Home


International Symposium on
"Diversity of Chemical Reaction Dynamics"
July 14 ~ 15, 2017, Himeji, Japan

Aim & scope
To understand chemical reaction dynamics, one of the important parameters is a size of molecules. For the last few decades, many scientists have contributed to investigate the chemical reaction dynamics in the diverse fields of molecular sizes: an elementary process of simple diatonic molecules, a chemical reactivity of molecular clusters, and a relation between structures and functionalities for bio-macromolecules. From 2010 onward, the study of chemical reaction dynamics has shown an individual development in each field of molecular sizes. Thus, the time is ripe for discussing the relationship among diverse mechanisms of chemical reaction dynamics.

The international symposium on "Diversity of Chemical Reaction Dynamics" is dedicated to give an opportunity to cover a wide range of chemical reaction dynamics. This symposium is a forum for twelve invited lectures by the forefront researchers from all over the world , as well as contributed poster presentation. The scopes of this symposium include, but not limited to:
    # Elementary reaction dynamics by crossed-beam technique
    # Gas- and liquid-phase reaction dynamics by ultrafast time-resolved spectroscopy
    # Reaction dynamics of molecular aggregations and macro-molecules by mass spectrometry and ion mobility
    # Chemical reaction dynamics of molecules on surface
    # Non-adiabatic process of chemical reaction by theory 
We strongly encourage young scientists/students to submit the poster presentation. This session will be a nice opportunity to have a discussion with many scientists in the forefront of researches on chemical reaction dynamics. It would be a great pleasure if young generations enjoy a deep world of chemical reaction dynamics.

Looking forward to meeting you at Himeji.

The organizers of Himeji symposium


シンポジウムの趣旨

「化学反応動力学の多様性に関する国際シンポジウム( International Symposium on "Diversity of Chemical Reaction Dynamics)」では、二原子分子から生体高分子にわたる多様性に富んだ分子サイズ領域を対象とし、これらの階層間での相互作用に基づいて化学反応動力学を議論することを目的とします。

 化学反応動力学の研究は、Norrishの時間分解閃光分光法やLeeの交差分子線法が報告された黎明期以来、その歴史は極めて長いことはよく知られるところである。近年では、レーザー光源や電子機器類の技術向上、そしてコンピュータによる計算精度とコスト低下も相まって、化学反応動力学の研究は新たな展開を幅広く見せています。

 化学反応動力学を理解するための座標軸として、分子サイズは重要なものの一つと考えられます。現在まで、数原子からなる単純な分子を用いた反応素過程の研究から、クラスターのようなメソスコピックな分子集合体の反応性、さらには生体高分子の揺らぎと機能発現の対応関係など、幅広い分子サイズの領域で多様性に富んだ化学反応動力学が明らかにされています。分子サイズの違いを階層構造と捉えたとき、階層間の相互連関を見いだすような議論が深められれば、最小単位の素反応過程が巨大分子サイズである生体高分子の動力学を解明するためのヒントとなる可能性が出てきます。それぞれの分子サイズ領域での動力学研究が成熟期に入っている昨今、多様化した化学反応動力学を階層横断的に議論する機運が高まっているように思われます。

 そこで、「化学反応動力学の多様性に関する国際シンポジウム」では、二原子分子から生体高分子にわたる多様性に富んだ分子サイズ領域を階層構造とみなし、それら階層間での相互作用に基づいて化学反応動力学を議論することを目的とします。本シンポジウムで対象とするトピックスの一例は次の通りです。

    ・交差分子線法を用いた化学反応素過程の動力学研究

    ・超高速レーザー分光による気相および液相中分子の化学反応動力学

    ・質量分析およびイオン移動度法を用いた分子集合体や生体高分子の化学反応動力学

    ・表面および界面分子の化学反応動力学

    ・化学反応における非断熱遷移の理論的研究

2017年3月をもって兵庫県立大学を定年退官された本間健二教授をはじめとした国際的に第一線で活躍している国内外の研究者13名による招待講演のほか、一般募集によるポスターセッションも実施します。特に、若手研究者や大学院生の参加を奨励し、先端的研究者との濃密なコミュニケーションを図れるような機会を設け、化学反応動力学のさらなる発展を担う人材育成の場にしたいと考えております。

 たくさんの方々のご参加を、心よりお待ち申し上げております。

姫路シンポジウム組織委員会一同より







  Informations

    June 30 (Fri.)
    Deadline for registration

    June 20 (Tue.)
    Opening final version of        program
    プログラム最終版を公開

    June 16 (Fri.)
    Extending deadline for
    abstract submission
    要旨提出〆切延長
    
    June 12 (Mon.)
    Deadline for abstract             submission
    要旨提出〆切

    May 12
    Open program
    プログラム公開

    April 11
    Adding Japanese pages
    日本語表記の追加

    April 10
    Open registration

    Abstract template                   available    

    March 6
    Open the website