東松山ケーブルテレビにて放送中!
バックナンバー
2017年1月号 公益社団法人比企青年会議所JCアワー









比企の食文化をJCアワー各回でレポート。
今年度は「うどん」をご紹介しています。





「鳩と言えば豆」ということで、特産の大豆を練り込んだ「鳩豆うどん」。
大豆特有の香ばしさを感じるうどんでした。


B級グルメ大会に出品した「滑川のっけうどん」、辛党の方におすすめです。
地粉の田舎うどんは、ごぼうの肉汁にもよく合いました。


上品なのどごしのうどんによく合う、京風うどんなどのメニュー。
女性や年配の方にも人気のうどんです。


嵐山町で父が育てた小麦を、息子がうどんにする。
メニュー多数の和食のお店ですが、うどんへの強いこだわりと思いを感じます。


つるつるのうどんは、親しみやすいのに、上品でもある。
吉見町民会館フレサよしみのそばのお店は、イベントのお供にも最適です。


子どもからお年寄りまで、幅広い年代の方がおいしくいただける絶妙な麺は、さすが製麺所。
ときがわ町は比企郡の観光地。駐車場も広く気軽に入れるセルフうどん屋さんでした。


2017年1月号 『武蔵野うどん あそび』(小川町)
歯ごたえは田舎うどんの正統派の証。しかし辛さはアグレッシブ!
まさに「あそび心」満載のうどんでした。