2017年度 副理事長方針
副理事長    中山 健太郎

心豊かでいきいきとしたリーダーとなれ






 現在比企地域には 1 7 1 村の 9 市町村に約 22.8 万人、約 8.5 万世帯の人たちが暮ら しています。そのひとり一人の環境・境遇・世代や性別、そして考えは異にしていても、 誰もが自身の幸せとより良い社会を望み、明るい未来を夢見ているのではないでしょうか。
しかし時代の変遷とともに、人々の物質的な暮らしは確かに豊かになってきましたが、 どこか社会には閉塞的な空気感が漂い、一部のノイジー・マイノリティーと言われる人た ちによる社会や他者に対しての寛容のない批判や攻撃、そして何より人々の生活には心の 余裕が無くなっているようにも感じられます。
そのような社会情勢のもと、2014 年、私たち比企青年会議所は公益社団法人として新た な道を歩み始めました。以来、私たちは比企地域において、より公益的な事業を展開し、 JC 運動を推し進めています。そして、その社会的な変化を求める運動をより強く、より大 きいものとして広げて行くためには、メンバー一人ひとりが、地域のリーダーとしての資 質をさらに向上し、より影響力を与えられる人財へと成長する事が必要不可欠と考えます。
2017 年度、私たちは、メンバー個々の能力向上のみならずチームの一員としての主体者 意識、そして己を律する精神的な強さがそなわった、笑顔と活気がみなぎる魅力あふれた メンバーの育成に取り組んでまいります。

----------------------------------------------------------




2017年度 副理事長方針

副理事長    矢島 央喜

当たり前のことを大切に





 漠然とした不安が社会を覆っており、子ども達が明るい未来を抱きにくい時代でありま す。その要因について、「社会が無責任だ」、「親の教育がダメだ」など批判的な論調で多く 語られますが、批判だけでは何も解決することはできません。そして、今の状況をつくりあ げたのは子ども達のせいではなく、私たちが何も責任のない子ども達へ不安を背負わせた まま未来を託してはならないこと、それが子供たちへの最低限の約束です。子供たちの笑顔 に勝る希望はありません。子供たちの笑顔がなければ、活気や魅力ある未来は描けません。
青少年の成長、特に少年期というのは、ひとりで考え取り組むことも大切ですが、仲間や 家族、社会と関係を持つことで育まれる大切な時期です。その関係というものがとても重要 であり、関係が深くなれば、共感し感銘し合い、自ずと笑顔と活気があふれてくることでし ょう。私たち比企青年会議所は、その関係をつくるきっかけや気づきを与えていきたいと思 います。家族の絆、仲間との友情、地域とのつながり。本来、当たり前にあったことかもし れませんが、当たり前のことをもう一度考えて取り組みます。そのような取組は、大きなお 世話かもしれません。しかし、その大きなお世話が家族、仲間、そして地域や社会を動かす 渦となり、うねりとなり、より良い社会へ発展してくものだと思います。それが青年会議所運動です。
 比企青年会議所は、9 市町村の広域で公益法人として活動しております。比企地域で自治 体の枠を超えた広域で活動している唯一の公益団体として、その特徴を活かしていきます。 広域で事業展開することで、仲間の絆が広がります。また、近隣地域に住む仲間や他の地域、 歴史を知ることは、自分の世界が広がることを感じる機会となるでしょう。比企青年会議所 だからできることを考え一年間取り組んでまいります。

----------------------------------------------------------



2017年度 副理事長方針
副理事長   新田見

心ある JAYCEE が紡ぐ、人と人とが繋がりあうまちづくり






我々比企 JC は、35 周年という節目の年に故郷と呼べるまちづくりを目指して 5 か年計 画を策定しました。これは「連携」「継続」「強化」を 3 つの軸とした我々自身の行動計画で すが、なぜ今このような軸が必要だったのか。
 我々の活動エリアである比企地域は 9 市町村という広域になっています。そして、この地域に突き付けられている問題は、消滅可能性都市を 7 つも抱えているという現実です。 この問題は昨日今日始まったものではなく、長年にわたり地域への関心が薄れてきたこと、 東京への人口の一極集中がもたらしてきた問題であると考えます。昨今これに歯止めをか けるために、国としても地方創生を打ち出し、様々な動きを見せていますが、本当にこの地 域を良くしていこうと考えた時には、この地域を愛し、主体的・積極的に行動し、その行動 を周りに伝播し、協力していく覚悟を持った人財が、本気で取り組んで行く必要があると考 えます。そして、それが出来るのが我々です。我々の起こす運動により、多くの感動、感銘 を生み出し、その輪を広げていく。
まちは人が作り、守るのも変えていくのも人である。次世代により良い形でこの地域を託 していく為に、心豊かな JAYCEE が、笑顔溢れ、活気に満ちた魅力を存分に発揮し、比企 地域において唯一広域で活動する公益団体としての責任を果たし、その輪を広げ、人と人と が繋がる自慢の故郷を創造していきます。