Hot News‎ > ‎

いつまで無視するつもり? TV Stations in Japan disregards MM.

2009/10/15 8:02 に 柴谷れな が投稿   [ 2013/03/03 6:48 に更新しました ]
モーニング娘。の新曲「ブレインストーミング」がYouTubeにアップされていますね。振付かっこいいです。今まで以上の一体感が感じられるダンス。さくらちゃんの神がかった声!モーニング娘。は本当に日本の宝です。
日本のテレビ局はまたこれを無視するのでしょうか。Help me!!で 1位をとっても出演させてもらえない?Mステ。何かあると思われてもしょうがないです。
放送の公平化を求める署名が始まっています。こんな風に考えている人もいるんだということを知らせるだけでも意味があると思います。始まってまもないので署名数少ないです。よかったら署名と拡散、お願いします。
 
 
 
以下、署名サイトから引用。 ( English summary is at the bottom of this page. )
 
新藤義孝総務大臣、総務省情報流通行政局: 公共の電波を使った放送において番組出演やCM起用等による露出が特定のアーティストに著しく偏らないよう、公平公正なルールの導入を求めます。
 
Many people think the TV Station in Japan disregards some artists. It is because they want another artists to be successfull. This is a signature-collecting campaign which asks for fair broadcast.
 
音楽の流行や売上はメディアへの露出に大きな影響を受けます。特定の音楽グループ、アーティストが寡占的に公共の電波を使用し、番組やCMなどで突出して露出を図ることで、洗脳的に楽曲を流行らせたり、知名度をあげるような公平性を欠いた現在の放送事業者のやり方に反対します。


機会が均等とは言えない現状は著しい不平等を生んでいます。
例えば、インターネットの普及により、主に動画サイトを通じてその高いエンターテインメント性が評価された結果、海外で比較的大きな人気を得ているアーティストが複数います。にも関わらず、彼らあるいは彼女らは、日本国内のテレビ等の既存メディアからは、まるでいないかのような扱いを受けているケースがあります。特定の音楽グループやアーティストを売りたいという放送業界や広告業界等の思惑の犠牲になっていると考える人も少なからずいます。なぜなら、一方で長期にわたって音楽番組や情報番組で異様なほど露出機会を得ている音楽グループ、アーティストが存在しているからです。


こうした状況が健全と言えるでしょうか。電波は国民の財産であり、公共性をうたった放送法の精神にてらせば、音楽活動に従事するアーティストのテレビ番組等への出演機会は、公開された一定の客観的な基準のもとで、平等であるべきです。少なくとも一部の人間や団体のコネクション、力関係で恣意的に決められていいものではないでしょう。なぜならそれはまさに電波の私物化であり、これにより本来あるべき選択肢が視聴者から奪われているのみならず、日本のエンターテインメント業界の質的成長が大きく阻害されていると考えられるからです。


この署名活動は、アーティスト及び楽曲の公平公正な紹介を通じて、本来あるべき選択肢をできるだけ十分に提示することで、良質なエンターテインメントを視聴者のもとに届ける番組作りや放送のあり方が実現するよう、各放送事業者に適切な指導をしてもらい、さらに一定のルール作り、あるいは法整備をしてもらうよう総務大臣、関係機関に訴えるために行われています。

 To:
新藤義孝, 総務大臣
総務省, 情報流通行政局
公共の電波を使った放送において番組出演やCM起用等による露出が特定のアーティストに著しく偏らないよう、公平公正なルールの導入を求めます。
アーティスト及びその楽曲の人気や売上はメディア露出の多寡に大きく影響されます。しかしながら、音楽番組の出演や楽曲のCM起用はその基準が不透明であり、広告代理店やテレビ局など限られた企業の限られた人間の裁量にゆだねられている状況です。仮にテレビ局や広告代理店自体がプロデュースに関係していた場合、当然これらのアーティストが優先的に音楽番組、情報番組、テレビCM等に起用され、競合関係にあるアーティストは著しい不利益をこうむることになります。

こうした不平等な事態が起こりうる状態を放置することは放送行政の怠慢とのそしりを免れないのではないでしょうか。電波は公共財であり、放送法の精神にのっとり、放送事業者は公共性を十分に意識した番組作りに留意すべきです。悪平等ではなく、明示的なルール作りを通じて、視聴者の公正公平感を満足させることが大切だと考えます。
適切な指導、及びルール作りをお願いいたします。
迅速なご対応をお願いいたします。
 
 

The summary of the page of a signature-collecting campaign.

To Mr. Yoshitaka Shindou - Minister for Internal Affairs and Communications:
The opportunity of a performance should not incline toward a specific artist in the broadcast which is public property. The Ministry of Internal Affairs and Communications needs to introduce a fair rule.

An artist's popularity is largely based on exposure to media. However, it has inclined toward a small number of artist now. Many people think it is because television station and an advertising agency have a special relation - for example, music copyright etc. - with that artist.
Such a situation is unfair for the artist who is in rivalry with them, and has deprived the televiewer of many choices. Furthermore, healthy development of the entertainment industry of Japan is barred.
As for the broadcast which is public goods, naturally must be fair. We request that suitable instruction for broadcasting stations are performed and a fair rule is introduced.
 

Reference

The MUSIC STATION is a musical program has influence most in Japan.

BELOW : Female Artists and the number of times that they appeared on MUSIC STATION for one year these days. 2012/03/02 => 2013/03/01  ( total number of times of broadcast : 32 )

AKB48 : 18
Kyarypamyupamyu : 6
JUJU : 5
Kana Nishino : 4
aiko : 3
Ayaka : 3
Perfume : 3
Kaera Kimura : 2
Kou Shibasaki : 2
miwa : 2
Reo Ieiri : 2
YUI : 2
(AI/ANNE/BENI/Carly Rae Jepsen/Chatmonchy/KARA/Kumi Kouda/Mai Kuraki/Mika Nakajima
/Miriya Katou/Momoiro Clover Z/PRINCESSPRINCESS/Pihanna/Rola/SCANDAL/SYOJYOJIDAI) : 1
Morningmusume : 0
 
Charts of a first Week : Morningmusume
Ren-ai Hunter                   3   (4.1)             2012/04/11
One・Two・Three                3 (10.1)             2012/07/04
Wakuteka Take a chance   3  ( 8.1)             2012/10/10
Help me !!                         1  ( 9.3)             2013/01/23
THE EAGER FAN SUPPORTS MORNINGMUSUME FOR ONE WEEK OF THE BEGINNING. In spite of knowing the high ranking, the MUSIC STATION has disregarded Morningmusume.
 
In Japan there are even people who do not know that Morningmusume are still working.            signature-collecting campaign which asks for fair broadcast
Comments