平成洪庵の会



平成洪庵の会とは
幕末に大坂の街に緒方洪庵が作った適塾からは、蘭学を学ぶことを通じて、幕末から維新において社会に貢献する人材を、大勢輩出しました。既得権益者に有利で失敗を許さない閉塞状態が続く平成の今、洪庵の「適塾」に倣い、新しい科学と産業と社会と人材と文化を産み出すことを夢見る大学人と社会の人の交流の場として、「平成洪庵の会」を設立しました。年2回、3月と9月の第1または第2土曜の午後に阪大中之島センターで集まっています。阪大FRCサロンは、阪大フロンティア研究機構で社会の人が大学や科学や教育について大学の人と議論を交わす場として設立されたサロンで、月1回開催していました。平成洪庵の会は阪大FRCサロンの常連達が新たに作った会合です。参加ご希望の方は、メールにてお問い合わせください。

規約

.会員の年会費(3000円)のみの運営による自主独立の会です。

2.集まりは年2回(3月と9月の第1または第2土曜の午後)

3.入会は、会員からの紹介。

4.参加者自身が話題提供者です。

5.原則的に最初から最後(懇親会を含む)まで参加。

6.原則的に話題提供者の旅費・謝金はありません。

7.1回の参加は申込み順で最大40名まで。


発起人:浅田 稔・跡田直澄・河田 聡・坂井均也・鈴木崇弘・中野昭一・増原 宏・森田清三

世話人:河田 聡・浅田 稔・森田清三
事務局:高城 可奈

過去のプログラムはこちら




第21回 平成洪庵の会


日時:平成27年3月7日(土)午後2-5時
場所:中之島センター 講義室201
年会費:3000円(3月と9月の2回分をまとめて

【プログラム】
 14:00 -14:10  ご挨拶, 話題提供者ご紹介
 
 14:10 -15:00  川崎和男 大阪大学名誉教授、名古屋市立大学名誉教授、
デザインディレクター
         「コンシリエンスデザイン」
 
 15:00 -15:35  二河久子 シュプリンガー・ジャパン
               「二体問題は解けるか?」
 
 15:35 -15:50      —         休憩        —
 
 15:50 -16:20  畔堂一樹 大阪大学大学院生              
                    「二体問題〜心と体〜」
 
 16:20 -17:00  井上久男 ジャーナリスト
          「不祥事続きの朝日新聞でいま何が起こっているのか」

*時間配分はそれぞれ質問・コメントを含みます。

懇親会  中之島センター 交流サロン 会費5000円

第22回平成洪庵の会は、平成27年9月5日 (土)の予定です。





サブページ (1): 過去のプログラム