コピーライター/クリエイティブディレクター田中有史です。
拠点は大阪市(心斎橋の
大阪農林会館/梅田グランフロント「ナレッジサロン」)、兵庫県高砂市のホームオフィスです。

欲しいのは、「こころに届く言葉」ですか?「売れるキャッチフレーズ 」ですか?「長く錆びないアイデア」ですか?「オリジナリティのある表現」ですか?「機能していないコンセプトやストラテジーの見直し」ですか?「適切なブランディング・ディレクション」ですか?「効果的なコミュニケーション設計」ですか?(いずれも、あります。)

contact:
hawaiian@xa2.so-net.ne.jp

《NEWS》
◎ミニ広告井戸端会議 11/12(金) 11/26(金) いずれも18時〜

 募集人数:5名(オフィスへ来社)+2名(zoomによる参加/遠隔の方のみ)

 とくに指定がない場合、参加条件はありません。 お申し込み:hawaiian@xa2.so-net.ne.jp 

 11/12 「ブランディングって、なんだろうねえ。」 

 11/26「広告脳について、再び。」 

 ※マスクの着用をお願いします。窓を開放し、席の間隔も開けます。

 ※アルコールは原則禁止です。ミネラルウォーターは用意します。好みのものがある方は、ご持参ください。

 ※参加費ワンコイン(500円コインをデスクのカネゴンに食べさせてください。)                               

 ※参加者が2名に満たない場合は中止します。

広告の図書館/シェアデスク営業予定日(下記カレンダー参照)

《ご案内》

広告の図書館/ シェアデスクご利用について。
広告の図書館は所蔵の図書
自由に閲覧できるサービスです。(貸出不可)シェアデスクは仕事や作業以外にも、打ち合わせや会議などにもご利用できます

ご利用可能日は上記カレンダーよりご確認ください。
ご利用料はお一人一
ワンコイン(デスクの上のカネゴンに食べさせてください)
記載の時間は変更になる場合がありますので事前
にご確認ください。
必ず前日までにご予約ください。  

※多人数でのご利用はご遠慮ください。※未定の日はお問い合わせください。


予約・問い合わせ hawaiian@xa2.so-net.ne.jp 090-1676-5789

個人専用デスクの月契約もご相談に応じます(残1席)

◎11月までのカレンダーを更新しました。

大阪でフリーエージェントのコピーライター・クリエイティブディレクターを約30年やっています。田中有史です。
企業やブランド、商品やサービス、地域やプロジェクトが抱えるさまざまな課題は、“コミュニケーションを見直すこと”で大概は解決します。これまで数多くの広告キャンペーンを経験して身につけたクリエイティブディレクションのスキルをいかして、錆びないアイデアと届く言葉効果的なコミュニケーション設計を提案します。フリーエージェントのコピーライター/クリエイティブディレクターとして大阪をベースに約30年、さまざまな実績を残してきました。そしてなお、日々新たなチャレンジを続けています。現在、大阪コピーラターズクラブの顧問を務めています。


広告を望んでいないあなたも、“広告的な効果”を求めている。
「うちは広告なんかしません」「広告には縁がないです」と、言っている企業に限って、広告的な効果を期待してSNSやweb広告をあれこれと模索しているのではありませんか。でも、効果が上がらない。その理由は、広告脳が足らないからに他なりません。広告脳とは、広告を知っている、キャンペーンを設計できる。そのことに尽きます。広告を知っていないと広告的な効果を生み出すことはできません。それには貴社が有しているコンタクトポイントを、コアになるアイデアでリンクするコミュニケーション設計をしなければなりません。それが、netの時代における広告キャンペーンです。結果としてコミュニケーション効率をあげることになり、大きな広告効果を生むことができます。  

※コンタクトポイント:ブランドイメージに影響を与える消費者接点(メデア/会社案内/パンフレット/hp/SNS/名刺/封筒/ノベルティなどあらゆるものがコンタクトポイントになりえます)

                                                         

最近の事例

《神戸市外大》https://www.kobe-cufs.ac.jp/hamidasu/

《HADO》https://hado-knife.jp

《冨美家》https://www.kyoto-fumiya.co.jp


◎コミュニケーションがうまく行っていない企業には、

月々定額アドバイザリー契約でサポートします

詳しくは:hawaiian@xa2.so-net.ne.jp  06-6243-7128


◎寄稿文・予稿集・雑誌などへの掲載例 

note(コンセプト発想) note(社会的インパクトのつくり方

note(クリエイターがモノづくりプロジェクトに参加するメリット) 

note(イメージは積み重なる①) note(そこそこの時代)

よろしければ、noteをフォローしてください。 https://note.com/hawaiian6111/



「旅する田中有史オフィス」。

働き方は生き方。事務所のある心斎橋の大阪農林会館、グランフロント のナレッジサロン、自宅のある兵庫県高砂市を拠点に、各地のコワーキングスペースを活用しながら、旅するように仕事をしています。「大阪農林会館」は築100年近いレトロビル。趣があり、陽当りが良く、天井の高いスペースです。ことらへも、ぜひ遊びに来てください。

大阪農林会館 https://www.osaka-norin.com


◎1本のキャッチフレーズでコミュニケーションが変わる。

予算に限りがあるとき、競合他社と差異化するいちばんの方法は、良いキャッチフレーズを持つことです。ビジュアルがなくてもイメージが醸成できます。その反面、コストがあまりかからない方法です。とくにホームページでは、コピー1本勝負で競合他社と大きな差をつることができます。そして、その1本のキャッチフレーズを効率よくいろんなところに使っていけばブランドイメージは自ずと蓄積されていきます。それも、ブランディングの一つの方法です。ブランドの立ち上げですとネーミングの優劣が大きな差になります。ブランディングを考えたネーミングをおつくりします。


《村上紙器工業所》https://www.hakoya.biz 意思を運ぶ箱。

《フットクリエイト》https://www.footcreate.com 歩きたくなる靴を履こう。

《神戸親和女子大学》https://www.kobe-shinwa.ac.jp 先生になるなら、親和!


◎中小企業にこそ、ブランディングは有効です。

中小企業には中小企業にふさわしいブランディングのやり方があります。コンタクトポイントを再設計してメディアとして有機的に機能させることで、媒体にかける予算を削減しながら、コミュニケーションの効率化をはかっていくことができます。


《菊太屋米穀店》https://kikutaya.co.jp

《とりそらたかく 》https://www.torisoratakaku.jp


◎ホームページのリニューアルとコンテンツの企画制作

「錦のひとも知らない錦」というコンセプトで錦市場のホームページをリニューアルしました。全店の取材を敢行。「語り継ぐ錦」という錦の歴史を語り継いでいくコンテンツを取材執筆しました。

《錦市場》https://www.kyoto-nishiki.or.jp


コラボによる商品開発事例

堺市のジュエリーケースメーカー「三栄ケース」さんによるクリエイター、モノづくりの職人による新しいコンセプトのアクセサリーBOXのプロジェクトに参加しました。

《mofumofu》https://mofumofu-project.com https://www.mebic.com/collabo/case-100.html



《いま、手がけてみたいテーマ               

「食」、「農業」、「地方」、「自然」、「環境」、「旅」、「サッカー」、「酒造」など。


《menu》

・クリエイティブディレクション

・キャッチフレーズ・コピーライティング・ネーミング・取材&ライティング・作詞・エッセイ

・コンセプトワーク

・コミュニケーション設計とアウトプットアイデア

・セミナー、講演会、ワークショップ、寄稿

・教員、非常勤講師、コミュニケーションアドバイザー(契約)

contact:hawaiian@xa2.so-net.ne.jp  06-6243-7128