンション、疑似アセンションとは何ですか?
通常、進化サイクルにはアセンションサイクルとディセンションサイクルがあります。どちらかに居て、そのサイクルの領域からの影響を受けています。例えば、アセンションであれば、時間の経過とともに分離のエネルギーは縮小(解放)してゆきます。ディセンションは逆に分離のエネルギーが拡大してゆく方向です。(ただし、絶対障壁という根幹にあたるブロック(媒体の伝授ページ参照)について見れば、アセンション方向ではその絶対障壁が組み込まれ統合(真の統合ではない)に向かい、ディセンション方向では絶対障壁が剥がれます。ディセンションは神(実在)に近づくという点においては、アセンションよりも大きな機会を持っていると言えます。ただし、絶対障壁が剥がれる分、今まで隠していた分離のブロックが浮上するため、浄化反応の時に強い現象化(長期に渡る)を伴う場合があります。アセンションもディセンションもシステムである以上、一長一短であり、捉え方によってはプラスにもマイナスにも見えます。)
さて、疑似アセンションですが、これはディセンションサイクルの一部もしくは全部のPW(パラレルワールド)において、時間反転(絶対障壁が関係するブロック)によって疑似的にアセンション状態を作り出すものです。疑似ディセンションは、その逆です。
疑似アセンションの場合、見た目(全体的)にはアセンション(統合)に向かっているように見えても、自分のネックとなる特定の問題になるとディセンションの要素が色濃くあり、非常に分離した現象化を生み出しています。「疑似」を生み出すブロックは完全に隠すことはできず、どこかにボロが出ます。ボロが出る部分が自分にとっていつまでも解決しないネックの問題ということです。
「疑似」を持つ方の場合、例えば、PW108個の内、30%が疑似アセンションの状態で、70%がディセンションの状態という複合的な状態の方もいます。その場合、顕在意識がメインに活動(使用)しているPWが疑似アセンションである場合、本当はディセンションに居ても、表面上アセンションに居るように見えます。(オーリングテストなどでは、その場合アセンションと判定されますが、解放ワーク(特に1000への解放)が進むと四幻想(時間、空間・・・;進化サイクルは四幻想のシステムの下位にある)からの自由度が増すことで、本当は自分がどこにいるのかが明確になってきます。)
現在においては、ディセンションをベース(部分的に疑似アセンションがあっても)にしている場合、解放ワークを受けた方については自動的にディセンションサイクルの減速ワークが働くので、その影響は少なくなっています。


Q、ディセンションサイクルにいる場合、媒体の解放後はどうしたらいいですか?
まずご自身でディセンションサイクルにいるかどうかをオーリングテスト、直立テスト・・・などを使用して確かめて下さい。(また、過去を振り返ることでも、そこにディセンション(調和→分離)が投影されたものがあるかで確認することもできます)
さて媒体の解放後ですが、今の所は解放ワークサポート及び、永久チャージが浄化反応を軽減する唯一の手段となり、新たに有効な軽減方法が開発されるまで、しばらくお待ち頂くことになります。もちろん、750、1000(1500)へ向けての解放により最短(それでも20日+3ヵ月+5か月+5ヶ月)での解放は可能ですが、おそらく浄化反応も半端ないと思われますので、十分ご納得頂いた上でされる必要があります。
※750、1000へ向けての解放をしない場合でも、ゼロポイントの覚醒はいずれ始まりますが、全体の解放(108人の魂の解放伝授)と併せて進行するので、時間が掛かります。
(ゼロポイントの覚醒度が、ほぼ進化システム(アセンション、ディセンションサイクル)からの解放度になると予想され、媒体の解放によりいずれ(最大)25%の覚醒度に至れば、それはディセンションシステムから25%解放されていることになります。※(媒体の解放のみで)25%以上になる可能性もゼロではありませんが、まだその方法は不明です)

※ディセンションサイクルは、何もしなければ自然と分離(内的にも外的(人間関係に表現される)にも)の状態へと移行するサイクルです。またこのサイクルの方の特徴(傾向)として 、非常に抑圧(もしくは気付かない)された感情があるようです。(ディセンションが開始される前は、アセンションのピークを迎えており、特殊なブロック(1000へ向けての解放で解放する「絶対障壁」)を巧みに使うことで疑似的なワンネス(一体性)を実現していました。それは、実際には解放されていない感情があっても、一時的に完全に隠ぺいできてしまうことを意味します。つまり、ディセンションの過程において、感情の解放が非常に難しくなる(時間が掛かる)ことを意味します。今まで感じることのなかったネガティブを感じることになる(どこか他からやってきたものではな く、既に奥深くに存在していた)ので、浄化反応は必然的に厳しいものになります。ただ、それだけ時間が掛かるということは、しっかり感じて解放する必要があるからで、それがここに今肉体を持って生きている理由です。私たちの本質である実在の意図は、どのような感情も感じ尽くし経験することです。また、感情が解放されるに従って、着実に不調和は減ります(すぐには難しいと思いますが)。(その感情と不調和を起こすプログラムはセットになっているため、感情が解放されると同時にプログラムも源へと帰すからです)よって、今できる最善のことは、浮上してくる感情をしっかり捉え、感じ、解放することになります。)
※ディセンションサイクルの方で浄化反応が厳しくなるのは、非常に厳重に感情を解放させない(見つけられないようにする)仕組みがあるため、感情に気付きにくく、例えば不快な出来事を現象化させてわざと感情が浮上しやすい環境をつくることで解放している場合があるからです。


お客様の感想
※注意点 解放プロセス、浄化反応は人それぞれです。参考程度にお願い致します。
※現在、解放期間(2015年6月28日以降に受けた方)は3~4日に短縮されています。((当初)2か月→1か月→約15日→約7日→3~4日と短縮されてきました)
※短縮が可能になったのは、全体の解放が進んだのと、解放ワークの特殊なアップデートが可能になったためです。
※2013年6月19日からは残骸の解体期間は実質ゼロになりました。(厳密には同時進行で解体されます)

☆匿名 男性 ※ワークは下記に記載

2016年GWは予定を入れずに、以下たくさんのワークをお願いし、たくさんの良い効果をもたらすことができたので報告をしたい。

ワーク名
2016年4月28日
・個別自己のブループリントの解放  

2016年5月1日
・アイムヒーリング(霊的浄化:母方の曽祖父)   

2016年5月2日
・アイムヒーリング(父の腰痛)   

2016年5月2日
・再ワーク(恋愛成就&立身出世リンク)    

2016年5月5日 
・ワークフォローヒーリング 

2016年6月1日  
・ネガティブコードカット 


ワーク前
過去に業務上自分自身で整備したことが細部まで詰めきれておらず結果的に失敗するできことがあった。
通院予約がタイミングが合わずに取れない
意思不疎通なできごと発生
システム不具合の対応で、更にまた不具合発生


ワーク中
背中と足の付け根にかゆみが発生
後に頭の中と背中が温かい感触


ワーク後
恩師の偲ぶ会の連絡があり、当時のことを一気に思い出し涙するできことがあった。
言うなれば私の人生の原点のようなもので、努力したらその分報われると言った内容。
しごとにおいて正に価値観の崩壊につながるような出来事が発生。
今後自分の人生にも少なからず影響しそうな感じのできごと。
一方でプライベートはこれまでの経験同様の事をしても、上手く受け入れられず、軽いショックを受けた。
健康面と孤独に対する強烈な焦燥、恐怖感を感じた。
変な夢を見た。
関係性の薄い人とは、縁が途絶えたり途絶えそうになったりし、関係性の濃い人とは、縁が強くさらに濃くなる感じのようなできごとがあった。


ワーク後6日目
断続的な皮膚と目のかゆみ、モヤモヤから怒りの感情をを感じ始めたのでワークフォローヒーリングの申し込みし、翌日実施との連絡をいただいた。


ワーク後7日目
ある人の行動に許せず事後に一人になった時に激昂したところ、段々と腰痛(ぎっくり腰)が強くなり翌日は起き上がるのもやっとになった。
その前日にワークフォローヒーリングの申し込みをしていたので、その浄化反応かと思ったが、実際は個別自己の方の浄化反応だったのだろうと思う。
そう考えると、この日のワークフォローヒーリングを受けていなかったらどうなったんだろうかと、怖い気もする。相手に暴力を振るっていたかもしれない。他者にはなにもしなくて本当によかったと思う
※ただ冷静にこの知人の行動は、過去の私のような行動(時間を守れない、ルーズな連絡等)だったのだろうと。
これもまた投影であるため、如何に人を不快にさせる行動であるかというのがよくわかった。


ワーク後9日目
亡き母の夢を見る。
腰痛が酷く、知人との約束をキャンセルした。
友人から会合の連絡をもらった


ワーク後10日目
またも亡き母の夢を見る。
まだ腰痛が酷く、知人との約束をキャンセルした。
夕方ある瞬間に視界が広がって開けた感じがした。
それまで腰を痛めたのもあり、部屋の片付け・掃除が滞っており、部屋が荒れている事に改めて気付きました。「とても汚い」と。
一旦浄化反応が落ち着いたと気付いた。これはこれまでのワーク後と一緒で、ある瞬間にぱーっと広がる感触と一緒。
滞っていた知人への連絡もぽつぽつと返し始める。


ワーク3週間後以降
会社でモヤモヤ感のまま打ち合わせをしたところ、兎に角、自分自身がバカにされる、からかわれる状況が何度か発生。
ただし、これまでのワークと今回のワークの影響もあり、即座に反応することはなかった。なぜこの人はこんなことを言うのだろう?
私の営みを知られてないなと思うのと同時に私もこの人の営みを知らないのだなという投影的なことが原因と気づく。
たぶんに、浄化反応で私の周りになんらか浮上していたんだと思う。
その数日後、家で感情の解放の手順を見ながらやってみたところ、怒りの感情が相当湧いてきて、大変だった。
家で叫び、まくらと布団を何度も何度も殴ったり蹴ったりした。
その後も何度かそんなことがあり、怒りを自分の中で沈めてから会社では、からかわれる感じがなくなり、穏やかに相互に接してもらうような気がした。
ある種、浄化が進んだので、怒りの感情が静まった後は、知られていない・知らないことを起因してぶつけることも、そもそも必要ない、ま、どーでもいいと思う感じになった。
感情をぶつけるよりも事実はなんだろう、本質的にお互いにいまやるべき必要なことは何だろうなと思うようになった。


ワーク5週間後
ある日の朝、風邪のような症状があり、とても無気力な感じで会社に行きたくない感じになり、会社を1日休んでしまった。
1年以上前に発生した症状と同じく、これはネガティブコードが絡まっていると直ぐに感じた。
これはちょうど数日前他人から受けたネガティブな行動が大きく影響したんだなと。
1年の間にたくさんの人に公私ともに新たに出会っているのもあり、この他人ネガティブなことが大きく影響したのかなーと思い、笠原さんにお願いし随分早めにネガティブコードカットをご対応いただき、すぐに回復した。翌日は出社することができた。
その人からの影響以外に、もしかすると家にあった古い家具が影響したのではないかと思い処分し、だんだんと軽くなってきました。


ワーク後8週間後
父から連絡があり、腰痛の手術をしなくてすみそうだとのこと。
これまで頑固に変えずに通院していた病院を変えたようだ。どういう風の吹き回しか。
ワークの効果ってあったのかなーと、時々思ってたのもあったので、改めて驚いた。


ワーク後9週後
特にシンクロニシティと言えるような事が相当数連発した。
連絡をしようと思っていた人から連絡来たり、自分からしたり、相手もしようと思ったときに私が連絡をするというシーンが何度も続いて、お互いにビックリした。
お店での買い物、しごとでの資料などなども必要、或いは欲しいなぁと思ったときに視界に入るということが何度も続くようになった。


ワーク2ヶ月後頃
特にしごとにおいては、良い結果をたくさん出し始めてきた。
数年前から始めているプロジェクトでは更に良い成果を出し始めた。
はじめた当初では、ここまで成長するとは思えないくらいの大きなものに。
それは宇宙の始まりと同じで、始まりはわずか極小の点に過ぎなかったものが、ある日大爆発をすると、その広がりは時々留まったり、急加速をし続けながら、いまも大きくなり続けている。
恐らく、これはずっと続くのだろうと思えるくらいに。
気づいてみれば更に他にも大きな案件を幾つも熟し、社内では正に私抜きではこの施策・業務は語れないくらいの存在になった。
これまでも努力はしてきたが、それが結果としてここまで結びつくことはこれまでなかったとおもう。
努力して結果が出る。結果が出るから人より更に努力するといった形に奏上した。
はじめは時間も自分だけで相当費やしていたが、だんだんそれが周りを巻き込むようになったので、あまり時間を掛けずとも進むようにもなった。
また人は迷いがなくなると、強くなるのだと自分で体感した。
強くなって打ち合わせでの説得力も増してきたと感じる。自分でも変われたこともわかるが、上司、同僚からもそれは業績の評価として現れた。
正確には高い評価はここ3年近くはずっと安定して得られている。
あれこれアイムさんのワークもちょっとずつお願いしていることが良い影響として返って、来続けているのは間違いない。

人とのやりとりではよく気づきが起こる。
過去では、感情の暴走が発生し、その人に対して怒りを発することにより人間関係が拗れることがあったが、そうならずに留まっている。
一人でいるときに、家で叫んだりなどして感情を解放することによって、実際に怒りの矛先である人と接しても、
相互に納得をしながら話をすることができることが何度か起こることに気づいた。

人以外にでもよく気づきが生じる。
しごと、物事、片付け等を効率的に進めること、近道を探す、新しい経路を見つける等あーこういうやり方があったか!といった具合に気づくことが何度かあった。
恐らく、今後も気づきは増えるのだとおもう。
更にスムーズにあれこれ進めるためには、感情の解放を行うことが最も重要だと感じている。
なぜなら、過去の大半の失敗、スムーズに進められなかったのは、無駄な感情の暴走がたくさんあったことが原因と、幾つかこのタイミングで沸き起こってきたから。

笠原さん、今回もご対応ありがとうございました。



☆M.K様 女性

 ワーク中は特に何も感じず、通常通り過ごしていました。
魂のブループリントの解放後からさまざまなものが広がりを見せていたのですが、ワーク申し込み後よりゆるやかに下降を始めました。魂のブループリントの解放時には、とにかく大きな感情の爆発があり、戦隊もののヒーローのように爆発の中を駆け上がる状態だったのに対し、感情が爆発もなく、家族にも変化もなく、だただ日常をすごしていました。ただ、あれ?っと何か引っかかる程度ですが、凄まじいスピードでおきていた様々な変化が、わずかずつ失速をはじめているように感じ、下がってる?まさかね。浄化作用かなと思い直しすごしていました。

2週間後、完全に魂のブループリントの解放前の状態になり、まさかねと思っていたけれどこれは間違いない。他の方の感想を読んでみてもだれも戻ったと書かれた方がいらっしゃらない、これは何がおきているんだろうか、何をしたらいいんだろうかと思ったので、質問をさせて頂きました。(お返事はQ&A”魂の解放で体感的な意識の拡張を感じましたが”に掲載されています)
あぁそうなのか。わかりにくいが一段あがっているのか~と安心し、流れに任せようと更に観察を続けました。

しかし下降が続き、パキンパキンと天井や家具がなりはじめ3日後には音がかなり大きく頻繁に鳴るようになりました。そして今まで受けたワークがすべて切断され感じることができなくなり、さらに何重にもシャッターが下りている感じになりました。おもりがついているかのような身動きが取れない息苦しさを感じ、何度も質問してすいませんと思いつつ、再度質問をさせて頂きました。(お返事はQ&A”ラップ音が再発し、床や天井、家具も”に掲載されています)
ワークを受けた際「勝てる」という言葉が浮かんだときは、なんだろうかと特に気にもとめてなかったけれど、そういうことかと納得しました。

ワークを申込みする前に、感情の爆発もショッキングな出来事も乗り越える!よし来い!何もおきなかったらおきなかったで大丈夫!!と覚悟を決めたのですが、身動きが取れない息苦しさを何とかしようとワークを受けたり、参加してきたんだけど数年前からお金ためて頑張った、過去受けたワークがすべてゼロになるなんて想定してなかったよぉとへこみましたが、今は、ここで止まっててもしょうがない。とりあえず出口を探すかとのろのろですが、暗いトンネルの中で模索中です。

受けてよかったかどうか聞かれたら、正直わからないですが、この状態になることもあると共有したほうがいいと思い、感想を送らせていただきました。

ありがとうございました。



☆匿名 女性 エリクサー身体付与&下限媒体のブループリントの解放

『前回、匿名で、下限媒体ブループリント解放を受けた後、救急車で運ばれて子宮の癌だったと書いた者ですが、<エリクサー身体付与>の感想と一緒に追加で感想させて頂きます。
正解には、子宮ケイ癌でした。病院でそのように診断されてから、不安で不安で、下限~を受けたから、金銭的にも余裕もなく、とりあえず、笠原さんに色々相談した結果、<エリクサー身体付与>2倍を受けました。
笠原さんは、エネルギーと、飲む用の両方するのを、すすめられ、私もそう思いましたが、金銭的都合で、エネルギー2倍だけ受ける事に。

ワークの時は、原始の土や太陽のパワーのような、強いアマゾンやアフリカの明るさみたいなものを感じました。別ページの説明文を読んでも、かなり良い感じがしました。
私はこのエネルギーの方を、退院後一ヶ月までの約3~4カ月、途中1.5倍にもしましたが続けてて、有効期間が一ヶ月で、まだ追加を頼んでなくて切れた時、実は再度、出血多量で救急車で搬送されました。
しかもこの2回目の時は、もう少しで失血死する可能性もあったという事で、生まれて始めて、あのような体験をし、一瞬、気を失ったのか、あの世にいきかけたのか、本当にきつくて、本気でヤバかったです。
私の小さな呼びかけに、運よく母が気づき、気を失ってる私を大きい声で呼び続けて…、あ~、あの時のキツさと恐怖は、リアリティーがありすぎて、思い出したくないです。とりあえず、救急車に運ばれて、一命をとりとめ、それからそのまま入院になりました。
私は、最初の診断を受けてから、最初、現実を受け入れなかったのと、入院するまでに受けなきゃいけない検査の順番待ちが長いのと、途中病院を変えたりで、2か月以上過ぎてて、ずっと出血してて、それでもエリクサーをしてた期間の最も出血する予定の時は、異常なまでの出血はせずにすんで大丈夫だったのに、有効期間が切れてからこうなったので、アレしなかったからか!と、少しビビりました。

それでエリクサーのエネルギーだけ続ける事に。私は、この下限~は大きな学びになったと思います。
入院中、いろんな思いを味わいました。生きるか死ぬか。治療の過酷さ。死の恐怖。生きる事、死ぬ事。一期一会。
私は、最後まで自分を信じるというのを、非常に試された時でもありました。
それも、最悪な副作用のひどさと、病院や先生からの恐怖心やらで、ヤバイくらいな中で、気持ちを前向きに保つのは、どれだけ難しいか。でも、最初から私は自分の直感を信じ、まず、本当にこれが私の運命なのかと自分に問うと、違う感じが。
女性性と子宮は私の最も重要で大きなテーマであるはずなのに、子宮をなくすなんて、考えられない。手術拒否。放射線と髪が比較的抜けない抗がん剤をする事に。これが、きつい。私には副作用がとても強くて、きつい。
年輩の方よりも副作用の出方がひどい。どれだけ、健康とか、普通に食べれる事とかを痛感させられた事か。
しかも地獄のように治療が繰り返し続く、そんな中、私はある程度、以前から引き寄せはできていたので、気持ちやイメージが現実を作る事も知っていたし、症状そのものより、こうなった原因をみる必要がある事も知ってて、自分を大事にできなかった事や、親を憎んだ事など、色々反省、内観し、ブロック解除をセルフでしながら、常に恐怖や不安や過酷な副作用と戦いながら、自分の気持ちを強く明るく前向きに保つのに、病院や先生や治療は、逆効果にすらなって、何回も悪いイメージや気持ちになりながら、私は自分を信じる事を試されてるんだと、感じました。

私は、医者や病院の言う事より、自分の勘を信じる方だから、最初から最後まで、自分で選び、決めました。私は絶対治す、元に戻す確信が、あったため、手術拒否、さらに子宮を守るため、残忍にすら見える放射線治療のラウス拒否(これはかなり、相当異例)。
先生からは散々私のためを思っての警告を受けましたが(この警告は散々私の恐怖心をあおり、情緒不安になり、試練に。)、私は自分の心の声に従いました。
子宮の声にもしたがいました。私はしない方が治ると思いました。
なぜなら私の目的は、こうなる前の健康な元の情態に戻る事だったし、それは私の中で正しい流れだと感じたので、子宮を殺すより、生かしたかったからです。私は医学?は進歩してないなと思いました。今回の癌の治療法をみて。

それに、心の声と同時に体の声を聴くのも大事で、子宮の声に従いました。
本当、色んなイメージが湧くし、子宮は、夕陽やら太陽やら。あと、無意識をイメージでとらえたり。極限の状態に色々なるし、大天使ミカエルと、特に、大天使ラファエルには、今回本当に助けてもらって、リスクのある放射線の治療に変わって、受ける度に、必要な所にだけ、きれいに当たって、当たる必要のない所には、絶対当たらないようにとか、最善な治療になるように守ってもらって、それを、その存在をはっきり強く実感しました。自分を信じるというテーマ。その後も何度も、後遺症のせいか、不安になったりしましたが、その度にまた、自分を信じたり、まだ安定まではしてないけど、結果、私はラウス受けてないのに、MRIやCTの結果は、画像でみる限り腫瘍がなくなってて、先生達はびっくりしたそうです。
私は必要あってこうなったんだと思うのは、なぜか、こうなる前、診断された時点で、そういう事をしなかったかというと、不思議な事に、なぜか、そうする気にならなかったためです。
私はこれを機に、色々な事が自分の中で、大きく良い方に変わったのを感じます。親とも、これを機に関係性が変わりました。神様に感謝します。

笠原さん、ありがとうございました。』



☆匿名 女性 個別自己のブループリントの解放

何年も前から魂と媒体の解放を受けたいと思っていました。

以前受けた新世紀DNA完全覚醒の肉体的な浄化反応がとても辛かった為、粗方自分の内面が整うまでは受けるのが怖くて避けていました。

このワークに興味を持った頃よりもずっと自己浄化が進み、霊的成長に関する関心が急速に高まってはいるものの、なかなか次のステップに進めていない自分を打破したくて申し込みました。

他のワークも複数同時に申し込みましたが、強烈な浄化反応が出る事がなく、2か月くらいは停滞感が続き、想像していたよりもなかなか自分の意識が上昇していかない事に焦りと苛立ちを覚える時もありました。

解放中のおすすめの本をぽつぽつと読み始めると、それまで私が勉強して来た内容に新しい話が盛り込まれていて、とても有意義な時間を過ごす事が出来ました。

その時私は「もっと成長したい、もっと学びたい」という自分の気持ちを知りました。

私はディセンションサイクルでかなり意識レベルの低い所から這い上がって来た人生でした。受けた時は恐らく200くらいだったんじゃないかと思います。

早く人生良くなりたい、生き易くなりたい、自分が何をしたいのか知りたい、と必死だった期間が長かったので早く効果を期待してしまい、意識レベルが変わらないとピリピリしやすかったです。

無駄に苛ついてもしょうがないので、他のワークの経過観察や読書に時間を費やし、時々意識レベルのセルフオーリングテストをすると少しずつ上がっているようです。

あまりセルフオーリングテストには自信がないので各レベルの特徴の文面を見ると、最近それに当てはまる言動をしている自分に気が付きました。

もっと一気に引きあがるのかと思った時もありましたし、停滞している時にはフラストレーションも溜まりますが、着実にその時の課題と向き合う状況になるので、結果的には次の段階に行けるんだなとそのうち分かるようになりました。

渦中にいる時は長い期間だった気がしましたが、4か月で観ている世界が結構変わりました。

次の段階に行く頃の不安定な時期には、意識レベルの振れ幅が少し大きくなるみたいです。

電流が走って一気に目覚めるみたいな事はなく、違和感無く緩やかな坂を上るように成長していけている気がします。

以前とは違い、多少停滞してもいずれは解決出来ると信じられるようになって来ました。

自分の成長に希望を持てるようになって良かったです。

また、自分の進む道を自分で見つけられつつあります。

有難う御座いました。



☆匿名 女性

魂の方は他者から以前受けていて、私にとっては、肉体側の問題が多いから浄化反応が大変かも知れないと思いつつ、絶対いずれ受けたいと思ってました。受ける前に、別の解放ワークをした方が浄化反応が少しは抑えられるかもしれないと恐怖していましたが、解放サポートしてたのと、値段的に結果同じくらいかかるから、もう受けてしまおうと申込みをした次の日の朝、出勤だったのですが、救急車で運ばれました。もっとも、下限媒体を受けるか決める前から、その兆候があった病気なのですが、ちょうどその日に血が止まらなくなり、倒れ、そういう事に。そして、拷問のような痛い検査を長時間して、結果、子宮の癌でした。

笠原様によると、隠れていた病気を早期発見させて治させる浄化反応もあるとの事。私は30代前半で独身で、今まで、子供の時から、虐待、相当酷いアトピー、そこからくる生活苦で苦労してきて、やっと数年前から自力の精神分析で、かなりギリギリで、やっと昼まともに働ける人になり、それを周りに悟られないように、努力し、はっきり言ってかなりまじめに一生懸命、働いてきて、最近では仕事があり得ないくらい忙しく、何回か、過労死するんじゃないかと思ってた矢先でした。
それに加え、昔からある原因がはっきり分からないのに強烈な心の傷を抱えており、それは主に父親からのもので、それが相当に私の女性性を抑えていて、傷つけられた分、私は女性としての自分を出せない、楽しめない苦しさを、しつこく長く抱えていて、私は父親が気持ち悪い、絶対に許せない何かが、はっきりあるのに、はっきりしない、どう解決していいか分からないものをずっと、抱えていて、それは、悲しみや恨みとなって、私の女性としてのコンプレックスや苦痛となっていました。そして、表現方法が分からないから、誰にも伝えられない。
一応、善かれ悪しかれ、私には彼氏という存在は、その時、その時で、いるものの、何か本当には満たされた事はない。
私は女性としての自分を否定してしまい、それがいつも苦しかった。
そしたら、今度は子宮癌になり、他に転移するまえに全摘しなきゃならない、横のリンパもヤバイかもしれないとか、そうした後のこれからの後遺症考えても、これまでの苦しみ考えても、何のために生まれてきたんだか。どこからどこまでが下限媒体~の反応か分かりませんが、私も泣く、母も泣く、周りの人はみんな優しかったです。今の彼も、私はそこまで詳細言わず、別れようとしたら、察して、俺はもう受け止めたから、一緒にがんばろうと言ってくれて、今回の事は、私にしては、さすがにめずらしく大泣きした話しで、でも私は、とっても、とっても、現実が信じられなくて、今でも、何かの間違いじゃないかと本気で思い、本当にこれが私の運命なのかと、大して遊んでもなく、この件で仕事もやっとキャリアをつんでたのに、退社になり、私はまだ現実を受け入れずにいる。次の診断と検査の日まで、周囲の反対をおしきり、手術を決める日を延ばし。それで、私は下限媒体~受けてから、弱ってるのも重なり、相当、寝ました。
あと、最初の方、ものすごく頭が痛かったです。
これからどうなるか、分かりません。子宮なくなったら、最終的に、私は悟りをひらくでしょう。今はまだ現実感がありませんが。その理屈でいくと、さらに伝授に進むにつれ、悟りをひらくために、足やら腕の一本でももっていかれるのでしょうか?とでも言いたくなります………。まさかとは思いますけど…。
私は現実がどうなるか、まだ受け止めてませんが、次の検査結果の時に、違う結果になるかも知れないし、まだ分かりません。私が今の時点で言える事は、今まで全く自分の時間なかったのに、たくさん、ゆっくり寝る時間ができた事と、どちらにしても、大きなターニングポイントになったということでした。
あと、お勧めのマネーゲームの本を、何か助かるかもしれないと思って、読んだけど、途中から高度すぎて分からなくなりました。私以外のが全部ホログラムなら、私が何か破壊したり、人刺したりしても、それは、ホログラムでって意味ですか?(やらないですけど)私はバカかも知れないけど、アレ信じようと思ったら、そういう疑問がわいてきたのですが…。
まあ、まだ途中なので、どうなるか、分かりません。
笠原様には、メールで色々丁寧に答えて頂き、ありがとうございました。



☆T.H様 女性 個別自己のブループリントの解放

セッション当日は、たまたまアイムさんの無償ワークにも申し込んでいたのでそれもよかったのだろうと思いますが、浄化反応とみられる感情の波も耐えられるレベルでした。

とにかく2か月前のこととは思えないほど昔のことに感じられて、自分の中で何かがものすごいスピードで変化しているのだろうと思います。

どんどん忘れていくので日々の変化をメモしておけばよかったな…。

私はセッション前からある程度、思考や感情の制限解放を試みていたのですが、それが段々と加速しているのがわかります。

同時に、ゆるぎない確信のような何かが日増しにおおきくなりつつあります。

周囲の状況に左右されることが明らかに減りました。

そうなると、まず同居家族の態度や言動が変わったのを感じます。

以前は拒否され、暗礁にのりあげていたことが受容れられ、再開するなど…。

自分でどうにかしようという気はほぼ起きなくなり、自然に相手に任せるようになっています。

8月に入ったある日、就寝前に横たわった状態でまだ眠ってはいなかったのですが、ふと気づくと意識の枠?が薄らいだような感じがして自分が透明になり、普段は自分の外側のものと認識していることが実は自分の意識の中にあるのだなぁ…といたって自然に感じられました。

頭で理解しているのとは違う初めての感覚でした。今後も引き続き、自分で思考や感情の解放を続けていきながら、必要ならセッションやワークをお願いしたいと思います。

最後になりましたが、アイムさんとつながれたことにとても感謝しています。

本当にありがとうございました。



☆S.A様 女性 個別自己のブループリントの解放(家族版)

【好転反応反応期間】
私はアトピーの薬を塗る事を拒む。落屑する皮膚の上に化粧をして接客業を営む毎日。
お金まわりがとにかく悪く、支払いものが全て滞る。仕送りもできず。
旦那の仕事が定まらず、仕事をしない、転職してもすぐ辞める。
家族に入院者が現れ、妹は車で事故を起こし、相手の人に怪我をさせる。祖母は足が悪くなって立てなくなった。畑もマンションが建って、できなくなった。(生きがいの欠如)
まわりの同僚が恋愛話やセックスの話をしている。(恋愛依存、セックス依存)
私もしつこく会えなくなった過去世で旦那役をしてくれた人を想って泣くときもある。
お客様が関西人から名古屋系に変わった。(関西は旦那の出身地で名古屋は旦那が昔住んでいたところ。)
職場のトイレ、雨漏り。(お金に関するワークを買うと、決まって調子の悪いトイレが身近に発生するけど、本当にトイレとお金って関連があるんだなと実感します。)
飼ってる猫が膀胱炎気味でトイレ付近でおもらしする。また、結構よく食べる。
体重の増減が多々ある。
昼 間の仕事場で確認する仕事なのに裸眼でやってる女の子がいた。作業効率は著しく悪い。メガネやコンタクトを付けない理由を聞いても答えてくれず。上司もそ れに気がついて、個別に別の仕事を与えていた。いろいろ要素はあるけれど、昔、いじめられたとか、人よりも劣った状態を維持する事で、まわりの人に対する 優しさを発している子なのかなと少し思った。作業に関しては真面目で手を抜く子では無かった。また、優しい子だった。
頭を使って簡単で効率の良い 方法を行おうとすると、まわりから嫌がられ、邪魔された。凄く不満だったが、後から「賢さ、頭を使うこと<協調性」な人たちが集まってるんだ。そしてブ ロックがあって言ってる事が理解できない人もいるんだと気付いたら、そんなに作業の邪魔をされなくなった。

6月6日
注文した。
体が死ぬほどかゆい。(アトピー)
冷蔵庫の中がアロマオイル臭いと言われる。(旦那は物凄く鼻が良いので、凄く嫌がっている)見るとアロマオイルが垂れて大量に溢れていた。
仕事場の同僚のIHヒーターが付かない。また、職場に好きな人がいるらしく、その話をずっとしている。(1つの空間に1人好きな人が出来るらしく、同時に沢山の人を好きになれる人らしい。余りに軽いので、誰も真剣に話を聞いていない。)
旦那はヒーリングを買うのを嫌がっている。(そういう事を否定はしないが、関心のない人だから)

6月7日
旦那嘔吐。寝込む。
髪の毛を切りに行きたいのに予約が取れない。

6月10日
ダブルワークの仕事先の面接2つ受け、どちらも落ちる。この期間は大人しく待てということか。
久しぶりにお客さん、多くつく。

6月11日
旦那の機嫌が凄く悪い。私と別れたいみたい。
アトピーは薬を塗って、症状は良くなる。
忘れられない男の子のことをずっと悪く思ったり、彼に対する感情の起伏が激しい。付き合う対象ではない人だったのに、ずっと忘れられない。あっちに生霊とか送ってたらやだなぁ。早く執着心が無くなりますように。
漫画を少し描いた。何年ぶりだろう?漫画家になりたいなぁ。
頭がボーッとする。
職場のトイレ、雨漏り。天井とか剥がされてるし。
バ ツイチ子持ちの同僚が彼氏から沖縄移住を誘われてるらしい。彼氏はすでに沖縄に居て、お金持ってて、子供好きで、15年も同僚の事を好きだったらしい。行 かない理由が無いじゃないと言うと、「今くらいの距離感が丁度良い」と。でも、きっとこのヒーリングワーク後は行くんだろうなと思う。いいなあ。人生の ゴールインだ。羨ましい。帰ると旦那の機嫌が少し良好に。

6月12日
なんか、激しい夢を見たが忘れた。
バイト、電話口でことごとく不採用。縁のあるところにしか行けないし、今は本当に時期じゃないんだなと思う。何も出来ない今が、とにかく暇だ。スクリーントーンを買うべきか、プリンターを買って、ソフトでスクリーントーン貼るか、迷ってる。
映画でも見るか。
馬鹿みたいに稼いだ。今までで最高額だ。
たくさん稼いだので、家に帰ると待遇が違った。旦那からも「稼いできたら、これだけ違うんですよ。だから頑張ってね。」と言われた。
野良猫を触るのに成功した。(あとから聞いたら旦那も成功したらしい)ヒーリングの浄化期間はいつも野良猫がやたら愛想が良くなる。嬉しい(*^^*)。

6月13日
やっと美容院の予約が取れた。エネルギーが抜けたのかな?
家賃を支払えた。旦那が家事をやってくれる。良い旦那だ‼︎

6月15日
勉強したくなり、少しする。本も買う。
インナーチャイルドについて調べる。私が忘れられない人に執着するのはインナーチャイルドが原因だと思う。早く楽になりたい。
頭皮の荒れがキツくなってきた。昨日、美容院に行ってシャンプー、トリートメントしたから?(最近塩シャンプーと酢リンスで頭を洗っている)
お客様の質が悪い。気分が悪い。
同僚、3つ目の靴が壊れる。ガムテープで補強していた。

6月16日
新月ということも含めて、死ぬほどイライラする。
旦那、変な所で寝ていた。記憶が無いらしい。
旦那のことがとにかく嫌いだが、旦那は私にお土産を買ってくれている。私はいつも自分の分のご飯しか作らない。
勉強していた。記憶力が悪くて嫌になる。コツコツやれば、いつかは定着するよ。
忘れられない人に対する怒りとやるせなさがハンパない。インナーチャイルド…。いつかヒーリング受けよう。いつか、彼に感謝できる日が来るのかなぁ。
イライラが凄い。
猫のおもらしは毎日だ。でも毎日一回しかしないなぁ。

6月17日
猫、おもらし2回した。何かメッセージでもあるの?この現象。
子供のおねしょは ① 両親のどちらか、あるいは両方が不倫をしてる。② その子自身がセクシャルな問題を抱えている。
と聞いたことがあるけど…。どっちもある様な、ない様な。
自分の子供時代を思い出す。

6月18日
覚える為に替え歌を作った。普通に覚えた方が早いとは思うけど、長い目で見たら、こっちの方が記憶が定着しそうで。色々やりゃーいいさ。
今日で浄化期間は終わり?昨日?
私のインナーチャイルドは物凄い大暴れしてるけど。浄化した事で底にいたインナーチャイルドが表面化したと見ていいのかな?
自立心と、孤独、人嫌いがセットになってると感じる。その二面性の激しい自分がまた嫌いではない。芸術の方に昇華させれば一番良いと感じる。何もヒーリングだけが全てではないと思うし。
やりたい事、学びたい事は沢山ある。お金が足りない。
お客様に振られる。激しくショック。人から拒絶されたり、断られることに対して、心の傷があるんだろうなぁ。だから、人と距離を取りたがる。だから、最初から望まない。お客様でこうなら、プライベートでの人付き合いなんて出来るわけないじゃん。
旦那は少し落ち着いてるように見える。表情が穏やか。大人になった?
又一つ面接落ちた。電話越しだから、まだマシ。
明日は無事、ダブルワーク先、見つかるといいなぁ。

6月26日
仕事場で送別会。同僚と飲み。その際にヒーリングワークの話をしたけど、借金ある人も、ヒーリングワークはまだいいという。ヒーリングワークに頼らないのかぁ。強い。
売れ線の女の子たちが店長と行き違いを起こして仕事に出れなくなった。
お金まわりはよくなりつつある。新しいお客様が少しづつ増えてきてる。ウィッグも買って、外観のグレードが少し又上がった。
ダブルワーク先も見つかった。又風俗店だ。(超ソフトサービス。キスもなし。)
普通の仕事は6件位落ちた。
やっと職場のトイレが2つ使える様になった。
猫のおもらしは少し減った。私が見てる時だけお漏らしする。
旦那には近々マネーパスを付けるので、その好転反応が起こってて、凄く辛そう。腰が痛くて仕事休んでる。


こんな感じの浄化期間でした。
宇宙の様な規模の人間ひとりひとりの深層心理を一つの人生で全て浄化しようと思う方が
おかしいのかもしれないと思いました。浄化しても浄化しても、何かが又出てきてキリがないです(´-`).。oO。

前のヒーリングワークに関してですが、私はADHDっぽい所があったのですが、普通の仕事をして、睡眠不足でも、仕事はまわりの人よりも早いくらいの作業効率になってました。何やらせても不器用で、頑張って人並み位だったのに。
あと、同僚のパニック障害の発作が出なくなったそうです。10数年患っていたのに。凄いです。
あと、少しだけグランディング力が増した気がします。凄くありがたいです。頭でっかちな所があるので。

心のこもったヒーリングワーク、ありがとうございました(*^^*)。



☆匿名 女性 個別自己のブループリントの解放(家族版)

昨日は、私の子供に対して【個別自己家族版】を施術して頂きました。

私個人への個別自己の時は、自力ではどうにも動かない問題を委ねるつもりでお願いしました。数年間、某ヒーリングを学んで自己浄化に努めてきたこともあり、個別自己による事前浄化、セッション後の浄化は、二度ほどお腹が緩んだ程度で激しい浄化はありませんでした。

子供に関しては、施術日当日学校を休むなどあり、覚悟して対応した方が良さそうです。

今 回は子供に口頭で了解を得ず、子供のハイヤーセルフに確認して申し込みをしました。子供と生まれる以前に約束した「悪癖で母親を困らす」「困難な子育てを 通じて学ぶ。どんな子でも丸ごと愛する」を、解消もしくは軽減したかったからです。私自身の立場からは、「次の学びに移行したい」こと、子供への気持ちと しては、「私との約束があるために前向きな学びを志向できないとしたら解消してやりたい」という気持ちでした。

私自身の両親との関係は、 自己浄化することで関係改善しましたが、子供との関係は自分の浄化だけでは解消できない壁が私の場合はありました。子供が成長過程で学びたいことを途中で 改変することに私自身抵抗があったからです。そのため申し込みの際、笠原さんからも個別自己の施術が可能か確認して頂きました。私のエゴで突っ走っていな いか不安がありましたので。

施術後、一夜明けて私の方の気持ちの切り替えは、スッキリできたようです。子供との関係の問題に対しても、前向きにセルフワークができそうな印象です。

私自身の性格としてはケチというか、個別自己の解放は、私にとってとても高額で、元を取るためにセルフワークを確実にこなしていきたいと思っています。今回子供が家族版を受けたことで、一人当たりは減額になりましたが、貪欲?にこのワークの成果を現実に落としたいですね。

笠原さま、この度は、改変のきっかけを頂きありがとうございました。



☆N.W様 女性 個別自己のブループリントの解放

事前に解放ワークサポートを受け、その時点で浮上していた不調和なものが浄化され、頭も冴えて、身体も軽くなり、心身ともにスッキリしてから申し込みました。

前半は、日中眠かったです。睡眠不足時の眠気とは違う眠さでした。

気だるさはなく、寝入ることもなく、ふわふわと心地良い眠気でした。

眠いはずなのに、夜は寝付きが悪く、明け方にやっと就寝という日もよくありました。

気分は安定していました。

前半を終えた頃、就寝時にシャーンという機械音ような、日常では耳にしない音が複数回聞こえました。

なにかが切り替わる音なのかなと思いました。

後半は、日中の眠気は軽減され、夜も寝付きが良くなりました。

時折イライラとしましたが、RSEプレートを持つと落ち着きました。

何事もなく、解放期間を終えました。

ありがとうございました。



☆A.O様 女性 個別自己のブループリントの解放

「個別自己のブループリントの解放」を受けて、2ヶ月近く経ちました。

大きく変化したのは、これまで自らヒーリングワークをしても中々解消できなかった点が、ある気付きの機会が訪れると、さくっと解消される確率が上がったことでしょうか?

身体も以前より諸所柔らかくなり、心身共に変化を感じているところです。

全般的に大きく変容するとこれまでの願望や目標も変化してきます。その前向きな建て直しに現在時間をかけている所です。

笠原様 この度はお世話になり、ありがとうございました。



☆A.K様 男性

私は1年前に、魂のブループリント解放ワークを受けました。それから、早く下限媒体の解放ワークも受けたいと思っていましたが、ワークの費用が出来ず、悶々とした日々を過ごしておりました。
ただ、待っている間に、笠原さまから解放ワークでのお勧めの本を読み、解放ワークに関しての知識を深める事にしました。
中でも、『ザ・マネーゲームから脱出する方法』は凄くハマって、自分でもプロセスをやってみたりもしました。
でもプロセスだけで解放ワークをすると、『540万回転生しないと無理』との事が笠原さまのHPに書かれていたので、途中で辞めました(笑)余談ですが、この、ザ・マネーゲームから脱出する方の本を読む時、BGMとして『スーパーマンのテーマ』を良く聴いてました。
無限の力=スーパーマンというイメージがそこに有ったからです。

下限媒体のブループリント解放ワークをやって頂く前は、皆さんの感想を見て『浄化反応』の凄さにビビり何回も辞めようかと思ってましたがやってみての感想としては、『やって良かった!』という一言につきます☆

今まで苦しい人生でしたし、解放ワークを受けて浄化反応がキツかったら、多分私は自殺するだろうと考えていました。
そこまで、ギリギリに追い詰められていました。

それなら、今までお世話になった方に、感謝を形で表そうと思い、人生初めてのボーナスでお歳暮を贈ったり、(今までは貧乏過ぎてそんな事出来ませんでした。)
友達の子供に玩具のプレゼントを買ったりして、万が一死んでも悔いのない様にしました。

そして、ワーク当日、すさまじいエネルギーが身体を通りました。

私の浄化期間は7日ピッタリでした。浄化期間中は、自我が崩壊する様なショッキングな事は皆無でした。
ただ、私に流れるエネルギーの量が大量でして、夜中、寝てると、パチパチとラップ現象があったり、トイレが近くて熟睡出来ない事もありました。

何故ショッキングな事が無かったのか?ですが、魂のブループリント解放ワークから下限媒体のブループリント解放ワークを受ける間に、ちょこちょこと、笠原さまに、その時に出来るワークをお願いして、その浄化反応で解放していたお陰もあったかも知れません。

お金、人間関係、色々大変な事は、下限媒体解放ワークを受ける前の、1年で沢山ありましたが、今は生きているだけでもう充分という気分です。

実在について。
解放ワークが終わって、『実在ってどんなものなんだろう』と思い、ここ2、3日実在と繋がってみました。
私の勝手な想像ですが、マンガの『一休さん』がイメージで出て来ます。
私が思っている事などを質問すると、とんちの効いた答えが帰ってくるからです(笑)
もしかしたら、繋がっているのは、実在じゃないかも知れませんが、今度笠原さまにお会いした時(体面セッション時)に聞いてみたいと思います。
また、私が解放ワーク中に体調面でツラかった時、実在に『テメェ、ふざけんじゃねぇ!』と文句を言ったら、不思議と身体が楽になる事もありました(笑)
※これらは、あくまでも私の感覚なのでマネしないで下さいね!人によっては実在からしっぺ返しがくると思います!

さて、下限媒体のブループリント解放ワーク中に、笠原さまへ2回もアフターフォローヒーリングを行って頂きました。
仕事が、年末で忙しい時に、下限媒体のブループリント解放ワークを受けるので、倒れないように2回お願いしました。
仕事は31日の大晦日まであり、その間に、退職するスタッフの送別会や、インフルエンザで重要なスタッフが何人も休みに入るなど、大変な事が次々と重なりましたが、アフターフォローヒーリングで切り抜ける事が出来ました。また、ワーク最後の方では、誘惑など色々な現象も出てきそうになりましたが、何とか思い止まり踏ん張る事も出来ました。

そして、ワークが終了し翌日朝を迎えた時、身体と心がとても楽になっておりました。

昔の自分に戻れた感覚です。

そして、今までの負を解放ワークで大掃除をして、2015年のお正月を無事迎えられた事が本当に嬉しかったです♪

思い起こせば、16歳位から人生の不調和が始まり、思いがけない事故に会い、病気にもなり、信じていた家族の裏切りもあり、貧乏のどん底も味わい、仕事も転々として、色々と不幸の連鎖が止まらない人生でしたが、そこから一歩出れた感はあります。

笠原さまのワークで、人生が明るい方向へ行っていると確信しております。

笠原さま本当にありがとうございました!

今後もどうぞ宜しくお願い致します☆



☆N.T様 女性 個別自己のブループリントの解放

●ワーク前
2,3週間前から鬱状態のような絶望感があらわれ、入金後は、さらにひどい絶望感がありました。何をしていても辛い状態で、仕事に行くのが辛くて仕方ない状態でした。休みの日も落ち込みが酷く、布団から出られないほどだった。1週間は、毎日凄く辛かった。

●ワーク当日(1日目)
ワークの時間になると、体全体がピリピリしてきて、古傷(骨折した部分)に痛みがあった。頭をぎゅーっと押されているような感覚がある。
目が覚めて心が軽くなった感覚。

●2日目
あまり熟睡できなかったが、体がふわふわして心地よく胸の辺りがすっきりとしている。絶望感はまだあるが、以前よりは楽になった。

●3日目
祭りで父と待ち合わせをしていたが、トラブルがあり会うことができず、炎天下と凄い人ごみの中何時間も歩きまわるはめになった。そのため、父と母が大喧嘩になってしまった。

●4日目 母が膝と指を負傷した。
 お金を使うことが以前よりスムーズになった気がする。
 以前はお金を使うのが怖かったが、楽しんで使うことができている。

●5日目 昔のことを色々思い出す。
●6日目 朝から非常に憂鬱な気分。母が指を負傷。
●7日目 母の頭痛がひどくなった。
●8日目 気持ちは落ち込んでいるが、自分がやりたいことに気付く。
●9日目 朝起きると、耳鳴りが酷く、右の耳が聞こえにくくなった。
●10日目 耳が治らず、少し不安になる。
●11日目 仕事で疲れる。実家にいることが嫌になる。
●12日目 精神的な不安感が凄い。
●13日目 耳鼻科に行ったが、悪いところはなかった。
●14日目 笠原さんに相談し、フォローヒーリングをして頂いた。

その後、耳が聞こえにくくなっていたのですが、笠原さんにフォローヒーリングをして頂いたおかげもあり、徐々に良くなってきました。とても感謝しています。

全体的には何故か母が体を負傷することが多かったので、母に浄化反応が出ているのかなと感じました。今後、母の解放もできたら良いかなと思っています。

また、以前はお金がなくなったらどうしようという不安が強く、お金を使うことに凄く抵抗がありましたが、それが取れたような感じで嬉しいです!

また、ワーク前が一番浄化反応が強かったなと感じました(><)

ワークから2ヶ月経ちましたが、最近は、徐々に絶望感がなくなり、自分のやりたいことが明確になり、少しずつ未来に希望が持てるようになりました。

思い切って受けて凄く良かったと思います!!

解放ワークサポート等は受けていないので、これから受けることができたら良いなと思います。

自分なりに解放を進めていけたら良いなと思っています。



☆M.K様 女性

5月31日に、解放ワークサポートを遠隔で笠原さまから受けた半日くらい後に、M.Yさんから、遠隔で、下限媒体のブループリントの解放を受けました。

ちょうどその頃、今働いている職場を辞めて別の道を歩むか?、つきつめて、本当は自分は何をやりたいのか?、繰り返し、そのような問いと向き合わされていました。

そんな時に受けたのですが、受けた後、6月に入ってから、色々な出会いと思わぬ展開があり、今後の一つの方向性が見えたような気がして、続けるかどうか迷っていた職場を辞める決断をすることができました。

また同時に、6月下旬や、7月中に受けた複数のセミナーから、シンクロニシティーというか、繰り返し同じようなメッセージを言われたような気がしました。

「汝自身を知れ 問題は実は自分自身の内側にある。自分の内側と向き合いなさい それが今のあなたに最優先で大切 」そんなメッセージでした。

このような、自分の内的世界で、ある種、劇的で明確な変化がシンクロして起きてきたのは、魂のブループリントの解放、下限媒体のブループリントの解放、解放ワークサポートを受けたからかもしれない、と思いました。

本当に感謝しております。
(あと、鞍馬山の護法魔王尊とかサナトクマラが繰り返し出てきましたが、これの意味は分かりません。そんなに意味がないのかもしれません)

そして、今、その時からの流れで、カバラ魔術系?のところで、チャネリングやヒーリングを再び学び始めました。

それも、人の役に立ちたいとか、単に興味があって覗いてみたい、とか、表向きの理由はありますが、つきつめていくと、やはり、繰り返し出てきたメッセージ、「問題は自分の内側にある、自分自身を知れ、それがまず最優先、それを実際にしたい」のだと思います。

そして、自分自身を深く知っていったら、結果的に、表向きの理由は必要が無くなるかもしれない、あるいは、目的は自然に本質的に達成されてしまう、のかもしれません。

そこで、「汝自身を知る」ために、アイムさんで提供されているワークをもっと受けていきたい、深く追究したい、と思いました。

そこで、次の段階として、感情解放ワークを受けたいと思い、メールした次第です。

お金も必要になってきそうなので、非常勤のバイトを増やしました♫

今後の展開が楽しみです。



☆匿名 男性 個別自己のブループリントの解放(家族版)

知り合いの女性に本人と両親が解放ワークを受けた人が居ますが、かなり強いディセンション側のようで、目に見える変化も見られず、確かにエネルギー作用は感じていたようですが、倦怠感、絶望感、嫌悪感でしばらく過ごされていたようでした。かえって悪化した感じになってしまうのがディセンションの特徴です。
 
両親は離婚し、母との関係も劣悪で、押し付けがましく、恩着せがましい母のようで、その様子を私も長く見ておりました。何とかしてあげたかったのですが通常のヒーリングの類も効果は見えませんでした。ネチネチ嫌味を会うたびに言われても、たまったものでは有りませんし、彼女も精神的に参っていました。
 
両親の解放も部分的伝授になると聞いたことがありましたが、自分の経験から、いっその事、先祖も遡って解放したらどうかと考えました。
それで、その女性の両親それぞれの両親、女性から見て祖父母に当たる方々を、名前を聞いて個別自己の解放をしてみました。手間も掛かりますから、やる方も楽とは言えませんが。
 
経済的に苦しい方なので、私から勝手に無償でしてみたのですが(効果に自信も無かったので)、一ヶ月ほどで思いがけない効果として現象化しました。
 
「私は貴女には毒親だった」と、泣いて謝罪され、長年の蟠りが解消されて関係が良化したのです。ご本人もこれには戸惑われたようですが、元にもどる事もなく、良い関係が続いているようです。亡くなった方、しかも接触も無かった人を解放するなんて、私も自信が無かったのですが、効果として確認できたのは良かったですし、他にもその女性が何度か感電して死ぬかもしれないという状況を、初めて解放ワークを受けてから、今回の報告を貰うまでに、三度も経験したそうです。
 
ワークサポートの製品は彼女は持ってはいませんが、例え持たなくても、「最低限の安全」は確保して浄化されるワークだと分かりました。少なくとも、受けた本人の命は守られる事も。
現在家族に関しては安価に受けられる様になりましたから、受けられる人は受けて欲しいものです。但し、サポート用の製品は有った方が間違いなく良いです。
媒体伝授のレベルでも、終幕に至るまで、役に立ちますので。



☆N.A様 女性

ワークを受けてから、半年たちました。

まず、ワークを受ける数日前から片目のまぶたが赤くなりました。

アトピーもちですが、痒みなどがある湿疹ができたのではなくただ赤く少し腫れました。

ワークを受けた後は、魂のブループリントほど、心がゆれたりする事もなかったです。が、2ヶ月位して、昔の家族関係で悲しかった事が、もう平気になっていたはずなのに嗚咽がでる位悲しくて、その頃感じていた孤独な感情も支配してきて。

その後もふとしたタイミングで、悲しさと孤独を感じて。泣ききってしまうと、ケロっと元気になりました。今思えば、押し殺して解決してた感情を今の私が感じたのですかね。半年たった今は、やっと落ち着けた気がします。

このワークに出会えなかったら、押し殺した私の感情は違う形で爆発してたかもしれません。受けて本当に良かったです。

救われました。ありがとうございました。



☆N.S様 女性

1月22日の夜、受けました。

受けているときに台所の方を見ました。電気がつけてないから暗いです。そしたら、暗い台所の方から、カメラフラッシュのような光でピカッと光りました。ビックリした。すぐ、娘を見ました。娘はテレビを見ていて、フラッシュの光は気付かない?私だけ?ブループリントのときは何もなかったなあ。

精神的な感情は別に、いつもと同じです。大豆アレルギーは少しマシになってきたと思います。抗アレルギーの乳酸菌を食べているお陰かもしれないけど、少し楽になってきました。この1週間はいつもと同じ日常でした。ブループリントの解放を受ける前にメインストリームを受けたり、ミニプレートを持ったお陰かもしれないです。

ありがとうございました。



☆Y.A様 男性 魂&下限媒体のブループリントの解放

以前ブループリントの魂と媒体の開放のセッションを受けましたが、また新しい発見がありましたのでそのレビューを書かせていただきます。
 
ブループリント開放の後は本当に効果があったのかな?何が変わったのかな?と疑問を抱えながらいましたが、その時から自然とあまり変に執着せず、気にも留めないであるがままの自分でいようとしているとても自然体な自分がいました。
 
そして知らず知らず、目の前や具体的な概念だけでの判断で無く、大自然や宇宙の中で自分が生かされているといった感性で過ごしていた事に気付かされました。
 
この感覚にいる事自体が人間社会において、とても凄いことだと思います。
この感覚こそ今の人間に必要な、境地だとも実感しております。
 
あれから目の前にはトラブルや、揉め事、不都合な出来事も多々ありますが、それでも自分自身立ち戻れる場所があるといった絶対的確信があります。
 
そして魂と媒体の開放の凄いポイントは、他のワークのセッション効果がかなり上がることだとも思います。
 
自分自身、禅を組んだり、瞑想したりする機会があるのですが、ブループリントの魂と媒体の解放後では明らかにエネルギーの流れが違うことに気付かされます。
 
終わった後普通ではない、本当に清々しい開放感に見舞われます。
 
私自身、仙人さまや仏様になりたいわけではなく、人間としてだけ生きていく者ですが、
人間として生きていく上でも、この仙人様や仏様に通じるかのような感覚があることで人間として大きな強み自信として力になっています。
 
いわば仙人様と仏様の力を身につけた人間かの様に。
 
これは本当に貴重な体験でした。
 
笠原先生、本当にありがとうございました。



☆T.N様 男性

振込み後は特に浄化反応は見られず、至って普通に生活出来てたのですがセッションが終わってから解放中は睡眠時間が長くなったのが印象的でした

夜中はそうでもないけど、日中や夜の眠気がかなり凄かったです

あとは肌のかゆみ、ネガティブ思考はありましたが魂のブループリント解放の時よりも小さかったです

あれだけ凄いセッションを立て続けに受けたから体が慣れたのかもしれません

個人的に大きな浄化だと思ったのは解放最終日に車で運転中、逆走をした車がこちらに向かってきたことです

道路が凍ってたしもう少し遅ければ事故にあってたいたかもしれなかったからです

人間関係については理不尽に怒られたり、トラブルとかは特に問題ありませんでした

解放ワークサポートのアイテムが守ってくれたと思うとほっとしてます

解放後は奥深いブロックは残った状態で相変わらずネガティブ思考や無気力感はありますが、魂のブループリント解放以前よりはマシになった感じはあります

人間関係については魂の解放前からずっとほとんど変わらないように思います

魂、媒体の解放を受けて浄化はあっても目に見えるプラス効果がないのはやはり私がディセンションサイクルなのでしょう

それでも解放セッションで魂・意識レベルが最低でも500になったのは自分にとって大きいので

あとは自己浄化やそれぞれの分野に特化したセッションを受ければいいのかもしれませんね

笠原様ありがとうございました



☆S.K様 男性

申込み後からセッション前
 自分の気持ちに対して納得いかないことが多々ありました。気持ちの揺れ動きも大きく、すごく自分の気持ちがクリアになるときもあればもやもやするときもありました。体調面ではめまいがありました。そして、魂のブループリントの解放では胸周辺が温かくなりましたが、その範囲が広がりました。うまく表現できませんが胸周辺だけだったのが、胸の中が温かくなったような感覚になりさらに背中が温かくなりました。普段夢をあまり見ませんが夢をよくみるようになりました。しかも、自分が今課題だと思っていることの夢です。

セッション後
解放期間前半
偶然すぎてドキッとする出来事がおこるようになったり、自分に必要なものが集まるような感じになる。身体的な反応としては、背中の肌が荒れたり鼻がはれたりした。

解放期間後半
身体的な反応としては頭皮が荒れたり、腹痛になったりする。気持ちが苦しくなる。自分の性的な欲求や他人に対して意見を言いたくなる気持ちが強くなる。そして、胸周辺は苦しい状態になる。

そして解放期間の最終日の朝に1つの気づきを得る。

自分を認めることのできない気持ち
相手に心を開くことのできない気持ち
でも、本当は寂しい気持ち

自分も、親も、パートナーも持っている気持ち
そういう気持ちが強すぎると、お互いに好きでも関係が破綻する

その気持ちにしっかり気づけたときに、1つ何か膜がとれたような感覚になりました。
次のステップに向かうことができると感じました。



☆H.T様 男性 個別自己のブループリントの解放

個別自己のブループリントの解放を受け一月以上経過しました。

ワークを受ける直前位から浄化反応でしょうか、下痢症状が出現しました。元々胃腸の持病がありますが、明らかにそれとは違う下痢症状でした。

これが魂のブループイントの解放期間続きましたが、耐え切れない程ではありませんでした。

この期間は特に体感として感じることはありませんでした。元々「体感」が鈍い体質なので、下限媒体の解放期間に入れば何か変わっていくのだろうと期待感を持って過ごしておりました。

下限媒体の解放期間に入ると下痢症状はなくなりましたが、今度は強い睡魔が襲ってきました。とにかく眠かったのを覚えています。

実在と繋がる感覚というのがなかなか掴めなくて、ひたすら練習しました。実在に繋がると思考が停止し、ぼーっとした感じになるのですが、確率1/20という情け無い結果でした。

また実在に繋がっても何の感情も湧き上がってこないため大丈夫なのかと不安になりました。

この期間に詐欺にあったり、負傷していた足をさらに負傷したりと確かにショッキングなことがあり ましたが私の場合は、解放サポートワークを一切受けずに無償ワークの無条件の愛を受けるだけで乗り切ることができました。

ワークを検討中の方で、浄化反応が怖くて受けるのを躊躇している方も多いと思いますが、大丈夫です。確かに個人差はあると思いますが、乗り越えられない浄化反応を実在が与えることはないと感じます。

下限媒体の解放期間も終え、少しずつですが周囲の状況が好転しているのを感じます。しかし、実在との繋がり方にやはり不安がありましたので、「感情の解放(対面セッション)」を受けました。それからです、実在との繋がりが少しずつできるようになってきたのは。

私のように体感を感じにくい方も多いと思いますが、そのような方は対面セッションを 受けられると不安もなくなると思います。

実在と繋がる感覚が分かるようになると(いまだに未熟ですが)毎日が気付きの日々となります。こんなに解放しなければならない感情があったのだと改めて感じます。

人生を見つめ直す、本当の自分を取り戻すというのがこのワークの本懐です。自分の内にしかない幸せに気付いていくことができて本当によかったと思います。



☆M.I様 女性

2013年8月26日にセッションいただき、9月12日に解放期間が終了しました。
 
ワーク当日:頭痛が辛い。他にも寝不足のような症状。ワーク時には、頭の中で痛みが移動しているのを感じた。何が起こったのかはよくわからない。
1~3日後:頭痛・だるさがある。外見へのコンプレックスを久しぶりに強く感じる出来事があった。「誰も私を見ないでほしい」と思う反面、「私を認めてほしい」とも思い、自分でも混乱した。
4日後:夢の中で父母に向かってものすごい勢いで怒っていた。怒りすぎて目が覚めるくらい怒鳴っていた。現実では怒り方がわからない、というか、怒ろうとすると抑圧してしまうのだが、そうやって仕舞い込んできたものをようやく発掘したのかもしれない。起きた後も怒りの余韻でお腹が具合悪く、ライトヒーリングの神様に助けてもらった。この日の午後から身体が軽くなってきた。
5日後:親族内の不調和の話を聞いた。今まで自分に怒りがあることをほとんど忘れていたが、この話には怒りを感じた。
6~9日後:身体は軽い。仕事がうまくいかない。
10日後:自己卑下の感情がとても強い。人前で笑顔を作ることすら恐ろしい。
11日後:テレビのニュースに怒りを感じる。それが呼び水となって、過去の怒り・寂しさ・悲しみなどがどっと表出してきた。しかし、つい抑圧してしまう癖がでてしまい、まだ解放しきった感じはしない。
 身体が軽い。姿勢が変わった。
12日後:自己卑下の感情が続いている。
13日後:結局、自分と他人を比べて羨ましがっているのだと思う。その羨ましいという気持ちがとても嫌で、蓋をしていた。
14日後:自己卑下の感情のループにはまっている。
15日後:感情は私だけのもので、他人に対して表現しなくてもいい、と思うと少し気が楽になる。自分の内面は大荒れしていても、他人にはフラットに接することができるようになりつつある。
16日後:日中、不意に親族間の不調和のことで涙がでた。シンクロがあった。
17日後:怒り等と同じレベルで、自分が好きなものややりたいことについても抑圧していたと気づく。批判されて嫌な思いをしたことや、自己卑下などで、好きなものを好きだと認めることが恥ずかしく「自分にはそんな感情はない」と隠してきた。と、認めることができた。
 
その他期間を通して
 ・体調が悪いことも多かったが、幸いダウンするほどではなかった。
 ・毎日のように夢を見た。
 ・昔の出来事をたくさん思い出した。大半は嫌なこと。
 ・身体のエネルギーの通りがとても良くなった。
 ・以前の私では考えられないほど、疲れにくくなった。身体が軽い。
 
魂の解放時には、日に日にすっきりと軽くなっていく感覚があったのですが、媒体の解放ではあまり感じませんでした。ゆっくり内観できないほど仕事が忙しく(もともと業務繁忙になることがわかっていながら申し込みをしたのですが)、帰宅したら食事もあまり摂らずに寝るだけの生活で、体調も悪いことが多く、正直辛かったです。意識的な感情の解放もままなりませんでした。
 
解放を始めてみて、今までの人生で抑圧してきたものの多さに正直びっくりしています。
ネガティブ・ポジティブ関係なく、抑圧していないものはないんじゃないかというくらいです。『隠すことに非常に多くのエネルギーを注いでいる』ということですが、ここ数年かなり頻繁に風邪を引いていたのも、今まで自分に無理をさせていたからかな、と納得しています。今のこのタイミングで解放できて本当に良かったです。
まだまだ過去に仕舞い込んだものを1つずつ取り出しているところですが、少しだけ、シンプルで楽に過ごせるようになりつつあります。反面まだ不調和があったり、過去や未来に思考が飛んでしまうことも多いです。自分で解放すべきことがたくさんあるということで、引き続き解放していこうと思います。
 
ワークを受けさせていただいたこと、人生で大きな転機となりました。ありがとうございました。



☆N.A様 女性

解放期間が終了して3ヶ月になります。

解放期間の後半から精神と肉体の不調和が強く出てきました(怒り、咳、嘔吐)。魂の解放期間中は自分が変化していく手応えを感じて喜んだだけに、媒体の解放に移行後の、まるで元に戻ったかのような状態が辛く感じられました。今も特定の人物への怒りが噴き出して日に何度も思い出しては悶々とし、上手く感情の解放が出来ずにおります。
 
いつだったか公園を歩いていた時、自然と一体となったような恍惚とした体験をしました。そして、スーっと自分が上昇していき光に吸収されるような感覚になった時、とっさに「行くまい」として必死で抵抗した自分がいました。と同時に元の現実へと戻りました。上を目指しているのに自分で止めている、これが今の状態です。なんとか打ち破って前進したいのですが。
 
一方、4歳の息子は著しい変化を見せました。半年前の入園式ではじっと椅子に座っていられず先生に抑えられていました。多動、言葉の遅れ、おむつが取れない等、発達面に不安があり、私はもちろんのこと、先生もひどく心配していました。それが、入園1カ月後、私が魂の解放を受け、引き続き媒体の解放へと進むうちにどんどん変わっていったのです。
 
当初、体操の時間は毎回、息子は皆と行動せず、一人だけ滑り台の上でニコニコして皆を見ていたそうです。5月の遠足は息子のみ保護者同伴でした。場の空気が読めない、自分の関心が向くことしかしない、周りに合わせられない。それが、今では椅子にずっと座っていられるようになり、先生の話を聞き、皆と体操するようになり、言葉をだいぶ話すようになり、自らトイレに行くようになるなど、集団生活に支障がないレベルになったのです。先生も私もほっと安堵し、お母さん達からは「だいぶ落ち着きましたね」と声をかけられました。
 
魂・媒体の解放期間中、それ以降もですが、息子はよく咳き込んで何度も嘔吐しました(今は落ち着きました)。まるで憑き物がとれたような、そんな感じがしてます。
 
次に、母ですが、一円玉大の発疹が足や腕に2~3個出てはしばらくすると消え、また別の場所に2~3個出る、それをずっと繰り返すので心配になり病院に行ったとのことです。
また、母の職場には厄介な人物がいて、上司の前では良い顔、不正、怠惰、陰湿、変わり者、でも誰も彼に文句が言えない状況でした。それが、母ともう一人の同僚女性が意を決して彼に忠告し、それを機に態度が改まって、今では何でも言い合える仲間になったとのことで大変びっくりしました。もう7年くらい、母からその人の愚痴を聞いていたのでちょっと信じ難いです。言うべきことを言って闘って、その結果、職場を改革したことで母は自信を持ったようです。
 
受けて良かったです。いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。



☆E.S様 女性 個別自己のブループリントの解放&解放ワークサポート

・セッションを受けたときの体感
   入金後はやっと受けたいワークを受けられるという達成感があったのですがその後から後悔やら未知への不安やらで逃げるに逃げられず怖い思いで何度もキャ ンセルを考えました。それらはワーク開始時間には全て消え、透明なゼリー状の膜で包まれる感じで終わるころには落ち着きました。

・その後
  解放期間中は、大きな出来事は起こりませんでした。(エネルギーワークを知る3年程前からお客様に怒鳴られたり高熱が2日続き黄色い鼻水がティッシュ半箱分出たりと浄化反応があったようです)

他人を批判ばかりして、そんな自分はいい子ぶってネガティブな感情は押し殺してないものと振る舞っていたので最初は苦しかったです。

過去の友人やクラスメート、仕事の先輩や同僚の夢をよく見ました。寝ていて呼吸ができず、苦しくて飛び起きたこともあります。突然涙が出たり、次の瞬間笑ったりいらいらしたりずっと怒っていたりしましたがだんだん続けられなくなりました。

家族を巻き込まないようなるべく一人で過ごし、どうしても抜け出せない時はリンクして頂いたガネーシャ神にお願いすると、フッとつらさが消え本当に助かりました。

たまにこれは本当に私の気持ちか?と問うと消えるものもありましたから、他人に同調しないよう気を付けました。慣れてくると、気づかせてくれるネガティブに嬉しく思うこともありました。

他人と同席して疲れなくなってきました。(これまでに受けていたチベタンとアイムプロテクションでものすごい効果がありました)

身体面では体のだるさ、胃痛が続き、座ったまま突然寝ていたりもしました。睡眠は多く、一日10時間はあったと思います。皮膚はかゆみと、顔の表面が荒れた後にきれいに治りました。

解放ワークサポートもとても頼りになり、寝るときは枕の下、起きているときは左ポケットに入れ不安なときはすぐ握りました。不思議となくすことなくいつも手元にあり、ポケットの中でもプレートは温かいままです。

家族も変化があり結婚に進んだり、風邪で寝込んだり、古い家具を処分したりと前に進んでいます。私自身も仕事に行き詰まりワークを受けたのですが、他にも両親、先祖のブロックが大きかったのかもしれません。

最後の一週間ですが、今後の生活に悩み、どんな形でも良い生きていこう、と決めたときに社会に傾いていた自分の軸が自分の中心にカチリと音を立てて戻ってきました。

これからは少しずつ楽に生きられそうです。このワークは自分にとって大きな経験でした。

本当にありがとうございました。



☆Y.A様 男性

ブループリントの解放の時もそうだったのですが、今回も受ける日の夜にコーヒーを飲んでしまいました。
ふだん日中は飲むのですが、夜はあまり飲まないのですがなぜか飲んでしまいました。カフェインの影響のない状態で受けた方がいいと思うのですが。

さて、時間近くになると、キーンキーン、シーンシーンと鳴ってきます。体も微妙に振動してます。
エネルギーの方は良くわからないのですが、なんとなくおだやかな感じがしました。座ったまま受けていると、時折、頭の上の方でピカッっと光るような(?)気がします。あくまでそんな感じがした程度ですが。
皮膚のかゆみ(特に頭)がありました。痒かったりしてその後なかなか寝つかれませんでした。

翌朝、なぜか1階のキッチンや2階の部屋、階段の片づけ、掃除をした。
それから夢をよく見るようになった。今までは同じような夢とか、なかなか進展しない夢が多かったのが、今までよりも夢見がスムーズと言うか、いろいろな夢が自然な感じで流れるようになりました。悪い夢(ちょっと怖い夢)は、1回だけでした。

しかし、この夏の暑さのせいもあったかもしれませんが、体が重く非常にだるかったり、体のつらい日は多かったと思います。

ブループリントの解放後は、スピード違反で捕まって(前の車は僕の車より早く走っていたのに捕まらなかった)しまいました。
しかし怒りなどは特に出ず、警官への対応が冷静にできました。次回ブルーライセンスになってしまいましたが(^^;。
今回下限媒体の解放後は、車検もあったので車関係の出費が続きました。

書籍では、お奨めの「ザ・マネーゲーム」から脱出する法や黎明(上巻)なども読みました。
黎明はとてもすべては読み切れませんが、読むたびに『すごい本だなあ、ここまで書ける葦原瑞穂さんってすごい方だな』と思います。

自己観察行は自分なりにやっていますが、まだ実在意識というのは良くわかりません。
今後さらなる研鑽が必要かと思います。今後ともよろしくお願いします。



☆Y.M様 女性 個別自己のブループリントの解放

魂のブループリントの解放を申し込み、途中から個別自己のブループリントの解放へアップデートしていただきました。

当日は、23時を過ぎたあたりから左回転の台風のようなエネルギーが出口を求めて身体中を駆け巡るような強烈な感覚で始まりました。

頭の中がぐわんぐわんとして自分の中の自分がその遠心力で身体から飛び出して行ってしまうのではないかというような強烈な感覚でした。

今まで、ヒプノセラピーやシータヒーリングで色々なものを出してきたつもりだったので軽く終わるのでは・・・。と考えていましたが、とんでもない。このまま私は、いったいどうなってしまうのだろうと思うほど強烈なパワーでした。

布団の中で身体を丸めて耐えました。しかし、ふと(自分に乗り越えられないものは来ない。)と書いてあったのを思い出しなんとなく安心して身を委ねました。こんなんじゃ今日は眠れないな・・・徹夜だ。と思っていたらその後すぐに寝たようで気がつけば朝でした。

しかも、いつも眠りが浅いのに、その日は熟睡できました。

変化は、トイレにたくさん行くようになった。野菜が美味しく感じられるようになった。痒くて痛い湿疹が数個出来た。

解放終了してから間も無く職場で骨折をし、それが原因ではないけれど職場でのモチベーションが極端に低下し苦しい日々が続きました。

毎夜プレートを握ってひたすら耐えました。ワークから早くも半年が過ぎ、色々あるなかで職場を退職する決心をし今に至ります。

次の職場は持っている資格に頼らず自分の心の向くままに選びたいと思っています。

後半月で今の職場を去ることになりますが、進む方向を決定した途端にいつも疲れて仕方のなかった身体と心がとても軽く頭も霧が晴れたようにスッキリとしています。

笠原さんいつも本当にありがとうございます。たくさんの気付きをいただきました。

もっともっと上の意識レベルを体験したいと思います。必ず。      

感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。



☆S.T様 女性

3/17に受けさせていただいた下限媒体の解放が終了しました。

残骸の解体までディセンションなので3か月程かかったのですが、心配していたひどい反応はなく終了直前に指に湿疹ができ たくらいで良かったと思いました。

終了し、引き寄せがうまくなってきました。

紹介されている 「ザ・マネーゲームから脱出する法」も大変読みやすく参考になりました。

どうもありがとうございました。



☆K.N様 女性 魂&下限媒体のブループリントの解放

去年の夏にセッションを受けてから、約1年が経とうとしています。

下限媒体の解放期間中は、肉体面に不調があらわれ、
胃の調子が悪くなりました。感情面では、気持ちが明るい時と沈む時の繰り返しが続きました。

解放期間が終わった後、更に凄い浄化がありました。

先ず、母が胸が苦しくなり、病院に運ばれ即入院!血液検査・エコー・レントゲン・CT スキャン等、検査しても原因がわからず。笠原さんに伺ったところ、「遺伝的なつながりで私がワークを受けた浄化による影響がある。」との事でした。

退院後は検査の為、定期的に通院していますが、今でも原因不明のままです。

その後すぐ、勤め先が急にクローズする事になり(経営不振ではないのに!)昨年暮れから無職になってしまいました。

今年に入ってから、自分が今までしてみたかった仕事のお誘いを受けたり、いろんな人とのつながりに感謝する事が多くなりました。

興味のあったことでも、実際やってみると「なんか違う。」と思う事があり、本当に自分が望んでないことをすると、とても居心地の悪い気持ちになりました。同時に「これも経験させてもらっているんだな。」とありがたく思いました。

あと、最近改めて好きな人のタイプをイメージしたら「それって、自分の事じゃん!私、自分が好きなのね。」と、笑ってしまいました。

今まで、そんな事思えなかった自分なので、ビックリです。

これから、更なる解放があると思うと楽しみです。

ありがとうございました。



☆M.S様 女性

(ワーク当日~中盤)
・魂のブループリントの時からそうだったが、
日にちが過ぎるのが早い。
・無償ヒーリング(他者)は今も受けまくってるが、いくつかは「もういいかな」と思い辞めたのもある。
・軽い目まいが続く。その後頭痛へ行く事もあった。
・身体が軽くなった。
・夢を見た。新しいアパートへ引っ越したらゴキブリ(大小さまざま)やカブトムシ等の虫が沢山死んでいて、排水溝を覗いたら、ここにも大量の死骸。気持ち悪いしどうしようか・・と思っていたら、『自動洗浄』のボタンがあったので押したら、キレイに流れた・・・・変な夢で目が覚めた。私の中で何かが浄化されたのかな?
・息子が3泊4日で旅行へ行くので、おこづかいをあげないとなぁって思っていたら、母から2万円もらえた。
(中盤~後半)
・久しぶりの友達からの連絡があったり、親戚だった人に偶然会ったり、また私に会いたいと言う話が出たりした。
・母親に対してイライラするが、反対にとても愛情を感じる時がある。
・目まいと吐き気があった。
・めちゃくちゃ寝まくった。
・息子の同級生の親からBBQのお誘いがあったり、話をした事も無い親とも話が出来たりした。

期間が短縮され、早く終わることが出来たのでとても良かったかも。
イライラなどは、たまにあるけど、引きずらない。
職場での人間関係は変わらない・・・でも外での人間関係は少し変化があった。
今後も変化していくのだろうと思うので様子をみてみようと思います。



☆S.T様 男性 個別自己のブループリントの解放

セッションから1ヶ月が経過し、魂の解放が終わり、下限媒体の解放へと移行したと思われます。

受けてみての感想は、とにかく眠いのです。他のセッションの時も経験したので覚悟はしていましたが、これ程とは思いませんでした。寝ても寝ても眠いのです。

さらには、悪夢とまでは言えませんが、嫌いな上司や同僚が夢に出てきて、寝覚めが悪いのも度々でした。それが落ち着いたと思ったら、今度は体のかゆみが出て、苦しい状況が続きました。

今はいずれも落ち着いていますが、下限媒体の解放では何が出てくるのか少し心配です。

新たな自分の創造を信じて、この試練を乗り越えていきたいと思います。



☆A.Y様 女性

下限媒体解放から1年7ヶ月が経ち、その間ずーっと伝授を受けたいと熱望しながらも、タイミングが流れるばかりでなかなか受けることができず、歯がゆい思いです。

その下限媒体の解放から1年7ヶ月が経つまでの間のポイントとなった変化をお送りします。

自分に好みの神をリンクして、自己浄化や身近な人などへのヒーリングに、実在だけでなく神のサポートも臨機応変に使うということはしていましたが、旅行先で突然、他の人へ神をリンクする方法が浮かび、早速、身近な人やどうしてもどこかで許すことのできなかった人へ神をリンクする、ということをしました。

それを行う時、みぞおち辺りに苦しさが現れましたが、その後、許せなかった人への執着を手放せて、その人の幸せを真に願うことができ、互いの境界がはっきりとして距離が離れ、個人を尊重できているのを実感しました。

また同時に、まだまだ許せていなかった部分の自分も許すことができ、前へ進めなかった原因の一部がスッキリとクリアになっているのを感じました。

ヒーリングそのものが祈りの行為であり、他人の成長を促しながら、同時に自己成長もみられ、また他人への許しが、同時に自己の許しでもあるということを、分かってはいたけれど、実際に感覚として感じることができた経験でした。

この出来事以外にも、自分と他人という区別がないことが、頭での理解だけでなく実感として感じることが増えてきているように思います。

また、映画などを鑑賞していると深いブロックを発見し、地球単位での解放を行うことが出てきました。

自分の浄化、他人の浄化から一歩進んだ方法が浮かぶのを、ただ実行に移している、という感じです。

それから、これは下限媒体の解放の前からですが、感情から距離を置くことができるようになってから、自我のパターンや感情を自由に、相手の方の目線まで降りて文字などで表現すること
ができていましたが(プラス、気付きを盛り込んだり、高い位置のメッセージが出てきたり)、最近は、その自我のパターンや感情がどのようなものだったのか忘れてしまうほど、自己成長が進んでいるのを感じています。

そのため、そこ(自我のパターンや感情)までのギャップが大きく、今までの表現方法をとるのが難しくなっています。

あと、顕在意識からやることをコントロールしようとするのと、実在から今行うことが降りてくるのが混在するようになった時期は、それが苦しかったです。

今もまだ完全に抜け切れていませんが、自分の人生をコントロールしようとすることから卒業し、実在の導きによる進み方で生きる方法へと完全に移行できる時が来るのか、という段階です。



☆K.K様 男性

下限媒体のブループリント解放を受けてから、残骸の解放が終わるまで何度も苦しい感情が浮上ことがあり、死にたくなるような気分になることも何回もありました。
 
肉体的な負担はほとんどなかったのですが、精神的に苦しくなることが多かったように感じます。
 
私はデセンション側のようで残骸の解放が終わった後も苦しい気持ちがたびたび出てくることもありました。
 
しかし、残骸解放後に以前ならすごくつらく感じただろうという経験があったのですが、不思議と感情と距離が取れているようであまり落ち込まずに済みました。
 
以前は、前向きに生きることが難しかったのですが、今はせっかく魂を向上させられる好機の中にいるので、命を大切にして、できるだけ愛を表現していって伝授まで進みたいと思えるようになりました!
 
周りの人や世界に対して、以前よりも やさしい気持ちや愛を持つ度合が大きくなり、愛を表現していくことへの抵抗もだいぶ減ったように感じます。


☆K.S様 女性 (個別自己のブループリントの解放)

個別自己の解放から膜の解体までの感想ですが、意識レベルが630台になり、毎日毎日が気づきでした。

膜の解体中も浄化反応が大変でしたがアップダウンを繰り返すものの良くなりました。

自分の中で起きていることが現実世界に反映されているということが明確にわかるようになりました。

自分の中の恨みや怒り、罪悪感などの未浄化な感情が望んでいない現実を作っていたとわかるようになりました。

自分だけが絶対正しいというブロックは大変強固でしたが、自分だけが正しいと思わなくなり、中立になって物事を考えられるようになりました。

もはや、ネガティブもポジティブもないのだと思います。

目に見える現象の変化としては、2回も転職することになりましたが、新しい職場の就労環境は最高です。

仕事がテキパキ出来るようになりました。友人に顔色が姿勢が良くなったといわれました。

毎冬凄い風邪をひくのにひきませんでした。疲れにくくなりました。

物欲が正常化し、お金のやりくりに困らなくなりました。お金への概念が変わり、お金回りがだいぶ良くなりました。

シンクロが多発し実在がしゃべらせているなと思うような事がしょっちゅうありました。

回りの人達がだんだん自分の思いどうりに動くようになり、つきあう人達も変わりました。

無い物ねだりの繰り返しの人生から脱出できた気がします。

今までは本当の自分がわからなくなっていましたが、これまでの不調和を捨て人間らしく生きるスタート地点に立てた気がします。

これからの時代のシステムに対応して調和をもって生きてけそうです。

意識750まで受け取って次に渡したいと思います。



☆H.I様 男性 魂のブループリントの解放&下限媒体のブループリントの解放

昨年末から、とても落ち着いた気持ちになりました。

これまではどちらかというと、躁状態というか、テンションが高くなってて、落ち着かないことが多かったのですが、今は上がってもないし、下がってもない、というすごくナチュラルな状態です。

あと、過去のことも、先のことも考えず、ただ今だけに集中できるようになりました。




☆T.Y様 男性 下限媒体のブループリントの解放&魂&媒体のブループリントヒーリング(フォロー用)

【下限媒体のブループリントの解放】

最初の一週間は平穏でしたが、やはりというか、それ以降は酷い状況になりました。
 
以前から問題だった職場の男が、逆恨みから私や周囲に立場を利用したパワーハラスメントをしてきたり、脅迫じみた事をはじめましたが、職場は何の対応もしませんでした。
 
魂の開放の時と違い、肉体面で、激しい痒みが続き、私の場合は二、三日おきにそれが続きました。しかし、、安定期が二週間くらいは有った様に思います。魂・・・の時はほとんど有りませんでしたから、それははっきり違いを感じました。
 
私は退職する事になっても良いから暴力で解決しようと覚悟を決め、皆の前で、大声で相手を挑発しました。
 
「犯罪者がいきがるな!」
 
彼は見ぬ振りをして、乗って着ませんでしたが、後に人目の無いところで脅迫じみた事をしてきたりしました。そして、人の居ないところで相変わらず不正を働いていました。
 
上司も、「逆恨みされると怖いから何も言えない。」という事で、ほとほと困っておりました。
 
後で知った事ですが、経営者側も彼の多くの問題行動に苦慮して話し合いをしていたそうですが、組織の体裁を保つためか、彼が怖いのか、何もしないまま時間は過ぎて行きました。
 
サポートプレートを二個持っていますが、両手に握ったまま寝て、何時間もチャージしているのに、その効果を全く感じることが出来ませんでした。直ぐに発熱して熱くなったまま、何時間も握っていたのに、です。
 
私は媒体の解放で周囲の人間関係に浄化反応が出ると聞いていましたし、ホームページの効果にも、関わ人達が霊的に目覚めるとか、相手とのセンターの位置が分かるとか書かれていましたので、少しは何とかなると考えたのですが、結局最悪の、一触触発の状態のまま、残骸解体も、ディセンションサイクルの期間も終了してしまいました。それから一週間以上経っても尚、周囲の環境も、私の状態も、何の進展も解決もしませんでした。
 
そして、サイキックの様な能力も何も未だに発現もしません。以前と何も変わらないようでした。
 
もし、こじつけで考えるなら、周囲に浄化反応が出るというのであれば、彼の過去の経歴や他の職場での暴力、不正行為なども含めて次々と伝わってきた事がそうなのかもしれませんが。それに、私以外に「被害者」が出たことも。
 
正直に書きますが、物事に良いも悪いも無いとか、被害者も加害者も無いとか、自分がその渦中に居て、そんな事を言える人がいるのでしょうか?私は大した問題じゃ無いと言う人は、自分が安全圏に居て、人とあまり関わらない位置に居る人の無責任な発言と思います。すみません。
 
陰では私に味方してくれる人が増えたというのはありましたが、皆、彼を恐れて表立って協力してくれる人はほとんど居ませんでした。
 
その職場の男との問題はさらに不味い方向に行ってしまい、私は笠原様に、フォローヒーリングを受ける事にしました。楽になり、進展したのはそれ以降でした。
 
【魂&媒体のブループリントヒーリング(フォロー用)】
 
以前にも受けた内容と全く同じ内容で受けました。
 
安かろう悪かろうなどという言葉もありますから、他のワークに比べ極端に安いこのワークは最初は気にもとめませんでしたが、実は最も期待した効果を出したワークなのです。
 
下限媒体で問題が大きくなった職場の男からは凄まじい念を送られ続け、いくら自分や、ヒーラーの方にクリアリングしてもらってもその時しか効果が有りませんでした。
 
詳しくは書きませんが、ある霊能者の方から、この男に関して警告を受け、その内容に恐怖を感じ、その事も含めて笠原様にご依頼しました。
 
これは特別な事例なので、めったに行われる事で無いと、これを読む皆さんにお断りした上で、敢えて頂いたお返事を書いておきます。
 
 「Kという方は非常に強いエネルギーを持っているようですので、今回のみ特別ですが、Y様の浄化がより進むように、Kさんも含めてのヒーリングを致します。」
 
私には本当に危険が有ったのです。過去世で何度も争った相手とか、大した問題で無いとか、互いの魂の学びの為に縁切りは難しいとか、いう事を言われていたのですが、笠原様が特別にこれをしてくださったという事は、軽い事では無かったと思います。我侭も言ってみるものだと思いました。
 
最も危険を感じた彼と二人で職場の中に居る時間はわずかな物に終わり、以前にもあった事ですが、その時の彼の持つエネルギーはとても弱まって何も感じずに済みました。
 
それ以降、これは職場の皆の自我の働き、私の個人的行動による結果も加味された上での事ではありますが、彼はとうとう嫌がって抵抗していた部署に移動になりました。
 
ワーク後、一週間程度でいきなり移動が決定したので、偶然ではありません。
 
開放ワークに於いて、最後の方で、サタン的、ルシファー的性質と向き合うという事を、私は実際に体験しました。
 
いずれにせよ、私は助かりました。誰にも手を出せなかった問題をあっさり浄化していただき、本当にありがとう御座いました。



☆K.S様 女性

ブルプリ解放でいろいろ解決されたかなと思っていたのに、それはふたを開けたくらいで媒体にたまった感情が、1週間ごとくらいに暴走している感じで特定の人に対しての怒りがどんどんでました。

まだこんなにもあったのかと驚きでした。

気づきとして、怒りは悲しみや虚無感へのふたの役割をしていて、怒りを感じきってしまうと本当に無気力になり、なにもできなくなってしまいました。

けど、その裏にはこうしたかったという夢や希望があった事。かなり辛くなって、ワークお願いしたり、占いしたりもしましたが、特に無償ワークには救われました。心がラクになりました。

仕事も忙しくなり、改善されたと思った仕事面も急に展開し解雇という運びに。まるでブロックを出しにいったかの様でした。

けど、なにかブロックを大量に吐き出した様で、完全にとはいきませんが近年の膿がでたかのようにすっきりしています。

しかし経済面は大分改善されました。体への浄化反応として、だるさや眠気はブルプリのときのほどでなくあごにいぼの様な大人にきびがたくさんできました。

簡単なものは(食事、服、物事、人等・・・)段取りをしなくても引き寄せられるようになりました。

だんだん、いいとか、悪いとかの価値判断がなくなってきてささいなことがどうでもよくなってきています。

すべてが必然的に起きている、そう感じられるようになりつつあります。

けど、これは幻想だ、ゲームだ、遊びだといった余裕も感じられる様にもなってきました。

媒体解放まで受けてみたいですが、金銭的な準備が出来ていません。

これもブロックでしょうか。しかし、これからの自分が楽しみでなりません。



☆S.N様 女性

魂のブループリントの解放を受け、解放期間終了後、すぐに媒体の解放を受け、トータル3カ月と3週間がたちました。
 
解放期間中は正直とてもつらかったです。魂の時と比べると頭痛や体のだるさは半減しましたが、引き続き私の中にある、見たくない感情を顕著に表わす出来ごとが続き、嫌でもその感情と向き合うことになりました。
 
同時に私に覆いかぶさっている分厚い殻を早く脱ぎたくて脱ぎたくて。でも脱げない・・・というとても苦しい状態でした。
 
解放期間が終わり、残骸の解体期間が終わって私の意識レベルはどのあたりなんだろう。。とHPの意識レベルを参照してみると200は過ぎているようですが、なんだまだこのあたりか・・・と少しがっかりしました。
 
200以下だった私にとってはこれでもものすごい変化なのですが、媒体の解放の目標である500まではほど遠い・・・と感じたのです。その間、別の人が提供しているワークを受けたりもしました。
 
そんな思いでいる中、私が真実だと信じ、疑いもしなかった私の価値観を全否定するような言葉をある人からもらいました。
 
ものすごい衝撃をくらい、私はいったい何者になりたかったんだろう?何を求めていたのだろう?何が真実なんだろう?と数日間思い悩みました。
 
悩んでも悩んでも答えは得られず、「もうわからないから考えるのやーめたっ」っと手放したその数日後、ものすごいギフトを頂きました。
 
朝目が覚めると「この世はすべて幻想だ」ということが腑に落ちている自分がいました。「思い出した」という感覚です。
 
それからはもう気づきの連続で毎日毎日ものすごい勢いで、頭の中だけに留まっていた事柄が次々と腑に落ちてゆきました。
 
今まで経験してきたこと、学んできたこと、苦しかったこと辛かったこと、疑問だったことありとあらゆる私の人生すべてが、すべて1本の線でつながりました。
 
感動で涙が出ました。心が震え、あふれんばかりの幸福感を感じました。
 
人生はなんてすばらしいんだ!幸せになるってなんて簡単なことなんだ!と叫びたい衝動にかられました。
 
すべては用意されていた。それに気づくだけ、思い出すだけでいいんだ、と。今までの出来ごとのすべてが感謝に変わっていました。
 
もう毎日毎瞬がしあわせとよろこびに包まれています。
 
それまで知識でしか得られなかった「今を生きる」という感覚も体感しています。
 
思えば数日間思い悩んだものは、自我の最後のあがきだったのだなと、あの時私の自我は崩壊し、真我に目覚めたのだと感じます。
 
大げさでもなんでもなく、一度死んで、生まれ変わったようです。自我が無くなったわけではありません。
 
相変わらず私の心がモヤモヤする出来ごとは起こります。しかし、すぐに気づき、クリアに出来るのでとても楽です。そんな自我を愛おしくさえ思えます。
 
この「感情の解放」も媒体の解放期間はちゃんと出来ているのかよく解らなかったのですが、明らかにスムーズに出来るようになりました。
 
「引き寄せよう!」と思わなくても、勝手に必要なものが引き寄せられてきます。
 
エネルギー状態を読み取れる人から「お腹のあたりは感謝しかなく、ハートはどっしりとし、湖畔のようにおだやかで何があってもゆるがない状態」
 
「頭のあたりはすべてをゆだねてリラックスしている状態」だと言われました。
 
この先もう何があっても大丈夫だと感じます。
 
自己の幸福しか考えていなかった(でもそれに違和感を感じてはいた)私が世界のすべての平和を心から願い、すばらしい世界を思いめぐらせています。
 
こんなすばらしいワークを提供して頂いた笠原さん、本当に感謝につきます。
 
次の750への解放を受けるのかは私にはわかりません。
 
これも真我が提示してくれるのを待つだけです。
 
遠隔ワークばかりだったので、いつか笠原さんに実際にお会いできる日を楽しみに待ちたいとおもいます。
 
ありがとうございました。



☆匿名 女性

プロテクションをかけてもネガティブな存在からのの影響を受けやすい家族にお願いしました。(7月16日以前に受けました)

魂のブループリントの解放と大きく違った点は、浄化反応の激しさでした。

水疱を伴う湿疹が体のあちこちに出来、良く夢でうなされていました。

湿疹は数日で良くなるのを繰り返すことが2週間ほど続きました。

RSEプレートで対策をとり、その後は肉体的な反応は落ち着いていましたが、残骸解体が終わりそうな時になって39度~40度の熱が10日ほど続きました。

また時期を同じくして虫刺されのように腫れ、ある日痛みと共に膿が結構な量出ました。

その際は笠原様にご相談させいていただき、迅速に対応くださり大変感謝しております。

浄化反応がしっかり出ていたので、確実に解放ワークが進行しているいることは実感しましたが、相変わらずネガティブの影響を受けていました。

その他の恩恵も感じにくく疑問に思っていたのですが、後に複数のPWを持っていることが分かり、納得しました。

このことで思い切って伝授もお願いすることにしました。

現在伝授にて引き続き解放中ですが、お願いして本当に良かったと思っております。

笠原様いつも本当にありがとうございます。



☆K.N様 女性

只今、残骸の解体期間中ですが、一番感じた事は、「魂のブループリントの解放」ワークの時よりも感情面においても肉体面においても浄化反応が、強く出たことです。

ワークを受けてから、胃の痛みと下腹部がパンパンに張って苦しい、という日が続きました。そして、とにかく身体がダルくて眠い。

感情面では、気持ちのアップダウンが顕著でした。思考もグルグルと同じ事が頭の中を巡り、「自分に夜明けは来るのだろうか?」と思った程でした。

1ヶ月が過ぎ、少しずつですが体調が回復しつつあります。それと同時に感情面も少し落ち着いてきました。

あと、夜寝ている時、身体の中に微振動を感じる事があります。以前から身体が振動する事はあったのですが、その振動が細かくなった感じがします。

未だ、自分の意識レベルが上がっている感覚はありませんが、確かに浄化は行われていると思います。

どうもありがとうございました。



☆匿名 男性

下限媒体の解放ワークを受けて、残骸期間が終了してから半年かそれ以上経ちました。

自分は後からアセンション50% 擬ディセンション50%だとわかったのですが今は、意識レベルが649まで上がっているみたいです。

以前を振り返ると、魂のブループリントの解放時や、終了後は、色々な事に悩みを創造するかのように思いを巡らしていました。

今では、それを8割方、コントロール出来る自分が居ます。

引き寄せるアイテムも、値段の割りに安く使い勝手の良い紅茶のティーポットを手に入れる機会に恵まれたり、自分でも波動が上がっている実感を覚えました。

それと吉凶改善を受けた時に色々メッセージいただきましたが、その言葉は基本的に一年は大事に取っておいてあります。

私の場合は、自分のエゴの根本が神我と調和しているとの事で、その調和を大切にしていくことにより、感覚的な器官がより鋭敏になっていくとの事でした。

確かに、近頃嗅覚がとても鋭くなっていて、テレビを観ても、映る人物から波動の臭いがしてきます。(この人、牛丼のにおいがするとか。)

下限媒体の解放ワークは、エゴが望むサイキックを手に入れるまでは、少し遠いかもしれませんが、その切り開く間口になるのは、間違いありません。

ワークを作っていただいた事に心より感謝申し上げます。



☆K.M様 女性

残骸の解放を含めての2か月が終了しました。

魂の解放ワークの終了から間髪入れずに直ぐに下限媒体のワークを受け、魂の解放の浄化反応が激しい最中のセッションであったので、セッション中のエネルギーの受け方も今まで感じたことがない程に激しく、セッション時間開始と同時に、身体の周辺にこびり付いて、ねっとり、べっとりと重なり合っているガムテープの様な層が、間髪入れず次々と容赦なく剝がれ取られていく様な感覚で30-40分程この感覚が続いて、目を開くのも、呼吸さえも困難な程でした。

「これは魂の解放ワークよりも激しい浄化になりそうだ・・」とその時から予感していましたが、実際に肉体的な浄化反応は変わらず激しく、「正直、もう止めてもらえるものなら、やめてほしい・・」という気持ちも沸き起こり、逆切れの様に刃向う言葉、言い訳を並び立てていた幼少期の気持ちを思い出したり、グロテスクな気持ちや言葉が連日続き、逆にこの辛さを上手く交わしたり慣れようとコツを探しているズルい気持ちが芽生えていた事にハッと気付き、そして激しい浄化反応の波が押し寄せる・・そんな解放期間の1か月でした。

でも、魂の解放ワーク時よりも、間髪入れずにそういう自我の声にストレートにクリアに見えて、一つ一つそこからより掘り下げて対話できたのが、このワークでの印象的な部分です。

残骸解放期間に入ったタイミングの頃、大切にしていた解放ワークサポートを紛失してしまいました。

一瞬すごく慌てましたが、「もういいや。行き着くところまで行ってみよう」と諦めた途端に、よりクリアに心に積り積もっていた言い訳の気持ちを落ち着いて受け入れられる様になり、そして「ザ・マネーゲームから脱出する方法」を読んでいた時、言葉では言い表せない閃きがあり、全く予定していなかった「伝授を受けてみたい」と突然思い、数日葛藤して悩みましたが、思い切って申込みをしたら、それまで激しかった肉体面での浄化反応が止みました。

何となく私には紛失という出来事が、こういう導きで用意されていた出来事だったのかもしれません。

そこからは、現象面での浄化反応が活発になり、家族や周辺で大きな変化が起きてきました。

媒体の解放期間ギリギリまで、心の葛藤面や現象面での浄化反応らしき現象が続いていましたが、最終週に入った頃に、「心としての私」みたいな感覚を強く感じる様になり、「この感覚をもっと探って広げてみたい」と清々しく全身で思えた事、最終日に旧友と久しぶりに会ったら、旧友から過去の自分が見えてきた様な感覚で、自分が懐かしく思えて、自分の意識の立ち位置が変化したのが手に取る様に分かりました。

次は魂の伝授に進みますが、未だ整理し切れていない無意識に反応をしている自我の課題となっている部分が存在していると日々感じていて、しっかりと真我から宿題を貰ってる気がします。

笠原様、素晴らしいワークの開発をどうもありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。



☆匿名 女性

先日、解放期間が終了しました。魂の解放のほうは他所でしていただき、下限媒体はこちらでお願いしました。

魂の時と同じく、自分の感情パターンについて自覚できる瞬間が多くありましたが、前半では好転反応らしきものもなく、平穏に過ぎるものと思っていました。
(ただ、ワーク当日は頭が締め付けられるような感覚はありました)

しかし中盤以降になって非常に不愉快な現象にぶちあたり、それからというものの感情が暴走し、静観しようにも収まりがつかず大変でした。

友人からも「どうしたの?様子がおかしいよ」と言われるほどでしたが、それでも取り繕うことができませんでした。

自分の場合、今回出てきたのは昔から持っていた疎外感、孤独感、無価値感、それに付随する怒りでした。

大変辛く、このまま終わりが来なかったらどうしようと思いましたが、解放終了予定日になるとすっかり収まりました。これも用意されたタイミングというものでしょうか?

これから残骸の解体が始まりますが、なるべく平穏に過ぎてほしいです。

ありがとうございました。



☆A.N様 男性

長かった下限媒体の解放が終わりました。(残骸も)思えば、長かった。

浄化反応としては、魂の解放の時より弱い気がしましたが、これは慣れというものでしょう。

魂の解放同様、ずっと不安に包まれていました。

そしてこれも同じく、朝から必ず鼻血、そして下痢の毎日。

しかしこれは序盤だけでした。

中盤以降は、突き指したり、軽い切り傷、湿疹、やけどの痕が赤くなってかゆくなったりと、肉体面にも出ました。

終盤には、15年ゴールド免許だったのに、運転中の携帯電話で6000円の切符切られたり、散々な目にも会いました。

そして残骸の解体中は、とにかく仕事が忙しかった。

人間関係では、不調和が断続的に続いていましたが、一時的に動揺し落ち込むことはあっても、すぐに立ち直っている自分がいたので、これは自分で驚きですね。

さて終わってみてどうか。

良い変化は感情面で落ち着いていられる時間が飛躍的に増えたということでしょうか。自分を客観的に見ている時間帯も増えましたので、同時に他人を冷静に見ることができている気がします。慌てることも少なくなった。と感じています。

気になるのが、仕事がうまくできなくなってきたこと。

まったく楽しむことができず、自分の居場所じゃない気がして、職場にいてもソワソワしています。

そのうちやめるかもな~。



☆M.W様 女性

感情面は、ひどい怒りで眠れないときもありましたが、全般的に、魂の解放のときよりはひどくありませんでした(慣れたとも言えます)。

しかし、肉体面はひどかったです。仕事が忙しかったり(これも浄化作用だったのかも?)、梅雨や初夏の天候のせいだろうかと思ったりもしましたが、とにかく体が痛かったし、物凄く疲れてました。また、魂の解放のときはありませんでしたが、今回は湿疹がありました。腕に痛くも痒くもない湿疹。それと、耳の中が痒くなりました。耳鼻科で薬をもらったのですが、浄化作用だったのかもしれません。また、相変わらず眠く怠かったです。眠いはずなのに眠れないこともありました。

媒体解放開始から1週間くらいで、普遍意識というのか、自分の行動が周りと調和している自信が出てきて、また、自分の中でも摩擦が少なくなってきました。

また、抽象的に捉えて考えることができるようになりました。具体的な状況で困ったというだけでなくて、あの件も何となく状況が似ている、すると、これが共通してそうだ、という具合に考えられるようになりました。ある件1つだけを考えないので、堂々巡りが回避できるようです。

媒体解放開始から10日くらいで、周りの景色の3Dの見え方がはっきりしてきました(以前は、壁紙・紙芝居のように見えるときもありました)。この見え方は、媒体解放開始から3週間後には、もしかして粒子かもしれないという柔らかさも感じてきました。

また、感情の認識の作業が、肉体の中で行えるようになったようで、ダイレクトにリソースが回収されるようになって、楽になりました。以前は、体よりも離れたところに感情を置いて、昇華するのを意識で観ていたので、気が疲れたり、眠くなったり、だるくなったりしていたようです。

また、自分の行動は「愛」だな、自分は「愛」に囲まれているな、と思いました。けっこうはっきり思いました。

未だ許せないことはたくさんあるけど、それすらも「愛」だろうと思います。

媒体解放開始から2週間くらいから、「I <わたし> 真実と主観性」を読み始めました。体感していないことは未だあるけれども、なんとなく感動するところもあり、この本を読めるようになって良かったと思いました。

その後、「聖なる科学」を読み始めました。こちらは未だよくわかりませんけれども、なんとなく気になって2度読みました。

媒体解放開始から3週間くらいから、時間の概念が緩くなったような気がします。

「○○だから××」も本当かどうか疑う気持ちも出てきました。「○○」かどうかも怪しい。「だから××」も怪しい。

怒りばっかりで忘れてましたが、以前よく感じていた、わけのわからない極度の落ち込みはなくなったようです。未だ、空しさ・息詰まり感はあります。

私が今まで生きづらかったのは、二元論の限界、ホーキンズ博士の本でいうと400理性の限界を、それとは知らずに、何となく感じていたためだろうと思います。

「愛」は感じますが、未だ、ウキウキ、ランラン、というわけでもないです。<-静かにワクワク、ですかね。そうでも未だないです。

自分がすっきりするといいなと思っていたこと(恋愛結婚関係)は、少しずつ形が変化し、いろいろクリアリングもしましたが、未だすっきりしていません。

魂の解放のとき同様、自分でクリアリングしたり、してもらったりしながらでしたので、一般には参考にならないところもあるかもしれませんが、以上のような具合で解放終了しました(残骸解体はこれからです)。

この解放ワークは、全般的に段階を踏んで底上げしていくのだろうと感じました。

もっと早く出会っていれば、占いやらカウンセリングやらにお金を使わずに済んだのになぁ~・・・。結局はリーズナブルだろうと思います。けっこう辛いけど。



☆K.S様 女性

意識レベルが、250~500にあがる。500まで、くると「細かな悩みがなくなる」
そんなアイム様の文面に心惹かれ申し込みしました。今日で、2ケ月が終わりました。
 
実際には、計ったように正確な数字ではないと思いますが、1週間に30づつ意識レベルがあがると仮定して、「今週は、意識レベル400になる。だから、読解力が格段に飛躍する。膨大なデータを収集、整理、分析できる。楽しみだ。」などと、1週1週にとても期待して過ごしました。
 
1ケ月が過ぎた時くらいに、何でもない時に、仕事の企画についてひらめく事が多くなりました。髪の毛をドライヤーで乾かしている時に、ふと、仕事の企画を思いつき、急ぎメモする。翌日、仕事で実行に移したら、かなり良い結果を得たという事がありました。
 
又、残り3週間くらいになった時、10年前から、遠視が酷く、眼精疲労からくる、首、肩、背中のコリに悩まされていたのが、気がついたら、軽減されていた、と感じた事もありました。
 
最後1週間という時に「意識レベル750に向けて」お金を振り込みしました。そこからの、浄化反応は、凄まじいものでした。6日間、ジェットコースターのように、感情がアップダウンしました。

4日ほど、連続で、何度もアイム様にメールさせていただきました。即メール返信頂き、頂きました内容を繰り返し、読むことで、心が落ち着いて、乗り切れました。
 
仕事での、様々なトラブル。ある日は、会社で、社長の逆鱗に触れ、会社そのものを「精算終了する!」と会社中で、大騒ぎになったりもしました。前日も、予定をキャンセルして、会社の揉め事処理で、終日費やしたばかりでした。
 
翌日は、近隣の出張先に行く為、新幹線に乗ってから、得意先からキャンセルの電話が入ったりもしました。10年来の会社の唯一無二の仲間と、言い合いの喧嘩もしました。

もう、ヘトヘトの6日間でした。最後の1週間が、大変でしたので、良かったことの印象がなくなってしまいました。
 
落ち着いた今、一番、我ながら驚いているのは、次の意識レベル750や、更に上の1000の意識レベルを受けたいと思っていることです。

一面識もないアイム様に、私にとって、かなりの大金を払って、受けたいと、真剣に思っていることが、一番自分にビックリしています。

私は、スーパーで、何十円単位の違いの食材に、「高いから、やめて、こちらにしよう」と、思う経済観念の人間です。

不思議だなーと、自分でない何か大いなる存在を感じる、一番の出来事です。
 
明日から、750への意識レベルの階段を上がるため、次の、浄化反応が始まると思います。
 
又、辛いときは、メールさせていただきます。2ケ月、ありがとうございました。



☆M.Y様 女性

魂のブループリントの解放は思ったより楽だったのですが、下限媒体のブループリントの解放は、ちょっと大変でした。

でもそのぶん、長年苦しんでいたことがいつのまにか良くなったり自分にとって大切なものがハッキリするなど、手ごたえを感じました。

特に最後の方のサタン的、ルシファー的性質対峙がきつくあまりの理不尽さに涙したり、我慢しきれずぶつかり合ったりもしたのですが、最終的にそれがきっかけでよい方向に向かうことが出来ました。

ありがとうございました!



☆K.N様 男性 魂のブループリントの解放&下限媒体のブループリントの解放

1.魂のブループリント解放
(1)受ける時
 友人と飲み会(2次会)の最中だったため、何も感じませんでした。
(2)最初の2週間
 一度だけ怒りが爆発したのと、気分がもやもやな時が多々ありました。
(3)2週間目以後
 特に何も感じませんでした。意外に楽なワークだな~と思う一方、当日酒を飲んでいたために、実はエネルギーを受け取ったいなかったのではないかと少し悩みました。

2.下限媒体の解放
 ブループリント終了翌日に、間髪入れずに下限媒体に入りました。
(1)受ける時
 今度は自宅でゆっくり受けとろうとしたのですが、直前につい一杯飲みたくなり、気がつけば飲み屋にいました。よって、再び何も感じませんでした。
(2)~1ヶ月半目
 以後、本当に何も感じず。HPには好転反応についてすごいことが書いてあったけど自分だけ例外?と内心ニヤリとする。
(3)1ヶ月半~2ヶ月+残骸解体2週間目
 ここからが、好転反応の始まり(だと思います)。仕事の量が普段の2倍になったあたりまでは別に構わなかったのですが、その全てにおいてトラブルが発生し、行き詰まる。更に、風邪を引いて熱、咳、痰が出るも、仕事の関係で休めず、症状が悪化→仕事の能率下がって更に前に進まず→イライラ→症状が悪化、という負のサイクル全開。しかも、週末は全て海外出張が入っており、療養と残務処理どころではなく、体調がどんどん悪化し、仕事のミスも多発しました。
(4)残骸解体3週間目(今)~
 (3)の仕事のピークを何とか乗り切り、1月近く続いた風邪(特に咳と痰)がようやく収まったせいもありますが、とにかく毎日眠いです。仕事は相変わらず多いながら私を取り巻く環境も改善されつつありますが、早く楽になりたいです(苦笑)。

1.2.共通
 やたらと人との出会いが増えました。全て良い人であれば何やら神秘的ですが、自分にとって意味がある凄い人(波動が高い?)は1、2割で、あとは、逆に自分の足を引っ張る、または自分を苛立たせる(波動が低い?)人たちでした。今振り返ると、前者は、自分が歩もうと考えている道に関する方々ですが、後者は、「自分が得しそう」、「社交はいいこと、カッコいい」「何となく華やかそう」等々、自分のエゴイスティックな動機=自我?に基づいて、どちらかというと私から近づいて行った人たちです。もしかしたら自我に気づく為の学びであったのかもしれません。



☆S.S様 女性

魂のブループリントの解放ワークが終了したため、引き続き下限媒体のブループリントの解放ワークを受けさせていただきました。
 
ワークを受けようと決心した頃から、毎日のように聞かされていた職場の先輩の愚痴が一切なくなったので、大変驚いております。

現在ではその先輩との関わりもほとんどなくなりましたし、上司の異動が急にあったりと職場の人間関係が改善されているように思います。
 
また、下限媒体のブループリントの解放ワークを受けた直後から人に親切にされたり、ショッピング中に全然知らない人から親しげに声をかけられたり(一日に数回も)と、今までとは違う光景に、日々驚くことが多々あります。
 
浄化反応に関しましては、皮膚の軽い炎症だけで済んだので安心しました。
 
下限媒体のブループリントの解放ワークが終了するまでにはまだ時間はありますが、今後の変化がとても楽しみです。
 
 最後になりますが、ワークに関してわからないことを笠原様に相談すると、とても丁寧にそしてわかりやすくお答えいただけるので、大変ありがたく思います。

お人柄の良さも感じられるので、安心してワークを受けることができました。

また何かありましたら、どうぞよろしくお願い致します。
 
ありがとうございました。



☆E.N様 女性(魂のブループリントの解放&下限媒体のブループリントの解放)

長い長い時間でした。受けた当日は眠気が襲ってきて、そのまま就寝してしまったのですが、翌日から少しずつ好転反応がでてきました。

それは会社での些細なことだったりと、最初は細かいブロックが浮上してきた感じでしたが、中盤に差し掛かると、これまでの人生で解決仕切れていなかった問題が形を変えて、これでもかというくらい、出現してきました。

そのたびに、感情が大きく揺さぶられ、その問題と対峙しないといけない状況に追い込まれました。

何度も涙しました。つらくてつらくて、何度もどこかに逃げてしまいたくなりました。飲んで逃げようとして、さらに大きな好転反応がでたこともありました。
(絶対に飲んで逃げるのはすすめません、私のようにさらに痛い目を見ます)

これまで抱えてきた両親との問題、恋愛に関するブロック、全部がかたちを変えて浮上してきました。ブループリントの際は、精神面が大きく、湿疹等の皮膚症状は余りなく、吹き出物がぽつぽつ出来るくらいでした。

62日をかけて、ブループリントを解放し、1日空けるだけで、媒体のワークを受けました。

最初は穏やかに日が過ぎていくように感じましたが、怒りがコントロールできない状態が続きました。これまでなら、なんとなく感情をごまかしてやり過ごしてきたものが、怒りとなって浮上してきます。これがある一定のサイクルでつづきました。

世界で一番愛している人との問題も浮上してきました。

今でこそ、これこそが私が現象化してきたブロックだと分かりますが、開放中は何もかもが見通しが立たなくなるようで、苦しくて何度も夜中に泣きました。

最後の数日間は、すべてが怒りに変わって、そとに出て行くようでした。

ただ、自分が何に対して腹を立てているのかを、冷静に相手に伝えることができました。それでも夜中に何度もまた泣きました。

皮膚へは一度虫にさされたようなふくらみが2箇所ほどでて、1週間くらいで消えました。

62日目が、1月24日。この日の夜、これだけ問題が浮上しても、私が愛しているのはこの人なんだと、すべてが腑に落ちる感覚がありました。
やっと涙が止まりました。

あと、2ヶ月あまりで残骸解体となると思いますが、落ち着いてはきたので、少しずつ様子を見ていこうと思います。

ただ、急にお金の循環がよくなりました。今月は新年会などで使いすぎたかとおもっていると、ひょんなところからお金が入ったり、忘れていた伝票がでてきて、払い戻しがあったり。

まるですべてのタイミングが合うかのように、彼は今母国に一時帰国していますが、2週間後にあえるときにはまた何かが違っている気がします。

また、残骸が解放されたあと、感想を寄せさせていただきます。



☆H.H様 女性

ワークを受けて2か月ほど経過しました。

魂のブループリントの解放ワークの時は完了間際のころになって湿疹がでて大変でしたが今回の下限媒体のブループリントの解放ではそのような反応は起こりませんでした。

心境の変化としては、心がざわつかなくなる、気持ちの切り替えが以前より早くなったなどがありました。

ときどき試されるような出来事などが起こっていますが、以前よりは冷静に対処できるようになりました。

あと少し解放完了までに時間がありますが、完了した時にどのようになるのか楽しみです。ありがとうございました。



☆T.H様 男性

家族にワークをお願いして2か月が過ぎようとしています。

体調面での変化は特にないようです。他のワークも受けているので相乗効果もあるのでしょうが、充実した日々になってきているようです。

今までは人の顔色を窺って行動していましたが、最近では今自分にとって必要なことについて多少考えるようになってきました。

何十年もかけて形成されたさまざまな価値観が短期間で変わるのは難しいとは思いますが、徐々に本当の自分を発見する良い機会なることと思います。

また変化がありましたらご報告させいていただきます。笠原様本当にありがとうございました。



☆K.I様 男性  ※あまり好転反応のない方で稀なケースと言えます。

9月30日ぐらい? 入金した。その数日間に渡り、徐々に綺麗好きになって掃除していく。

10月9日 夜22時 ワークを受ける。眼を閉じながら受けていたが、心が穏やかになっていた。

10日 午後3時50分 お腹を下す。ちょっと凄い下し方。魂のテンプレート時代を思い出す。

11日 夢がいつもより鮮明になっている気がする。そして夢の体感が長いような気もしている。食の楽しさを思い出してるような気がする。今日も今日で、お腹を下す。椎茸を切ってみるが料理が上手になっている。

12日 早朝(AM3時20分頃)更にお腹を下す。腸がすっきりするのは良い、肌にも貢献するだろう。他の方の浄化反応に比べれば幸せな方だろうか・・・。お米を控えては、いるものの
野菜は、それなりに食べているつもりだ。

13日 自分自身の壁?限界?が無くなった感じだ。(やってる事は、遊びだが。すべての能力の壁がなくなっているに違いない)仕事に関しては、終えてみると反省点を見出した。きっちり仕事はしているものの、私は核心を突いていない事に気付く。ブルース・リーは偉大だ。「考えるな、感じるんだ」あの人は、どれだけ神に近かったんだ。素晴らしい表現ではないか。意識がゆらゆら上下しながら、少しずつ上に上がってるのは理解出来る。サイキックに拘るというより、好きな事をたくさんやっていって、自分の壁を壊していくことが最高なのだと想う。好きこそ物の上手なれという言葉をどんどん昇華させていくべき時なのだろう。

14日 意識してるわけではないが、勘が冴えてた。私事だが、やっとNTTから卒業してwimaxに移る勇気が実行へと向かいそうだ。ブループリントの解放の効果なのだろうな。感謝。一日寝ていないせいか、やけに視界に白っぽいのと幻影がチラつく・・。

15日 家事スキルがアップしている事に気付く。部屋が片付かないのは、台所のせいというチャネリングから、台所を浄化していたというのもあるのだが調味料をきちんとした場所に置くという発想を閃く。ごくごく当たり前の事なのだが、生活の質がアップしている。これはとても堅実だ。ぐーたらな部分が解消されていっている。

16日 この頃からだと想う。細かいレベルだけど観る側というより、体験する側になろうと想うようになってきた。ライヴで言えば聴衆よりプレイヤー寄りで居たいなあという気持ち。

18日 ここのところ外気が心地良い。うとうとというより、外の風にうっとりしていた。外に出れば、とてもほのぼのしていて平和だ。少しずつ、自分が居て世界が広がっているという感覚を身に付けている。あなたが居なければ、始まらないのです。という言葉を身に沁みているような。自分の出している文字、打ち出している文字の流れを見て、波動が上がっている事に気付く。意識レベル=波動 というのは、大きな間違いだろうか。

20日 色々買い物をして、部屋が更に居心地良く、勉強しやすくなっている。気付くと右手首に細いアザというより、こすったかのような痕がある。夜に寝ようが、昼に寝ようが、この頃は気にしなくなってきた。以前は昼に寝ると、自分を責める罪悪感が多少あったものだ。

21日 自分への迷いが無いらしい。自我と自分とは別という事に気付き始めているのかも。それと同時に勉強する事も大切だという事に少しずつ気付いているはず。以前よりは。意識レベルが上がる事によって、急に・・なんでもっと早く言わないの?みたいな事は、以前より減っていくだろうきっと。

23日 しばらく何も変化する事がないかと想っていたが、そんな事はなかった。都合があって早寝早起きをする事になった。真我の波動を把握する。とても穏やかでポジティブな波動だ。
個々の魂には差異があるかもしれないから、人によって違うかもしれないが。条件付けされた愛や祝福とは異なった波動だ。人の幸せを願えるようになった。というのも、必要な経験として幸せを願ってもらうという事が必須なんだろうきっと。これはとても前進している事を意味するのではないか?

24日 真我にアクセスする。チャネルすると言った風かもしれないが間違いなく真我のスタート地点に立てた。ポジティブで居て、穏やかだ。上下する私としての波動は、真我に近づいているのだろうきっと。早寝早起きを心がけたいものだ。

26日 なんだか若返ってる気がする。それと、今まで面倒だったと想ってる事や敷居が高いと想っていて口だけで、やらなかった事を少しずつ実行していけている事に気付いている。仕事に関しても、上々だ。

29日 なんだかが多いな。周りが優しい気がする。好転反応?右腕に力入らない?みたいなのが起きている。運動不足かもしれないが。

11月

1日 扱えるエネルギー量が増えている気がする。自分の中の神我を起動出来るようになった気がする。意識を自我に焦点を合わせるか、神我にするかといった具合だ。神我にフォーカスした場合、傷つく事は無い。

2日 受け取るという事が出来るようになる。スムーズに抵抗無くという意味で。

14日 随分空いた。新しい事が出来るようになったのは良い事なのだがそれでも些細な事にしか思えていない。けれども、ワンパターンというものから抜け出せてきているような気がする。これは大きな進化なのではないだろうか?ゲームにしても、衣服にしても楽しい事が少しずつ増えてきているような気がしている。

16日 ここのところぱっとしないなあと想っていたけどクリアリングのせいだったみたいだ。好転反応も少しきつめで出ていたし。意味が無いように思えていた趣味の海外ドラマも、家庭の暖かさからヒントを憶えたりして自分の出来ない事は、それなりに理由あったんだなあと。気付いたりして。そんなある日、自分の良さを見出す事が出来た。自分の特性を再確認する事が出来た。これは大きな進歩だろう。心から自分を好きになる事が出来たのだ。そうそう出来る事ではない。

25日 また空いた。気付く事は、多かったが書く事でもないかなと波動が上がっている事に気付く。体験するもの眼にするものが著しくポジティブだ。悲観する事は無いし、違う角度で観るように促されている感もある。ここ数日、ちょっと自我について想いを巡らす事が多かった。自我=機械=眠っているままの人間 という本で読んだ事が、次第にもっとわかりやすくなってくる。自我そのものを恐れていたが、恐れなどを手放す事に成功する。私達が面白がって恐れていたものは、自我によるシステム行動だったのだ。こう色々感じていくと、読む価値のある本を書いてるような人達は意識レベルが相当高いんじゃないのか?と想ってしまう。好転反応自体は、収まってきた。ただ思うところもあって、解放がある程度終わった二ヶ月からは、人によって媒体解放の効果が変わってくるのだろう人、一人一人違う身体を持ってきて生まれてきているのだ(元は同じとは云え)個性(パーソナリティ)があるからには、仕方の無い事なのだろうきっと。と勝手に想っている。

28日 お金に対する執着が無くなった。本の影響だがやはり一つの物事に対して、多面的に観る・学ぶ必要があると思い知らされる。そうしないと、自分の中でのパズルのピースが当てはまらないように自分自身が納得して行動出来ないからだ。自分に対して必要なモノが集まるという効果の項目があったなと、それにフォーカスしていたとも気付いた。手に入れる事への焦りは、なくなり、常に自分が手に入ると思えば、それまでなのだ後は、楽しむべし

12月

6日 例年であれば、クリスマスというのは出費と年を越す為の貯蓄を心配する月であった。けれども、こうゆう事を心配せず、楽しめる今に感謝する。歯医者の順番を待ちながら、テレビドラマを観ていると、、、テレビドラマ自体は、エゴのドラマそのもので、観る人間に悪影響を与えないか? という事を考えたりしてただの反面教師になれば良いのだが。などと想ったりもするわけだが、選択の範疇の事なので心配はしていない。『選択』という言葉にフォーカスする時、良いモノを選べてきている気がする。現在、魂の意識レベルは400後半ぐらい。チャネリングやYES・NOなどの測定は、かなり正確になってきている。すべては繋がっているのだから・・という言葉の下に、すべて辻褄が合うようになってきているのだ。忘年会をした。ブループリントの解放、下限媒体の解放をしている今までの事で何が起きたか?というような事を忘年会内容にしたわけだが人によって、かなり異なるようだ。わかる事は、成長するような内容の生活を送っていれば、個人差は、かなり広がるのではないか?と意識レベルの伸びによって、人間関係はかなり浄化され、変化が伴うものになってくる。
私達の過去は、消え 今、この瞬間だけが共にある。変な話、思い出せる事と思い出せない事が、とても明確で思い出せない事はもう消えて、違う世界の出来事になっているのではないか?と思う程だ。
かなり都合の良い事を書いているが、私にとっては真実かもしれない。いずれそれは明らかになるだろう。まったく興味を持たなくなった頃に

7日 wimaxをついカッとなって契約する。無線LANのアクセスポイントがどうしても必要だった為に行ったものだが、後悔はしていない。

9日 随分のんびりしている。一昨日ぐらいに何か気付いたような気がするのだがまあ、どうでもいい。 ここで解放二ヶ月だ。お金を支払う事、ものを食べる事に関して感謝しているせいだろうきっと食べ物の波動が上がっていて、美味しく感じる。ゲームや本などのコンテンツなどにも感謝を捧げれば、もっと楽しめるようになるかもしれない。
ここのところ、ありがたい事に生活必需品が揃いやすいような気がしている。探しても手に入らないような、どうでもいいものでも、必要な時に手に入るようになっている。無意識のレベルでは、私は私を信じているらしい。無意識の垣根をどうやって取り払おうか。

ここから先は、残骸ブロックの消去 と効果になる。

10日  自分を取り戻してきているような気がしている。そんなに酔わないし、酒の消化具合も良い。人に感謝をする事がしっかり出来てきている。ため息を一切ついていない事に気付く。これは凄い事だ。マネーゲームからの脱出する法を読み終えてはいないが今、あなたが眼にするすべての物語・ドラマ・映画・本などは、今のあなたの解放途中にあるすべてのシンボルである。

13日 なんだか周りから観れば、力が抜けているらしい。もちろん良い意味で気付いた事として 不安・恐怖 などが無い。人間関係が良くなるというのは、こうゆう事だ自分自身が自分自身の感情を下(元)に相手を振り回していたのだ。今後一切、対人関係で迷う事は無いだろう

17日 家族との対話において、何一つとして否定される事は無い。迷いを捨てて、自分を ”肯定的” に信じる事が出来たおかげで、殻を取り払えて、成長出来た。

18日 楽しむ余裕が出来てきた。物事を楽しめるというような余裕。力は、手にいれれば使いたくなるのが普通だが、そうゆう段階を超えてきたようで使う時にだけ使うという自然な生活が出来てきている。

2012年 1月

5日  久しぶりに書く。感じる効力について考えていたのだが、特に感じるような事は無いがシンクロニシティの素晴らしさを感じるぐらいかなと。特に何もしなくても、頭で何をすればベターなのか?というような事が閃くのだ。物が集まりやすいというのは、本当に感じるところで欲しいと思っていたアイテムが、そこそこの値段以下で手に入るのだから言う事無い。(もしくは、妥協できる程度)
好転反応らしきものは、無いのだがその時の感情の体感が、更なる体感を引き寄せるような気がしている。イラッとするような事も起きるが、自分が力を回収していないだけなのだ。それに気付くまで、その出来事は続いていく。実に単純な事だ。

人間関係に関する自我(エゴシステム)のネガティビティに関して気付く事が出来た。自我と自我との付き合いでは、分離が非常に発生しやすく感じているが自我と真我との付き合いでは、自由意志が優先され、自我の分離は、自由意志の優先によって遂行される。そんな気がしている。ところが、神我に関しては、自我をも包みこむような包容力があるのではないか?としばしば思うのである。自己に関する買い被りだろうか?とも思うが。都合の良いように考えた方が解放後は、断然良いのである。



☆A.H様 女性

魂のブループリントの解放を受けさせて頂き、下限媒体のブループリントの解放を受けさせて頂く事により、周りの人達は、全て私の一部だった事に気付きました。

本当に、本当に、周りの人達が私の内面を映し出してくれていた\(^^)/初めて理解出来ました。

私は、寂しがりで…駄々を言われたらムカついて…でも、何故ムカつくのか。。。。。。

探って行くと、小さい頃から駄々を言うのを我慢していて人に言えなかった自分自身が居ました。

その内に、怖くて話せなくなった自分自身に気付きました。

なので、私は、相手に対して我慢しているのに…何故、我慢しないで平気でワガママをいうのか…聞き分けないのか…乗り越えないのかムカついてました。

でも、それは、私にブロックがある事を知人は教えてくれていたんですね。

とても、とても、全てに感謝だと思いました。\(^^)/



☆M.T様 女性(魂のブループリントの解放&下限媒体のブループリントの解放)

報告です。
 
魂のブループリントの解放で残り1ヶ月となった頃、胸が痒くなり、顔中に吹き出物ができ痛く膿んでいたのが、11/29下限媒体ブループリントの解放セッションの日には傷みや膿は落着きました。
 
私の場合、魂のブループリントの解放では大半が怒りでした。解放サポートワークを受けていたので助かりました。
 
 
下限媒体のブループリントの解放を受けた次の日11/30おへそ左側にしこり?のような異物感を感じていたのが(慢性便秘)柔くなったような。
 
12/1は朝腰が一瞬痛くなり、動けなくなるのではないかとびっくりしたしたが数分でおさまりました。
 
12/2会社で急にさびしくなり涙しました。急激な落ち込みです。
 
12/3も涙しました。
上司の事や1人退職するので今後の仕事の事や忙しいのもあると思いますが…
 
怒りに関しては少なくなったように思います。
自分を客観的にみている感じで、何で今まで目を吊り上げて必死になって空回りしてたんだろう…など
 
苦手だった相手とスムーズになり、魂のブループリントの解放中に仲良しだった彼女と1ヶ月程疎遠だったのが回復してきています♪
 
今日はさらにへそ左側の異物感を感じなくなっています。
 
今後が楽しみです。
 
今は会社の事・自分の在り方・居場所など探し初めています。今の事柄からただ逃げたいだけなのかそうではないのかを今模索中です。
 
『ザ・マネーゲームから脱出する方』を一度読ませて頂きました。
何度も読み返してみたいとおもいます。



☆A.Y様 女性

下限媒体のブループリントの解放の好転反応は、魂のブループリントの解放よりもラクでした。

受けた後の第一週目・・・頭の周りがすごく軽くなり、見えないスペースが拡大しているような感覚になりました。

何をしていても急にわけもなく幸福感に包まれるという、不思議な体験が続きました。

あらゆるものから解き放たれて自由になったように感じ、今所有しているすべてのものを必要ないと思え、住居さえもいらないという考えが起こりました。

受けた後の第二週目以降・・・腰の痛みが始まりました。

マラソン大会を控えているので治りますように、と思っていたらひいていきましたが、大会後にまた痛くなりました。

「自由」に関する感情がよく起こりました。虫に対する恐怖が以前よりやわらぎました。



セッション名;魂&下限媒体のブループリントの解放
☆M.K様 男性

セッション当日は、出来るだけリラックスすることを心がけて待ちました。正直な感想として、セッション時間中は特に何も感じませんでした。
しかし、その後はとても素晴らしい変化が起きています。

自分の意識が変わったというか?自分の中心がわかり意識がしっかりしたというべきか、セッション後は周囲の状況に振り回されなくなりました。

今までだったら、いやな事が起きたらそれに振られてズーット引きずってしまっていたのですが、現在はそのこと自体を認識して、受け止めることが出来るようになってきました。

そのほかでも特にネガティブな感情を引き起こすようなことが起きても、そのことを受け止められる様になったのが大きな変化です。もとより、セッション後からはネガティブな事自体が起きなくなっているようです。

瞑想しているときも、とてもクリアな状況を感じることが出来るようにもなっています。

RSEをつけていることもあってか、解放期間中も大きな感情変化などは起きていません。私は両手につけてエネルギーを流すようにしています。(本当は両手両足です。四角で囲まれた空間がエネルギー的に強い感じです。)

下限媒体の解放を受けてブループリントの解放期間中も、色々な変化が起きていたので、この流れで下限媒体の解放を受けました。

これもブループリント解放と同様にセッション中は特に感じることはありませんでした。

セッションご1週間ぐらいは大きな変化を感じることは無かったです。下限媒体等ぐらいなので、本当の縁の下なので気づきにくいのでしょうか。

セッション1週間後ぐらいから、対人関係の流れがとてもスムーズに流れてきています。人との関係がたくさん繋がってきて、今後の人生においてとても大きな影響を持つ方々と交流が持てました。

しかも、今までより自分自身がわかるようになってきたので、さらに周りの影響を受けずにじぶんをしっかりと持つことが出来てきています。

さらに、普遍意識としっかりつながっているので、様々なメッセージを受け取ることが出来るようになってきています。

色々な話し合いの場に行くことが多くなってきたのですが、その人たちが求めている答えが自然と降りてきたり、上手くその場をまとめ上げたりと。。場の調和を取ることが多くなってきました。とても良い感じです。

完了までまだ1ヶ月あるので、完全に解放されるのがとても楽しみです。



☆F.N様 男性

ワーク中はそんなに体感は無かったのですが、今朝不思議な体験をしました。

6時ちょっと前ぐらいだったのですが、目が覚めて布団の中でうだうだしていたら、ゆれがあったので、「あっ、また地震かな?」と思い、少し大きくゆれた(震度2くらい)ので、「あぁ、やっぱり地震だ」と思っていたら、8回ほど揺れたあと、ヒューン、バシッと電気の供給が無くなって電源が落ちたような感じで真っ暗になりました。

停電かな?と思ったのですが、その2,3秒後すぐに明るくなりました。

まるで、一度シャットダウンして再起動したような感じです。

たぶん目が覚めたと思っていた時からすでに変性意識状態だったのだと思いますが、リアルでした。

自分が再起動したのか、世界が再起動したのかわかりませんが、何か意味深な感じがします。



〇チャネリング 情報源;キリスト意識(神我)

マトリックスとは私たちの世界そのもの。この宇宙、地球、私たちの体、細胞、原子、素粒子・・、すべてはマトリックス(子宮)の中のホログラム。ホログラムとは幻像である。

ホログラムはその元になる詳細情報が記されているパターン(コア)によって生み出される。ホログラムには何の力もなく幻想だが、コアは実在し力を持っている。

ここで言うコアとはマトリックスのコアであり、幻想を生み出す源である。このコアに無限の力を与え、ホログラムを創っているのは誰か?それは神我であり、本来の自分に他ならない。

神我(真我も内包される)は、この幻想を生み出すために無限のエネルギーを使ってコアを創り、そしてホログラムを生み出した。

「わたし」を制限し、「自己」を知らない状態を生み出した。

そして、遂にその状態に到達し、今度は「自己」を知っている状態に戻ろうとしている。


本来の自分(神我)は、パターン(コア)がある場所へと常に導いている。コアがある場所は常に、不安、恐怖、苛立ち・・がある。(浄化反応が起こり、自己に向き合うのはこのためだ)

コアには本来の自分が隠した財宝(無限の力)が隠されている。

私たちは無限の力をネガティヴィティを生み出す(本来の自分を制限する)ために使っていたが、コアを見つけ、力を取り戻すことで、本来の自分を見つけ出す。

その時、このマトリックスは全て自分の生み出した幻想であることが理解できる。


自我の意識でマトリックスに変更を加えようとしてはいけない。

その時、私たちは今のマトリックスを拒絶し、別の状態を望んでいる。それだと今のマトリックス(厳密にはその状態を生み出すマトリックスコア)に力を与えていることになる。

拒絶=マトリックスは現実である、という表明をしてしまうからだ。よって、マトリックスが変わることはない。

今この瞬間に実在し、受け入れることができたとき、マトリックスは変化し始める。コアから本来の自分の力が戻り、幻想はもはやあなたにとって脅威ではなくなる。

魂、下限媒体のブループリントの解放は、マトリックスの制限から解放し、コアから本来の自分の力を取り戻すことを加速させる。もはやあなたの外に敵はいない。すべてが自分であったことに気が付くのだから。

<参考>
※魂のブループリントの解放は、個別の魂に転写されたマトリックス(マトリックスに入った時に受けた制限;ブループリントのブロック)を解体する。
※下限媒体のブループリントの解放は、個別の媒体を生み出したマトリックスを解体する。(マトリックスのコアを解体し、無限の力を解放し取り戻す)

※ワークのヒントになった書籍のご紹介。オススメです! 「ザ・マネーゲーム」から脱出する法」ロバート・シャインフェルド (著), 本田健 (翻訳)

※上記の本に記載されているツール「プロセス」は媒体の解放ワークに組み込まれています。ある程度解放が進んだ段階(媒体の解放のかなり後半)で自動的に行われます。(最後の3~4日間では、ブロックでも非常にコアな部分の解放が行われます。もしその解放を、この媒体の解放ワークを使用せずに、上記の「プロセス」ツールのみを使用して行うなら、おおよそ540万回転生(私の場合ですが)が必要になるようでした。解放ワークがないとほぼ不可能な解放と言えます。

Comments