AndCCV-install

AndCCV は Android 用のコミケカタログビューアーです。

AndCCV を使うにはカタログデータのインストールが必要です。
以下にインストール手順を示します (AndCCV の使い方はこちら→AndCCV-howtouse)。
  1. カタログデータを端末の SD カードまたは内蔵ストレージにコピーします。
    ※Android 4.4ではSDカード(外部ストレージ)の書き込みに制限がかかったため、使うことができません。4.4では内蔵ストレージをお使い下さい。
    C77 までは Disk A のデータを、C78〜C80 は Disk B の DATAxx (C80 なら DATA80) を使用します。
    C81 からの DVD-ROM では DATA81 を使用します (C82 だと DATA82)。
    C82 の DVD-ROM をエクスプローラ等で見ると、以下のようになっています。

    • CCC82
      • CIPON82
      • CONTENTS
      • DATA82
        • CDATA ←これ
        • MDATA ←これ
        • PDATA ←これ (C082CUTL.CCZ を使うなら不要)
        • UDATA ←これ
      • DATA82N
        • MDATA
        • C082CUTH.CCZ
        • C082CUTL.CCZ ←これ (PDATA を使うなら不要)
      • DOCUMENT
      • WINDOWS

    これらを SD カードまたは内蔵ストレージに ccv/cxx (C82 なら ccv/c82) のようにフォルダを作ってコピーしてください (端末から見た場合、通常なら /sdcard/ccv/cxx、Galaxy TAB などの場合は内蔵ストレージが /sdcard/ccv/cxx、SD カードなら /sdcard/external_sd/ccv/cxx)。つまり ccv の下に cxx があり、さらにその下に UDATA や PDATA があるかたちになります。
    たとえばこんなかんじ。

    • /sdcard ← これをドライブのトップと考えてください。
      • ccv
        • c79
        • ……
        • c82
          • CDATA
          • MDATA
          • PDATA
          • UDATA
          • C082CUTL.CCZ

    SD カードをお使いの場合は、SD カードを端末から抜いて PC に挿して作業する方が確実なようです。SD カードを PC 挿してできたドライブのトップに ccv/c82 のようにフォルダを作ってデータをコピーしてください。
    端末を PC につないで作業する場合も同様に、接続してできたドライブのトップに ccv/c82 を作ってデータをコピーすればよいと思います。それが端末から見た場合に、/sdcard の下にあるように見えます (ちょっとややこしいですね)。

    またDATA82Nの下にある分割カットファイルのC082CUTL.CCZをccv/c82の下にコピーしておくと、これを使用します。この場合、PDATAは不要になります。
    # メモリとストレージとCPUに余裕がある場合は、C082CUTH.CCZを使うこともできます。この方が表示はきれいになります。ただしやや動作が重くなりますし、メモリが足りない場合はうまく動作しないかもしれません。その場合は元のC082CUTL.CCZをお使い下さい。

    複数のカタログデータを入れて切り替えて使うこともできます。
    なお MDATA、PDATA を .MDATA、.PDATA のようにリネームしておくと、ギャラリーにカタログの画像データが表示されなくなります。

  2. あとは AndCCV を起動し、起動時にエラーダイアログが出たらそれに従ってデータベースを作成 (今回が初回利用の場合)、あるいは起動後、メインメニューの「DB作成」で対象カタログを選択してデータベースを作成します (前回以前のカタログデータがある場合)。

    初回利用時の画面の流れ:

    1. カタログデータがあるがデータベースがない場合の画面。「OK」をクリックして次へ。

    2. カタログデータのリストが表示されます。ここではありませんが、チェックがついているのはすでにデータベースがあるカタログです。タッチして選択します。

    3. 確認ダイアログが出るので「OK」。

    4. しばらくこんなのがぐるぐるしてます。

    5. 無事できたようです。「OK」で次へ。

    6. カタログリストの画面に戻りました。データベースができたのでチェックが付いています。バックキー (ボタン) を押すとメインメニューに移行します。


ċ
CCVComp-1.0.0.tgz
(8k)
kenji HIGAKI,
2009/07/19 8:20
ċ
CCVComp.jar
(7k)
kenji HIGAKI,
2009/07/29 4:46
ċ
CCVComp2-1.0.0.tgz
(16k)
kenji HIGAKI,
2010/07/24 7:53
ċ
CCVComp2-1.0.1.jar
(12k)
kenji HIGAKI,
2010/07/28 9:43
ċ
CCVComp2-1.0.1.tgz
(16k)
kenji HIGAKI,
2010/07/28 9:42
ċ
CCVComp2-1.0.2.jar
(13k)
kenji HIGAKI,
2010/08/01 6:15
ċ
CCVComp2-1.0.2.tgz
(17k)
kenji HIGAKI,
2010/08/01 6:15
ċ
CCVComp2.jar
(12k)
kenji HIGAKI,
2010/07/24 6:00
ą
kenji HIGAKI,
2012/07/25 8:13
ą
kenji HIGAKI,
2012/07/25 6:22
ą
kenji HIGAKI,
2012/07/25 6:23
ą
kenji HIGAKI,
2012/07/25 6:24
ą
kenji HIGAKI,
2012/07/25 6:24
ą
kenji HIGAKI,
2012/07/25 6:24
ą
kenji HIGAKI,
2010/08/09 23:27
ą
kenji HIGAKI,
2010/08/09 23:27
ą
kenji HIGAKI,
2010/08/09 23:27
ą
kenji HIGAKI,
2010/08/01 6:14
ą
kenji HIGAKI,
2010/07/27 5:08
Comments