第11回 江原千絵(無伴奏ヴァイオリン)

極東の列島からみはるかすヨーロッパの東

2011年11月18日(金) 19:00開演
この公演は終了いたしました

■ プログラム

1. バルトーク・ベラ 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ
2. クルターク・ジョルジィ
サイン、ゲーム、メッセージ
3. 高橋悠治 七つのバラがやぶにさく
4. ハインリヒ・イグナーツ・フランツ・フォン・ビバー  パッサカリア



君はいつバルトークを発表するんだ?

2009年初冬、恩師コヴァーチ・デーネシュの訃報に触れて以来初めてブダペストを訪れ、日本に帰る日の早朝、友人に迎えに来てもらい先生のお墓参りをしました。晩年は入退院を繰り返し、3人目の夫人とも離婚し、孤独な旅立ちだったのではないかしらと懸念していましたが、先生らしい凛とした美しいお墓で、たくさんのお花に囲まれていました。

そこで生前伝え切れなかった感謝の言葉を語りかけると、君はいつバルトークを発表するんだ?と言う先生の声が聴こえたような気がしたのです。先生が弾くとバルトークは難解な曲ではなく、素朴な歌に聴こえます。折角先生に背中を押されたのですから、私も歌に聴こえるように弾きたいです。

江原千絵


■ プロフィール

江原千絵(えばら・ちえ ヴァイオリン)

1989年桐朋学園大学卒業後、ハンガリー給費留学生として、リスト音楽院に留学。ヴァイオリンをコヴァーチ・デーネシュに、室内楽をクルターク・ジョルジィに師事。定期的なリサイタル、国営ラジオへの出演、室内合奏団のソリストとしての活動など、厳しいながらも充実した留学生生活を送る。

92年にトリオ・リストアカデミーの仲間とフランスに移り、エコール・ノルマルの第3過程に籍をおきリヨンでの生活を楽しんでいた93年春に、たまたま送ったテープで合格。93年9月より、オーケストラアンサンブル金沢の第2ヴァイオリン首席奏者に就任。パリ日本文化会館でのリサイタルや、石川県立音楽堂「3才からのプチコンサート」シリーズなど、芸人として、また母として、積極的に活動中。