Dream Planet(ドリームプラネット)については下記をご覧ください。





「夢を叶えるために必要なもの」は何でしょうか?
「主体性」「自立心」「努力」「計画性」「行動力」、
色々なものが必要かもしれません。

ドリームプラネットでは、子供達が将来生きていくために必要なチカラを、
“シゴト”を通じて身につけていく、体験型テーマパークです!

人間の本能としての歓び、
「人の役に立つこと」「人から必要とされること」
「人から褒められること」「人から感謝されること」、
そして感謝すること。

「傍楽く」体験によって、学校では学べない大切なことを感じていただきます。








皆さんが一番最初に「夢」を描いたのは何歳の時でしたか?私は10歳。1993年5月15日でした。
沖縄の自宅でブラウン管のテレビを見ていました。

Jリーグ開幕。
5万人の国立競技場で活躍する、三浦知良さんがキラキラと輝いてみえ「かっこいい!」とはっきりとした憧れを抱きました。
「プロサッカー選手になりたい!」
わたしがはじめて将来の夢を見つけた瞬間でした。自分でもわかる程、目が輝いていたと思います。泣き虫で、いつも母親の後ろに隠れる引っ込み思案だったわたしは、この日を境に変わりはじめました。

野球文化の強い沖縄からプロサッカー選手なりたいという声に「何を言っているんだ~!島からなんてでれん!」と反対の声がおきました。けれど、わたしは練習を続けました。あの日から、10歳のわたしと国立競技場でプレイする将来のわたしは重なりはじめていました。
「夢」に出逢ってから10年後の2003年。

わたしはJリーガーになっていました。ヴィッセル神戸に入団し、憧れていたカズさんと同じチームメンバーとして同じピッチでプレイしていました。
夢が叶った瞬間でした。鳥肌が立ち、震えるような感覚を今でも覚えています。

子供時代に、憧れに出逢うことで夢は現実に近づきます。憧れの人と同じステージに自分が立つ。そして、現役生活を終えた今、夢を叶えた人がまた新たな夢を伝承していける仕組みを創りたいと思いました。私にできることは「サッカー」と出逢い自身が経験した二つの大切なこと「夢の力」と、人それぞれが持つ「経験のプロセスから氣づく力」を軸にし、子供が自分の経験を通じて大切なことを自然に氣づける場、そして自己肯定感が育ち、その結果、周りの人に感謝できる循環型の仕組み。夢を叶える力、生きていく力と人間性が育まれる場所、そんなきっかけを、与えられる発信基地を設立したいと思ったのです。

それがDreamPlanet(ドリームプラネット)です。
より多くの子供たちの可能性を拡げるには、サッカーやスポーツ以外にも傍楽く体験を通じて、夢を見つめ、夢を叶える力を身につけることのできる、そんな場所をドリームプラネットで提供していきたいと思っています。







「彼は、言葉の発達が遅く、3歳になっても言葉を話さなかった」
しかし、後に20世紀最大の天才物理学者と呼ばれるようになった。

彼の名は、『アルベルト・アインシュタイン』


その男の子は、学校の先生に「学習する能力がない」と言われ、父親からも頭が悪いと思われていた。その後、難聴にもなった。
しかし、後に数々の画期的な発明をし、発明王と呼ばれた。

彼の名は、『トーマス・エジソン』


彼は、いじめられっ子で、泣き虫だった。12歳の頃まで、寝小便が治らなかった。しかし、後に幕末の志士として大活躍し、薩摩藩と長州藩を同盟させ、明治維新に向けて大きく貢献した。

彼の名は、『坂本龍馬』


彼女は、2歳の時に、視力と聴力を失い、話すこともできなくなった。しかし、その後発声訓練によって、話せるようになった。そして、障害者のために世界中を周り、多くの人々に勇気と感動を与えた。

彼女の名は、『ヘレン・ケラー』


彼は、貧乏な家に生まれ、小学校を中退した。大人になってからは、ビジネスで失敗し、多額の借金を抱えた。政治家を目指してからは、8回も選挙で落選した。
しかし、後に歴史に名を残すアメリカ大統領となり、奴隷解放の父と呼ばれた。

彼の名は、『エイプラハム・リンカーン』


人間の可能性は無限大だ。
仮に今あなたに自信がなくても、あなたの中には素晴らしい可能性が眠っている。
心の目でその可能性を見つめよう。

今の状況がどんなにピンチでも、
あなたはそれを糧として成長し、輝く未来を実現できるのだ。

そして、いつかあなたのストーリーを語る時が来るだろう。
そのストーリーは、今すでに始まっている。

これは、僕の好きな野口嘉則さんの
「あなたのストーリー」というメッセージです。
素敵な人生のストーリーを紹介してくださっています。

でもきっと、一人ひとりの子どもたちにも、そして、僕たち大人にだって、それぞれ人生のストーリーがあります。

時に、子供たちの現実は、ある意味残酷です。
イジメがあったり、仲間外れにされたり、生活環境の差や経済格差や貧困といった問題があったり・・・

それでも僕らは思うんです。
「どんな子供たちの未来も輝いている」「どんな人の人生も『祝福』されている」と。

子育てに一番必要なのは、「自己肯定感」かもしれません。
「自己肯定感」を持った子供たちは、自分の未来に自信を持ちます。

夢を叶えることができると信じることができるようになります。
夢の実現を信じることができると、

それは「生きるチカラ」になります。

ドリーム・プラネットでは、「傍楽く」体験によって、子供たちの夢を叶えるチカラを養い、「生きる力」を身につけるサポートを行っています。遊びではありませんので、「志事」として大人も真剣に子供たちに向き合います。

真剣だからこそ、子供たちから学ぶ事もたくさんあります。
気づかされる事もいっぱいあります。
子供たちの存在は喜びそのものです。
命が「ある」こと自体が「歓び」そのものです。

だから、子供たちにはいつも感謝します。
「生まれてくれた有り難う」
そんな子供たちへ、感謝を込めて、僕たち親ができることは、思いっきり笑うこと、真剣に遊ぶこと、一生懸命、傍楽こと。

そして、自分たちの人生を目一杯楽しむこと。
それが子供の「自己肯定感」を育てるような気がしてます。

そんな風に子供も大人も夢を叶える「場」が創れたらいいなと、思ってドリプラを創りました♪
(む)


 


Contribution-1 
1年間会費無料!」(20164月〜20173月まで)※一部講習会に関しては有料
※現在は試行期間のため、参加費は無料としておりますが、今後参加費は有料となる場合があります。

Contribution-2 
「キッズ社員(小学生対象)100名募集♪」(入社説明会随時開催)
※ドリームプラネット・キッズ社員になるためには、会社説明会に参加し、入社試験を受ける必要があります。

Contribution-3
「キッズ社員」に採用されると様々な“傍楽く体験”イベントに参加することができます!
※企画会議や商品開発会議、ロースイーツなど商品製作から販売体験まで感動の体験イベントが満載♪

Contribution-4
「プロフェッショナルな経営者が子供たちに本気で関わります!」
※ドリプラの4名のプロ経営者、経営コンサルタントと看護師などのプロシェッナルが子供たちをサポートします!

Contribution-5
「チアリーダー・スタッフも同時募集!」
※ドリプラで一緒に子供たちをサポートしてくれるプロフェッショナル・ボランティアスタッフも募集しています。
選ばれたチアリーダー・スタッフをドリーム・プラネット&Blessing 2Uが応援します♪






Dream Planet株式会社について】

Dream Planetは現在本格的な立ち上げに向けて実験的取り組みを開始しております。その趣旨に賛同し、体験してみたい方、ご興味のある方は、お気軽に下記よりお問い合わせください。

ドリームプラネットお問い合わせフォーム